2018年06月01日 更新

ヒアルロン酸注射でほうれい線のしわ取り!効果や痛みは?【湘南美容外科】

結婚式を控えた30代のSさんが、気になるほうれい線をヒアルロン注射で治療する様子をレポート!痛みやしこり、血流障害などのリスクに関する疑問もすっきりさせます。左右それぞれ0.5ccの注入で、驚きの変化が!マイクロカニューレという長い針を使った、肌への負担が少ない治療法も必見です。

湘南美容外科新宿本院 西川礼華

この記事は、湘南美容外科新宿本院 西川礼華先生が監修しています。

鏡を見てショックを受ける女性

夕方にふと鏡や窓ガラスを見て、「なにこのオバさ……!って私じゃないの……」とショックを受けたことはありませんか?

ほうれい線は加齢によるものがほとんどですが、若い人でも筋力の衰えによって刻まれてしまうことが。

どんなに目元をかわいくメイクしていても、鼻から口にかけて入ったほうれい線で「オバさん顔」に……。

逆を言えば、ほうれい線を目立たなくできれば、見た目年齢マイナス◯歳も不可能ではないかもしれません。

そこで今回は、30代でほうれい線に悩むSさんをモニターに迎え、ヒアルロン注射でのほうれい線治療をレポートします。

プチ整形で気になる持続力についても、数か月ごとの経過を載せてくわしく紹介しています!

ビフォー正面ビフォーサイド

湘南美容外科のほうれい線治療について詳しくみる

目次

ほうれい線のヒアルロン酸注射の効果が持続する期間は?

西川医師

今回治療を担当してくださるのは、”オトナ女子の味方”湘南美容外科 新宿院の西川礼華医師です。

ていねいなカウンセリング&治療で、毎日のメイクやスキンケアを楽にする、”裏ワザ”的な美容医療を提案してくれます。

今日もおきれいです……(いちファン)。

Sさん:6月に結婚式を控えていて、それまでにほうれい線を目立たなくしてキレイになりたいんです。

ほうれい線の治療には、レーザー、注射、外科手術などさまざまな方法がありますが、お手軽さの割に効果を実感しやすいのがヒアルロン酸注入です。

ヒアルロン酸は注入後すぐに変化を感じられて、ダウンタイムもほぼなく、すぐにメイクをして帰宅できますよ。

Sさん:以前ほうれい線にヒアルロン注射をしたことがあって、そのときにとても痛かったので怖いのですが(泣)

笑気麻酔を使えばほとんど痛みは感じませんよ。痛みに強い人には、麻酔なしで注入することもあります。

Sさん:トラウマがあるので、笑気麻酔をお願いします!

カウンセリング

後でお見せしますが、湘南美容外科ではマイクロカニューレという先の尖っていない、通常の注射針よりもかなり長い針を使うため、針の挿入が左右1回ずつで済みます。

そうすることで痛みを減らせるのはもちろん、内出血や血流障害のリスクも下げることができます。

さらに、針痕が左右に1か所ずつしかできないという、美的なメリットもありますね。

ライター:ほうれい線のヒアルロン酸注射で検索している人は、「ヒアルロン酸が血管に詰まらないのか」「しこりができないか」を気にしているようですが?

湘南美容外科では、血流障害を防ぐために、小鼻の横の「基部」にはヒアルロン酸を注入しないようにしています。

小鼻の横は赤ちゃんでも多少凸んでいますし、ほうれい線全体が浅くなれば基部のあたりも自然と気にならなくなります。

ほうれい線の影を浅くするためや顎などの形を作るためのヒアルロン酸にはある程度の硬さが必要です。

そのため、注入後に皮膚のうえから触ると、ヒアルロン酸の感触がわかることがあります。

しかし、これはしこりではなく、通常の結果です。もし誰かに触れられてもわからないようにしたいなら、医師にそのように伝えて注入法を工夫してもらうと良いでしょう。

また、ごく稀にヒアルロン酸注入によって本物のしこりが出現することがあります。

このようなトラブルを避けるために、純度の低い粗悪なヒアルロン酸製剤を使用しているクリニックでの治療は避けましょう。

ライター:そしてこれがもっとも気になるところですが、ヒアルロン酸の効果はどれくらい持続しますか?

ヒアルロン酸にはたくさんの種類があり、どの製剤を選択するかによって、効果を実感できる期間は異なります。

例えば当クリニックで使用するヒアルロン酸ですと、3か月くらい持つ手軽な製剤もあれば、1年半ほど持続する製剤もあります。

とはいえ、急激に見た目の変化が起こるわけではなく、時間をかけてゆっくりとヒアルロン酸が肌に吸収されていきます。

ライター:私は鼻にヒアルロン酸注射を打ったことがあるんですけど、たしかに「気づいたらなくなっていた……」という感じでしたね。

ほうれい線のヒアルロン注射での失敗やリスクについて

ライター:たまに、ヒアルロン酸注射によって口まわりがこんもり膨らんでいる人を見るのですが、なぜあのようになってしまうのでしょうか?

Sさんの口元

ほうれい線のヒアルロン注入での失敗には、骨格の見極めと、ヒアルロン酸の注入量に問題があるのかもしれません。

Rさんもそうですが、口がやや前に出ている骨格の人に多くヒアルロン酸を注入してしまうと、お猿さんのような口元になってしまいます。

ライター:なかなか自分では骨格にまで意識が向かないので、正しい診察眼をもった医師に診てもらうことがとても大切なんですね……!

今回使うヒアルロン酸は「ジュビダームビスタウルトラプラスXC」

ジュビダームビスタウルトラプラスXC

今回のほうれい線への注射で使うヒアルロン酸は、厚生労働省が認可した、安全性が高いとされる「ジュビダームビスタ ウルトラプラスXC」

硬さは中程度で、もっとも人気のあるヒアルロン酸です。

効果が持続するのは約7〜8か月。高品質の製剤で、さまざまな注入部位に対応でき、ほかのヒアルロン酸に比べて腫れが生じにくいといわれています。

湘南美容外科のほうれい線治療について詳しくみる

【どうしても気になる】ほうれい線にはなぜボトックスを使わないの?

疑問を感じる女性

シワの治療法ではボトックスを使うこともあるので、「ほうれい線にもボトックスが使えるのでは?」と思う人もいるでしょう。

実は、ボトックスとヒアルロン酸はその作用が異なります。

ボトックスは、筋弛緩作用により筋肉の収縮を制限するため、眉間や目尻のしわなどの表情じわに効果を発揮します。

一方、ヒアルロン酸は溶剤を対象箇所に充填し、物理的に皮膚を盛り上げ、凹みを目立たなくさせようという方法。

ほうれい線は表情グセではなく乾燥やたるみによって生じるもので、かつボトックスで筋肉の動きを制限してしまうと表情が不自然になってしまうため、ヒアルロン酸の方が適しているのです。

まずは笑気麻酔で痛みを軽減

笑気麻酔

「とにかく痛みが怖い!」というSさん。

注射器によるヒアルロン酸注入の前に、笑気麻酔を施します。笑気麻酔は、酸素に亜酸化窒素を混ぜた気体を鼻から吸い込む麻酔法で、注射での麻酔が苦手な人におすすめです。

「なんだかぼんやりしてきたなあ……」と感じたら、麻酔が効いてきた証拠。

鼻のチューブをつけたまま、ヒアルロン酸を注入していきます。

湘南美容外科のほうれい線治療について詳しくみる

ほうれい線にヒアルロン酸を注射!ダウンタイムや副作用はある?

マーキング

注入箇所にマーキングをし、ほうれい線にヒアルロン酸を注射します。

横たわって治療をしたほうが、麻酔で気分が悪くなりづらいのですが、肝心のほうれい線やしわが伸びてしまいます。

そのため、私はお客さまに体をやや起こしていただいた、日常の姿勢に近い&ほうれい線やしわが気になりやすい体勢で治療を行います。

仰向けになったときにほうれい線が目立たなくなってしまって、「これだと注射が難しそうかも?」と不安に感じたのですが、この体勢なら打つ場所をしっかり狙えそうです。

マイクロカニューレ

マイクロカニューレ(上)と普通の針(下)を比べて見ると、このとおり。太さは同じくらいですが、長さがだいぶ違いますね。

さらにマイクロカニューレは先端が丸くなっていて、挿入した際にまわりの組織を傷つけにくく腫れのリスクを最小限に抑えます。

とはいえ、これだけ長い針だとちょっと痛そう……!

マイクロカニューレを刺す前の穴開け

注射を打つ場所は、口角の横あたりです。

アイシングで挿入部の感覚を鈍らせ、まず先端の尖った針で穴を開け、

左のほうれい線に注入

その穴からマイクロカニューレを挿入します。

西川医師の流れるような手さばきで、前後に針を動かしながらヒアルロン酸が注入されていきます。

なんというか……楽器を弾いているような優雅な手の動きで、つい見入ってしまいました。

ヒアルロン酸の注入

そして反対側にも注射します。

ライター:痛みはどうですか?

Sさん:針を押すときにちょっと感じますけど、我慢できる程度です!

ライター:おお……!あんなに長い針でも痛くないとは。痛がりのSさんでも耐えられるなら安心ですね。

鏡で見ていただいて、気になるところはありませんか?

今ヒアルロン酸を0.4ml ずつ左右のほうれい線に注入して、0.2ml 残っています。

ほうれい線にはもともとの左右差があるものですが、もし気になるようなら残りのヒアルロン酸で調整しますよ。

Sさん:うーん、じゃあ左側に入れてください!

ライター:仕上がりを鏡で確認しながら調整できるのってうれしいですね!

左側にさらにヒアルロン酸を注入し、完了。

治療はあっという間に終わりました!ていねいに治療をして、麻酔込みでも所要時間は15分ほどだったように感じます。

針穴

針の痕はこのように目立たず(青い円内)、内出血もありません。

気になるほうれい線のヒアルロン酸注射のビフォーアフターはこちら!

ほうれい線へのヒアルロン酸注入 1週間後のビフォーアフターほうれい線へのビフォーアフター 治療後1週間 サイドからのビフォーアフター

アフターは注射の1週間後の症例写真です。

ヒアルロン酸を左右あわせて1ccずつしか入れていないのに、この変化!

ほうれい線の深さはもちろん、長さも半分ほどになっています。これは見た目年齢マイナス5歳と言っても過言ではないですよ……!!

サイドから見ると、特に違いがわかりやすいですね。

Sさんも、鏡と写真を見て「わあ、たしかに変わってますね!」と笑顔に。

全体を通しての痛みもさほど気にならなかったとのことで、「また西川にお願いしたいな♪」とお話していました。

そして、Sさんいわく、「注射の直後よりも1週間後の方がほうれい線が目立たなくなったように感じます。」とのことでした。

湘南美容外科のほうれい線治療について詳しくみる

2か月後のほうれい線の経過は……効果が続いている!

ほうれい線へのヒアルロン酸注入 2か月後の経過

ヒアルロン酸注入の2か月後のほうれい線は、直後からほとんど変化していないようです!

見た目も自然で、とても良い経過ですね。

6か月後のほうれい線の経過……効果は続いているのか!?

プチ整形は、効果が永久的でないだけに持続性が気になるもの。

効果が持続するのは一般的に約7〜8か月といわれていますが、まだ効果は続いているのでしょうか?

ほうれい線の6か月経過

直前にハネムーン旅行をされていて、日焼けをしている様子のSさん。

おおっ!!ほうれい線はまだ目立ちませんね!

ご本人からも「ほうれい線はまだ持っているような?気がします」とコメントをいただくことができました。

湘南美容外科のほうれい線治療について詳しくみる

ほうれい線のヒアルロン酸注射で気をつけたいこと

注意をうながす女性

顔のマッサージを控える

ヒアルロン酸は、マッサージをすると肌への吸収が早まってしまいます。

治療後2週間ほどは、注入部の強いマッサージや美顔器の使用は控えましょう。

患部が腫れることもある

体質によっては、ヒアルロン酸を注射した部分が腫れることがあります。

ただし、ヒアルロン酸注射での腫れは、見た目的に大きな問題はなく、腫れによって患部がよりふっくらして見えるため、デメリットやリスクと捉える人は少ないそうです。腫れは、2週間ほどで落ち着くことが多いとのこと。

ただし、もし注入部が痛みや熱を伴って腫れている場合や皮膚の色が変わってきた場合は、治療を受けたクリニックにすみやかに相談しましょう。

ほうれい線で損しているかも、という人はヒアルロン酸注射を検討してみよう

美しい女性

体への負担が少ないのに、すぐに効果を実感できるという魅力的なヒアルロン注射。

今回のように注入法やヒアルロン酸の量に気をつければ、自然なエイジングケアができるはずです。

「極端に若返るのではなく、あのころの顔の戻りたい……!」

そんな希望をきっと叶えてくれる心強い味方が、ヒアルロン注射です。

ほうれい線のヒアルロン酸注射の料金【新宿本院】

  • ジュビダームビスタ ウルトラプラスXC……1本 1.0cc 50,000円(税込)
  • マイクロカニューレ……1本 8,100円(税込)
  • 笑気麻酔……3,240円(税込)

湘南美容外科のほうれい線治療について詳しくみる

今回伺ったのは湘南美容外科 新宿本院

  • 住所東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
  • アクセスJR新宿駅西口徒歩5分
  • 休診日年中無休
  • 診療時間10:00~19:00
  • 電話番号0120-5489-40
  • 予約電話予約 WEB予約

※ クリニック情報や診療メニューなどは、公式ホームページから取得した内容ですので、情報の正確性は保証されません。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

湘南美容外科クリニック新宿本院の詳細

Sさんのボトックス注射での眉間しわ取りレポート!

眉間ボトックスでのしわ取りのビフォー写真
出典:しかめっ面になってない?眉間ボトックスでしわ取りしてみた【湘南美容外科】nicoly.jp/article/7095

眉間にしわのある不機嫌顔で損をしていませんか?目を細めて険しい顔をしてしまう癖のあるSさんが、眉間のボトックス注射でのしわ取りでどのように変わるのかレポートします。医師とのカウンセリングで、違和感や失敗への不安も解消。エイジングケアにおすすめの注入箇所、ヒアルロン酸注入との違いなどについても聞いてきました。

出典:しかめっ面になってない?眉間ボトックスでしわ取りしてみた【湘南美容外科】nicoly.jp/article/7095

この記事でモニターをしてくれたSさんは、ヒアルロン酸を使ったほうれい線治療も同時に行いました。

「深いしわを本当に改善できるの?」「費用はどれくらい?」など、気になる人はさっそくチェックしてみてください。

湘南美容外科のほうれい線治療について詳しくみる

NICOLYでは随時、美容整形の症例レポートを公開しています!

美容整形の最新情報をゲットするために NICOLYのLINE@に友だち追加してくださいね。

NICOLYのLINE@でできること

  • おすすめの最新記事のお知らせ
  • 無料のモニター募集(不定期)
  • その他お得情報の配信

NICOLY限定!美容整形をモニター料金で安く受けられちゃう情報もいち早くお知らせします!

しわ・ほうれい線の施術を受けられるクリニック

  • 東京JR池袋駅より徒歩5分
  • しわほうれい線治療 3DPRP注入 2箇所124,200円

湘南美容外科 池袋東口院の詳細

  • 大阪JR大阪駅より徒歩3分
  • しわ・ほうれい線治療 ヒアルロン酸注入60,000円〜

シロノクリニック 大阪院の詳細

  • 福岡西鉄天神大牟田線福岡駅「南口」より徒歩約5分
  • ほうれい線治療うるおい注射 1箇所46,110円

品川スキンクリニック 福岡院の詳細

しわヒアルロン酸注射の施術を受けられるクリニックを探す

医師・薬剤師・その他医療関係者の方へ

より正確な医療情報を発信するためにも、医師の監修を経て誤りがないよう万全を期しておりますが、もし誤りとお考えになる情報があった場合には、ご指摘いただけますと幸いです。社内で確認の上、必要な対応をさせていただきます。

医療・薬剤に関する情報の指摘

その他記事へのお問い合わせ

この記事の監修者

この記事のライター

口コミ・費用明細投稿

クリニックに行こうか悩んでいる人が、
あなたの体験を必要としています。

口コミ・費用明細を投稿する

投稿でamazonギフト券プレゼント!

本日のアクセスランキング

ピックアップクリニック

注目の医師

サイトメニュー