2017年04月06日 更新 | 402 views

部分痩せ、セルライト除去、さらに美肌まで!「テノール」に期待できる効果

テノールは、高周波(RF)照射により皮膚内部に発熱を起こすことで、部分痩せやセルライト除去が期待できる治療機器。さらに、高周波(RF)がコラーゲンの増生を促すため、肌質の改善やリフトアップ効果も見込めます。痛みも少なく、ダウンタイムもほとんどないとされています。

湘南美容外科 名古屋院 木下裕美

この記事は、湘南美容外科 名古屋院 木下裕美先生が監修しています。

食事や運動によるダイエットに成功し体重は落ちたものの、体の特定の部位だけ脂肪が落ちにくいという人も多いことでしょう。これは、「ダイエットでは落ちにくいタイプの脂肪」である可能性があります。

そのような場合、部分痩せ施術を利用してみるのもひとつの方法。「テノール」という治療機器を使った施術は、セルライトなど頑固な脂肪を落としたい場合に理想的であるといわれています。

この記事では、テノールのセルライトや部分痩せに対する効果について紹介します。

目次

テノール(TENOR)とは

女性の脚の写真

テノールは、高周波(RF)を照射することによりセルライトを除去したり、脂肪細胞を縮小したりすることにより、部分痩せ効果が期待できる治療機器です。

さらに、高周波(RF)がコラーゲンの増生を促すため、肌質の改善やリフトアップ効果も期待できます。

テノールは、高周波(RF)や超音波、レーザーなどを用いたさまざまな治療機器を販売しているイスラエルの会社、「アルマレーザーズ(Alma Lasers)」社の製品です。

高周波(RF)とは?

高周波(RF)は、電磁波の一種。高周波のあとについている「RF」は、「Radio Frequensy」の略。そのため、高周波(RF)は「ラジオ波」と呼ばれることも。

電気エネルギーである高周波(RF)は、レーザーのように色素に反応しません。したがって、表皮にあるメラニン色素には反応せず、効率的に皮膚内部にエネルギーを伝達します。

テノールはこのような人におすすめ!

鏡を見る女性の写真

テノールによる部分痩せ治療は、以下のような人におすすめです。

  • ダイエットしたが痩せられない部分があり、部分痩せしたい人
  • あごや腹部などのたるみを取りたい人
  • セルライトを除去したい人
  • 部分痩せと美肌効果の両方を得て、エイジングケアをしたい人

テノールのしくみと期待できる効果

ウエストを測る女性の写真

テノールが照射する高周波(RF)は、皮膚内部に存在する水分子(水分の分子)を急激に揺さぶります。

この摩擦により発生した熱が、皮膚の深部にある皮下脂肪までの層をじっくりと加熱。これにより、以下のような効果が期待できます。

テノール施術で期待できる効果1:セルライト除去と部分痩せ

テノールによる施術で期待できる効果のひとつに、セルライトの除去があります。

セルライトとは、単なる脂肪ではありません。セルライトは、肥大化した脂肪細胞がコラーゲン線維と癒着したものです。なぜ脂肪細胞が肥大化するかというと、脂肪細胞が水分や老廃物をみずからのなかに溜めこむから。

このセルライトは一度できると除去するのは困難で、単なるダイエットでは効果がありません。セルライトを除去するには、硬くなってしまっているセルライトをもみほぐしたのち、脂肪細胞のなかに溜めこまれている老廃物を流し去る必要があるからです。

そのためセルライト除去のためには、単なるマッサージなどでは効果が薄く、高周波(RF)などをもちいて発生させた熱エネルギーにより、脂肪細胞を分解する必要があるのです。

テノールによる熱エネルギーで血流が促進し、セルライト除去や部分痩せが期待できる

テノールが照射する高周波(RF)の熱エネルギーは、リンパの流れや血流を促進し、照射部位の代謝を活発にします。

その結果、脂肪細胞からの老廃物の排出を促し、セルライトを除去する効果が期待できます。 脂肪細胞に溜まっていた老廃物が排出されることで、脂肪細胞自体の大きさが縮小するのです。

こうした作用により、テノール照射部位のセルライトの除去と、部分痩せのふたつの効果が期待できます。

:)リンパの重要性

リンパは、動脈を流れる血液にとって心臓がポンプの役割を果たしているのとは異なり、リンパ管の周囲の筋肉が動いて、リンパを押し出すことで流れています。

そのため、筋肉の動きが少なくなる、つまり運動不足のときは、リンパの流れがとどこおりがちに。

リンパの流れや毛細血管の血流が悪くなると、周辺部位への栄養補給や老廃物の回収が鈍くなります。するとその部位では筋肉が萎縮して緊張するため、こりが生じたり、細胞のすき間に老廃物が溜まることで、むくみなどが起こるのです。

そのため、むくみやこり(筋肉の萎縮)が起こる前に、リンパの流れや血流をうながして普段から代謝をよくしておくことが大切なのです。

テノール施術で期待できる効果2:肌質の改善

肌がきれいな女性

テノールが照射する高周波(RF)が発生する熱エネルギーは、真皮層にあるコラーゲンの増生を促します。そのため、肌のたるみが引き締まったり、肌のハリや弾力が増したりするなどの美肌効果が期待できるのです。

:)真皮層とは?

肌の奥にある真皮層には「線維芽細胞」という細胞があり、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といった成分を生成。

コラーゲンやエラスチンは、タンパク質でできている線維であり、両者が網状の組織をつくることにより、肌のハリや弾力を生みだしています。

真皮層に高周波(RF)による熱エネルギーが加わると、以下の反応が起こります。

真皮層への高周波(RF)の作用:肌の引き締め効果

タンパク質には、熱が加わると収縮する性質があります。高周波(RF)の熱エネルギーが真皮層に伝わると、タンパク質でできているコラーゲンやエラスチンは、ただちに収縮します。

そのため、施術後の肌の引き締め効果を比較的早い段階で実感できるとされています。

真皮層への高周波(RF)の作用:長期的な肌の再生効果

熱エネルギーにより収縮したコラーゲンやエラスチンは、いわば熱により「損傷を負った」状態です。

そのため、平常時はその30%ほどしかはたらいていないとされる繊維芽細胞が活性化し、損傷を受けたコラーゲンやエラスチンを修復するため、大量のコラーゲンやエラスチンを産生。

収縮したコラーゲンやエラスチンは、やがて新しく産生されたものと入れ替わります。 新しいコラーゲンやエラスチンは弾力に満ちているため、肌のハリや弾力が増し、肌が全体的に若々しい印象になる効果が期待できるのです。

ただし、コラーゲンやエラスチンの新陳代謝には時間がかかるため、肌のハリや弾力が増したことが実感できるのは、再生が盛んになってくる1か月後ぐらいからのようです。

テノールの特徴:高い周波数の高周波(RF)を照射する

顔にレーザーをあてる女性の写真

高周波(RF)を利用した痩身治療器は、テノールのほかにもいくつも存在します。テノールがすぐれている点は、高周波(RF)を利用した痩身治療器のなかでも高い周波数の高周波(RF)を照射すること。

テノールが照射する高周波(RF)の周波数は、40.68メガヘルツ。これは、同じ高周波(RF)痩身治療器である「インディバ」が照射する周波数の約100倍であり、サーマクールの約7倍の周波数です。

高周波(RF)痩身治療器の周波数

  • インディバ:0.4~0.8メガヘルツ
  • ポラリス、オーロラ:1メガヘルツ
  • サーマクール:6メガヘルツ

従来の高周波(RF)美容治療器とテノールの発熱メカニズムの違い

従来の高周波(RF)美容治療器が照射する高周波(RF)の周波数は、1~10メガヘルツの間です。この周波数帯の高周波(RF)は、皮膚内部で電気抵抗を起こすため、ジュール熱が発生します。ジュール熱を利用した高周波(RF)美容治療器による治療では、皮膚表面での熱の発生が大きくなる傾向に。

一方、テノールの照射する40.68メガヘルツの高周波(RF)は、発熱のメカニズムが異なります。高周波(RF)が皮膚内部の水分子を振動運動や回転運動させ、分子同士の摩擦熱を発生。このタイプの発熱は、皮膚の表面よりも内部で大きな熱が発生するため、皮膚内部をより効率的に加熱することが可能です。

最高温度に達する部分は、皮膚表層から15~20mm下で最大の熱が発生するように設計されており、肌を保護しつつ効果的に皮下脂肪周辺を加熱することができます。

テノールによる施術では、真皮層が60℃〜80℃の温度まで加熱されると考えられています。

:)ジュール熱とは?

電流がある導体内を流れるとき、電気抵抗によって導体内に発生する熱。

高周波(RF)の周波数が高いと施術効果も大きい

高周波(RF)の周波数の高さと、水分子の震動数は比例しています。つまり、高周波(RF)の周波数が高いほど、皮膚内部の水分子の震動数が増えるため、より多くの熱エネルギーが発生します。

この結果、皮膚のより内部まで熱エネルギーが浸透し、期待できる施術の効果も高くなります。

テノールが照射する高周波(RF)は高周波数であるため、テノールは医療機関でのみ使用が許可されている治療機器です。

テノールの施術の詳細

カウンセリング風景の写真

ここからは、テノールの施術を受ける際の流れを見ていきましょう。クリニックによりこまかな手順は異なりますが、テノールによる部分痩せ治療の施術は、以下のような手順で行われます。

1:カウンセリング

医師が診察を行い、テノールが症状に適した治療か否かを判断します。

予約状況や症状の状態にもよりますが、カウンセリング当日の治療も可能としているクリニックが多いようです。

2:準備(洗顔)

顔への施術の場合は洗顔を行い、メイクをオフ。体への施術の場合は、クリニックで用意されている施術着に着替えます。

3:テノール照射

照射部位に専用オイルを塗布し、テノールを照射していきます。施術中はポカポカとした温かさを感じる人が多く、心地良さから眠ってしまう人も多いようです。

4:施術終了

オイルを拭きとり、メイクをして帰宅できます。

テノールの照射に要する時間は、施術部位の範囲にもよりますが、顔全体への施術の場合や、セルライト1部位への施術につき15分間〜20分間ほどです

テノール治療に必要な施術回数と通院期間

クリニック

テノールによる部分痩せ治療による効果は、施術を3回〜5回繰り返して受けた頃から実感できることが多いようです。

そのため、2週間に1回、5回以上施術を受けるのがおすすめです。

また、顔への施術の場合は、施術と施術の間隔を1か月ほどあけることが多いよう。体への施術の場合は、施術と施術の間隔は1週間~2週間であることも。

しかし、部分痩せには数回の施術が必要ですが、美肌効果は1回の施術でも感じられる人が多いようです。

テノールの術後経過とダウンタイム

カレンダーの写真

テノールの施術を受けた直後は、入浴後のように肌が熱をもち、やや赤みを帯びます。 痛みはありませんが、施術後しばらくの間、まさに風呂上がりのように、体の内側からホカホカとした温かさを感じるよう。

これは、テノールの高周波(RF)が皮膚の深部を加熱するためです。皮膚の赤みは、数時間のうちに引いていくことが多いようです。

また、上述したようにテノールの術後のダウンタイムは、ほぼないとされています。テノールの術後の生活制限は特になく、メイクや洗顔、入浴や洗髪、運動や飲酒も施術当から可能です。

テノール治療の費用の相場

財布の写真

テノールの施術を行っているクリニックでは、以下のような料金設定が多く見られます。参考にしてみてください。

  • 顔全体:1回 16,000円〜30,000円
  • 腹部:1回 42,000円〜50,000円
  • 二の腕:1回 30,000円〜42,000円

テノールによる治療を受けることができない人

妊婦

以下の条件にあてはまる人は、テノールによる部分やせ治療を受けることができない場合があるので、注意してください。

  • ペースメーカーなどの埋め込み型の医療機器を使用している人
  • 妊娠中である、または妊娠の可能性のある人
  • がんや糖尿病、腎臓病などの疾患がある人
  • 悪性の皮膚疾患がある人
  • コラーゲンなどの皮膚注入治療を受けて間もない人
  • 3か月以内にイソトレチノイン酸を内服した方(ロアキュタン)

テノールに期待できる効果をおさらい!効果の発現時期と持続期間もチェックしよう

虫眼鏡を持つ女性の写真

上記でも触れましたが、テノールによる治療で期待できる効果をまとめました。再度、確認しましょう。

  • セルライトの除去
  • 部分痩せ
  • デトックス
  • 進行したたるみやしわの改善
  • 顔のやつれや頬のこけの改善
  • 毛穴開きの改善
  • コラーゲン増生による肌の引き締め効果
  • コラーゲン増生による肌のハリがアップする効果

テノールによる治療の効果の発現時期と持続期間

効果があらわれる時期と持続期間については、下記のようになります。

部分痩せの効果

テノールによる部分痩せ治療は、施術を3回〜5回繰り返した頃から効果を実感できる人が多いようです。

美肌効果

テノール治療による美肌効果は、コラーゲンの収縮により、治療後すみやかに肌の引き締め効果を実感できるそう。

デトックス効果

テノールが照射する高周波(RF)は、リンパの流れや血流を活性化させ新陳代謝を促進するため、治療部位の老廃物や毒素を取り除くデトックス効果も期待できるとされています。このデトックス効果は、治療から1週間ほど経った頃から実感できることが多いよう。

肌にハリ・弾力がでる効果

コラーゲンの再生が盛んになってくる1か月後ぐらいから、肌のハリや弾力が増したことが実感できるようです。


このように、テノールは治療から時間が経つにつれて徐々に美肌効果が実感でき、それらの効果は約半年間ほど持続するとされています。

テノールによる治療のメリット

ピースサインをする女性の写真

テノールはセルライト除去や、部分痩せ効果が期待できる治療機器。さらに、美肌も目指せるとうれしい点ばかり。

しかし、テノールのうれしいポイントはほかにもあります。テノールによる部分痩せ治療には、以下のようなメリットがあるのです。

テノールによる治療のメリット1:施術時の痛みが少ない

高周波(RF)やレーザーなどを用いた従来の治療法では、照射パワーが大きいほど効果が高いものの、熱エネルギーが瞬間的に皮膚内部に届くため、施術にともなう痛みも強いものでした。

しかしテノールでは、非常に高い周波数の高周波(RF)を照射するにもかかわらず、高周波(RF)の熱エネルギーが分散し、徐々に皮膚内部に届くため、施術時の痛みはほぼありません。

施術部位によっては多少の熱感を感じることもあるようですが、肌に接触する照射ヘッドに冷却装置がついており、照射と同時に肌表面が冷却されるため、熱さや痛さを感じることはないよう。

そのため、通常は麻酔なしで施術が行われます。

テノールによる治療のメリット2:ダウンタイムがほとんどない

テノールによる施術では肌へのダメージも少ないため、ダウンタイムはほぼないとされています。

施術を受けた直後は肌が少し熱を持っており、入浴後のように肌が火照っていることが多いようですが、数時間のうちに引いていくでしょう。

そのためテノールは、美容治療を受けたことを周囲の人に知られたくない場合に理想的な治療法です。

テノールによる治療のメリット3:部分痩せと美肌効果の両方が期待できる

上述したように、脂肪吸引などの痩身術とは異なり、テノールによる治療では部分痩せ効果と同時に美肌効果も期待できます。

そのため、単に気になる部分の脂肪やセルライトを除去したい場合のみでなく、その部位をより美しく保つためのトータルケア方法として利用することができるのです。

テノールによる治療のデメリット

口をふさぐ女性の写真

一方で、テノールによる治療では、以下のような点がデメリットとなることもあります。 施術を検討している人は、メリットだけでなくデメリットも事前に確認しましょう。

テノールによる治療のデメリット1:複数回の施術が必要

テノールによる部分痩せ治療では、1回の施術である程度の効果を実感できる人もいるようですが、脂肪吸引などの痩身術に比べ、即効性では劣ります

したがって複数回の施術を受けるため、一定期間にわたり通院する必要があります。

一般的には、5回以上を推奨しています。

テノールによる治療のデメリット2:効果に個人差がある

テノールによる部分痩せ治療は、リンパの流れや血流を活性化させ新陳代謝を促進する方法であるため、その効果は個人の新陳代謝の能力に左右されます。

そのため、テノールによる部分痩せ治療の効果のあらわれ方には、個人差があるでしょう。

部分痩せ+美肌も目指すなら、テノールがおすすめ!

くつろぐ女性の写真

テノールによる部分痩せ治療は、高周波(RF)照射による効果が期待できるうえに、痛みもダウンタイムも少ないという夢のような施術です。

施術費用も、美容治療のなかでは比較的試しやすい価格帯。セルライトに悩んでいたり、どうしても脂肪が落ちない部位がある人は、ぜひ一度テノールの施術を検討してみてはいかがでしょうか?

この記事の監修医:木下裕美先生のクリニックはこちら

  • 住所愛知県名古屋市中村区名駅3-26-8 KDX名古屋駅前ビル12階
  • アクセス名古屋駅より徒歩3分
  • 休診日年中無休
  • 診療時間10:00~19:00
  • 電話番号0120-5489-82
  • 予約電話予約

※ クリニック情報や診療メニューなどは、公式ホームページから取得した内容ですので、情報の正確性は保証されません。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

湘南美容外科クリニック名古屋院の詳細

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

関連する記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

記事に関するお問い合わせ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

注目の記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー