2017年08月22日 更新

目の印象がガラリと変わる?目頭切開の手術方法とデメリット、傷跡について

蒙古ひだを解消して大きな目になることが期待できる美容整形、目頭切開。費用や術式など、基本的な情報をまとめました。また、目頭切開は高い効果が見込める一方、数ミリの違いで印象が変わったり、傷跡が残ったりと、リスクが大きいもの。目頭切開はメリットとデメリットの両方を知ることが大切です。

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

この記事は、品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行先生が監修しています。

「二重だけど横幅が狭い!」

「目が小さい!」

このような悩みを抱えていませんか?そのような人におすすめなのが目頭切開です。目頭切開は、名前のとおり目頭を切開し、目の横幅を広げる手術。

目の印象を大きく変えることができますが、リスクはゼロではありません。この記事では目頭切開について、一緒に併用される手術、傷跡などのリスクについてくわしく紹介します。

目次

「目頭切開」とは?

女性が虫眼鏡越しにこちらを見ている写真

目頭切開は、アジア人特有の蒙古ひだを取り除くことで、目もとの印象を変える整形手術のひとつ。

蒙古ひだは、日本人の8割が持っているといわれ、西洋人にはないといわれています。日本人の目が西洋人と比べて小さく見えるのは、この蒙古ひだが原因のひとつ。

そのため、目頭切開をすることで目の横幅が広がり、ぱっちりとした印象の目もとが目指せるのです。

目頭切開にかかる費用は、両目でおおよそ20万~30万円。クリニックや術式によって費用が異なることがあるようです。

では、目頭切開にはどのような術式があるのでしょうか?

:)NICOLY豆知識 「蒙古ひだ」とは?

蒙古ひだとは、目頭にかぶさっている皮膚のこと。蒙古ひだによって、「涙丘(るいきゅう)」という、目頭にあるピンク色の部分が隠されています。

三日月法

三日月法とは、目頭の内側の皮膚を三日月形に切除して縫合するだけのシンプルな方法。軽度の蒙古ひだの人に適応するといわれています。

しかし、傷跡が非常に目立ちやすいうえに、もとに戻りやすいというデメリットもあるようです。

W法

W法は、目頭部分を「W」の形に切開する方法です。

目頭の皮膚をW型に切って皮膚を取り除き、その中央部分にある三角形の皮膚を目頭の奥に差し込んで縫合することで、蒙古ひだを解消します。

W法は、蒙古ひだを完全に切除するので、ぱっちりした華やかな目元が目指せます。

しかし、失敗すると涙丘が見えすぎた不自然な目になってしまうことも。また、術前の状態に戻すことがかなり難しいというデメリットもあります。

Z法

Z法は、目頭部分を「Z」の形に切開し、蒙古ひだの内側にはめ込んで傷跡を縫合する方法。

ほかの術式に比べて傷が小さく、傷跡が目立ちにくいのが特徴です。そのため、ダウンタイムも比較的短くすみます。

しかし、W法などに比べると変化が少ないため、効果を実感できない場合も。ナチュラルな目元にしたい人にはおすすめの方法です。

リドレープ法

リドレープ法は、通常の目頭切開よりも控えめに切開を行う方法。W法やZ法よりも傷跡が少なく、ほとんど目立ちません。そのため、リドレープ法は、末広型の二重になりたい奥二重の人に最適。

しかし、通常の目頭切開法よりもダウンタイムが長引く場合があるようです。腫れや赤みが完全に引くのには、1か月ほどかかると考えておいた方がよさそう。

目頭切開のメリット

女性が2本のガーベラもをって笑っている画像

目頭切開は目をぱっちりする効果が期待できますが、目元を大きくする手術はたくさんあります。そのなかで目頭切開を選ぶメリットとはどのような点があげられるのでしょうか?

メリット1:目の横幅が広くなる

目頭切開手術によって、蒙古ひだで隠れていた部分が見えるようになります。そのため、目の横幅が広くなったように見え、ぱっちりとした大きな目が目指せます。

メリット2:すっきりとした目元になる

蒙古ひだがあると、腫れぼったく眠そうな目に見える場合があります。しかし、目頭切開をすれば、腫れぼったさやキツさが解消され、すっきりとした目元になります。

メリット3:離れ目の解消

一般的に、日本人は西洋人と比べ、目と目の距離が離れ気味。目と目の距離が離れているといわゆる「魚顔」といわれ、コンプレックスに感じる人も少なくありません。

しかし、目頭切開で目と目の距離を近くすることができ、バランスの良い目元になるようです。

メリット4:末広型の二重が平行型に

末広型の二重とは、目頭側の二重のラインが蒙古襞の中へ入り込み、目頭側まで二重の幅がない状態。一方、平行型の二重は蒙古襞がないとされ、二重のラインが目頭側までしっかり入っています。

そのため、平行型の二重の方が末広型よりも目が大きい華やかといった印象を与えるようです。

もともと末広型の二重の人は、目頭切開で蒙古襞を切除すれば、隠れていた目頭側の二重ラインが出てくるので、平行二重にすることができるとされています。

目頭切開のデメリット

女性が悩んでいる画像

一方、目頭切開を選ぶうえで、知っておきたいデメリットもあります。

デメリット1:かわいい系には向いていない

目頭切開をすると、蒙古ひだがひらくので、鋭い印象の目になります。

また、目と目の距離が近づくと、顔の印象が大人っぽくなるので、以前より年上に見られる可能性もあるようです。

蒙古ひだを切る長さや角度にもよりますが、かわいい系の顔を目指しているなら、目頭切開は向いていないかもしれません。

デメリット2:三白眼になる可能性がある

三白眼とは、黒目の左右と下mもしくは上の三方が白目になっている状態のこと。

目頭切開で目の開き具合が大きくなると、必然的に白目の部分が大きくなります。そのため、もともと黒目があまり大きくない人は、目頭切開のせいで三白眼になってしまうかもしれません。

しかし、三白眼は、キリッと鋭い印象で魅力的という声も多くあります。自分の目指している雰囲気になれるかどうかも気にすると良いでしょう。

目頭切開と併用できる目元整形の種類

女性が食事をしている写真

目頭切開は単体で手術を行えますが、より理想の目元に近づけるようにほかの目元整形を併用する人が多いようです。

どのような手術と組み合わせることが多いのでしょうか?

二重形成

厚ぼったい一重まぶたの人におすすめなのが、目頭切開と二重形成の組み合わせ。

一重の人が目頭切開で目の横幅は大きくするだけでは、鋭さが増す目元になってしまうかもしれません。そのため、二重整形との組み合わせがおすすめです。

目が横にも縦にも横にも大きくなるため、劇的に印象が変わるでしょう。

目尻切開

目頭切開と目尻切開の組み合わせは、とにかく目の横幅を大きくしたい人におすすめ。

目もとがもっとも美しく見える黄金比率は、目の横幅:目と目の間隔:目の横幅=1:1:1といわれています。

目頭切開と目尻切開をセットで行うことで、黄金比率の目もとを手に入れられるかもしれません。

たれ目形成

つり目が気になる、やさしい印象の目元にたい人は、目頭切開とたれ目形成を組み合わせがおすすめです。

たれ目形成とは、黒めの外側の下まぶたを下げ、丸いカーブを付けること。目頭切開と併せて行うことで、ぱっちり優しい雰囲気の目元が手に入れられるかもしれません。

目頭切開に失敗したら「蒙古ひだ形成」で修正が可能?

女性が目が隠れるほど大きなフードをかぶっている

目頭切開は、数ミリ単位の差で、成功か失敗かが分かれてしまう手術です。

また、片目ずつ見れば成功していても、両目のバランスが悪ければ、納得のいかない結果になってしまいます。そんなとき、「蒙古ひだ形成手術」で、失敗した目頭を修正できるかもしれません。

蒙古ひだ形成は、目頭から上まぶたにかけての皮膚を切開して、皮膚を広げて縫合する手術法。

生まれつき蒙古ひだが少ない人や、目頭切開で寄り目になってしまった人におすすめです。

目頭切開の傷跡修正はできない

失敗した目頭切開の修正としても利用できる蒙古ひだ形成。しかし、どんな失敗にも対応できるわけではありません

蒙古ひだ形成は、目頭切開によって、目頭にある赤い粘膜(涙丘)が見えすぎてキツい印象になってしまった目を修正する方法。

そのため、目頭切開でできた傷跡の修正などは、基本的にはできません

「目頭切開に失敗したら、蒙古ひだ形成で治せば良い」なんて安易な考えは持たないようにしましょう。

目頭切開の「傷跡」は治すことは可能?

女性が両手で目を覆っている

目頭切開は、手術法や医師の技術によっては、傷跡が残ってしまう場合もあります。

目頭切開は、顔の皮膚の表面を切る手術。そのため、万が一傷跡が残ってしまった場合は目立ってしまうかもしれません。

ダウンタイムを過ぎてからも残る可能性がある傷跡には、赤い傷跡の肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)白い傷跡の成熟瘢痕(せいじゅくはんこん)があります。

もしこれらが残ってしまった場合はどのように対処したら良いのでそうか?

肥厚性瘢痕:内服薬で治療をする

手術後の縫合した傷跡は、一時的に赤みが増し、コリコリとした硬さになることがあります。しかし、約半年ほどで赤みが減り軟らかくなっていき自然と目立たなくなっていくようです。

しかし、ごくまれに、手術から時間が経っているのに、赤みが引かなかったり、傷が盛り上がってきたり、痛みやかゆみが出てきたりする肥厚性瘢痕という症状が起こります。

この肥厚性瘢痕は、薬を服用することによって治療が可能です。なかでも「リザベン」という飲み薬は、肥厚性瘢痕が増大するのを防いだり、痒みや痛みを改善したり効果が期待できます。

リザベンは市販薬ではないため、一度病院で診察を受けてから処方してもらいましょう。

成熟瘢痕:治療法はない、しかし目立たない

手術からかなり時間が経ち、赤みや腫れは完治しているにも関わらず残っている「白い傷跡」は、成熟瘢痕の可能性があります。

成熟瘢痕は、すでに傷跡は治りきっている状態であるため、残念ながら消えることはありません。

しかし、成熟瘢痕は、白い小さな傷であることがほとんど。大抵は、目頭をじっくり見なければ気付かなかったり、メイクでごまかせたりする程度なので、過度に心配する必要は無いでしょう。

また、成熟瘢痕の位置や、目頭の皮膚の状態によっては、傷跡を目立ちにくくする手術ができる場合もあるようです。

目頭切開はリスクなども知ったうえで検討しよう!

女性が麦わら帽子を持ってこちらを見ている画像

目頭切開は、顔の印象を大きく変えることができる美容整形法

しかし、せっかく整形したのに、仕上がりが満足いかない、傷跡が気になる……というリスクもあるようです。

目頭切開をする前に、どのような術式があるのか、自分がなりたい目元は目頭切開だけで可能なのか、傷跡などのリスクなどを知ったうえで手術を検討すると良いでしょう。

この記事の監修医:和田哲行先生のクリニックはこちら

  • 住所東京都渋谷区道玄坂2-3-2 大外ビル4F
  • アクセスJR渋谷駅 「ハチ公改札」徒歩約1分
  • 休診日年中無休
  • 診療時間10:00〜20:00
  • 電話番号0120-175-600
  • 予約電話予約 WEB予約

※ クリニック情報や診療メニューなどは、公式ホームページから取得した内容ですので、情報の正確性は保証されません。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

品川美容外科渋谷院の詳細

医師・薬剤師・その他医療関係者の方へ

より正確な医療情報を発信するためにも、医師の監修を経て誤りがないよう万全を期しておりますが、もし誤りとお考えになる情報があった場合には、ご指摘いただけますと幸いです。社内で確認の上、必要な対応をさせていただきます。

医療・薬剤に関する情報の指摘

その他記事へのお問い合わせ

目頭切開の施術を受けられるクリニック

  • 福岡西鉄福岡天神駅より徒歩5分
  • 目頭切開200,000円

聖心美容外科 福岡院の詳細

この記事の監修者

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

和田哲行

院長 / 監修記事 (48)

品川美容外科渋谷院

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー