NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1032記事

メルマガ登録

2016年08月24日 更新 | 26,373 views

痩せた人いるの?水ダイエットの本当の効果と方法を体験談つきで徹底解説

水を飲むだけで痩せるという水ダイエット。にわかに信じがたいですが、調べてみたらちゃんと効果があるダイエット方法です。しかも方法はとてもシンプルで、日常生活の中で意識的に水を飲むだけです。ただし、飲む水の量やタイミングに注意点があります。それらをしっかり守ることで水ダイエットのダイエット効果や美肌効果が期待できます。

水を飲むだけ痩せる、という水ダイエット方法があります。
ただの水です。炭酸水のように飲んだらお腹が膨らむ効果や、白湯のように身体を温める効果は期待できないのですが、本当に水ダイエットで痩せた人っているのでしょうか?
水ダイエットしてる子が、痩せたしお肌がキレイになった気がする〜と言うので、なにっ!私もやろうかな!と食いついているところ。20代の子と張り合う私なのである。
痩せたい〜痩せたいけど水ダイエットしてから1キロは痩せた感じする
水ダイエットして2週間で2キロ痩せたわ。
オススメだよ(^_-)みんなやってみて
驚き顔の赤ちゃん 
...いました!!

水ダイエットとは

水ダイエットとは、普段の生活の中で意識的に水を飲むダイエット方法です。
私たちは毎日、色んなかたちで水を飲んでいます。ジュースやコーヒー、食べ物に含まれている水もそうです。そのため、私たちは普段どれくらいの水を飲んでいるか、あまり気にしたことがありません。
水ダイエットでは、これまで意識してこなかった「水を飲む」ということを意識するダイエット方法です。なぜ意識する必要があるかというと、現代の生活において、水を飲み足りていない女性が圧倒的に多いからなんです。

水ダイエットの4つの効果

落ちてくる水を手ですくう 
水自体にダイエット効果のある成分は入っていません。ただ、意識的に必要な量の水を飲むことで身体にさまざまな良い影響が現れます。私たちの身体の7割は水でできているので、不足していた水分を補うことが身体に良いのは当然ですよね。

ダイエット効果

常温の水を飲むと一時的に体温が下がるので、体温を上げるために代謝が上がり、それが続いて基礎代謝量が上がることで脂肪を燃焼しやすくなります。また、食前に水を飲むとお腹が満たされるので食欲抑制にもなります。ただし、食事中に水を飲みすぎると体液が薄まってしまい消化活動の妨げになります。これはダイエットには逆効果なので注意してください。

美容美肌効果

お肌のトラブルの原因に共通して言えるのは「水」です。ニキビや乾燥肌、シミやシワ、たるみの原因は身体が水不足状態になっているか、飲んでいる水の質が悪いことが考えられます。そのため積極的に質の良い水を飲むことで、お肌のトラブルを解決する美容美肌効果が期待されます。

デトックス効果

むくみや便秘も身体の水不足が原因と言われています。身体の毒素は尿や汗、便に混ざって排出されます。尿や汗はもちろん水からできているので、身体が水不足だと尿や汗がなかなか出ませんよね。また、水が不足していると便が硬くなってしまい便秘の原因になります。身体の中の毒素を排出してキレイになりたいなら、水を飲むことは欠かせません。

油断防止効果

水を飲むことにこれだけ効果があると言っても、あまり信じられませんよね。炭酸水ダイエットのようにお腹が膨らむといった実感もありません。自分がダイエットをしている気持ちにならないんです。すると、「ダイエットしているからちょっとだけ...」と油断してバカ食いすることを防ぐことができます。水ダイエットを疑っている人ほど、油断がなくなるわけです。

水ダイエットの方法

水を飲む女性 

飲む水の量はどれくらい?

人間が1日に摂取するべき水の量は自分の体重の約4%と言われています。体重50kgの人であれば2リットルです。ただし、食材や清涼飲料水に含まれている水も、この中の水にカウントするので、実際には自分の体重の約3~4%の水の量が「水ダイエット」として摂取する量の目安になります。

飲むタイミングは?

コップ1杯程度の水をこまめに飲みましょう。一度に飲むと苦しいし、身体にも悪いです。朝起きたときや食前、入浴前後や就寝前と決めると習慣にしやすいですし、仕事中に1.5リットル飲みきる、といったルールを決めて飲んでも構いません。こまめに飲んで身体に負担をかけないこと、継続できる習慣づくりがダイエットには大切です。

飲む水の種類は?

「水」と言っても軟水や硬水など種類があり、水道水でいいのかミネラルウォーターがいいのか迷ってしまいますよね。結論から言うと水であればなんでも大丈夫です。

軟水:水道水や日本製ミネラルウォーターに多い軟水

日本人がもっとも飲みやすい水は軟水です。ほとんどの自治体の水道水も軟水のはずです。軟水は口当たりがまろやかなので飲みやすいので、水ダイエットをストレスなく継続したい人にオススメです。

硬水:ミネラルが豊富! 海外製ミネラルウォーターに多い硬水

硬水は軟水に比べてミネラル成分が多いため水ダイエットの効果をより高めてくれます。ただし、口当たりが軟水ほどまろやかではないので、人によっては苦手かもしmれあせん。ダイエットは継続することが一番大切です。自分の好きな水を選びましょう。
軟水や硬水以外にも、水素水、アルカリイオン水、サルフェート水、海洋深層水、シリカ水、バナジウム水、など水には種類がたくさんあるので、自分の好きな水を選んでくださいね。『美肌やダイエットのために飲むべき水はどれ? 9種類の水を調べてみた

水ダイエットの注意点

グラスに入った水 
方法がシンプルな水ダイエットですが、いくつか注意点があります。この注意点を守らないと水ダイエットの効果が薄くなったり、身体にとって負担になることもあるので、気をつけましょう。

常温の水を飲む

お風呂あがりにやってしまいがちなのが冷たい水を飲むことです。冷たい水を飲むと身体が冷えてしまい胃腸に負担がかかったり、代謝が下がってしまいます。これでは水ダイエットの効果が出ません。できるだけ常温の水や白湯を飲むようにしましょう。

寝る直前に飲まない

水を飲むタイミングで就寝前を紹介しましたが、就寝直前に飲むとむくんでしまう可能性があります。また、夜中にトイレに行きたくなったり、おねしょをしてしまうかもしれません。就寝前にコップ1杯の水を飲むのは良いことなのですが、できれば寝る30分前には飲みましょう。

お茶や清涼飲料水で代替しない

お茶やコーラ・ジュースも大きなくくりで見れば水です。水ですが、砂糖やカフェイン、甘味料などの添加物が入っています。これらは身体に入ったら分解する必要があり胃腸に負担がかかります。お茶やコーラ・ジュースではなく純粋な水を飲むことで、胃腸の負担を減らしましょう。

水ダイエット体験談:意識するだけで本当に変わる

私はコーヒー中毒と言われてもおかしくないくらい、仕事中に大量のコーヒーを飲みます。コーヒーを飲むと眠くならないし、集中力が増すと思っていました。
でも、水ダイエットを知ってから1日に体重の4%(私の場合2.5リットル)の水を意識して飲もうと決めました。すると仕事中に1.5~2リットル飲む必要があり、自然とコーヒーを飲まなくなりました。

水を飲んでただけなのに...

そんな日々が2週間続いたときに気づきました。コーヒーを飲まなくても眠くならないし集中できている自分がいること、体重が2kg減り心なしか便通も良くなっていました。あと、睡眠の質が上がった気がします。
ダイエット効果は全く期待していなかったのですが、結果として2kgの減量で身体が軽くなりました。そして仕事中のコーヒー代が浮いたので財布は重くなりました。今は意識しなくても、仕事中は水を飲むようにしています。
やってみると驚くほど効果があります。オススメです。

今すぐはじめられる水ダイエット

水ダイエットは方法や注意点を守って正しく行うことで、美肌・ダイエット効果があるとわかりました。水ダイエットの良いところはシンプルで誰でもできる方法にあります。水ダイエットは誰でも今すぐに始めることができます。まずは自分が1日に何リットルの水を摂取しているか、確認してみませんか? 

image via shutterstock
written by ヤス

NICOLY:)編集部員がメディカルダイエットに挑戦!

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45316 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ