2017年07月25日 更新 | 2,645 views

ぼやけ顔をつくるのは「目」。額のしわにまで影響する眼瞼下垂とは?【湘南美容外科】

眼瞼下垂は、上まぶた(上眼瞼)が下がっている症状のこと。美的な問題だけでなく、頭痛や肩こりの原因となることもあります。どのような原因で眼瞼下垂になるのか、どのような症状が出るのか、さらに治療の方法などについて、医師の解説を入れながら紹介します。

湘南美容外科 両国院(湘南メディカル記念病院) 山口憲昭

この記事は、湘南美容外科 両国院(湘南メディカル記念病院) 山口憲昭先生が監修しています。

みなさんは、眼瞼下垂という目の病気を知っていますか?

眼瞼下垂とは、眼瞼挙筋という筋肉のはたらきが弱いため、もしくは眼瞼挙筋の力を伝える膜が伸びているために、正面から見ると上まぶた(上眼瞼)が下がっている症状のこと。

「眠そう」「目力が弱い」という印象の目になってしまいます。

美容面以外にも、頭痛や肩こりの原因になることがあり、ひどくなると極端に視野が狭くなるため、頭をぶつけるようになったり、上を見るのにいちいち首を使って見るようになったりします。

眼瞼下垂は、年齢にかかわらず発症し、症例数も多いため、他人ごとと考えているのは危険かもしれません。

この記事では、この厄介な目の病である「眼瞼下垂」の原因や症状、治療法について、湘南美容外科グループ湘南メディカル記念病院の山口医師の解説を入れながらまとめました。

目次

眼瞼下垂には3種類ある

3本を指を立てた手の写真

眼瞼下垂には、先天性眼瞼下垂・後天性眼瞼下垂・偽性眼瞼下垂があり、後天性眼瞼下垂は「腱膜性眼瞼下垂」とも呼ばれます。

この記事では、おもに後天性眼瞼下垂と偽性眼瞼下垂について触れていきます。

先天性眼瞼下垂

遺伝による生まれつきの眼瞼下垂で、眼瞼挙筋の形成不全やそれを動かす神経の発達異常などで起こり、片目・両目のどちらにも生じる可能性があります。

斜視や弱視を伴うことがあり、その程度によっては視力を失うかどうかにも影響するため、3歳ごろでの早期の手術が必要になります。

後天性眼瞼下垂

後天性眼瞼下垂は、加齢に伴うまぶたの筋力の低下、筋肉と瞼板をつなぐ膜の緩み、または皮膚自体が伸びてしまうことで生じるものです。

また、パソコン・テレビゲームで目を使いすぎたり、花粉症・アトピー・過剰なメイクなどでまぶたを擦ったりすることは、皮膚をたるませ、瞼板と挙筋腱膜との接合部のゆがみを引き起こす原因となり、これにより眼瞼下垂が進んでしまう場合もあるのだとか。

片眼性の場合は、左右の眼の大きさに違いがあるため、比較的簡単に判断できますが、両眼性は医師でないと判断が難しいといわれています。

偽性眼瞼下垂

偽性眼瞼下垂は、眼瞼挙筋や神経そのものには問題がなく、まぶたの皮膚がたるむことで視野が狭くなるものです。

いわゆる奥二重の状態では、この偽性眼瞼下垂となっていることもあります。睫毛の生え際が見えない人は、この偽性眼瞼下垂の可能性があるといえるでしょう。

眼瞼下垂の症状

おでこのしわを気にする女性

眼瞼下垂になると、体に下記のようなさまざまな症状が現れます。

  • 眼精疲労
  • 頭痛
  • 肩こり、首こり
  • 自律神経失調症
  • おでこの横じわ

これを見て「え、どうしておでこの横じわ??」と疑問に感じた人は多いのではないでしょうか。

目はまぶたの眼瞼挙筋によって開閉されるのが理想ですが、眼瞼挙筋のはたらきが弱まっている場合はおでこにある前頭筋に頼らざるをえません

前頭筋は眉を上下させるための筋肉で、顔のなかでも特に頻繁に動いています。

そのため筋肉に伴って動く皮膚に負担がかかり、しわが生じるのです。

眼瞼下垂は、徐々に症状が進行するので本人が自覚するまでに時間がかかることが多く、「気づいたときには要手術に……」ということも十分に考えられます。

おでこのボトックス注射で眼瞼下垂に気づくことも!

しわ対策として用いられることの多いボトックス注射は、眼瞼下垂の人が気づかずにおでこに打つと……なんと!目が開きづらくなってしまいます。

先述のように、眼瞼挙筋のはたらきが弱まっている場合はおでこにある前頭筋によってまぶたを開閉するのですが、ボトックスの筋弛緩作用によって、この前頭筋のはたらきが弱まります。

これにより、眼瞼挙筋が使えていなかったことに気づき、「眼瞼下垂ですね」と診断されるというわけです。

眉毛抑制試験で早期発見!

眼瞼下垂かどうかは、「眉毛抑制試験」というテストで判断することができます。

指で眉毛をぐっとおさえて、目を開けてみてください。

このときにぱっと目が開く方は、目を開けるときに前頭筋に頼っていないということなので機能に問題はないでしょう。

一方で「目が重たい」「目が開かない」と感じる場合は、もしかしたら眼瞼下垂の可能性があるかもしれません。

ちなみにライターの私は、この眉毛抑制試験を行ったところ少し眼瞼下垂の症状が出ていることがわかりました…!(恐ろしい……)

たしかに公私ともに目をよく使うので、肩こりや首こりは万年悩みのタネになっています。

眼瞼下垂は予防できる?

鏡を見る女性

シンプルですが眼瞼下垂を予防するには、とにかく「目をこすらないこと」が重要です。

後天性眼瞼下垂のところで書いているように、メイクなどのちょっとしたことによる摩擦で、瞼板と挙筋腱膜とが外れてしまうので注意しましょう。

また、ハードコンタクトレンズは眼瞼下垂の増悪因子として有名です。

さらに、白内障などの眼科の手術などをした場合に、眼瞼下垂が生じることもあります。

日常生活の癖や、思いもよらないことで眼瞼下垂になってしまうなんて怖いですね。

アイメイクをするときは弱い力でまぶたを触ったり、ブラシを使うようにしたりなど、見直せる点はありそうです。

眼瞼下垂の手術

目の手術

眼瞼下垂の手術には、「切る手術」と「切らない手術」とがあります。

それぞれの手術について、くわしく見ていきましょう。

切る手術:眼瞼挙筋腱膜前転術(がんけんきょきんけんまくぜんてんじゅつ)

眼瞼挙筋腱膜前転術は、上まぶたを二重のラインに沿って切開し、ゆるんでいる腱膜を前方へ引き出し、瞼板に糸で固定する手術です。

眼瞼下垂の根本的な治療が可能で、さらに上まぶたの開き具合が調節できるため、目がぱっちり開くようになるそうです。

眼瞼挙筋腱膜前転術は、腱膜性眼瞼下垂や、眼瞼挙筋にまぶたを持ち上げる力がまだ残っている場合に用いられます。


ダウンタイム

術後3日ほどは強く腫れ、10日〜2週間ほどで落ち着き、二重のラインが安定するまでには3〜4か月かかります。

1週間後に抜糸をします。

術後のメイクについて

手術の翌日からメイクが可能で、抜糸の翌日からアイメイクもできます。

費用

  • 保険適用の場合……3割負担の自己負担は、5〜7万円ほど
  • 自由診療の場合……50~70万円ほど

切る手術::眼瞼挙筋腱膜短縮術(がんけんきょきんけんまくたんしゅくじゅつ)

ゆるんだり伸びきったりしてしまっている眼瞼挙筋や腱膜を切って短くしてから、瞼板に固定する手術です。

先述の

眼瞼挙筋腱膜前転術での効果が不十分な場合に、ミュラー筋という筋肉とともに腱膜を短縮して、より高い治療効果を得るのがこの手術です。

古くから行われてきた手術ですが、「ミュラー筋が自律神経に関与している」との研究結果が知られてからは、眼瞼挙筋腱膜前転術の方が広く用いられるようになりました。

しかし、現在でも強度の眼瞼下垂の場合には、こちらの眼瞼挙筋腱膜短縮術が適用されます。

ダウンタイム

強い腫れが1〜2週間ほど続き、抜糸は手術の1週間後に行います。

術後のメイクについて

目元を避ければ当日からメイクが可能で、抜糸の2日後からアイメイクもできます。

費用

  • 保険適用の場合……3割負担の自己負担で5〜7万円ほど
  • 自由診療の場合……50万~70万円ほど

切る手術:前頭筋(ぜんとうきん)吊り上げ術

前頭筋吊り上げ術は、二重のラインと眉毛のすぐ上の2か所を切開し、特殊な糸、ゴアテックスシート等の異物、患者本人の筋肉から採取した筋膜のいずれかを使い、額の筋肉である前頭筋と瞼板をまぶたの裏側で結んで、前頭筋の力でまぶたを持ち上げるようにする手術。



筋膜を使う場合は、筋膜を採取した部分の皮膚に切開の跡が残ります。

この術式は、重度の眼瞼下垂や、加齢によって眼瞼挙筋の上まぶたを引き上げる力がほとんど失われてしまった場合に用いられます。

ダウンタイム

ほかの眼瞼下垂の手術より腫れが強く、大方の腫れが引くまでに1か月ほど、完全に落ち着くまでには3か月ほどかかることもあるそうです。

術後のメイクについて

メイクは抜糸の翌日からとすすめられることが多いようです。

費用

  • 保険適用の場合……3割負担の自己負担は、5〜7万円ほど
  • 自由診療の場合は……50万~70万円ほど
針と糸

切らない手術:埋没法

まぶたの裏側から眼瞼挙筋を特殊な糸で結び、まぶたを持ち上げる手術です。

まぶたの裏側から挙筋腱膜に糸をかけ、糸を短くすることで目の開きを良くします。



切開をする方法に比べて皮膚へのダメージが格段に少なく済み、まぶた内部の組織を切除したりしないため、腫れが生じにくいのが特徴です。

しかし、点で引き上げる手術である埋没法は、切開法に比べて元に戻りやすく、特に眼瞼下垂が進んでいる人に対しての効果は一時的であることが多いようです。

ダウンタイム

皮膚を切開せず、まぶたの筋肉を切除しないので傷も残りにくく、切る手術に比べると目への負担がかなり少ないといえます。

術後のメイクについて

手術直後からアイメイクができることが多いようです。

費用

健康保険が適用されず、自由診療となります。費用は20~30万円ほどが相場です。

眼瞼下垂治療は「美容外科」がおすすめ!その理由とは?

カルテと聴診器の写真

眼瞼下垂の治療が受けられる診療科は、眼科、形成外科、美容外科の3種類です。

眼科や形成外科では保険が適用されるため費用が抑えられますが、山口医師いわく見た目にこだわるのなら、「美容外科が断然おすすめ」なのだそうです。

一体、その理由は何なのでしょうか?くわしく聞いてみました。

美容外科なら「デザイン性に配慮できる」

眼科や形成外科では症状の改善をおもな目的とするため、保険診療での治療が可能です。

一方で、見た目の美しさに関しては、手術の目的とはならないため、左右差や、瞼の好きな形にこだわることはできません。


一方、美容外科では治療とデザインの両立ができ、二重の幅や型もオーダー可能です。

なるほど、治療とデザインを分けて考える必要があるということですね!

美容外科なら「両目のバランスまで考えられる」

眼瞼下垂の症状が片目のみに現れている場合、もう片方の目を眼科や形成外科で治療することはできません。

そのため、正常な機能を持った側の目が奥二重や一重の人は、手術を受けて片目が二重になってしまうと目に左右差が出てしまいます。

美容外科であれば、左右のバランスを考えて、もう片方の目にも治療を施すことができるので美しい仕上がりが期待できます。

眼科や形成外科などの保険診療では、「病気の治療」という縛りがあるため、症状が現れている部分しか触れられないのです。

当然といえば当然ですが、改めて聞かないと気づかないポイントですね。

美容外科なら「担当医師を指名できる」

眼科や形成外科では医師を選ぶことができません。

一方、美容外科なら、症例写真から自分と美的感覚の合う医師を選んで指名することができます。

美容師さんを指名する感覚と似ています。たしかに「かわいい系」「クール系」という面だけでも医師のデザイン力が影響しそうなので、自分好みの目を作る医師を選ぶのは大切なことですね。

考える女性

医師によると、保険診療で眼瞼下垂の治療を受けたものの、どうしても仕上がりが好きになれず修正目的で美容外科を受診する人もいるとのこと……。

目は、顔の印象を左右する重要なパーツです。

費用や体への負担が余計に掛かってしまう可能性を考慮すると、費用だけで安易に判断してしまうというのは避けた方が良いかもしれません。

湘南美容外科公式サイトで「眼瞼下垂」について見る

実際の症例写真を見てみよう!

眼瞼下垂の施術を決める際に、もっとも参考になるのが症例写真です。

ここでは、山口医師がオペをした症例を、いくつか紹介します。

複数の写真を見比べて、自分の目や理想の仕上がりに近いものを見つけましょう。

全切開+眼瞼下垂

症例写真

全切開+眼瞼下垂

症例写真

眼瞼下垂+目のまわりへの脂肪移植

症例写真

全切開+眼瞼下垂+目まわりへの脂肪移植

症例写真

お話を伺った、山口医師について

湘南メディカル記念病院山口先生

今回解説をお願いしたのは、両国にある湘南美容外科グループ湘南メディカル記念病院山口憲昭医師

山口医師は、国内の形成外科で腕をふるったのち、世界中の形成外科医が集まる台湾のChang Gung Memorial Hospitalにてさらに腕を磨いて帰国後現職に至るという、技術力や知識の向上に余念がない信頼と実績あるドクターです。

フレンドリーでお話しやすく、何でも相談したくなってしまいます。

自分は眼瞼下垂かも、と感じた人は山口医師とのカウンセリングを受けてみましょう!

  • 住所東京都墨田区両国二丁目21番1号 湘南メディカル記念病院内3階
  • アクセスJR中央総武線 両国駅西口 徒歩0分
  • 休診日年中無休
  • 診療時間9:00~18:00
  • 電話番号0120-979-654
  • 予約電話予約 WEB予約

※ クリニック情報や診療メニューなどは、公式ホームページから取得した内容ですので、情報の正確性は保証されません。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

湘南メディカル記念病院(両国)の詳細

医師・薬剤師・その他医療関係者の方へ

より正確な医療情報を発信するためにも、医師の監修を経て誤りがないよう万全を期しておりますが、もし誤りとお考えになる情報があった場合には、ご指摘いただけますと幸いです。社内で確認の上、必要な対応をさせていただきます。

医療・薬剤に関する情報の指摘

その他記事へのお問い合わせ

眼瞼下垂の施術を受けられるクリニック

  • 大阪大阪梅田院JR大阪駅より徒歩3分
  • 眼瞼下垂373,500円

湘南美容外科クリニックの詳細

  • 福岡西鉄福岡天神駅より徒歩5分
  • 眼瞼下垂(切開法)480,000円

聖心美容外科 福岡院の詳細

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー