実は"目尻のしわ"にも有効!「ヒアルロン酸注入」の効果と失敗例

目尻にヒアルロン酸を注入すると、内側から肌をふっくら押し上げてしわの改善が目指せます。効果の持続期間は半年〜1年ほど。仕上がりに納得いかない場合は、ヒアルロニダーゼ注入で溶解することも可能です。なお、表情じわなどの深いしわの場合にはボトックス注射がおすすめです。

山本クリニック 院長 山本豊

この記事は、山本クリニック 院長 山本豊先生が監修しています。

皮膚の乾燥、加齢、紫外線による光老化など、さまざまな原因によって生じるのが肌の「しわ」

特に目尻は皮膚は薄く、まばたきや表情の変化によってよく動くことから、しわができやすい部位です。

そんな、年齢を感じさせやすい目尻のしわは、ヒアルロン酸注入によって改善が目指せます。

今回は、目尻のヒアリング注入についてくわしく紹介します。

そもそもヒアルロン酸とは?

ヒアルロン酸の写真

ヒアルロン酸とは、もともと人体内に存在する高分子(保水成分)です。特に眼球や関節などに大量に含まれており、肌のうるおいや弾力を保つはたらきを持っています。

医療用のヒアルロン酸製剤は透明なゲル状の物質です。肌に注射針で直接注入することで、くぼみを内側からふっくらと押し上げ、目尻をはじめさまざまな部位のしわの改善を目指すことができます。

ヒアルロン酸注入はメスで皮膚を切開する必要がなく、手軽に受けられることから「プチ整形」のひとつとして人気の高い美容術です。

ヒアルロン酸の持続性

注入したヒアルロン酸は体内で分解され、次第に吸収されていきます。そのため、目尻のしわの改善効果は永続的なものではありません。

注入したヒアルロン酸のうち、半分ほどが吸収されると「効果がなくなった」と感じる人が多いようです。

効果の持続時間に個人差はありますが、半年〜12か月ほどが目安になります。

ヒアルロン酸注入とボトックス注射の違い

考える女性の写真

ヒアルロン酸注入以外のほか、しわの改善に効果的な治療のひとつが「ボトックス注射」です。

ふだんは目尻のしわが気にならないけれど、笑った際にしわが寄るという人は、ヒアルロン酸注入よりもボトックス注射の方が適しているかもしれません。

ボトックス注射とは、ボツリヌス菌が生成する毒素「ボツリヌストキシン」を注入する施術です。

ボトックスには筋肉のはたらきを抑制するはたらきがあるため、注入を行った部分には、表情を変えようとしてもしわが寄らなくなります。

表情じわの防止には効果的ですが、すでに皮膚の表面に刻まれている、小じわやちりめんじわを改善する効果はありません。

そのため、笑うと現れる目尻のしわにはボトックス注射できてしまったしわにはヒアルロン酸注入が有効でしょう。

どちらの治療法が適しているのかは、カウンセリングを受けた際に医師が診断してくれます。

目尻へのヒアルロン酸注入の大まかな流れ

注射をする女性の写真

目尻へのヒアルロン酸注入の大まかな流れを確認してみましょう。

STEP1:カウンセリング

カウンセリングでは、気になる部分や仕上がりの希望などを相談するほか、アレルギーや病歴などについての問診があります。

目尻のしわの状態によってはボトックス注射など、ヒアルロン酸注入以外の施術を提案されるかもしれません。

STEP2:ヒアルロン酸注入の施術

多くのクリニックで、カウンセリング当日にヒアルロン酸注入の施術を受けることが可能です。

まずは前準備として、目尻にクリームタイプの麻酔を塗布します。

麻酔が効いたら、目尻のしわの溝に沿って、ヒアルロン酸を注入していきます。施術にかかる時間は10分ほどです。

STEP3:アフターケア

施術後、赤みが出た場合は保冷剤で軽く冷やします。

すぐにメイクをして帰宅することが可能です。

目尻のヒアルロン酸注入後のダウンタイム

珈琲を持つ女性の写真

ヒアルロン酸注入は、ダウンタイムがほとんどない施術なので、おおむね普段通りの生活をして問題ありません。

施術直後からメイクをすることが可能で、洗顔や入浴も当日からふだん通りに行えます。

ただし、血行が良くなりすぎると腫れや内出血が出やすくなるので、当日は熱いお湯に長時間浸かったり、サウナに入ったりするのは避けた方が良いでしょう。

施術直後は肌を強く押すと、注入したヒアルロン酸が移動してしまう可能性があるので、目尻のマッサージなどは1週間ほど避けた方がベターです。

洗顔もゴシゴシこすらず、優しく行いましょう。

ダウンタイムに起きる可能性がある症状

顔を隠す女性の写真

ヒアルロン酸注入はダウンタイムがほとんどない施術といわれますが、腫れや痛みが起きる可能性が全くないわけではありません。

ダウンタイムに起きる可能性のある症状を確認しておきましょう。

ヒアルロン酸注入後の痛み

目尻に筋肉痛のような違和感や軽い痛みがある場合がありますが、3日ほどで徐々に消えていきます。

もし、ズキズキと我慢できないような痛みを感じるようであれば、感染症を起こしている可能性があるので、すぐにクリニックに連絡しましょう。

ヒアルロン酸注入後の内出血

内出血は皮膚の下で起きる出血のことです。ヒアルロン酸注入の際に注射針が触れ、毛細血管が傷つくことが原因です。施術直後に内出血が見られなくても、翌日に生じるケースもあります。

ヒアルロン酸注入による内出血は、ほとんどの場合、ごく軽度のものなので、ファンデーションやコンシーラーで隠すことが可能です。

内出血は最初赤紫で、つぎに青色、最後に黄色へと変化。黄色が次第に薄くなっていき、1週間〜10日ほどでやがて消えます。

もし目尻に内出血が大きめに現れても、ヒアルロン酸注入の仕上がりには影響を与えないので心配する必要はありません。

ヒアルロン酸注入後の腫れ

ヒアルロン酸は安全性の高い成分ですが、注入の刺激によって若干の腫れが起きることがあります。

そのため、注射を受けた直後は「注入量が多すぎたのでは?」と感じる場合がありますが、3日ほどで落ち着いてきます。

施術後数時間後に痛みをともない紫や赤色に腫れ上がる場合は、血行障害を起こしている可能性があるので、すぐにクリニックへ連絡しましょう。

ヒアルロン酸注入後のアレルギー

ヒアルロン酸自体はもともと体内にある成分ですが、ヒアルロン酸製剤を精製する際の添加物などによって、ごくまれに(数千人から一万人にひとり)アレルギー反応を起こすケースがあります。

万が一、ヒアルロン酸注入を受けあと数日〜数週間経ってから、ひどく腫れてきたり、赤くなったり、痒みが出たりした場合には、注入を受けたクリニックにすぐに連絡をしましょう。

目尻へのヒアルロン酸注入の失敗例

目元アップの女性

ヒアルロン酸注入は「プチ整形」としても人気が高くメジャーな施術でもありますが、失敗が起こる可能性はゼロではありません。

施術を検討している人は、事前に目尻へのヒアルロン酸注入で起きる失敗例についても知っておきましょう。

目尻がボコボコになってしまう

医師の技術力不足により、しわの部分に的確に注入できずに肌がでこぼこになってしまうケースや、注入量が多すぎて不自然に膨らんでしまうケースがあります。

目尻の左右差

もともと人間の顔は完全な左右対称ではありませんが、左右の注入量のバランスが悪いと目尻の印象に大きな差が生じてしまうケースがあります。

もし失敗したら……!?ヒアルロン酸の除去(溶解)とは

注射器を持つ女性の写真

ヒアルロン酸は特に何もしなくても時間の経過とともに体内に吸収されていきますが、急いで除去することも可能です。

ヒアルロン酸を除去したい部分に「ヒアルロニダーゼ」という分解酵素を注入すると、早ければ注射直後から溶解効果を感じ始め、数日でほぼ完全に分解・吸収されます。

ヒアルロニダーゼ注射を受けた後に、ヒアルロン酸注入のやり直しを行うことは可能ですが、1週間ほど開ける必要があるようです。

目尻へのヒアルロン酸注入の費用相場

財布を持つ女性の写真

ヒアルロン酸注入はクリニックによって異様が異なります。事前にウェブサイトなどで確認しておくと良いでしょう。

注入量に応じた料金システム

ヒアルロン酸製剤0.1mlあたりの価格が設定されており、注入量に応じて料金が決まるシステムを導入している。費用の目安は0.1mlあたり1万円ほどです。

アンプルをまるごと購入する「買い取り制」システム

ヒアルロン酸製剤をアンプル(瓶)1本まるごと購入するシステムを導入しているクリニックもあります。費用は、1本4〜6万円ほどです。

目元の状態により異なりますが、目尻のしわ改善のために注入するヒアルロン酸の量は左右合わせて0.4〜0.6mlほど。1アンプルの量は0.5〜1.0mlほどなので、使用量によってはヒアルロン酸が余ることがあります。

余ったヒアルロン酸はどうするの?

余った分は他の部位に注入することが可能なほか、保管しておき後日使用することも可能です。

後日注入する場合はヒアルロン酸の代金は不要となり、一般的には診察料や医師の手技料(注入の技術料)のみの支払いとなります。

クリニックで預かるケースと、患者が持ち帰り自宅で保管するケースがありますが、いずれの場合も有効期間があるので注意が必要です。

全部でいくら掛かるのかを確認しよう

このように、ヒアルロン酸注入にかかる費用のシステムはクリニックによって異なるため、単純に比較することが難しいことが特徴です。

注入量によっても異なりますが、左右の目尻へヒアルロン酸注入を行う際にかかる費用は、1回3〜5万円ほどが目安となります。

ウェブサイトに掲載されているヒアルロン酸注入の代金に診察料・麻酔代・手技料などは含まれているのか、総額でいくら掛かるのかをカウンセリングの際に確認すると良いでしょう。

目尻のしわはヒアルロン酸注入で改善を目指そう!

目元をさわる女性の写真

ヒアルロン酸注入は、手軽に受けることが可能で、ダウンタイムもほとんどないことが魅力です。

ただし、内出血や腫れが出る可能性がないわけではないので、大切なイベントの直前に施術を受けるのは避けた方が良いかもしれません。

まずは、気になる目尻のしわにヒアルロン酸が有効であるかカウンセリングで相談しましょう。

この記事の監修医:山本豊先生のクリニックはこちら

  • 住所東京都新宿区新宿区新宿3-11-6 エクレ新宿8F
  • アクセス新宿三丁目駅(B2またはE3出口)徒歩2分
  • 休診日水・日・祝日
  • 診療時間月・火・木・金 10:00~19:00 土 10:00~18:00
  • 電話番号03-5315-4391
  • 予約電話予約 WEB予約

※ クリニック情報や診療メニューなどは、公式ホームページから取得した内容ですので、情報の正確性は保証されません。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

山本クリニックの詳細

あわせて読みたい

いま話題の記事をまとめてチェック!おすすめの特集記事を紹介します。

関連する記事

二重整形を悩んでいる人へ!知っておきたい情報記事まとめ

二重整形をしたくても踏み出せず、悩んでいる人に役立つ情報を一挙にまとめました。「どのような二重になれるのか」「二重施術の基礎情報」「施術を受けた人のブログ」「二重施術の失敗やリスク」「クリニック選びのコツ」など役立つ情報を紹介します。

関連する記事

☆二重整形をするクリニックを選んでいる人、必見!地域別まとめ特集☆

見やすいクリニックまとめ一覧です。埋没法、切開法、口コミで今回はまとめました。近くに気になるクリニックは見つかりましたか?お医者様によって施術法もこだわりがあったりします。ぜひサイトを訪問してみてくださいね。

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

関連する記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

記事に関するお問い合わせ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

しわ・ほうれい線の施術を受けられるクリニック

  • 東京JR池袋駅より徒歩5分
  • しわほうれい線治療 3DPRP注入 2箇所124,200円

湘南美容外科 池袋東口院の詳細

  • 大阪JR大阪駅より徒歩3分
  • しわ・ほうれい線治療 ヒアルロン酸注入60,000円〜

シロノクリニック 大阪院の詳細

  • 福岡西鉄天神大牟田線福岡駅「南口」より徒歩約5分
  • ほうれい線治療うるおい注射 1箇所46,110円

品川スキンクリニック 福岡院の詳細

注目の記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

この記事の監修者

山本クリニック 院長 山本豊

山本豊

院長 / 監修記事 (32)

山本クリニック

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー