NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1034記事

メルマガ登録

2016年11月12日 更新 | 154,029 views

突然あらわれる関節のしこりガングリオンの原因とできやすい部位と治療法

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

この記事は、品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行が監修しています。

身体の関節にあらわれる原因不明のしこり、ガングリオン。ガングリオンは良性で、放っておけばそのうち治ると言われていますが、なかには痛みを感じるガングリオンもあります。ガングリオンの治療方法は大きく4種類、整形外科を受診するのがベストです。ガングリオンの原因やできやすい部位など、基本的な知識をまとめました。

暑い日にアイスクリーム食べているサングラスをした女性

関節に突然あらわれるしこりは、「ガングリオン」かもしれません。

ボコボコした見た目から、「悪い腫瘍かも……」と不安になってしまう人も多いと思います。

ですが、 ガングリオンは良性のものなので、過度に心配する必要はありません。

ガングリオンの原因や種類、治療法などについて詳しくチェックしてみましょう。

目次

ガングリオンって一体なに?

顎に指をあてて考えごとをしている女性

ガングリオンは、手首などの関節付近に突如あらわれるしこりのこと。

欧米では聖書ダコ(bible bump)と呼ばれることもあります。

その正体は、ゼリー状の黄色い液体のかたまり。これは、関節液や腱と腱鞘の潤滑油である滑液が濃縮、蓄積したものです。

ガングリオンの状態はやわらかかったり、かたかったり、大きさも米粒ほどのものからピンポン玉くらいのものまでさまざまです。

ガングリオンができやすいのは圧倒的に若い女性。発症率はなんと男性の約3倍程度で、20〜50歳で発症することが多いよう。

また、ガングリオンは軟骨や腫瘍と勘違いしやすいですが、実際は良性の腫瘤(しゅりゅう)です。

ガングリオンは悪性のものではなく、ほとんどの場合痛みはありません。

放っておけば自然消滅するので、身体にあらわれても極端に慌てる必要はないようです。

ガングリオンができる原因

ツインお団子頭で口を開けて黄色のアイメイクとそばかすの女性

実は、ガングリオンの発生のメカニズムは、はっきりと分かっていません。 いまのところ、その原因については諸説あります。

原因1. 関節の動かしすぎ

関節を動かすと、靱帯周辺の細胞が刺激を受けます。

日常的な動きであれば問題ありませんが、関節に負担がかかりすぎると、関節液や、腱と腱鞘の潤滑油である滑液が濃縮、蓄積する原因に。

それが、ゼリー状にたまっていくことで、ガングリオンが発生すると言われています。

原因2. ぶつけた衝撃

手などをどこかにぶつけたとき、衝撃から身を守ろうとする防衛機能がはたらいて、クッションがわりにガングリオンが形成されることも。

この場合、ガングリオンの周りを優しくなでて緊張をほぐしてあげると、身体が「クッションは必要ない」と判断し、自然に体内に吸収されるという説があります。

原因3. ストレス

精神的なストレスを感じると、緊張状態が続くことで血管が収縮し、血行が悪くなります。

すると、老廃物がきちんと排出されなくなってしまい、その出し切れなかった老廃物が、ガングリオンとして現れるようです。

ガングリオンができやすい部位

ガングリオンは、身体中のどこにでもできるというわけではなく、基本的には同じような部位にできることが多いようです。

1. ガングリオンはほとんどの場合手にできる

ママと子供でインク遊びをしている様子

ガングリオンはほとんどが手首や指のつけねなどの、手の関節まわりに発生します。

なんと、手にできるガングリオンは全体の80%を占めるとか。

また、手のガングリオンのうち約65%が、手の甲側・手首付近の短い骨付近で発生。ついでひじ付近に約20〜25%、残りの10〜15%は手足の指の関節付近にできやすいそうです。

2. 膝のガングリオンは痛みを伴うことも

膝モデル

手の次にガングリオンができやすい部位は膝です。 膝にできるガングリオンには大きく分けて、3種類。

  • 膝の裏側にできる膝窩部ガングリオン
  • 膝の関節にできる膝関節ガングリオン
  • 膝の半月板にできる膝半月板ガングリオン

なかでもとくに、膝の半月板にできるガングリオンは、痛みがひどく、治療が難しいので、注意が必要です。

痛みを感じるガングリオンの特徴

嫌なことがあり悩んでいる女性

ほとんどの場合、痛みを感じることはないガングリオン。

でも、膝半月板ガングリオンのように、発生する部位によっては痛みやしびれを感じることがあります。

神経を圧迫するガングリオン

ガングリオンが神経や血管を圧迫する場所にできてしまうと、強い痛みやしびれをともないやすくなります。

手の甲や、手首にできたガングリオンは、神経を圧迫してしまうことが多いようです。

神経を圧迫するガングリオンを放置すると、麻痺が起こってしまうことも。

回復できない場合があるので、早急に治療を行う必要があります。

膝にできるガングリオン

膝の周辺にできるガングリオンは、多くの場合痛みやしびれをともないます。

膝は、歩いたり、座ったり、立ち上がったり……と、日常生活で使わないシーンはほとんどありません。

だから、膝にできたガングリオンは刺激を受けやすく、悪化してしまうことも多いので、痛みをともなうことが多いんです。

また、膝にケガをしたとき、同時に発生することがあるので、そのぶん、余計に痛みや違和感を感じてしまいます。

日常生活に支障が出るので、膝のガングリオンは早急に治療を受けるのが良さそう。

オカルトガングリオン

オカルトガングリオンは、外からみても皮膚に変化がなく、関節の奥の方にできる小さなガングリオンのことで、骨内ガングリオンとも呼ばれます。

関節にできやすいので、強い痛みやしびれを感じることが多いんです。

オカルトガングリオンは、どこにあるのか見た目ではわからないので、通常のガングリオンに比べて治療がしにくいのが難点。

触診でもほとんどわからないので、MRIや超音波検査を行う必要があります。

見た目に異常がなくても、関節の痛みがしばらく続く場合などは、オカルトガングリオンができている可能性があります。

ガングリオンを治療するなら整形外科へ

金髪ボブの笑顔で正面をみる女性

ガングリオンを診てもらいたいのなら、整形外科を受診するのがベストです。 日本整形外科学会は公式サイトで、

ガングリオンは腫瘤のみで無症状なら、放置しても心配はありません。ただし、診断をしてもらうためにも整形外科を受診しましょう

出典:日本整形外科学会公式サイト

と記しています。

ただし手や手の甲にできたガングリオンで、症状が軽い場合には、皮膚科でも診断を受けることは可能です。

整形外科はガングリオンの専門家

ガングリオンを診てもらうときに整形外科がベストな理由は、整形外科が運動器官を構成するすべての組織を専門領域としているから。

そのため整形外科は、ガングリオンのできやすい手や指、膝、また神経や骨にいたるまでの専門知識を持っています。

また、類似したほかの病気にも詳しいので、本当にガングリオンかどうかを正しく判断することができるんです。

整形外科はガングリオンの治療がスムーズ

また、整形外科なら、診断から治療までをスムーズに行うことができます。

ガングリオンの症状が軽いなら、医師が放置することをすすめたり、注射針で中身を吸い出す簡単な治療ですんだりすることが多いので、皮膚科でも治療可能なケースが多いです。

しかし、患部がガングリオンではないと判断された場合や、症状が重く、手術が必要だと判断された場合は、皮膚科では対応できません。

すると結局、整形外科を受診するように言われてしまうんです。

だから、はじめから整形外科を受診すれば、どんな診断であっても、継続して治療を行うことが可能。

余計な時間や手間をカットすることができます。

ガングリオンの治療方法

患者さんに笑顔で答える女性医師

ガングリオンは良性で自然消滅するといわれているので、基本的には放置すればOK。

治療が必要となるガングリオンは、大きすぎるもの、痛みが強いもの、神経を圧迫して神経症状を引き起こしているものです。

一般的な治療方法は次の4種類です。

ガングリオンの治療方法

  • 穿刺(せんし)治療法
  • 圧迫治療法
  • レーザー治療法
  • 切除手術

ガングリオンの治療法1. 穿刺治療法

これから注射を打つ様子

穿刺治療法は、ガングリオンを注射針で刺し、中にあるゼリー状の内容物を吸い取る手術法。

治療後に感じる不快感をなくすため、中身を抜き取ったあと、炎症を制御する副腎皮質ホルモンを注入することもあります。

穿刺治療法のメリットとデメリット

穿刺治療法のメリットは、すぐに行えることと、費用が2〜3千円と安価なこと。

一方、デメリットは、ガングリオンに注射針をさして中身を抜く工程が痛いことと、再発率が高いことです。

また、再発したからといって安易に穿刺治療法を繰り返すと、感覚障害や運動障害を引き起こすことがありるので、注意が必要。

穿刺治療をしたあと、包帯などで患部を圧すると、ガングリオンの再発を防ぎふことができます。

圧迫する期間は1〜2週間ほどなので、穿刺治療法でガングリオンを治療するなら、回復するまで余裕をもった方がいいでしょう。

実際にガングリオンに穿刺治療法を行った人のなかには痛みを訴えているひとが多いようです。

ガングリオン中身抜いてもらったのはいいけど痛いな!?箸も持てんわ。嘘だけど。でも痛い

出典:僕久保さんのtwitter

ガングリオン抜いてきたけど今のほうが痛い

出典:GANTZさんのtwitter

ガングリオンの治療法2. 圧迫治療法

梱包時のエアーキャップを持っている様子

圧迫治療法は、その名前の通り、ガングリオンを圧迫して小さくする、もしくは押しつぶす治療法です。

ただし、圧迫法はかなりの力が必要で、ガングリオンができる部位によっては神経を傷つけてしまうことも。

医師の判断なしに個人で行うことはやめましょう。

圧迫治療法のメリットとデメリット

圧迫治療法のメリットは、すぐ行えることと、特別な薬や器具を使わずにできるので費用が安価であることです。

デメリットは、ガングリオンのできている部位によっては、圧迫の際に神経を傷つけてしまう可能性があることが挙げられます。

しかも、これは医師のスキルの問題なので、自分では防ぎようがありません。

ガングリオンの治療法3. レーザー治療法

ガングリオンのレーザー治療で使われるのは「低出力半導体レーザー」。

ガングリオンを焼いて取り除くのではなく、ガングリオンの中身に作用させる治療法です。 半導体レーザー治療法では狭い範囲にレーザーの光を集中させます。

すると「誘導放出」という光が強くなる現象が生じるので、強いレーザーの光を省エネルギーで出すことができるんです。

半導体レーザーには、次のような作用があります。

  • 痛みのもととなる炎症物質などの代謝を促進させ、痛みを和らげる
  • 患部の新陳代謝を促進させて治るスピードを早める
  • 神経の興奮をおさえて痛みを和らげる

レーザー治療法のメリットとデメリット

レーザー治療法は治療時間が一患部につき1〜3分と短くてすみます。 また治療の際には、痛みもかゆみも感じません。また、ガングリオンをほとんどなくすことができるよう。

ただ、何度もレーザーを当てる必要があり、1、2ヶ月の間、ほぼ毎日の通院を余儀なくされます。

その結果、費用も高めになってしまうのがデメリットです。

ガングリオンの治療法4. 切除手術

医療時の複数のメス

ガングリオンの切除手術は、ガングリオンができた部分を切開し、ゼリー状の内容物がつまっている袋ごと切り取ってしまうという方法です。

ガングリオンは通常、穿刺治療法や圧迫治療法で、簡単に治療することができます。

しかし、その分再発の可能性も高く、なかには何十年もガングリオンと付き合っているという人も。

治療しても再発を繰り返す場合、最終手段として切除手術を行います。 ガングリオンの切除手術には、国民健康保険や高額医療費助成制度などが適用される場合が多いようです。

切除手術のメリットとデメリット

ガングリオンの切除手術のメリットは、1日でほぼ治療が完了することと、再発を防げること。

デメリットは、手術跡が残ってしまうことと、指先のしびれなどの後遺症のリスクがあることが挙げられます。

ガングリオンができた部位によっては、切除手術によって神経や血管を傷つけてしまう恐れがあるんです。

切除手術は再発を高い可能性で防ぐことができる

ガングリオンの根っこの部分には、多数の活発に増殖する細胞があり、またその周囲には、顕微鏡レベルに小さいガングリオンの「種」があります。

再発を防ぐためには、この種までしっかり除去することが大切。

穿刺治療法や圧迫治療法、レーザー治療法などでは、患者の約15〜30%がガングリオンを再発してしまう一方、切除手術では再発率を10〜15%におさえられるというデータもあります。

切除手術の費用

施設やガングリオンの部位によって差はありますが、ガングリオンが5センチ程度なら2〜3万円くらいが目安。

ただ、ガングリオンが10センチ程度と比較的大きいようなら、6〜8万円ほどかかってしまう場合がほとんどです。

ガングリオンを自力で治す方法

病院へ行く手間を省くために、ガングリオンを自力で治したい人もいるはず。

確実に治るかはわかりませんが、ガングリオン解消に効果があるとされる方法をチェックしてみましょう。

1. 身体の血行を良くする

一日の疲れを癒されながらお風呂に入っている女性

ガングリオンを自力で治す方法として身体の血行をよくすることがあげられます。

ガングリオンの原因ははっきりとは分かっていませんが、「運動後ガングリオンの痛みが和らいだ」「入浴後、血流が良くなってガングリオンが小さくなった」などの経験談から、血行不良がガングリオンの原因となる可能性が高いと考えられています。

つまり、身体の血行を良くすることが、ガングリオンの治療につながるかもしれないんです。

それでは、血行を良くする方法をチェックしていきましょう。

くるくる体操

身体の血行を良くして、ガングリオンを治す方法のひとつとして、くるくる体操があります。

くるくる体操のやり方は以下のとおり。

  1. 腕をまっすぐ上に伸ばし、手首をくるくる回す
  2. 腕を曲げずに、真横や前後に上げ下げしながら、手首をくるくる回す。角度をいろいろ変えるのがポイント
  3. 疲れたら無理せず休んでOK。自分のペースで1日に何回か行う

お風呂のなかでやれば、より効果がありそう!

なんと、このくるくる体操を行ってから1週間でガングリオンがなくなった人もいるようです。

お風呂上がりのマッサージ&ストレッチ

お風呂上がりなどに習慣的にマッサージやストレッチを行うと、血の巡りがよくなります。

患部を優しくマッサージして揉みほぐしたり、痛くない程度にストレッチを行ったりすることで、血行が良くなり、ある日突然ガングリオンが治る、なんてことも。

なかには「身体に感謝しながらガングリオンをマッサージしていたら、ガングリオンが消えた!」という人もいるそうです。

2. もんでつぶす

ボクシンググローブをつけてファイティングポーズをしている女性

ガングリオンを病院に行かずに治療する方法として、自分で押しつぶすという選択肢もあります。

しかし多くの医師は、ガングリオンができた部位近くの神経を傷つけてしまう恐れがあるため、個人で行うことをやめるように勧告しています。

「どうしても自力でガングリオンをつぶしたい!」という人は、ガングリオンをもみほぐし、柔らかくなってきたころにつぶしてみましょう。

もしガングリオンをつぶす段階で痛みを感じるようであれば、無理矢理つぶすようなことは絶対にダメ。

大人しく病院へ行きましょう。

3. 爪もみ

手の乾燥のため保湿している様子

手軽な健康法として注目されている「爪もみ」もガングリオンの治療に効果があるかも。

爪の生え際には身体全体の神経が集まっています。

だから、爪の周辺をマッサージして血行を良くすると、自律神経のバランスが整うと考えられているんです。

自律神経が整うと、免疫力が向上するので、健康にいい効果がたくさん。

一度試してみる価値はありそうです。

爪もみの方法

「爪もみ」は爪の生え際の両端を、反対の親指と人差し指でつまみ、少し痛いと感じるくらいの強さで揉むだけ。

各指10秒ずつ、1日に2、3回行うのがいいそうです。

念入りに行いたい場合は、20秒に増やして行いましょう。やりすぎは厳禁です。

継続して行うことで効果を望むことができます。

ガングリオンによく似た疾患をチェック

びっくりした顔の赤ちゃんと笑顔の赤ちゃん

ガングリオンによく似た疾患はいくつかあります。

なかには、放置すると悪化してしまうものや、治療の方法が異なるものも。

ガングリオンだと早合点せずに、医師の診断を受けることが重要です。

1. アテローム(紛瘤)

アテロームは、新陳代謝によって皮膚からはがれ落ちるはずの垢などの老廃物が、皮膚や皮下にたまってしまうもの。

基本的に手術で摘出することが原則のようです。

2. 軟部腫瘍

全身の軟部組織に発生することのある腫瘍が軟部腫瘍。痛みを伴わないことが多く、目立つ大きさになるまで病院を受診されないこともあります。

良性腫瘍と悪性腫瘍のふたつがあり、良性腫瘍は手術で取り除くことが多いですが、悪性の場合は肺などの遠隔組織へ転移することがあり、化学療法(抗がん剤治療)、放射線治療、手術を組み合わせた治療が必要となることがあります。

5cm以上の大きさの場合には、悪性の可能性がありますので、すぐに病院へいったほうが良いそう。

3. 脂肪腫

脂肪腫は柔らかい皮下にみられるこぶで、背中や肩のまわり、お尻のまわりの皮下組織によく発生します。

痛みはほとんどの場合ありません。

こぶが比較的小さく、痛みなどの症状がない場合は経過観察で大丈夫ですが、比較的大きい場合や短期間で成長する場合は、悪性腫瘍の疑いがあるため、診察が必要になります。

ガングリオンかも? と思ったら病院へ行くのがベスト

ぱっちりとしたまつげと青い瞳の女性

ガングリオンは良性のしこりで、ほとんどの場合痛みもしびれも感じないし、放っておけばいつのまにか消えるもの。

ガングリオンのできる原因は明確になっていませんが、ガングリオンがある日突然身体にあらわれても、慌てる必要はありません。

ただ、「ガングリオンだから大丈夫」と決めつけてしまうのも、少し危ないかも。

ガングリオンが神経を圧迫してしまっている可能性もあるし、そもそもガングリオンではない別の病気かもしれないからです。

「ガングリオンかな?」と思ったら、とにかく一度病院へ行って、医師に診てもらいましょう。

image via Shutterstock

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45691 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ