NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2015年11月16日 更新 | 1,746 views

目こすってない?目の下のクマができる原因10選

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

この記事は、品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行が監修しています。

気がつくといつの間にかできている、目の下のクマ。顔色が悪く見えたり、老けて見えたり……と悩みのタネですよね。目の下のクマは寝不足のサイン、と思われがちですが、原因になるのは寝不足だけではありません。日常生活の中にある目の下のクマの原因を知って、予防と改善の参考にしてみてください。

目の下のクマにも、種類があるということを知っていますか?原因によって目の下のクマの出方は変わるので、自分の健康状態とクマの原因をしっかりと把握して、種類に分けた対処をすることが改善の鍵になります。

青クマの主な原因4つ

青クマ

目の下の皮膚を指で少し下に引っ張ってみてください。引っ張ったときに、目の下のクマが少し薄くなって目立たなくなるようであれば、青クマの可能性が高いです。

目のまわりにはたくさんの毛細血管があり、この毛細血管がうっ血してしまうと、青クマとなります。日常生活の中で、目のまわりの毛細血管の血流を滞らせる原因となりやすい要因を見てみましょう。

生活習慣による血行不良

睡眠不足や疲労、喫煙やホルモンバランスの乱れなどの生活習慣が目の下のクマの原因になることがあります。

また、運動不足も血の巡りを悪くさせる原因となるため、適度な運動や十分な睡眠で疲労を蓄積させないように努力しましょう。

ストレスによる血行不良

ストレスによる血行不良も目の下のクマをつくる大きな原因のひとつ。一見、ストレスと血行不良はあまり関係がないように聞こえますが、実はストレスは血液循環と密接しています。

内臓のはたらきや血液の循環に大きく影響する、自律神経という神経があります。ストレスがたまると、自律神経を正常にはたらかせる妨げとなってしまうのです。

仕事や人間関係など、日常にはストレスの元になることもたくさんありますが、自分なりの解消方法を用意して、適度にストレス発散をしてください。

冷えによる血行不良

女性のクマの原因になりやすいのが、この冷えによる血行不良。冷えによって、内臓が活発に働かなり、血行不良を引き起こしてしまうんです。

冬場の薄着だけでなく、夏場のオフィスや電車内での冷房も体を冷やしてしまうため、一年を通して冷えの原因はあらゆるところに存在しています。飲み物はなるべく常温のものを選ぶなど、日常生活で冷えの原因をできるだけなくし、目の下のクマを作らないようにしましょう。

皮膚が薄い

目の下のクマの先天的な原因として挙げられるのが皮膚の薄さ。顔に限らず、色が白い人は手足の血管が目立つように、目の下の皮膚が薄いと目の下のクマが目立ちやすいです。

皮膚の薄さはなかなか日常生活では改善できませんが、皮膚の薄さにより目立っている目の下のクマは、コンシーラーやファンデーションで比較的簡単に隠すことができます。

茶クマの主な原因4つ

日差し

目の下を引っ張ったとき、さらには上を向いても変化がなければ、それは茶クマです。茶クマの主な原因は色素沈着です。目をこする癖がある人や、メイク落しのために強めに目をこする、という人は注意が必要です。

色素沈着の予防は、毎日のケアの中のちょっとした意識でできることが多いので、原因となるような習慣がある人はすぐに改善してください。

肌の乾燥

目元の皮膚が乾燥してカサカサになっていると、くすみができやすく、目の下のクマを作る原因になることがあります。茶クマを少しでも目立たなくさせるためには、たっぷりと保湿をして潤ったお肌を保つようにしてください。

紫外線

紫外線を浴びてメラニン色素が増加することで、色素沈着の大きな原因となります。今ある目の下のクマを悪化させるだけでなく、新たなクマをつくる原因にもなりかねません。夏場に限らず、冬でも紫外線はお肌の大敵です。日焼け止めや、UV効果のある化粧下地を使用するなど、しっかりとしたUVケアで紫外線対策を忘れずに!

マスカラ

マスカラやアイラインはアイメイクの基本ですが、きちんと落さずに目元に残ってしまうと色素沈着の元となり、目の下のクマの原因になります。

かといって、無理にゴシゴシこすってメイクを落すのも、目の下のクマにとっては悪影響。オイルタイプのクレンジング剤を使うなど、肌にダメージの少ないクレンジング方法を選ぶのがポイントです。

黒クマの主な原因2つ

黒クマ

鏡に向かって下を向いたとき、少し目立たなくなったと感じるようであれば、それは黒クマです。黒クマは、目の下の部分の皮膚のたるみで影ができて、クマのように見えている状態です。黒クマの主な原因2つを紹介します。

加齢により皮膚がたるむ

加齢が進むと、皮膚の中のヒアルロン酸やコラーゲンが少なくなります。コラーゲンは皮膚にハリをもたせる効果があるため、ハリがなくなると、下まぶたが脂肪分を支えられなくなり、たるみの原因になります。

目の下の皮膚がたるんで影になってしまうと、黒クマの原因になるため、ヒアルロン酸やコラーゲンの入ったリフトアップクリームなどで目元ケアをしてみましょう。

顔が浮腫んでいる

顔が浮腫んでいる状態だと、たるみはより一層強調され、目の下のクマもハッキリと見えてしまいます。

寝不足や不健康な食生活は顔の浮腫みにつながりやすいので注意してください。お風呂上りなど血行の良い上体で顔や首元のリンパマッサージを習慣にすると、顔の浮腫みの解消が期待できます。

目の下のクマの種類を見極めて、原因となる生活習慣を改善しましょう

目の下のクマといっても種類があること、そしてこんなにたくさんの原因があることがわかりました。ですが、ひとつひとつは日常的に少し気をつければ改善できるような簡単なことばかりです。

まずは鏡を見て、自分の目の下のクマの種類と状態をチェックして、原因をしっかりと理解しましょう。

written by mariaxx

image via shutterstock

目の下のクマ・あざの地域別人気クリニック

東京

湘南美容外科 池袋東口院

JR池袋駅より徒歩5分

詳しく見る

大阪

シロノクリニック 大阪院

JR大阪駅より徒歩3分

詳しく見る

福岡

品川スキンクリニック 福岡院

西鉄天神大牟田線福岡駅「南口」より徒歩約5分

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43676 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ