2017年08月23日 更新

【体験レポ】眉下切開で目力アップ!まぶたのたるみ取りをしてみた〈湘南美容外科〉

まぶたのたるみが気になってきた人にぴったりの眉下切開法。もとの目の形を生かしつつ、たるみ改善が期待できる施術です。眉下ギリギリのラインを切開するため、傷が目立ちにくいといわれていますが、やはり実際の腫れや傷跡の程度は気になるところ。ダウンタイム中の経過も画像で追っていきます!

湘南美容外科 両国院(湘南メディカル記念病院) 山口憲昭

この記事は、湘南美容外科 両国院(湘南メディカル記念病院) 山口憲昭先生が監修しています。

年齢を重ねるにつれ、まぶたの皮ふがたるみ「二重の幅が狭くなってきた」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

まぶたのたるみ治療には、もとの目の形を生かしたまま若々しい目もとをつくる眉下切開法という施術があります。

今回は、「気になるまぶたをすっきりさせたい!」ということで、45歳のHさんが眉下切開の施術を受けることに!

眉下切開の施術当日から、術後の腫れや傷跡の経過、そして完成までをレポートしていきます!

目次

眉下切開法の特徴とは?

眉下切開法とは、眉毛の下ギリギリのラインで切開し、たるんだ皮ふを切除する施術です。

眉下切開の位置

二重のラインにそって切開する方法とは異なり、もとの目の形を生かしたまますっきりと自然なまぶたに仕上げることができる点が、大きな特徴。

眉毛の下はメイクでのカバーもしやすい部分のため、傷跡が目立ちにくい点もメリットといわれています。

なお、眉下切開法は眉下リフト上眼瞼リフトと呼ばれることもあります。

眉下切開でどう変わる?医師とのカウンセリング

まずは、医師とのカウンセリング。

今回担当してくださるのは、両国にある湘南メディカル記念病院の山口憲昭医師です。

山口医師

まぶたのたるみが頭痛や肩こりの原因に!?

よろしくお願いします。

まずは、目を閉じてみてもらえますか?
目を閉じた状態で眉毛を押さえますね。

では目を開いてください。

眉下切開カウンセリング中の写真

目が開ききっておらず、目つきが悪くて眠そうな感じに見えますよね。

この状態が本来の顔です。

Hさん:怖い~!

Hさんは普段、無意識のうちに額に力を入れて眉を上げることによって、目を開けているんです。

無意識に額に力が入ることで、頭痛や肩こりが出る可能性があります。

Hさん:もう出てます……。

眉下切開をすることで、視野も広くなりますし、目も自然に大きくなりますよ。

二重に左右差がある場合は、埋没法を組み合わせ

眉下切開カウンセリング中の写真

ただ、Hさんの場合は二重に左右差がありますね。

左目に、二重のラインとは別の線が入っているのですが、眉下切開をすることでその線が目立ってしまう可能性があります。

この線は筋肉の影響によって刻まれていて、左右のバランスを整えるために、埋没法も行ったほうが良いと思います。

二重のラインと別の線というのは、矢印の部分。

二重の線を示している写真

まぶたのくぼみには、脂肪注入を組み合わせるケースも

また、眉下切開をすることで目の上のくぼみが強調される可能性があり、その場合は脂肪注入で対処できます。

ただ、脂肪注入を行うとかなりの腫れが生じます

今すぐどうしても脂肪注入が必要ということではないですが、今後くぼみが気になってきたら、検討しても良いかもしれません。

眉下切開カウンセリング中の写真

山口医師によるカウンセリングの結果、眉下切開と埋没法を受けることになりました。

目の状態にあった施術を適切に提案してもらえるかどうかは、信頼できる医師選びの大切な要素ですね!

眉下切開、施術当日の流れ

洗顔を済ませた後、施術室に移動します。

看護師さんより、施術の流れについての説明を受け、点滴をセットしてもらったら準備完了。

施術箇所をマーキング

医師が施術室にやってきて、術前カウンセリングを行います。

先生によるマーキング

目の開き方などを確認しながら、施術箇所をマーキングしていきます。

マーキング済の顔

眉下の囲まれた部分が、今回の施術で切除する範囲です。

まぶたには、埋没法で作る二重のラインがマーキングされています。

施術スタート!

顔の消毒を行った後、埋没法の施術から開始です。

埋没法は、途中で目の開き方を確認するため、眠った状態ではなく、笑気麻酔を吸ってリラックスした状態で行います。

埋没法

埋没法の施術が終わったら、静脈麻酔で5~10分ほど眠り、痛みを感じない間に眉下の局所麻酔を行います。

局所麻酔が効いたら、いざ眉下切開!

眉下切開

スピーディーな手さばきで、先ほどマーキングした部分を切除し、縫い合わせていきます。

Hさん:施術中は麻酔が効いているので、気づいたら終わっていたような感じでした。

眉の位置が変化!眉下切開ビフォーアフター画像

施術前と直後のビフォーアフターはこちら!

眉下切開の施術直後ビフォーアフター

たるみが取れて、眉の位置が下がったのがわかります! 

埋没法も行っているため、施術直後からまぶたが腫れていますが、1~2週間程度で落ち着くそうです。

自然な感じに仕上がるまでは、およそ1か月かかるとのこと。

鏡で見てみてください。

眉の位置が下がりましたね。まぶたが楽に開くようになった感じもありますか?

鏡でチェック

Hさん:おぉ~本当ですね。目が開きやすくなって、おでこのしわも少し浅くなった気がします。

眉下切開の施術後における注意点

眉下切開を受けた後、術後の過ごし方や注意点は以下のとおりです。

施術直後の注意点

施術直後は、傷口を濡らさないことや、体の血行を良くしすぎないことが大切です。

  • 洗顔やシャンプーは、48時間後から可能
  • 術後1週間は、シャワーは軽め
  • 同じく術後1週間は、激しい運動も控える

Hさん:ホットヨガに通っているんですが、それも控えたほうがいいですか?

血行を良くしすぎると、腫れや内出血が引きづらくなってしまいます。

抜糸をするまでは、避けるようにしてください。

施術1週間後~1か月の注意点

施術からおよそ1週間後に抜糸を行うため、それ以降はメイクやコンタクトの使用が可能になります。

  • タバコは、術後1週間は禁止。その後1か月もなるべく控える
  • 目もとのメイクは、1週間後の抜糸翌日から可能
  • コンタクトレンズの使用も、1週間後から可能
  • フェイスマッサージまつ毛エクステは1か月後から可能

Hさん:えー!タバコはNGなんですか……?

タバコは腫れや傷の治りが遅れる要因になります。

禁煙は守ってくださいね!

Hさん:そうなんですか、禁煙がんばります。これが一番つらいかも……。

術後の過ごし方に関するアドバイス

できるだけ早く腫れやむくみを引かせるため、術後は下記のような過ごし方が推奨されています。

  • 当日は、まぶたを濡らさないように冷やす
  • 夜寝るときに頭を高くして仰向けで寝る
  • 目を使う作業は避け、ゆっくり目を休める

それから、Hさんは目の開け方のクセを直すために、眉を上げずに目を開ける練習を鏡を見ながら1か月くらい行うと良いですよ。

そうすることで額のシワも深くならず、ボトックスを打たなくても良くなります。

Hさん:わかりました!練習してみます。

眉下切開の処方薬

眉下切開で処方される薬は、こちらの3つ。

飲み薬と塗り薬
  • オラセフ … 細菌による感染症を予防する抗生物質
  • ロキソプロフェンNa … 炎症による腫れや痛みを和らげ、熱を下げる
  • プロペト … 肌を保護する保湿剤

傷口は乾燥させないほうが治りやすいため、保湿剤のプロペトを朝・昼・夜・寝る前に塗ります。

また、埋没法を組み合わせた場合は、オフサロン点眼という、感染症を防ぐための目薬も処方されます。

眉下切開から5日間!腫れの経過をチェック

眉下切開の施術直後から1週間程度は、おもに腫れや内出血、左右差が生じるといわれています。

ここからは、実際にHさんの目もとの経過をチェックしていきます!

術後1~3日目の経過画像

まずは、術後1~3日目までの経過です。

個人差がありますが、腫れのピークは術後2~3日となることが多いようです。

Hさんの場合は、施術直後から2日目まで腫れが続き、3日目ごろから少しずつ引いていく経過となりました。

  • 目を開いた状態
3日目までの経過(開)

Hさん:

施術当日は、麻酔が切れたあと軽く痛みがありましたが、もらった薬を飲んでぐっすり眠り、翌日も強い痛みなく過ごせました。

2日目からは痛みもほぼなく、痛み止めは飲まず。この期間は、アドバイスどおりに冷えピタを貼って、ゆっくり休んで過ごしました。

  • 目を閉じた状態
閉じた目の3日まで

Hさん:

傷口からの目立った出血もなく、内出血も出てきていません。3日目は終日よく寝ていたこともあってか、少し腫れが引いてきた気がします。

眉下切開の傷の端にかゆみがあり、思わずかいてしまいそうになって焦りました。

術後4~5日目の経過画像

続いて4~5日目、抜糸前日までの経過画像です。

4日目以降は、日ごとに腫れが引いている様子がわかります。

  • 目を開いた状態
5日目までの経過(開)

Hさん:

腫れがやや引いてきて、二重の幅も狭くなってきた気がします。

上がりぎみの左眉も右に揃ってきたような気がしますが、まだ左右差があるようです。

  • 目を閉じた状態
閉じた目の4~5日目

Hさん:

まぶたが黄色がかって、あざの治りかけと同じような色になってきました。

5日目には、仕事に復帰。まだまぶたが腫れているので、1日中サングラスをつけて仕事をしました(笑)。

眉下切開後6日目に抜糸

眉下切開の施術後、一般的には1週間前後で抜糸を行います。

今回、Hさんは施術から6日目に再びクリニックを訪れ、抜糸を行いました。

抜糸中

小児形成外科で勤務していた時代に培ったという痛くない抜糸方法で、スルスルと糸を抜いていきます。

抜糸後は、強くこすったりしないよう気をつけてくださいね。

また、日焼けをすると傷跡が色素沈着しやすくなってしまうので、できるだけ日焼け止めを塗るようにしてください。

施術直後と抜糸後のビフォーアフター

施術直後と抜糸後のビフォーアフターはこちら!

  • 目を開いた状態

眉の下にあった糸がなくなり、傷跡が見える状態となりました。

眉下切開の抜糸後ビフォーアフター

傷跡の部分には、まだ少し赤みがあることがわかります。

抜糸後、傷跡の赤みは個人差がありますが、数か月で落ち着くそうです。

  • 目を閉じた状態

目を閉じた状態では、まぶたにある埋没法の傷跡の変化がわかります。

抜糸ビフォーアフター閉

埋没法の傷跡も、施術直後よりは落ち着いていますが、まだ縫った箇所がわかる状態。

およそ1か月ほどで、自然な感じに仕上がるとのことです。

抜糸後、眉下切開の傷はメイクで隠せる?

抜糸の翌日から、メイクをしてもOK

まだ傷跡に赤みがある段階ですが、メイクでどれくらい隠せるのか気になるところ!

  • 目を開いた状態

抜糸後のHさんが、メイクをしたときの写真はこちらです。

眉下切開後メイクあり(開)

眉下切開の傷跡の赤みは、メイクですっかり隠れています!

このタイミングであれば、もう周囲の目を気にせず生活できますね。

  • 目を閉じた状態
眉下切開術後メイクあり(閉)

Hさん:

術後初メイクでした。眉下部分の傷跡は触るとまだ違和感がありますが、メイクではまったく問題なく隠せています。

眉下切開から1か月!傷跡の経過をチェック

続いて、眉下切開から1か月の経過です。

メイクなしでも、眉下の傷跡はほとんどわからなくなりました。

  • 目を開いた状態
開いた目
  • 目を閉じた状態
閉じた目

Hさん:

1か月検診を受診してきました。まだ経過は少し腫れていますが、順調とのことです。

左の眉も下がってきて、左右均等になりつつあります。

眉下切開から3か月!検診のためクリニックへ

そして、眉下切開の施術から3か月後の経過です。

腫れも落ち着き、眉下の傷跡もすっかり消えています!

  • 目を開いた状態
眉下切開術後3か月後(開)
  • 目を閉じた状態
眉下切開術後3か月後(閉)

3か月後検診でのカウンセリング

今回は、3か月後検診のため再びクリニックを訪れ、山口医師とのカウンセリングを行いました。

山口医師の眉下切開の経過カウンセリング

Hさん:眉下のたるみがとれて、すっきりした目もとになりました。凹みが気になっていたアイホールも、全体的にふっくらした感じがします。

ただ、二重の幅が広いのと、ラインが目頭までしっかり入っているのが気になっていて……。もう少しやわらかい印象の、女優でいえば井川遥さんのような癒し系の目に憧れているんです。

二重のラインは、Hさんのもともとの幅を生かしているので、オペで幅を広げたということはないんですよ。

きっと若いころはこれくらいの幅だったのだと思います。ラインが目頭まで入っているのは、筋肉の影響によるものですね。

そこに埋没法の糸がひっぱる力が合わさって、目頭の方の皮膚が内側に覆いかぶさっているというイメージです。

埋没法の二重ラインについての解説

Hさん:なるほど。同僚には「今のままが良いんじゃない?」といわれて、一方で姉には「糸を外してみたら?」と言われ、どうしたものか……と迷っていて。

でも、どちらかというと以前の目の方が希望に近いので、糸を外したいです。

糸を外すことで、二重の幅の左右差が生じる、糸の力によるまぶたの張りが失われる、というデメリットがありますが、それについては問題ありませんか?

まぶたの張りがなくなって、目のくぼみが気になってきたら脂肪注入で対処できるので、その際はまた相談していただけたらと思います。

Hさん:はい、大丈夫です。

手術では、まぶたの2か所を2mmほど切開して糸を取り除きます。

笑気麻酔を使うので、痛みの心配はありません

糸を外した後は、3か月〜半年くらいで安定します。まぶたを優しくマッサージすると、早くなじみますよ。

Hさん:わかりました!

埋没法の抜糸オペ

埋没法の抜糸は、10分ほどであっという間に終了。

埋没法の糸を外した後の経過については、こちらの記事でくわしくレポートしています!

関連する記事

【体験レポ】埋没法の抜糸をするとどうなる?抜糸後の経過を追ってみた!湘南美容外科

埋没法は固定した糸を外すことで、元に戻すことができる施術。今回は、埋没法の抜糸を行った場合の、術後の経過をレポート!抜糸直後から自然な状態に戻るまでの1か月間、腫れや傷の経過を追っていきます。

また、過去にも山口医師の埋没法を体験レポートした記事がありますので、埋没法について気になる人はぜひこちらもチェックしてみてくださいね。

山口医師の埋没法+眉下切開の症例

今回は、Hさんの希望で埋没法の糸を外すことになりましたが、参考までに山口医師による埋没法+眉下切開を組み合わせた別の症例もご紹介します。

山口医師の埋没法+眉下切開症例

重たく目にかかっていたまぶたのたるみが取れて、自然でぱっちりとした目もとになっていますね!

眉下切開の完成ビフォーアフター

埋没法の抜糸から1か月が経過すると、すっかり腫れも落ち着き、眉下切開後の目もとが完成となりました!

眉下切開の施術前と比較した、目もとのビフォーアフター写真はこちら。

  • 目を開いた状態
眉下切開の術前と完成のビフォーアフター(開)

まぶたが重くぼんやりとしていた目もとが、くっきりと開いた目もとに変化しました!

  • 目を閉じた状態
眉下切開完成ビフォーアフター(閉)

眉下やまぶたの傷跡はすっかり消え、目を閉じても違和感のある部分はありません。

顔全体のビフォーアフター写真はこちらです!

眉下切開の術前と完成のビフォーアフター(顔全体)

まぶたのたるみが取れたことによって、とても若々しい印象になっていますね。

また、メイクありの状態で比較した、ビフォーアフター写真はこちらです。

眉下切開完成ビフォーアフター・メイクあり

そして、メイクありの顔全体の写真がこちら!

眉下切開モニターHさん・メイクあり全顔

Hさん:自分で見ても変化がよくわかるほどで、目の上がとてもすっきりしました。やってよかったです!

眉下切開法にかかった料金

今回、施術を受けた「眉下切開法」は、230,040円(税込)。

組み合わせた埋没法は「フォーエバー二重術」で、191,560円(税込)でした。

なお、今回行った埋没法の抜糸保証制度内のため、施術代金は無料となります。

料金やメニュー、及び保証制度の詳細については、クリニックHPにてご確認ください。

眉下切開と組み合わせて行うと効果的な施術

眉下切開は、今回のように他の施術と組み合わせて行われるケースも多いのだそう。

一般的に、眉下切開と組み合せることの多い施術は以下の3つです。

  • 埋没法

今回のように、眉下切開で目もとのたるみを取ることによって、二重のラインが不自然になってしまう可能性がある場合や、左右差が目立ってしまう場合などに、埋没法を組み合わせることがあります。

  • 脂肪注入

まぶたのくぼみも老けて見える原因のひとつ。眉下切開を行うことによって、くぼみが強調されてしまう場合は、お腹や太ももから自身の脂肪を取り、まぶたに注入する脂肪注入を組み合わせることで対処できます。

  • ROOF切除

腫れぼったく見えるまぶたの人に、併用がおすすめされる施術です。ROOFと呼ばれる眉毛の下あたりの皮下脂肪のかたまりを除去し、まぶたをすっきりとさせます。

理想の目もとに近づけるためにどのような施術が必要かどうかは、自分だけでの判断はなかなか難しいもの。

「目もとのたるみをすっきりさせたい!」と悩んでいる人は、まずは信頼できる医師のカウンセリングを受けてじっくり相談してみてくださいね。

今回、眉下切開法を体験したのは湘南メディカル記念病院(両国)

湘南メディカル記念病院の外観写真
  • 住所東京都墨田区両国二丁目21番1号 湘南メディカル記念病院内3階
  • アクセスJR中央総武線 両国駅西口 徒歩0分
  • 休診日年中無休
  • 診療時間9:00~18:00
  • 電話番号0120-979-654
  • 予約電話予約 WEB予約

※ クリニック情報や診療メニューなどは、公式ホームページから取得した内容ですので、情報の正確性は保証されません。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

湘南メディカル記念病院(両国)の詳細


NICOLYでは随時、美容整形の体験レポートを公開しています!

美容整形の最新情報をゲットするために NICOLYのLINE@に友だち追加してくださいね。

NICOLYのLINE@でできること

  • おすすめの最新記事のお知らせ
  • 無料のモニター募集(不定期)
  • その他お得情報の配信

NICOLY限定!美容整形をモニター料金で安く受けられちゃう情報もいち早くお知らせします!

医師・薬剤師・その他医療関係者の方へ

より正確な医療情報を発信するためにも、医師の監修を経て誤りがないよう万全を期しておりますが、もし誤りとお考えになる情報があった場合には、ご指摘いただけますと幸いです。社内で確認の上、必要な対応をさせていただきます。

医療・薬剤に関する情報の指摘

その他記事へのお問い合わせ

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー