女性の薄毛はホルモンが関係している?病院で行う治療方法とは

女性の薄毛は、女性ホルモン分泌量の減少が原因のひとつ。女性ホルモン分泌量減少の原因には加齢のほか、栄養不足やストレス、自律神経の乱れなどがあります。これらの要因の改善や、投薬治療やメソセラピー、ホルモン補充療法が症状の改善に効果的とされます。

湘南美容外科新宿本院 西川礼華

この記事は、湘南美容外科新宿本院 西川礼華先生が監修しています。

「女性の薄毛には、ホルモンが関係している」とよく言われます。

しかし、女性ホルモンはさまざまなはたらきをするため、「どのように毛髪に関わっているのか、わからない」という人も多いでしょう。

この記事では、女性の薄毛とホルモンの関係や、ホルモンが原因の薄毛の治療法についてじっくりと解説します。

目次

女性で「薄毛」が起こるプロセス

鏡を見る女性おの写真

女性の薄毛には、女性ホルモンと男性ホルモンの両方が深く関わっています。

このことを理解するために、まず「薄毛が起こる過程」を理解しましょう。

薄毛が起こるプロセスには、以下のようなホルモンや酵素、受容体が関係しています。

FAGA用語表

プロセス1:テストステロンがジヒドロテストステロンに変化

女性の体内では、女性ホルモンが多く分泌。しかし微量ですが、男性ホルモンである「テストステロン」も卵巣や副腎から分泌されています。

このテストステロンが、毛根部にある「毛乳頭」という部位に到達すると、「5αリダクターゼ」という酵素が作用

テストステロンは、5αリダクターゼの作用により、「ジヒドロテストステロン(DHT)」という男性ホルモンに変化します。

プロセス2:ジヒドロテストステロンがアンドロゲンレセプターに結合

ジヒドロテストステロンは、毛乳頭の細胞にある受容体「アンドロゲンレセプター」に結合します。

:)アンドロゲンとは?

男性ホルモンの総称。

「テストステロン」もアンドロゲンの一種。

したがって「アンドロゲンレセプター」は、日本語に訳すと「男性ホルモン受容体」となります。

プロセス3:TGF-βを分泌

アンドロゲンレセプターに結合したジヒドロテストステロンは、「TGF-β(トランスフォーミング増殖因子ベータ)」というタンパク質を分泌します。

プロセス4:TGF-βが毛母細胞の活動を阻害

TGF-βは、毛乳頭や毛母細胞の活動を阻害。

TGF-βは、その部位の毛髪を「成長期」から「退行期」へと移行させることで、毛の生え変わりサイクルである「毛周期」を乱します。

また、毛母細胞のアポトーシス(細胞死)も引き起こすため、その毛穴の発毛機能がおとろえるのです。

:)毛乳頭とは?

毛根部の根もとのふくらんだ部分を「毛球」と呼び、この毛球の先端にある部位が「毛乳頭」。

毛乳頭には、栄養素や酸素を毛細血管から受けとり、毛髪をつくる「毛母細胞」へと供給するはたらきがあります。

:)毛母細胞とは?

毛乳頭の細胞のまわりにある細胞。

毛乳頭細胞から栄養素や酸素を受けとり、細胞分裂を繰りかえすことで毛髪をつくります。

プロセス5:毛周期が乱れ、脱毛

TGF-βの作用により毛周期が乱れ、毛髪が成長する期間である「成長期」が短くなると、毛髪が十分に成長する前に抜けて落ちてしまいます。

そのため、脱毛が起こるのです。

薄毛と女性ホルモン「エストロゲン」の密接な関係

髪をさわる女性の写真

女性ホルモンである「エストロゲン」には、毛髪の成長をうながす作用があります。

女性の若年期では、体内でエストロゲンが活発に分泌されているため、体内のホルモンバランスにおいて女性ホルモンが圧倒的に優位に。

したがって若年期の女性では、テストステロンの影響よりもエストロゲンの育毛作用のほうが勝るため、薄毛が起こることはまれです。

しかし女性が35歳を過ぎたころから、体内でのエストロゲンの分泌量は減少。そして40歳をすぎると、エストロゲンの分泌量は急激に減少します。

この結果、体内のホルモンバランスにおいてテストステロンの割合が次第に増加するため、毛髪もテストステロンの影響を受けやすくなります。

これが、加齢とともに女性の薄毛が増える理由です。

女性のホルモンバランスは些細なことで変化する

女性ホルモンのバランスは、加齢以外にもさまざまな要因で乱れることがあります。

これは、エストロゲンは脳の「視床下部」という部位からの指令を受けて、卵巣が分泌するため。

視床下部は自律神経もコントロールしているため、自律神経と女性ホルモンの分泌は、たがいに影響しあっています。

したがって、女性ホルモンの分泌状態は、女性の心理状態や体調に左右されやすいのです。

このことが理由で、若年期の女性であっても、ホルモンバランスが乱れると薄毛が起こることがあります。

女性ホルモンが原因の薄毛改善を目指す方法

窓の外を見る女性の写真

加齢が原因で起こる女性ホルモンの分泌量の減少は、自然現象です。

しかし、加齢以外の原因で起こる女性のホルモンバランスの乱れは、セルフケアである程度の改善が可能

この項では、ホルモンバランスをととのえて女性の薄毛を改善を目指すための方法を紹介します。

セルフケア1:食生活の見直し

過度なダイエットや菜食主義の実践などにより、体が栄養不足におちいると、体は以下のような反応を示します。

<栄養不足で起こる体内の3段階の反応>

  1. 体が栄養不足におちいると、体は、利用可能なわずかなエネルギーを、循環器や呼吸器といった生命維持に不可欠な臓器に優先的に供給する。
  2. 生命維持に直接関係のない生殖器官が多くのエネルギーを必要としない状態にするため、生殖器官の機能を低下させる。この状態を「卵巣機能不全」と呼ぶ。
  3. エストロゲンは卵巣から分泌されるため、卵巣機能不全の状態では、エストロゲンの分泌量も低下する。

エストロゲンは、皮下脂肪からも分泌されている

エストロゲンは卵巣のほか、皮下脂肪組織からも分泌

そのため、ダイエットなどにより皮下脂肪の量が減少すると、皮下脂肪から分泌されるエストロゲンの量も減ります。

食生活でタンパク質と脂質を十分に摂取

体にとって「栄養」となるのは、以下の成分です。

  • タンパク質
  • 脂質
  • ビタミンやミネラル類

エストロゲンなどのホルモンの材料は、タンパク質と脂質です。

体の固体部分の60%以上が、タンパク質でできています。そのため、体を栄養不足状態におちいらせないようにし、ホルモンの正常な分泌をうながすには、良質なタンパク質と脂質を十分に摂取することが重要。

女性ホルモンのバランスをととのえたいときは、まず食生活でタンパク質と脂質を十分に摂取しているかチェックしてみましょう。

:)1日に必要なタンパク質とは?

タンパク質の1日あたりの平均必要量は、厚生労働省は「成人女性の場合、40グラム」としています。

特に運動をしない人では、1日あたり「体重1キロにつき1グラム」のタンパク質の摂取が必要であるといわれています。

セルフケア2:ストレス対策

自律神経と女性ホルモンの分泌状態は、たがいに影響しあっています。

女性ホルモンの分泌をコントロールする脳の視床下部は、本人が気づいていないような些細なストレスにも敏感に反応するといわれています。

そのため、些細なストレスでも、女性のホルモンバランスは崩れがち。

身体的ストレスと精神的ストレス

ストレスは、身体的なものと精神的なものに分類されます。

身体的ストレスとは、以下のように「体に物理的な負担がかかっている状態」を指します。

  • 環境的要因(暑さや寒さ、騒音、ほこりや花粉、ウイルス感染など)
  • 生活習慣によるもの(暴飲暴食、生活習慣の乱れ、激しい運動など)
  • 生理的要因(疲労、生理的欲求、痛みなど)

一方精神的ストレスとは、精神的な負荷がかかっている状態を指します。

悩みや怒り、劣等感や不安などを抱いている状態や、緊張している状態などがこの状態に該当。

身体的ストレスと精神的ストレスは、ともに自律神経に影響をおよぼすため、女性ホルモンの分泌にも影響をおよぼすことがあります。

ストレス要因のうち、取りのぞくことが可能であるものは、すみやかに取りのぞくことが大切。具体的には、しっかりと休暇をとる、適度な運動をする、好きな音楽を聴くなどしてストレスを自分で溜め込まないようにしましょう。

セルフケア3:経口避妊薬(ピル)の服用を見直す

薬を飲む女性の写真

経口避妊薬(ピル)には、以下の2種類のホルモンが含まれています。

  • エストロゲン(卵胞ホルモン)
  • プロゲステロン(黄体ホルモン)

これらのホルモンを経口避妊薬(ピル)により体の外からおぎなっているあいだは、これらのホルモンの分泌をつかさどる脳下垂体が「体内にエストロゲンとプロゲステロンが十分量あるため、分泌の必要はない」と判断します。

そのため脳下垂体は、エストロゲンやプロゲステロンの分泌をうながす「性腺刺激ホルモン」の分泌がおさえられ、この結果、排卵がおさえられるだけでなく、エストロゲンとプロゲステロンの分泌もおさえられます。

しかし、経口避妊薬(ピル)の服用を中止しても、体がエストロゲンやプロゲステロンを分泌する量は、すぐには以前の量に戻ることができません。

そのため、体内のホルモンバランスにおいて一時的に女性ホルモンの割合が低下し、男性ホルモンの割合が増加。この結果として、抜け毛が増えることが知られています。

薄毛の人は必要でないかぎり、経口避妊薬(ピル)の服用は避ける

経口避妊薬(ピル)の服用中止による抜け毛の症状は、体がエストロゲンやプロゲステロンの分泌量を増やし、ホルモンバランスが回復すると消失。

しかし、ホルモンバランスの回復にかかる期間には、数か月で回復する人もいれば、1年ほどかかるなど個人差があります。

そのため、経口避妊薬(ピル)の服用を中止したのち、ホルモンバランスの回復に長い時間がかかることは、大きなデメリットと考えられるでよう。

薄毛が心配な人は、「どうしても経口避妊薬(ピル)が必要」である状況でないかぎりは、経口避妊薬(ピル)の服用は避けたほうが良いかもしれません。

セルフケア4:自律神経のバランスをととのえる

ストレス以外にも、生活習慣の乱れから、自律神経のバランスが乱れることも。

自律神経の乱れには、交感神経と副交感神経が大きく関係。このふたつの神経がスムーズに切り替わらなくなってしまうと「自律神経のバランスが乱れた状態」となってしまいます。

:)交感神経と副交感神経とは?

  • 交感神経 :体を活動させるときに優位になる神経
  • 副交感神経:安静時や夜など、体をリラックスさせるときに優位になる神経

この神経の切り替わりをスムーズにさせるためには、以下のようなことが意識して行うと良いとされています。

  • ゆっくりと深呼吸
  • 湯船にしっかりとつかる
  • 早寝早起きを心がける

ちなみに「ため息」は、緊張状態から副交感神経優位の状態に戻すため、体が反射的に行う反応であるといわれています。

病院で治療を受けたほうが良い女性の薄毛とは

カウンセリング風景の写真

前項「薄毛改善のためのセルフケア」で述べた要因以外に薄毛が起こる原因として、以下のふたつが考えられます。

  1. 特定の疾患の症状として薄毛が起こっている場合
  2. 遺伝的要素が関係している場合

これらの場合はセルフケアでは改善がむずかしいため、病院で治療を受けたほうが良いでしょう。

特定の疾患の症状として起こる薄毛

まれに、特定の疾患の症状として薄毛が起こっている場合が。薄毛が症状としてあらわれる疾患には、以下のようなものがあります。

  • 糖尿病
  • 膠原病
  • 高脂血症
  • 甲状腺機能低下症
  • 肝機能障害
  • 貧血

遺伝的要素が関係する薄毛

薄毛は、発症しやすい人と発症しにくい人がいます。

両者の差は、「アンドロゲンレセプターの感受性の差」であると考えられています。

アンドロゲンレセプターの感受性の差とは

「アンドロゲンレセプターの感受性が高い」人では、ジヒドロテストステロンとアンドロゲンレセプターが結合しやすい傾向にあります。そのため、TGF-βが産生されやすくなるのです。

逆に「アンドロゲンレセプターの感受性が低い」人では、ジヒドロテストステロンとアンドロゲンレセプターが結合しにくいため、TGF-βが産生されにくくなります。

中年期の女性で、女性ホルモンの分泌量が減少しているにもかかわらず、薄毛になる人とならない人がいるのは、アンドロゲンレセプターの感受性の差が理由であると考えられるのです。

アンドロゲンレセプターの感受性は、遺伝で決まるという説

「アンドロゲンレセプターの感受性」を決定する遺伝子は、X染色体にあります。

女性は、両親から、両親がそれぞれ持っていたX染色体を引き継ぐため、「両親のどちらかがアンドロゲンレセプターの感受性が高い=両親のどちらかの家系が薄毛体質であるということになります。

一方、男性はX染色体を母親から受け継ぐため、アンドロゲンレセプターの感受性は、母親からの遺伝ということに。

俗に「男性のハゲは母方の遺伝である」といわれるのは、アンドロゲンレセプターの感受性がX染色体経由で遺伝することを指しています。

病院で薄毛診断のために行われる検査

医師の写真

病院では、薄毛治療をはじめる前に、まず薄毛の原因を特定するための検査が行われます。薄毛診断のための検査には、以下の3種類があります。

薄毛診断の検査1:マイクロスコープ検査

マイクロスコープ(顕微鏡)をもちいて、頭皮や毛穴の状態、炎症の有無、毛髪の太さや密集度などをチェックします。

薄毛診断の検査2:AR遺伝子検査

「AR」は、「アンドロゲンレセプター」の略。

AR遺伝子検査は、アンドロゲンレセプターの感受性を調べる検査です。

検査内容は、綿棒で口のなか(頬の内側)を軽くこすって口内粘膜を採取するのみ。

アンドロゲンレセプター遺伝子の塩基配列を調べることにより、アンドロゲンレセプターの感受性がわかります。

検査の結果が出るのは、約1か月後。

AR遺伝子検査では、以下のことがわかります。

AR遺伝子検査でわかること

  • 現在症状がなくても、将来薄毛になりやすい体質であるか否か
  • 現在ある薄毛の症状の原因が、アンドロゲンレセプターの感受性であるか否か
  • 薄毛治療の際、どのタイプの薬が効きやすいか

薄毛診断の検査3:血液検査

薄毛は、上述したように、特定の疾患の症状として起こっていることもあるのです。そのため、特定の疾患の有無を判定する目的で、血液検査を行います。

病院での女性の薄毛治療法

薬の写真

病院で行われる女性の薄毛の治療法には、以下のようなものがあります。

<女性の薄毛の治療法>

  1. 内服薬の使用
  2. 外用薬の使用
  3. メソセラピー
  4. ホルモン補充療法

病院での女性の薄毛治療法1:内服薬の使用

女性の薄毛治療で内服薬がもちいられる場合は、ピロノラクトン、 ミノキシジル、アミノ酸やプエラリアミリフィカなどが処方されることが一般的です。

費用は1か月で5,000円〜8,000円程度となります。

また、サプリメント の「パントガール(Pantogar)」もおすすめされることもあるようです。

病院での女性の薄毛治療法2:外用薬の使用

FAGAの治療にもちいられる外用薬に、ロゲインがあります。

ロゲインには、血管を広げ、血液の流れをスムーズにするミノキシジルが配合。そミノキシジルは血行を改善するため、毛髪をつくる毛母細胞に栄養素や酸素が効率的に届くようになることで、発毛をうながします。

しかし、多毛症や頭痛、めまいや動悸、顔のほてりや血圧低下、頭皮の炎症などの症状が報告されているそう。使用中に普段と違う症状を感じた場合は、医師に相談しましょう。

費用は、ロゲイン2%1本(60ミリリットル=約1か月分)で、5,000円〜6,000円程度です。

病院での女性の薄毛治療法3:メソセラピー

メソセラピーとは、真皮層の奥にあるメソダーム層に薬剤を注入する治療法の総称です。

メソダーム層は、血流が少ない部位であるため、メソダーム層に注入した薬剤は長時間この層にとどまり、ゆっくりと周囲の層へと放出されます。

したがってメソダーム層に薬剤を注入すると、薬剤の効果が長期間持続します。

費用はこのカクテルなどによって異なりますが、1本15,000円〜30,000円程度が相場のようです。

薄毛治療としてのメソセラピー

女性の薄毛治療で行われるメソセラピーでは、注射器をもちいて、薬剤を頭皮のメソダーム層へと注入します。

このとき注入される薬剤は「カクテル」と呼ばれ、多くのクリニックが独自に成分を調合

薄毛治療のメソセラピーにもちいられるカクテルは多くの場合、以下のような成分を含みます。

  • 成長因子:細胞の増殖や分裂を活性化し、再生能力をうながす
  • ミノキシジル:発毛効果
  • ブフロメジル:血管拡張作用
  • ビタミン:髪の栄養成分
  • アミノ酸:髪の栄養成分
  • ヒアルロン酸:水分の補給し、頭皮を保湿

:)成長因子とは?

成長因子とは、「グロースファクター」または「細胞増殖因子」とも呼ばれる、体内でつくられるタンパク質のひとつ。

細胞の増殖や分裂を活性化し、再生能力をうながすはたらきがあります。

成長因子は、体内では脳下垂体前葉から分泌されます。

薄毛治療で使われるメソセラピーカクテルには、ヒトの皮膚の幹細胞を培養して抽出した成長因子を使用することが多いようです。

薄毛治療のメソセラピーでは、このような成長因子を頭皮に投与することで、細胞の発毛機能や育毛機能を活性化します。

病院での女性の薄毛治療法4:ホルモン補充療法(HRT)

女性の薄毛が、加齢による女性ホルモン分泌量の減少が原因である場合、「ホルモン補充療法」を行うことがあります。方法は、、内服薬や外用薬(塗り薬や貼り薬)によって女性ホルモンを補充。

このホルモン補充療法(HRT)はもともと、更年期障害の治療で使用されていたもの。

加齢とともに分泌量が減少した女性ホルモンを補充することで、更年期障害の症状をやわらげる効果をねらうものです。

加齢による女性ホルモン分泌量の減少が薄毛を引き起こしている場合は、理論的には、女性ホルモンの補充により薄毛の症状も改善されると考えられます。

そのため、薄毛治療としてホルモン補充療法(HRT)を行うクリニックもあるのです。

薄毛治療にホルモン補充療法(HRT)を行うクリニックは少ない

しかし、薄毛治療としてホルモン補充療法(HRT)を行うクリニックは少ないよう。

これは、ホルモン補充療法(HRT)は本来、更年期障害の治療であり、薄毛にも効果があるという医学的な根拠やデータがまだ存在しないためです。

また、更年期障害以外でホルモン補充療法(HRT)を行う場合、5年以上女性ホルモンの補充は発がんのリスクが上がることも、二の足を踏む医師が多い理由かもしれません。

薄毛治療のホルモン補充療法(HRT)の費用

ホルモン補充療法(HRT)は、更年期障害の治療として行なわれる場合は健康保険が適用されますが、薄毛治療の場合は健康保険の適用外となります。

費用は、クリニックや投与するホルモンの種類などにより異なりますが、1か月におよそ10,000円~15,000円であることが多いようです。

薄毛で悩んでいる女性は、ホルモンバランスをととのえよう

帽子をかぶる女性の写真

女性の薄毛には、ホルモンバランスが深くかかわっています。

女性のホルモンバランスは些細なことで崩れがちですが、逆に考えると、少しの工夫で回復も可能。

薄毛に悩んでいる人は、まずホルモンバランスをととのえる努力をしてみましょう。

それでも薄毛が改善されない場合は、病院で検査を受け、原因を特定したうえ、適切な治療を受けてください。

この記事の監修医:西川礼華先生のクリニックはこちら

  • 住所東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
  • アクセスJR新宿駅西口徒歩5分
  • 休診日年中無休
  • 診療時間10:00~19:00
  • 電話番号0120-5489-40
  • 予約電話予約 WEB予約

※ クリニック情報や診療メニューなどは、公式ホームページから取得した内容ですので、情報の正確性は保証されません。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

湘南美容外科クリニック新宿本院の詳細

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

関連する記事

【ブログまとめ】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

記事に関するお問い合わせ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

女性の薄毛治療の施術を受けられるクリニック

  • 東京東京メトロ丸の内線西新宿駅直結
  • 毛髪再生メソセラピー69,800円

湘南美容外科クリニック 新宿本院の詳細

  • 大阪JR大阪駅より徒歩3分
  • 毛髪再生メソセラピー69,800円

湘南美容外科クリニック 大阪梅田院の詳細

  • 福岡西鉄福岡天神駅より徒歩5分
  • グロースファクター再生療法55,000円

聖心美容外科 福岡院の詳細

注目の記事

【ブログまとめ】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【ブログまとめ】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー