2017年05月18日 更新 | 272 views

【医師が教える】自分の肌色に合わせて施術ができる!次世代シミ治療「Magma マグマ」の効果

Magma(マグマ)は加齢に伴うシミや色素沈着、くすみなどを総合的に改善が目指せる美容医療機器。IPL光治療機器でありながらレーザーのような治療が可能で、頑固なシミに対しても効果が期待できます。自分の肌色に合わせた出力設定が行える為、痛みとダウンタイムがほとんどありません。

東京皮膚科・形成外科 池田欣生

この記事は、東京皮膚科・形成外科 池田欣生先生が監修しています。

こんにちは。東京皮膚科・形成外科池田 欣生です。

池田先生プロフ画像
出典:東京皮膚科・形成外科www.251901.net/

今回、私が紹介するのは、女性なら誰しも悩むであろうシミの治療について。

しかし、シミ治療にはさまざまな方法があり、なにを選択したら良いのか悩んでいる方も少なくないでしょう。

そのような方にぜひおすすめしたいのが、当クリニックが日本で初導入した最新のシミ治療機器Magma(マグマ)

今回は、最新シミ治療器「Magma(マグマ)」についてくわしく紹介します。

目次

次世代シミ治療機器Magma(マグマ)とは

Magmaデバイス
出典:FormaTK Systemswww.forma-tk.com/

マグマは、IPLの技術研究を17年以上行っているFormatk社によって開発されたイスラエル製の最新治療機で、最先端技術を駆使しています。

Formatk社独自のIPL技術を搭載したマグマは、業界最短のパルス幅(5ms)で今までのIPL治療とは異なる次世代のシミ治療を可能にしました。

Mangma 施術経過
出典:FormaTK Systemswww.forma-tk.com/

そのため、上記のように今まで反応しにくかった薄いシミや色素沈着、くすみ、毛細血管拡張などお肌の悩みを総合的に改善できるようになりました。

:)IPLとは?

IPLは「Intense Plused Light」の略。光を顔全体に照射し、シミやしわ、くすみ、そばかす、赤ら顔など、さまざまな肌のトラブルの期待ができる美容医療。一般的に、IPL治療や光治療やフォトフェイシャルと呼ばれるています。

Magma(マグマ)は安全に自分に合った治療が可能

Magma スキンタイプ表 メラノメーター
出典:FormaTK Systemswww.forma-tk.com/

まず、治療前にメラノメーターと呼ばれる計測機器でメラニン数値を測り肌色診断を行います。

次に肌色診断の結果に基づいて数値を機械に入力すると、ひとりひとりの肌色に合った最適な出力設定を自動的に行うことができるのです。

そのため、自分の肌色に合わせた正確な数値で治療を受けることができ、治療時の痛みや肌への負担を減らし、安全に治療を受けることができるのです。

また、マグマは3種類の照射モードがありより痛みを感じにくいよう調整が行えます。

ほかのIPL治療(フォトフェイシャル)との違いとは

フォトフェイシャルを受ける写真

一般的に、IPLのパルス幅が短いほどシミの原因となるメラニンへの吸収率が高くなります。この点においてマグマのIPLのパルス幅は非常に短い為、ほかの機械に比べてメラニンへの吸収率が高くなるのです。

より多くのエネルギーがメラニン色素に吸収され、メラニン色素を破壊、表皮のターンオーバーを促します。そしてターンオーバーによりメラニン色素を排泄させ、シミを薄くしていくのです。

効果はレーザーのように強力なのに痛みも少ない

また、パルス幅が短いことでエネルギーの威力を保ちながら、シミのまわりに熱を逃さないというレーザーのような特徴があります。

つまり、シミのまわりの正常な細胞にダメージを与えず、集中的にシミ部分への治療が行えるのです。さらに、瞬間的にシミにエネルギーを与えるため、ほとんど痛みを感じない方も。

このようにマグマのIPLは光治療でありながら、レーザーのような痛みがなくとも高い効果が期待できる特徴を持ち、今まで効果があまり感じられなかった薄いシミ、頑固なシミに対しても改善が期待できます。

Magma(マグマ)のダウンタイムと副作用

顔を隠す女性の写真

マグマは、ほかのIPL同様ダウンタイムがほとんどありません。治療後は数日で薄いかさぶたができ自然にポロポロと剥がれていきます。治療直後からお化粧をして出掛けられるため、日常生活に支障をきたしません。

また、どのIPLでも起こり得る副作用として、赤みや火傷が挙げられます。

しかし、マグマは先ほどお話したように、患者さまの肌色に応じた出力の数値を自動設定・制御を行っているため、副作用の可能性は非常に低い機器です。

Magma(マグマ)の治療回数

カレンダーをチェックする女性の写真

マグマの治療は、毎月1回30分程度ですが、効果には個人差もあり2回以上治療を受けると違いをより感じるでしょう。

さらに効果を実感したい患者さまには、5回程度をおすすめしています。

まずは一度施術を受けてみて、気になる箇所のようすをみながら医師と相談しながら回数を決めると良いでしょう。

Magma(マグマ)の施術費用

女性とお札の写真

治療費はクリニックによって異なりますが、顔全体に照射する場合で3万円程度です。

気になる部分のみの場合は1cm×1cmのワンショットで5千円程度になります。決して費用はお安くないですが、浅いシミだけでなく、今までのIPL治療では難しかった深いシミへのアプローチができるため、ほかのIPL治療より、高い満足が得られるでしょう。

次世代シミ治療「Magma(マグマ)」は東京皮膚科・形成外科で受けてみませんか?

花と女性の写真

現在、美白コスメや内服薬、ピーリング、IPLなど多くのシミ治療があります。そのなかで多くの人は、どの治療を受ければ良いか悩まれているでしょう。

マグマのIPLは唯一自分の肌色に合わせて施術ができる安全で効果的なシミ治療機器です。年齢や季節によって変わるご自身のお肌に合わせた次世代シミ治療を始めてみてはいかがでしょうか。

気になる方は、ぜひ一度カウンセリングを受けてみてくださいね。

今回ご紹介した施術:Magma(マグマ)

:)この記事の執筆医師

池田先生のお写真

東京皮膚科・形成外科 総院長 池田欣生

大阪医科大学卒業。大阪医科大学で故田嶋定夫教授(大阪白壁美容外科顧問)、東海大学病院で谷野隆三郎教授(十仁病院顧問)の元で形成外科・美容外科を学ぶ。

2000年5月に大阪いけだクリニック開院。日本形成外科学会 専門医、関東美容医師会 理事、日本美容医師会 理事、国際美容医療研究会 理事、東海大学 形成外科 非常勤講師。

池田先生のブログはこちら

池田先生へのご相談は「東京皮膚科・形成外科」へ

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

関連する記事

【ブログまとめ】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

記事に関するお問い合わせ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

シミ・そばかすの施術を受けられるクリニック

  • 全国シミ・くすみ
  • 顔全体初回 フォトシルクプラス9,250円

品川スキンクリニックの詳細

  • 全国シミ・肝斑
  • レーザートーニング 顔全体初回4,800円

品川美容外科の詳細

  • 全国シミ・そばかす
  • フラクセルレーザー 頬40,000円

シロノクリニックの詳細

注目の記事

【ブログまとめ】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【ブログまとめ】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

この記事の監修者

東京皮膚科・形成外科 池田欣生

池田欣生

総院長 / 監修記事 (2)

東京皮膚科・形成外科

この記事のライター

東京皮膚科・形成外科 池田欣生

池田欣生

東京皮膚科・形成外科

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー