2017年10月04日 更新

【医師が解説】たるみ治療と予防には、糸のリフトアップ!私に合う施術はどれ?

糸のリフトアップはたるみを改善する若返り治療のひとつ。短いダウンタイムで傷も残らないのが特徴です。今回は湘南美容外科の新宿本院の副院長である居川医師にインタビュー。溶ける糸と溶けない糸の違いや、ダウンタイムや痛み、予防としておすすめの治療などについて聞きました。

SBCメディカルグループ副統括院長、湘南美容外科 新宿本院 副院長 居川和広

この記事は、SBCメディカルグループ副統括院長、湘南美容外科 新宿本院 副院長 居川和広先生が監修しています。

顔のたるみを鏡で見ている女性の写真

フェイスラインがもったりしてきたり、ほうれい線やゴルゴ線が目立ってきたり……。

顔の印象が何年か前と変わってしまったと感じることはありませんか?

顔のたるみは、いつまでも若々しくいたい女性にとって、放っておくことができない悩み。

マッサージやストレッチでたるみの進行を遅らせることはできるかもしれませんが、美容医療に頼るのもひとつの手です。

今回は、湘南美容外科の新宿本院の副院長で、SBCメディカルグループの副統括院長でもある居川和広医師に、糸のリフトアップについての気になるあれこれについてお話をうかがいました。

記事の後半にはそれぞれのリフトアップ術の症例写真を載せていますので、自分に合う施術はどれか、検討してみましょう。

居川先生の写真
出典:湘南美容外科公式ホームページwww.s-b-c.net/dr_introduction/igawa_dr.html

目次

糸のリフトアップとほかのリフト術の違いは?比較してみよう

考える女性

たるみを改善する代表的な若返り治療には、レーザー治療・糸のリフトアップ・外科手術のリフトアップの3つが挙げられます。

レーザー治療や糸のリフトアップは「切らないリフト」、外科手術のリフトアップは「切るリフト」とも呼ばれていますね。

それぞれにメリットやデメリットはありますが、糸のリフトアップは、切開をしないことが多いため傷跡がほとんど目立たず、それにもかかわらずたるみをしっかりと引き上げることができるというのが魅力。

また、糸の刺激があることによりコラーゲンやエラスチンが増加し、肌のハリ感アップに一役買うという効果も。

たるみを引き上げる力(リフト力)は、レーザー治療 < 糸のリフト < 切るリフトの順に大きく、効果に比例してダウンタイムも長くなります。

つまり、糸のリフトアップは「切るリフトよりダウンタイムが短くて」「ある程度の効果が見込める」という、いいとこ取りができる施術なのです!

溶ける糸と溶けない糸の違い。メリット・デメリットって?

さて、糸のリフトアップと一口に言っても使用される糸の種類はさまざま。

大きく分けると、一定の期間を経て溶ける糸と、体内に残り続ける溶けない糸があります。

はじめに、溶ける糸と溶けない糸、それぞれのメリットやデメリットについて、聞いていきましょう。

ライター:居川先生よろしくお願いします!まずはじめに、溶ける糸と溶けない糸の違いについて、教えてください。

居川医師の写真

よろしくお願いします。

溶ける糸は、一定の期間が経てば溶けてなくなるので、異物が体内に残らないところがメリットですね。

そして実は、糸が溶けたからといって、完全に効果がなくなるわけではないのです。

糸が溶けても、糸が入っていた部分の周囲に膜や硬い組織ができます

糸が溶けたら、効果がプツッと切れるというわけではないんです。

ライター:そうなんですね。では、溶けない糸のメリットにはなにがあるのでしょうか?

溶けない糸のメリットは、長期間の効果が期待できる点です。

ただ、糸のリフトは稀に引きつれが発生してしまうことがあり、その場合に溶けない糸を使っていると施術から何年経ってもひきつれが治らないのがデメリットですね。また長期間顔に異物が入っているのが嫌という意見もあります。

また、金の糸を入れた場合は、施術によっては安全性が確認されていないため、顔にレーザーを照射することができなくなってしまいます

残念ながら、すでに金の糸を受けた方がレーザー治療のために当院にいらっしゃって、レーザー治療を受けられないということをそこで初めて知るということも時々ありますね。

ライター:では、総合的に考えて溶ける糸と溶けない糸ではどちらが効果的なのでしょうか?

溶ける糸は、溶けない糸よりも持続力が弱いというのは確かです。

しかし、糸のリフトアップについては、みなさんが思っているように、溶けるから戻る、溶けないから戻らないというような単純なものではないといえます。

施術の効果は、溶けるか溶けないかよりも、糸の材質や太さ、本数、トゲの数や大きさが左右すると考えると良いでしょう。

そして何より医師の技術によっても効果は大きく異なります。

ちなみに、先生のいうトゲというのは、正式には「コグ」とも呼ばれるもの。

下の写真は、湘南美容外科のシークレットリフトの施術で使用されている糸。

シークレットリフトで使われている糸の写真
出典:湘南美容外科公式ホームページwww.s-b-c.net/lp/secret-lift/

このように、しっかりとした太いコグが付いています。

そして3Dリフトという施術では、下の写真のような円錐状の突起の付いている糸が使用されているそう。

3dリフトで使われている糸の写真
出典:湘南美容外科公式ホームページwww.s-b-c.net/contents/antiageing_3_1_3dlift.html

トゲの形状によっても、効果は変わってくるということのようです。

湘南美容外科のさまざまな糸のリフトアップ。それぞれの特徴やダウンタイムは?

湘南美容外科には、さまざまな糸のリフトアップのメニューがあります。

湘南美容外科の糸のリフトアップメニュー

  • 小顔若返りリフト
  • 3Dリフト
  • シルキーリフト
  • バレないリフト(ミントリフトⅡ mini)
  • シークレットリフト(ミントリフト Ⅱ mini S Flex)
  • スマートシェイプリフト

それぞれに、どのような特徴があるのかを聞いてみましょう。

ライター:湘南美容外科の糸のリフトアップの施術のページを見ると、さまざまなメニューがあるのですが、それぞれどのような特徴があるのでしょうか?

居川医師の写真

糸のリフトには、骨膜に固定するタイプと、固定しないフローティングタイプがあります。

湘南美容外科の施術でいうと、小顔若返りリフトは骨膜に固定するリフトで、シークレットリフトバレないリフトシルキーリフトなどはフローティングタイプにあたります。

糸のリフトの説明画像

ライター:そうなんですね。固定するのとしないのでは、どのような違いがありますか?

居川医師の写真

骨膜に固定するほうが、強力な引き上げ力があります。

たるみを予防するだけでなく、現在の状態をよりしっかり引き上げたいのなら、骨膜に固定する小顔若返りリフトがおすすめです。

ただし、骨膜に固定するタイプは髪の生え際だけでなく頬のあたりにも針を通すので、ダウンタイムがフローティングタイプよりも少し長くなってしまいますね。

ちなみに骨膜に固定するタイプとフローティングタイプの違いですが、矢印の指す部分から針を通すと考えると、以下のようなイメージになります。

【骨膜に固定するタイプ

骨膜に固定するタイプの挿入箇所のイメージ写真

【フローティングタイプ】

フローティングタイプの挿入箇所のイメージ写真

針を通した傷跡は、ほとんど目立たなくなるそう!

そうですね。糸の違いによってメニューを分けています。

糸の材質は、どんどんリニューアルされて、より良いものが使われるようになってきています。

以前は持続力と弾力のどちらかに特化した糸が使用されていましたが、今では改善されて持続性と弾力を兼ね備えた糸がでてきているんです。

ライター:施術に使う糸の種類や本数は、どのように決めるのですか?

どの糸を何本使用するかは、お客様と相談しながら顔の部位的特徴・脂肪の量・肌の性質を総合的に考えて、ひとりひとりに合わせて選びます。

例えばあまり引き上げる必要がない場合、細い糸を入れますが、それでもたるみ予防には十分効果を発揮します。

ダウンタイムをまとめた表

ライター:たるみがさほど気になっていない人なら、ダウンタイムが短くて予防効果が高いものを希望するかもしれないですよね。要望にあわせて、ある程度柔軟に決められるのはうれしいですね!

糸のリフトアップの術中と術後の痛みは?

手術で気になるのは、やはり術中や術後の痛み

施術中は麻酔をするので糸が挿入されること自体への痛みはさほど心配する必要はありませんが、局所麻酔を打つ際少し痛みがあります。

また、糸が入っていることで、違和感や不快感があるのかも気になります。

ライター:糸のリフトアップでは局所麻酔が使われるそうですが、打つ箇所は多いのですか?

居川医師の写真

糸を入れる針を刺す箇所だけでなく、頬のあたりにも麻酔をするので、入れる本数によっては麻酔の箇所は多くなってしまいますね。

ただ、麻酔薬は浸潤しますので、糸の本数の分だけ注射するわけではありません。

特に本数が多い場合には、ブロック麻酔を使うこともあり、1か所注射するだけで頬骨~ほうれい線のあたりまで広範囲に除痛することができます。

ライター:では、施術後に麻酔が切れてしまったとき、顔に糸が入っていることによる痛みはあるのでしょうか?

鎮痛剤を飲めば気にならない程度の痛みの方が多いです。しかし、おっしゃる方によってそれぞれで、個人差があります。

痛み止めを飲まなくても痛くなかったという方がいる一方で、痛み止めを飲んでもひと晩から2日間ほど痛かったという場合もありますね。

また、あくびをしたり、食事のときになにかを噛んだりして痛みを感じるという人もいらっしゃいます。

ライター:施術後は、糸が入っていることで違和感を覚える人が多いのでしょうか?

違和感については、顔を大きく動かしたときに、引っ張られている感じがあると思います。ただ、1週間すれば消えることがほとんどです。

もしも1週間以上経っても違和感や痛みがある場合は、クリニックへ来てください。

私に合うのはどれ?糸のリフトアップの症例写真をチェック!

最後に湘南美容外科の糸のリフトアップの症例写真を見ていきましょう。

この施術でこの本数の糸を入れたら、どれほど効果が出るの?」という疑問を解消するには、症例写真が役に立ちます。

もちろん効果に個人差はありますが、ぜひ参考にしてみてください。

小顔若返りリフト

小顔若返りリフトは、骨膜に糸を固定するので、糸のリフトアップのなかでも効果が高いといわれています。

こちらの症例は、両側あわせて12本の糸を入れた女性。

小顔若返りリフトの症例写真
出典:湘南美容外科公式ホームページwww.s-b-c.net/photo/n153667.html

フェイスラインにかなり大きな変化が見られ、しっかり引き上がっているのがわかります。

3Dリフト

3Dリフトは、使用できる領域が広く自由度が高いのが特徴。

頬やフェイスラインだけでなく、前額にできる横しわを解決するブロウリフトも可能です。

こちらの症例は、両側あわせて6本の糸でフェイスラインのたるみ治療をした女性の写真です。

3Dリフトの症例写真
出典:湘南美容外科公式ホームページwww.s-b-c.net/photo/n135869.html

フェイスラインがシャープに変化しているのがわかります。

シルキーリフト

シルキーリフトはフローティングタイプの糸のリフトアップで、持続期間は1年〜1年半といわれています。

他のフローティングタイプの糸と比べると料金が安くなっているので、初めての人でも挑戦しやすいかもしれません。

こちらの症例は、両側あわせて16本の糸を入れた女性。

シルキーリフトの症例写真
出典:湘南美容外科公式ホームページwww.s-b-c.net/photo/n155334.html

全体的に顔が引き上げられ、ほうれい線も薄くなっているのがわかります。

バレないリフト

バレないリフトは、双方向にトゲのついたミントリフト Ⅱ miniという糸を使用したフローティングタイプのリフトアップです。

持続期間は1年半〜2年ほどと長くなっています。

こちらの症例は、両側あわせて10本の糸を挿入した女性。

バレないリフトの症例写真
出典:湘南美容外科公式ホームページwww.s-b-c.net/photo/n148761.html

頬・口角・フェイスラインがしっかり引き上がっているのが見てとれます。

シークレットリフト

シークレットリフトは、従来のものより柔軟性に優れているのが特徴のミントリフト Ⅱ mini S Flexという糸を使用したフローティングタイプのリフトアップです。

持続期間は、1年半〜2年ほど。

こちらの症例は、両側あわせて10本の糸を挿入した女性。

シークレットリフトの症例写真
出典:湘南美容外科公式ホームページwww.s-b-c.net/photo/n154758.html

顔全体が引き上げられて、若々しく変化したのがわかります。

スマートシェイプリフト

スマートシェイプリフトは、20本以上の糸を挿入していくリフトアップです。

360度ジグザグにトゲのついた糸を使用しており、とくにほうれい線やマリオネットラインが気になる人に適しているようです。

こちらの症例は、20本の糸を挿入した女性。

スマートシェイプリフトの症例写真
出典:湘南美容外科公式ホームページwww.s-b-c.net/photo/n148293.html

ほうれい線が薄くなり、口元の印象が若返っていることがわかります。

たるみ治療とたるみ予防を頑張りたいなら、糸のリフトアップ!

笑顔の女性の写真

糸のリフトアップは、短いダウンタイムで受けることができるたるみ治療であり、たるみ予防です。

挿入する糸の本数や素材、骨膜への固定の有無などによって効果の大きさはさまざまですが、バリエーションが豊富な分、自分にあった施術を受けられるということでもあります。

現在たるみが気になる人だけでなく、将来のために予防したいという人も、一度クリニックへカウンセリングへ行って、自分にあう治療はなにか、くわしく聞いてみてはいかがでしょうか?

居川和広先生のカウンセリングを受けたい人は、湘南美容外科新宿院へ

湘南美容外科新宿本院の写真
  • 住所東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
  • アクセスJR新宿駅西口徒歩5分
  • 休診日年中無休
  • 診療時間10:00~19:00
  • 電話番号0120-5489-40
  • 予約電話予約 WEB予約

※ クリニック情報や診療メニューなどは、公式ホームページから取得した内容ですので、情報の正確性は保証されません。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

湘南美容外科クリニック新宿本院の詳細

NICOLYでは随時、美容整形の体験レポートを公開しています!

美容整形の最新情報をゲットするために NICOLYのLINE@に友だち追加してくださいね。

NICOLYのLINE@でできること

  • おすすめの最新記事のお知らせ
  • 無料のモニター募集(不定期)
  • その他お得情報の配信

NICOLY限定!美容整形をモニター料金で安く受けられちゃう情報もいち早くお知らせします!

医師・薬剤師・その他医療関係者の方へ

より正確な医療情報を発信するためにも、医師の監修を経て誤りがないよう万全を期しておりますが、もし誤りとお考えになる情報があった場合には、ご指摘いただけますと幸いです。社内で確認の上、必要な対応をさせていただきます。

医療・薬剤に関する情報の指摘

その他記事へのお問い合わせ

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

id美容外科 代表院長 パク サンフン

パク サンフン

監修記事 (1)

id美容外科 代表院長

共立美容外科 銀座院 藤巻尊子

藤巻尊子

監修記事 (1)

共立美容外科 銀座院

共立美容外科新宿本院 望月香奈

望月香奈

監修記事 (1)

共立美容外科新宿本院

サイトメニュー