2017年05月18日 更新 | 469 views

自然な仕上がりが新しいエイジングケア!!「リジュラン注射」の効果

リジュラン注射は、サーモンのDNAから抽出された分子「ポリヌクレオチド(PN)」が配合された注入剤「リジュラン」を肌に注射することで肌の再生力を活性化し、肌を内側から若々しくする治療法です。肌のハリやうるおい、くすみの改善効果が期待できます。

オザキクリニックLUXE新宿院 院長 中徳太郎

この記事は、オザキクリニックLUXE新宿院 院長 中徳太郎先生が監修しています。

エイジングケア治療を受ける際にもっとも気になるのは、「自然な仕上がりになるかどうか」ということではないでしょうか?

従来主流だったエイジングケア治療では、皮下に糸を埋没してリフトアップしたり、ボトックスやヒアルロン酸を肌に注入したりすることで、劇的な変化は得られる反面、美容治療を受けたことが他人にわかってしまいやすいものでした。

しかし最新のエイジングケア治療では、ナチュラルな変化を得ることができる治療が開発されています。

そのひとつが、肌を内側から若々しくする「リジュラン注射」です。

この記事では、リジュラン注射とはどのような治療法なのか、くわしく調べてみました。

目次

リジュラン(REJURAN)注射とは

注射器の写真

リジュラン注射は、「リジュラン(REJURAN)」という注射薬を肌に注射することにより、肌を若々しくする治療法です。

リジュラン注射では、肌のハリや弾力を回復させる効果が期待できます。

しかし、リジュラン注射は、ヒアルロン酸注射のように、注入剤そのものの体積により肌にボリュームを出す治療法ではありません。

リジュラン注射は、肌細胞を活性化させ、コラーゲンなどの産生を増加させるため、皮膚そのものがボリュームを増す治療法なのです。

つまりリジュラン注射は、肌が本来持つ再生力を高める治療法です。

有効成分「リジュラン(REJURAN)」とは

頬をさわる女性の写真

リジュラン注射で肌に注入する注入薬「リジュラン」の有効成分は、「ポリヌクレオチド(PN)」です。

リジュランには、ポリヌクレオチド(PN)が2%と、高濃度で配合されています。

ポリヌクレオチド(PN)とは

リジュランの有効成分であるポリヌクレオチド(PN)は、鮭(サーモン)のDNAから抽出された分子です。

ポリヌクレオチド(PN)は、DNAの「二重らせん」を構成している物質のうちのひとつです。

ポリヌクレオチド(PN)の作用

ポリヌクレオチド(PN)には、皮膚組織の再生作用があるとされています。

具体的には、以下のようなものです。

  • 線維芽細胞のはたらきを活性化する作用
  • 衰えたDNAを再合成する作用
  • 毛細血管の血流の循環をうながす作用
  • 血管の新生をうながす作用
  • 抗炎症作用

皮膚のこれらの作用が活性化すると、皮膚の自己再生力が高まります。

そのため、ポリヌクレオチド(PN)が配合されたリジュランを肌に注射すると、ダメージを受けていた皮膚が回復し、皮膚のハリやうるおいが増す効果が期待できるのです。

皮膚の治癒力を高めるポリヌクレオチド(PN)は、糖尿病による壊疽の治療にも使われています。

:)線維芽細胞とは?

皮膚の深部にある「真皮層」という層に存在する細胞。

肌のハリやうるおいのもととなるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを作り出すはたらきをしています。

したがって、線維芽細胞のはたらきが活性化すると、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の産生量が増えると考えられています。

この結果、肌のハリや弾力、うるおいが増す効果が期待できます。

ポリヌクレオチド(PN)の疑問1:なぜ、DNAの構成物質が肌の自己再生力を促す?

「DNAは生物の設計図である」というフレーズを聞いたことがある人も多いでしょう。

しかしなぜ、肌のエイジングケアにおいて、DNAの構成物質を注入することが有効なのでしょうか?

DNAは、「デオキシリボ核酸(Deoxyribo-nucleic Acid)」という物質。DNAは「二重らせん構造」をしており、このらせんの部分に「塩基」と呼ばれる物質が並んでいます。

この「塩基」の並び順(塩基配列)によって、体の大部分を構成する物質である「タンパク質」をつくるための情報が記録されています。

つまり、塩基配列「体をつくるタンパク質の設計図」なのです。

DNAの構成物質であるポリヌクレオチド(PN)を肌に注射するいうことは、「タンパク質の設計図」が注入されたことになるため、体は設計図にしたがって組織をつくりはじめます。

そのため、肌の自己再生力が高まるのです。

ポリヌクレオチド(PN)の疑問2:なぜ、サーモンから抽出するのか?

サーモンは、DNA(デオキシリボ核酸)が豊富な魚です。

それだけでなく、サーモンのDNAの塩基配列は、人間のDNAの塩基配列とほぼ一致しているため、人間にもちいた場合に副作用が少ないとされます。

そのためサーモン由来のポリヌクレオチド(PN)は、リジュラン注射だけでなくさまざまな美容治療に長年使われています。

リジュラン注射で期待できる効果

頬をさわる女性の写真

リジュラン注射では、以下のような効果が期待できます。

  • 肌のハリの改善
  • 肌のうるおいの改善
  • 肌のリフトアップ
  • 小じわの改善*
  • 肌色のくすみの改善
  • 毛穴開きの改善
  • 皮脂の減少
  • メラニン色素の生成を抑える
  • ニキビ跡や傷あと、妊娠線の改善
  • 薄毛の改善

リジュラン注射のリスクや副作用

顔を隠す女性の写真

リジュランは高い生体適合性があるため、副作用でアレルギーが起こるリスクはほぼないとされています。

リジュラン注射による大きな副作用は、現在にいたるまで報告されていません。

リジュラン注射のメリット

真顔の女性の写真

リジュラン注射による肌治療には、以下のようなメリットがあります。

リジュラン注射のメリット1:適用範囲が広い

リジュラン注射は、ヒアルロン酸のようにフィラーを注入して肌にボリュームを出すのではなく、肌細胞を活性化して肌を若々しくする治療です。

そのため、フィラーを注入する治療では施術が難しいとされている皮膚が薄い部分、とくに目のまわりなどにも効果的であるとされます。

そのため、顔だけでなく、首やデコルテライン(首から胸もとにかけての部分)、手の甲など、さまざまな部位に施術が可能。毛髪の発毛をうながす効果もあるとされます。

:)フィラー(Filler)とは?

フィラーとは、日本語で「皮膚充填材」のことです。

皮膚充填材とは、皮膚を内側からふくらませる目的で皮膚に注射する注入材です。

フィラーは、人体にとって安全な生化学物質でできており、さまざまな種類があります。

しわ治療などによく使われる「ヒアルロン酸」もフィラーのひとつです。

リジュラン注射のメリット2:徐々に変化していくため自然

リジュラン注射の効果は、施術、徐々に変化が見えることが多いそう。さらに、施術から数日経つと肌のうるおいやくすみが改善し、1~2週間ほど経つと肌のハリが実感できるようになるといわれています。

つまりリジュラン注射では、徐々に肌質が改善していくという、即時的かつ長期的な肌質改善効果が期待できます。

リジュラン注射のメリット3:ダウンタイムが短い

リジュラン注射の施術を受けた直後は、肌に白くぶつぶつした盛り上がりができたり、腫れが出たりします。

しかしこの症状は、数時間で落ち着き、翌日には治っていることが多いよう。

針を刺す治療であるため、内出血がでる可能性がありますが、1週間から10日程度で消失するため、比較的ダウンタイムが短い治療だといえます。

リジュラン注射のデメリット

顔を隠す女性の写真

リジュラン注射の効果は1回の施術でもある程度見込めますが、より根本的な肌質改善効果を得るためには、2週間〜3週間に1回の施術を3回〜4回繰り返すことが推奨されています。

そのため、定期的な通院が必要となるのがデメリットといえるでしょう。

リジュラン注射の施術の流れ

カウンセリング風景の写真

クリニックによりこまかな手順は異なりますが、リジュラン注射の施術は、一般的に以下のような手順で行われます。

1:カウンセリング

医師が診察を行い、リジュラン注射が適切な治療法であるか否かを判断します。

リジュラン注射が適応可能と判断された場合には、施術範囲やリジュランの注入量を決めます。カウンセリング当日に治療を受けることも可能としているクリニックが多いようです。

2:準備

洗顔したのち、表面麻酔である麻酔クリームを塗布し、麻酔が効きはじめるまで約30分間待ちます。

3:リジュランを注射

麻酔クリームをふき取り、肌にリジュランを注入していきます。

リジュラン注射の施術の所要時間

顔全体への注入の場合、施術に要する時間は10分間〜30分間です。

4:施術終了

メイクをして、帰宅できます。

リジュラン注射の術後経過とダウンタイム

カレンダーの写真

リジュラン注射では、皮膚の浅い層にリジュランを注入。そのため施術直後は、白く小さなふくらみがブツブツと肌にたくさんできます。

また、リジュラン注射は極細の針をもちいて行われるため、術後に内出血が起こるリスクは少ないとされます。しかし、肌質や体質によっては内出血が起こることも。

しかし、ブツブツや内出血は、ほとんどの場合は数時間で消えていき、翌日にはもとに戻っているよう。術後の痛みや腫れも、ほとんどないとされています。

リジュラン注射の術後の生活制限

シャワーの使用や入浴、メイクは、施術当日から可能です。

洗顔については、施術当日から可能とするクリニックと、施術翌日から可能とするクリニックにわかれるようです。

リジュラン注射で必要な施術回数と通院期間

パソコンを見る女性の写真

しっかりとした肌の再生効果を得るためには、2〜3週間おきに3回~4回ほど施術を受けることが推奨されます。

その後は、半年~1年に1度施術を受けてメンテナンスを行うことで、改善された肌の状態を保つことができるでしょう。

ただし、施術回数は、治療前の肌のコラーゲン量や、コラーゲンの生成能力などにより個人差があります。

リジュラン注射はこのような人におすすめ!

笑顔の女性の写真

リジュラン注射は、以下のような人におすすめです。

  • 肌の老化を全体的に改善したい。
  • 加齢とともに、顔の皮膚が薄くなってしまった。
  • 小じわが気になる。
  • 肌のキメやハリをアップしたい。
  • 肌の赤みやニキビ跡、傷あとを治したい。
  • ヒアルロン酸やボトックスなどのフィラーによる治療は避けたい。
  • 皮脂の分泌が多い。

リジュラン注射の失敗例

落ち込む女性の写真

リジュラン注射は、体がもつ再生能力に依存する治療法です。そのため、得られる効果にはかなりの個人差があります。

効果を感じはじめる時期は、治療前の肌がどのような状態であったかにも左右されます。

コラーゲン量が極端に減っている状態であった場合や、コラーゲンの産生能力自体が低下してしまっている場合は、効果が出るまでに時間がかかる傾向に。

少ない回数での施術で効果が感じにくい人は、より多くの回数の施術を繰り返して、皮膚の再生能力を根本から改善することが効果的でしょう。

リジュラン注射の費用の相場

財布の写真

リジュラン注射を行っているクリニックでは、リジュランの注入量により価格が決まっている場合と、施術範囲により価格が決まっている場合にわかれます。

リジュランの注入量により価格が決まっている場合

以下のような価格設定が多く見られます。

  • リジュラン2ミリリットル 1回 :70,000円〜89,000円
  • リジュラン4ミリリットル 1回:120,000円〜150,000円

施術範囲により価格が決まっている場合

以下のような価格帯であることが多いようです。

  • 顔全体へのリジュラン注入 1回:120,000円〜150,000円

いかにも『治療しました』は、もう古い!自然な仕上がりのリジュラン注射

正面を向く女性の写真

従来のエイジングケアとして代表的なボトックス注射やヒアルロン酸注射では、いかにも「美容治療を受けました!」といった顔になってしまいがち。

しかしリジュラン注射は、肌を内側から若々しくする治療法であるため、自然な仕上がりが期待できます。

これからは、エイジングケア治療で「ナチュラルな美しさ」を得る時代です。

エイジングケアに興味がある人は、ぜひリジュラン注射を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事の監修医:中徳太郎先生のクリニックはこちら

  • 住所東京都新宿区歌舞伎町1-1-17 エキニア新宿7F
  • アクセス東京メトロ副都心線 新宿三丁目駅徒歩5分 JR 新宿駅東口徒歩5分
  • 休診日年中無休
  • 診療時間平日 11:00〜20:00 土日祝 10:00〜18:00
  • 電話番号0120-565-449
  • 予約電話予約 WEB予約

※ クリニック情報や診療メニューなどは、公式ホームページから取得した内容ですので、情報の正確性は保証されません。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

オザキクリニックLUXE新宿の詳細

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

関連する記事

【ブログまとめ】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

記事に関するお問い合わせ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

注目の記事

【ブログまとめ】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【ブログまとめ】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー