医師が教える!腫れぼったい目整形のよくある”勘違い”とは?【湘南美容外科】

どの整形なら腫れぼったい目を治療できるのか、自己判断するのはとても難しいもの。カウンセリングを受けて、初めて希望の施術が適応しないと知ることもあります。希望の治療と医師が勧める治療にズレが生じるのはなぜか、ズレを小さくするためにできることがないか、医師に聞きました。

湘南美容外科 両国院(湘南メディカル記念病院) 山口憲昭

この記事は、湘南美容外科 両国院(湘南メディカル記念病院) 山口憲昭先生が監修しています。

日本人に多い目の悩みといえば、「腫れぼったい目」

一口に「腫れぼったい」といっても、人によってそもそもの目の特徴や症状はさまざまで、治療法も異なります。

このことから、どの治療がベストなのかを決める際に勘違いが生じやすいのだそう。

そこで今回は、適した治療を見つけ、理想の目を手に入れるための方法を医師に聞きました!

湘南美容外科の腫れぼったい目の整形についてもっと詳しくみる

目次

【腫れぼったさのタイプやなりたい目別】自分に合う整形はどれ?

チェックリストの写真

目の腫れぼったさで悩んでいる人は、まず自分の目や希望にはどの治療法が適しているかチェックしてみましょう。

目の腫れぼったさを改善するための整形では、「眼瞼下垂」「埋没法」「眉下切開」「脂肪除去」が代表的なものとして挙げられます。

こんな人には「眼瞼下垂」がおすすめ

  • 目をつぶって、眉毛を抑えた状態で、目を開けようとしても開かない人(眉毛抑制試験)
  • 黒目に瞼がかかる人
  • 目を大きく拡げたい人

こんな人には「埋没法」がおすすめ

  • アイプチやアイテープで簡単に癖がつく人
  • 流行りによって、二重の幅を変えたい人

※クリニックによっては、埋没法を眼瞼下垂術のひとつとして紹介していることがあります。

こんな人には「眉下切開」がおすすめ

  • 目元がぼってりして二重が腫れぼったい人
  • 眉毛が上がり、おでこにシワができている人
  • 目をつぶって、眉毛を抑えた状態で、目を開けようとしても開かない人(眉毛抑制試験)

こんな人には「脂肪除去」がおすすめ

  • 目元が腫れぼったい人
  • 目の上を少しくぼませたい人(外人顔になりたい人)

それぞれの治療の概要

眼瞼下垂

二重の人は二重のラインに沿って、一重の人は睫毛の上のラインを切開し、瞼板から挙筋をはずして縫い縮めることでまぶたを引き上げる力を強くする方法。

ダウンタイムは1週間ほどです。

埋没法

まぶたの数か所を糸で留めて、二重のラインを作る方法。

まつげの生え際にある瞼板という箇所に糸を留める瞼板法と、目を開ける筋肉である挙筋に糸を通す挙筋法(完全埋没法)とがあります。

挙筋法では、施術直後のツッパリ感や腫れが最小限に抑えられるほか、糸がまぶたの中に完全に埋没するため眼球を傷つける心配がないというメリットが。

ダウンタイムは通常2〜3日で、湘南美容外科の「クイックコスメティーク」ならほぼ腫れが気にならないそうです。

眉下切開

目を開けるのに余分な皮膚や脂肪を取り除いてまぶたを軽くして、目を開けやすくする方法です。

同時に皮膚を切除することで、奥二重の人がぱっちり二重になれることも。

ダウンタイムは1週間ほど。

脂肪除去

まぶたの余分な脂肪を、数ミリ切開して取り除く方法。単体で行うだけではなく、ほかの施術と組み合わせて使われることが多いようです。

眉あたりがぼこっとしている場合は「ROOF」という脂肪を、眉の下がぼこっとしている場合は「眼窩脂肪」という脂肪を取り除きます。

ダウンタイムは1週間ほどを見ておくと良いでしょう。

ちょっと待って!実は、目の整形は”自己判断と医師判断のズレが生じやすい”

驚く女性

チェックリストに、自分の目に当てはまるような項目はありましたか?

しかし、冒頭でお話したように、目の整形を選ぶ際には勘違いをしやすいもの。

自分が考えていた治療と医師が提案する治療が異なるケースが多くあるのだそうです。

自分が考えていたよりも簡単な施術で済めば良いのですが、その逆だとダウンタイムや費用などの心配が増してしまいますよね。

さらに、治療を受けるにあたっての心の準備ができず、モヤモヤした時間を過ごす……なんていうことも考えられます。

そこで、なぜそのようなズレが生じやすいのか、さらにズレを少しでも小さくするためにできることはないのか、医師に聞きました。

湘南美容外科の腫れぼったい目の整形についてもっと詳しくみる

ズレが生じるのは、「自分の目をよく分かっていないから」だった!

山口先生

今回お話を伺ったのは、両国にある湘南美容外科グループ 湘南メディカル記念病院の山口憲昭医師です。

山口医師は、国内の形成外科で腕をふるったのち、台湾のChang Gung Memorial Hospitalにてさらに腕を磨き、帰国後現職に至るという世界レベルの技術を持つドクターです。

目の治療の症例数も多く、経験に基づいた的確なアドバイスを受けることができます。

気になっていた質問を、山口医師にどしどしぶつけていきましょう!

カウンセリングを受けて、本人が希望していた治療と異なる治療法を勧めることはありますか?

はい、よくありますね。

ーーーなぜそのようなことが起こってしまうのでしょうか?

患者さんが、ご自身の目のについてよく分かっていないのが原因ですね。

患者さんからは、まず「友だちがやっていたから自分もやりたい」というようなご相談を受けることが多いです。

「友だちがかわいくなったから、私も同じようになれるはず」と思ってしまうんですね。

ーーーたしかに友達に勧められて、同じ施術を希望したくなる女の子の気持ちもなんだかわかります……!(化粧品選びは口コミを見て決める派…)。

女友だちと内緒話

人によって皮膚の厚みや脂肪量、二重のラインが出やすさが違い、それにあわせてベストな方法も変わってきます。

また、目の整形では複数の施術を組み合わせることも多く、そこまで自己判断するのは難しいでしょう。

ただ、他人のまぶたを触ったり、じっと見る機会なんて滅多にないので、仕方のないこととも言えます。

実際に医師が見て触って診察してみないと、その治療法が適切かどうか正確に判断するのは難しいのです。

ていねいに説明をする山口医師

イラストを描きながらていねいに説明してくださる医師。絵がうまい形成外科医は、技術も優れていることが多いそう。絵も整形もデザインですからね……!

思っていたより複雑な治療を勧められるのはどのような場合ですか?

埋没法での治療をご希望でいらして、二重のラインにかぶさるお肉が多い場合は、脂肪除去の併用を勧めることもあります。

まぶたにたくさん脂肪がある場合は、余分な脂肪を取り除いたうえで二重術を行った方が仕上がりが断然美しく、埋没法では持ちも良くなります。

ただ、脂肪除去は切開をするので、ダウンタイムを懸念してやらない人もいらっしゃいますね。

脂肪量が多くても脂肪除去の施術を希望しない場合は、湘南美容外科が行う埋没法のうち「点留め」より「ループ留め」ができる施術を選ぶことをおすすめします。

理由としては、「ループ留め」の方が保持力が長く、かつ当院では一生保証がつきますから、取れるリスクを考慮するとこちらの方法が良いでしょう。

ーーー脂肪除去をしない場合の解決策も提案してもらえるのはうれしいですね!

考える女性の写真

では、逆に思っていたより手軽な治療で済むこともありますか?

先日、眼瞼下垂を希望していた方が、片目の埋没法だけで解決したというケースがありましたね。

眼瞼下垂は切開を伴うのに対し、埋没法はまぶたの数か所を縫うだけの手軽な治療で、体への負担が少なく済みますね。

切開をするのとしないのとでは、腫れなどのダウンタイムが大きく違ってきます。

ほかに、よくあるズレの例はありますか?

「埋没法」で二重幅を広げたいと希望する方が、「眉下切開」だけできれいな二重になることもあります。

眉下切開は中年以上のお歳の方に用いることが多い、たるみによる腫れぼったさを解消するための治療です。

皮膚の厚いところで二重を作ると「整形感」が出やすくなりますが、眉下の分厚い皮膚を切開して、二重のラインにかぶさっている皮膚を除去することで、自然な二重のラインを作ることができます。

眉下切開についてご存知の方は少なく、こちらから提案するケースがほとんどですね。

ーーー中年以上の年齢の方はインターネットに不慣れな方が多いので、それによるリサーチ不足もズレに関係しそうですね。

スマホを見る中年女性

さいごに、自己判断と医師判断のズレを避けるためにはどうしたら良いのでしょうか?

自分の目をよく観察したうえで、リサーチをすると良いでしょう。

クリニックの公式サイトには症例写真が多く掲載されているので、BEFOREが自分に近い人を参考にすると仕上がりがイメージしやすいでしょう。

これによってズレを完全になくすことは難しいですが、最小限にとどめることはできるかもしれません。

ーーー症例写真から、好みのデザインを作る医師を選ぶこともできますね!

好きな医師を指名できるのは、美容外科ならではのメリットですね。

また、「自分に合う治療を提案してもらってから、じっくり検討したい」という方には、早い段階でのクリニックでの無料カウンセリングをおすすめします。

特に費用面を気にしている方は、適した施術が具体的になることで安心感が得やすいはずです。

カウンセリングではじっくりお話を聞き、仕上がりをシュミレーションすることもできるので、モチベーションも高まりますよ。

その際に、希望の目もとに近い写真を医師に見せると、イメージを共有しやすくなります。

ーーーたしかに言葉だけで希望のデザインを伝えるのって難しいですよね……。とても参考になります!

実際の症例写真を見てみよう!

腫れぼったい目の施術を検討しているなら、もっとも気になるのが症例写真。

眼瞼下垂、埋没法、眉下切開のそれぞれの、山口医師がオペをした症例写真を見てみましょう!

※左(上)がビフォー、右(下)がアフターの写真です。

眼瞼下垂

【眼瞼下垂のみ】

眼瞼下垂の症例

【全切開+眼瞼下垂】

眼瞼下垂の症例

まぶたが重そうな目が、ぱっちり開くようになっています。

しかしどちらも自然な仕上がりで、生まれながらの美しい二重といった印象です。

下の人は皮膚がもともと厚いため、「全切開+眼瞼下垂」で、目尻までくっきりした二重のラインをつくっています。

埋没法

【埋没法のみ】

埋没法の症例

【埋没法のみ】

埋没法の症例

目尻に向かって二重の幅が広くなる「末広型」で、素顔でも整形がバレないようなナチュラルさです。

優しげな女性らしい顔立ちになっていますね。

眉下切開

【眉下切開+ROOF切除+眼窩脂肪除去】

眉下切開の症例

【眉下切開+埋没法】

眉下切開の症例

目と眉の距離が縮まって、キリッと眼力がアップしています。

眉下切開だけなら二重の部分に傷ができず、もともとの目の形を活かしながら、若さを取り戻すことができるそうです。

脂肪除去

【埋没法+脂肪除去】

脂肪除去と埋没法を併用した症例

きつい印象を与えてしまいそうな目が、かわいらしいぱっちりeyeに。

左右の二重の幅の差も、だいぶ気にならなくなっています。

アイメイクも映えますね。

湘南美容外科の腫れぼったい目の整形についてもっと詳しくみる

山口医師の動画も要チェック!

山口医師は、動画で目の整形などに関する耳寄り情報などを続々アップ中。

この記事でも触れている、埋没法や眼瞼下垂かどうかをチェックするための「眉毛抑制試験」のやり方も紹介されています。

クリニックに行って医師とお話したくなるような動画ばかりなので、ぜひ観てみてください!

まずは自分の目をよく知って、クリニックをうまく活用しよう

笑顔の女性

医師でも適応の判断が難しい目の整形では、自己判断で、「この施術が適しているはず」と思い込みすぎてしまうのは危険です。

考えていた施術が適応しない可能性があるということを常に念頭に置いておきましょう。

そして、自己判断が難しい目の整形だからこそ、信頼できる医師のもとでのカウンセリングをおすすめします。

今回訪問したクリニックはこちら

  • 住所東京都墨田区両国二丁目21番1号 湘南メディカル記念病院内3階
  • アクセスJR中央総武線 両国駅西口 徒歩0分
  • 休診日年中無休
  • 診療時間9:00~18:00
  • 電話番号0120-979-654
  • 予約電話予約 WEB予約

※ クリニック情報や診療メニューなどは、公式ホームページから取得した内容ですので、情報の正確性は保証されません。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

湘南メディカル記念病院(両国)の詳細

医師・薬剤師・その他医療関係者の方へ

より正確な医療情報を発信するためにも、医師の監修を経て誤りがないよう万全を期しておりますが、もし誤りとお考えになる情報があった場合には、ご指摘いただけますと幸いです。社内で確認の上、必要な対応をさせていただきます。

医療・薬剤に関する情報の指摘

その他記事へのお問い合わせ

二重整形・二重まぶたの施術を受けられるクリニック

  • 大阪JR大阪駅より徒歩3分
  • 両目ナチュラルベーシック法2点留め14,700円〜

湘南美容外科クリニック 大阪梅田院の詳細

  • 福岡西鉄 福岡駅より徒歩約5分
  • 二重術スーパークイック法1点留め2年保証9,070円〜

品川美容外科 福岡院の詳細

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー