2017年10月10日 更新

【医師が教える美容医療裏技】ワーキング女子必見!時短メイクも目指せる「ウルトラアイリフト」とは?

湘南美容外科の西川礼華です。"美容医療裏技"の第1回目は「ウルトラアイリフト」について。この施術は、加齢に伴う目もとのたるみが、超音波をあてるだけで引き締められ、ハリのあるスッキリとした目もとが目指せます。そのため、メイクの時間も短く済という体験者の声も。このように、美容医療は時間的にも経済的にも効率が良いと考えることができます。

湘南美容外科新宿本院 西川礼華

この記事は、湘南美容外科新宿本院 西川礼華先生が監修しています。

こんにちは!湘南美容外科クリニック新宿本院で美容皮膚科医として働いている西川礼華です。

西川礼華先生の写真

"美容皮膚科医なら毎日の徹底したお手入れは当たり前"

このようなイメージが多いかもしれませんが、実は、私は疲れていると自炊よりも外食ですませてしまうし、運動は苦手、仕事の付き合いでほろ酔いで帰ってクレンジングせずに寝てしまうこともあります……。

そんな「美」から程遠い生活を送ってしまう私ですが、それでも忙しいからといってそれを理由に女を捨てたくありません。

そんな私がおすすめしたいのが、美容医療を賢く活用する方法です。

湘南美容外科のウルトラアイリフトについて詳しくみる

目次

美容医療は時間的にも経済的にも効率が良いのです!

働く女性の写真

美容医療というと、「ぜいたく」というイメージを持つ方が多いかと思います。

しかし、そんなことありません。

毎日フェイスパックするよりも、月1回の美容皮膚科でのケミカルピーリングやレーザー機器によるメンテナンスの方が、私は時間的にも経済的にも効率が良いと思います。

いまは、忙しいから見た目に気を遣わなくて良いという時代ではありません。社会で活躍するからこそ美しくあるべきだと思うのです。

そんな現代で働く女性たちの強い味方になれるのが、美容医療。

働く女性のひとりとして私自らが経験して「これは良い!」と思える美容皮膚科の施術を、今後いくつかご紹介していきたいと思います。

まず第1回目は、年齢が出やすいと言われる目もとのケアについて。

ウルトラアイリフトをご紹介します。

ウルトラアイリフトとは?

目元のアップの写真

ウルトラアイリフトは、超音波をピンポイントに加熱することができるHIFU という技術を目周りに応用した、最新の「目もとのアンチエイジング法」です。

従来では手術しないと治療が困難であった加齢に伴う目もとのたるみが、このウルトラアイリフトによって超音波をあてるだけで引き締められ、ハリのある、スッキリとした目もとになります。

私のクリニックでも人気の、フェイスラインのたるみに効果的な「ウルトラリフト」の「目もと」に特化したものだと考えていただければと思います。

湘南美容外科のウルトラアイリフトについて詳しくみる

ウルトラアイリフトで期待できる効果

鏡を見る女性の写真

ウルトラアイリフトは、具体的にどのような効果が期待できるのか、以下でご紹介していきます。

ウルトラアイリフトの効果1:目もとが軽くなる

ウルトラアイリフトではこめかみからまぶたの上にかけて、目が開きやすくなるようなベクトルで照射していきます。

たるみの原因となる筋膜は皮膚の中でも深い層にあるため、通常のレーザーや高周波では届きません。

しかし、ウルトラアイリフトは筋膜の層まで刺激することができ、皮膚を切らずに高いリフトアップを効果が期待できます。

ウルトラアイリフトで目力アップ
出典:湘南美容外科クリニック提供

こちらの写真のお客様は、「まぶたが軽くなって、目が開きやすくなった」とおっしゃっていました。

実際に、目の開きが良くなり、まぶたのたるみが改善されています。

ウルトラアイリフトによって「アイラインがひきやすくなった」「マスカラを塗りやすくなった」などのお声が多い理由も納得できます。

ウルトラアイリフトの効果2:目が大きく見える

ウルトラアイリフトの施術後は、眼裂(目の開き)が大きくなるため、目力が強くなりますし、黒目が見える範囲が広がるため目が大きく見えます。

先ほどの写真の方も、目力がアップしていますし、黒目が見える幅が広がって目が大きくみえますね。

ウルトラアイリフトの効果3:額のしわも薄くなる

ウルトラアイリフトというネーミングで、皆さん目まわりの効果だけと思いやすいですが、なんと、おでこのしわの改善の効果も期待できます。

こちらの写真をみてください。

ウルトラアイリフトで額シワ改善
出典:湘南美容外科クリニック提供

ウルトラアイリフトの施術によって目が開きやすくなったお客様は、額のしわも薄くなりました。おそらく、前頭筋(おでこの筋肉)を使わなくても目が開きやすくなったからでしょう。

この方は、ボトックスやヒアルロン酸などの注射処置への抵抗がある方でしたので、超音波の施術だけでしわが改善したことを喜んでくれました。

ウルトラアイリフトの効果4:目もとにハリがでる

施術後1か月ほど経つと、コラーゲンの修復を促されて目まわりにハリが出ます。そのため、化粧ノリが良くなる感覚があるでしょう。

ウルトラアイリフトの効果が期待できるまでの期間

カレンダーに丸をする女性の写真

ウルトラアイリフトは、即効性も多少ありますが、治療の効果は1週間~1か月かけてさらに現れます。

1回の施術でも十分効果を感じられますが、より効果を実感したい場合は、1か月ごとに3回の治療をおすすめします。

湘南美容外科のウルトラアイリフトについて詳しくみる

ウルトラアイリフトで起こり得る失敗例

麦わら帽子を被る女性の写真

ウルトラアイリフトは、手術と違って基本的には失敗のリスクというものはないと思われます。

ただし、乾燥している肌、日焼け後の肌、アトピーの肌は、照射によるヤケドを招く可能性も。肌トラブルを抱えている方は、施術前にドクターとのカウンセリングで正直に相談をしてください。

似ている施術?サーマクールアイとの違い

腕を組む女性の写真

目もとのたるみや小じわ・クマの治療でレーザー機器による治療を検討している方にとって、「サーマクールアイ」という施術も候補に上がると思います。

私のクリニックにもサーマクールアイがあるため、お客様にウルトラアイリフトとサーマクールアイどちらが適しているのか質問されることがあります。

サーマクールアイの場合は、専用のコンタクトを装着して眼窩内(眼球の上)も施術することができます。つまり、まつげのキワまで施術が可能で、これはウルトラアイリフトでは不可能な点です。

したがって、目のキワの小じわを気になる方には、サーマクールアイがより適しているということになります。

湘南美容外科のウルトラアイリフトについて詳しくみる

ウルトラアイリフトで時短メイクも可能に!

アイメイクをする女性の写真

ウルトラアイリフトを行うことで、目力が強くなる、目が大きく見えるなどの効果があるため、アイメイクの時間を短縮することができそうです。

まぶたのたるみが解消されると、アイラインをひいたり、マスカラを塗ったりするのが楽になったという方も多いです。

また、目が開きやすくなることで、頭痛や肩こりが楽になったというお声もあります。

ウルトラアイリフトの費用

クレジットカードを持つ女性の写真

ウルトラアイリフトは、1回の施術で10万円前後というところが相場です。

サーマクールアイが1回で15万円〜20万円前後(まぶた上下すべて照射の場合は25万円〜40万円)なので、比較的試しやすい価格帯と思われます。

高額と驚かれる方もいるでしょうが、ダウンタイムなしで目もとの治療ができるということは画期的で、手術に踏み切れない方にとっては価値があります。

湘南美容外科のウルトラアイリフトについて詳しくみる

ウルトラアイリフトで目もとケアはグッと楽になります!

うつむく女性の写真

目もとは年齢が出やすいところ。メイクにおいてもっとも時間をかけているのがアイメイクという方も、多いのではないでしょうか?

お仕事前の朝の忙しい時間は、少しでも短い時間で……さらにきれいにメイクを仕上げたいものだと思います。

毎日のケアももちろん大切ではありますが、美容医療を頼ってみることもひとつの手だと私自身の経験からも断言できます。

気になる方は、ぜひ一度無料のカウンセリングを受けてみてくださいね。

今回ご紹介した施術:ウルトラアイリフト

:)この記事の執筆医師

西川礼華先生の写真

湘南美容外科クリニック新宿本院 西川礼華

横浜市立大学医学部卒業。国立病院機構東京医療センター勤務、ウィーン医科大学での皮膚科学の勉強を経て、現在、湘南美容外科にて美容皮膚科医として勤務。

SBCアワード・最優秀新人ドクター賞受賞歴あり。レーザー機器や注射による美容医療を得意とする。

西川先生へのご相談は「湘南美容外科クリニック 新宿本院」へ

  • 住所東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
  • アクセスJR新宿駅西口徒歩5分
  • 休診日年中無休
  • 診療時間10:00~19:00
  • 電話番号0120-5489-40
  • 予約電話予約 WEB予約

※ クリニック情報や診療メニューなどは、公式ホームページから取得した内容ですので、情報の正確性は保証されません。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

湘南美容外科クリニック新宿本院の詳細

関連する記事

【医師が教える】加齢に伴う肌トラブルに!ベビースキン(臍帯血幹細胞培養上清液)の効果

ベビースキン(臍帯血幹細胞培養上清液)は、加齢に伴う肌の悩み全般の改善効果が期待できる肌再生療法。気軽に肌再生療法を試せるように、エレクトロポレーション、ケミカルピーリング、ダーマペン、フラクショナルCO2レーザー、美容針、水光注射で肌内部へ導入することも可能となりました。いつまでも若々しい肌を保ちたい人へおすすめの治療のひとつです。

医師・薬剤師・その他医療関係者の方へ

より正確な医療情報を発信するためにも、医師の監修を経て誤りがないよう万全を期しておりますが、もし誤りとお考えになる情報があった場合には、ご指摘いただけますと幸いです。社内で確認の上、必要な対応をさせていただきます。

医療・薬剤に関する情報の指摘

その他記事へのお問い合わせ

この記事の監修者

この記事のライター

湘南美容外科新宿本院 西川礼華

西川礼華

湘南美容外科新宿本院

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー