2017年05月18日 更新 | 181 views

ダーマペンのニキビ跡治療の効果と副作用・費用相場まとめ!11本の針を肌に刺して痛くないの!?

極細の11本の針を装着したペン型美肌治療機器「ダーマペン」は、クレーター型のニキビ跡の治療に使われます。クリニックでのダーマペン施術では高濃度の有効成分を含む薬剤を肌に導入し、クレーターが浅くなる効果が期待できます。一方、ダーマペンの類似品を購入してセルフケアではニキビ跡の顕著な改善はのぞめません。

品川スキンクリニック池袋院 院長 神林由香

この記事は、品川スキンクリニック池袋院 院長 神林由香先生が監修しています。

シミやしわ、美肌効果が期待できる「ダーマペン」による治療は、ニキビ跡の治療にももちいられます。

そのため、ニキビ跡に悩む人のなかには、ダーマペンによる施術をセルフケアで行う人も少なくありません。

しかし、セルフケアでは安全性や効果はどれほどなのでしょうか?

この記事では、ダーマペンによるニキビ跡への効果について、セルフケアの場合と、クリニックで治療を受ける場合について比較してみました。

目次

ダーマペンとは

鏡を見る女性の写真

ダーマペンは、アメリカの「ダーマペンIPホールディングス」社の登録商標商品。

別名「マイクロニードリング・ペン」と呼ばれており、先端に極細の針が11本装着されたペン型のFDAの認可を受けている美容機器です。

ダーマペンは、医療機関でのみ使用が許可されている「医療機器」であるため、ダーマペンは市販されることがないだけでなく、エステサロンにおいても使用することができません。

:)FDA認可とは?

FDA(Food and Drug Administration:アメリカ食品医薬品局)は、日本の厚生労働省に相当する機関。

FDAは、有効性と安全性についての審査基準が世界一厳しいことで知られています。

このため、FDAの認可を受けた製品は、アメリカのみでなく、世界中で「安全性と信頼性が高い」と考えられています。

ダーマペンのしくみと効果

ダーマペンは、ペン先が電動ピストン運動により上下に動くことで、肌に高密度で無数の微小な穴をあけます。

肌にあいた穴は体にとって「傷」であるため、皮膚内部で治癒反応が起こり、皮膚組織が再生。新しい皮膚組織の再生により、シミやしわ、たるみやニキビ跡などの症状の改善が期待できます。

美肌効果も期待できる

皮膚内部に穴をあけることには、傷の治癒反応をさそうだけでなく、表皮の細胞や、表皮の奥にある「真皮層」の線維芽細胞を刺激する作用も。

この結果、表皮細胞のターンオーバーや、コラーゲンやエラスチンの分泌が活性化します。そのため、ダーマペン施術後に再生した肌は、以前よりハリやツヤに富む肌であることが多いようです。

関連する記事

自然治癒力を高めて美肌を目指す♡「ダーマペン治療」の効果とは

ダーマペン治療は、11本の極細の針を用いて、肉眼では見えないほどの細かな穴を肌の表面に開け、肌本来の自然治癒力を引き出すとされる治療方法。ダーマペンはニキビ、ニキビ跡の改善だけではなく、毛穴の開き、小ジワなどの効果が期待できます。

ダーマペンによる皮膚内部への深達度

口をおさえる女性の写真

ダーマペンでは、針の長さを0.25ミリ〜2.5ミリまで、6段階の調節が可能です。

針の深さの設定は、部位や症状の程度などによって変動。それぞれに合った深さに設定することで効果的に施術ができます。

ダーマペンの針の長さと、皮膚内部への深達度の関係は、以下のようになっています。

針の長さ 深達度
0.25ミリ 表皮(角質層と顆粒層の境界)
0.5ミリ 表皮(顆粒層)
1.0ミリ 表皮(有棘層と基底層の境界)
1.5ミリ 表皮(基底層)
2.0ミリ 表皮と真皮層の境界
2.5ミリ 真皮層

表皮を構成する4つの層

皮膚のもっとも外側の層である「表皮」は、表層から深層に向かって順番に、以下の4つの層から構成されています。

  • 角質層(かくしつそう)
  • 顆粒層(かりゅうそう)
  • 有棘層(ゆうきょくそう)
  • 基底層(きていそう)

表皮のもっとも深層である「基底層」のすぐ下(奥)には、真皮層が存在しています。

ダーマペンなら治療が難しいニキビ跡にも効果的

鏡を見る女性の写真

ニキビ跡の治療法にはさまざまなものがあり、ダーマペンによる施術もそれらのうちのひとつ

ダーマペンは、上述したように皮膚を再生させる効果が期待できるため、クレーター型のニキビ跡のクレーターの深さが浅くなる効果が期待できます。

ただし、ダーマペンによる治療でクレーター型のニキビ跡が完治するわけではありません。

ニキビ跡の治療はむずかしく、現代の医療をもってしても、完治は困難であるといわれています。しかし、ダーマペンによる施術を何度か繰りかえすことにより、クレーター型のニキビ跡の症状を徐々に改善していくことは可能。

クレーターの深さが浅くなり、あまり目立たなくなる程度にまでニキビ跡が改善したケースも存在するようです。

クレーター型ニキビ跡の種類によって針の長さを調整

クレーター型ニキビ跡の治療では、医師が症状にあわせ、ダーマペンの針の長さをこまかく調節して施術を行います。

なぜなら、クレーター型ニキビ跡は、いくつかのタイプに分類され、それぞれのタイプではクレーターの皮膚内部への深達度が異なるからです。

アイスピック型

アイスピックを刺したときにできる穴のような、先細りの細い穴の形をしたニキビ跡。肌表面の穴の開口部は、直径が2ミリ以下とごく小さなもので穴の先端は真皮層を貫通し、さらにその奥の脂肪層にまで達しています。

ローリング型

肌表面の穴の開口部の直径が4ミリ以上と大きく、皿状にくぼんでいるニキビ跡。くぼみの底は、真皮層に達しています。

ボックスカー型

ニキビ跡が、貨物列車(ボックスカー)のような直方体の形にくぼんでいることから、この名がついています。

くぼみの縁(ふち)は、周辺の皮膚組織に垂直な角度で陥没しており、くぼみの底は真皮層に達しています。非常に目立つタイプのニキビ跡です。

ダーマペンのニキビ治療はさまざまな施術も併用

しかし、クレーター型のニキビ跡など、重症のニキビ跡ではとくに、複数の治療法を組みあわせてもちいながら、症状を少しずつ改善していく方法がとられます。

これは、ニキビ跡は治療がむずかしい症状であり、現在でも決定的な治療法が存在しないためです。そのため、ニキビ跡の治療法には、ダーマペンのほかにも、以下のような施術を併用しながら、根気よく治療が行われます。

  • レーザー治療
  • イオン導入
  • 内服薬や外用薬の使用
  • ケミカルピーリング

ダーマペンはセルフケアが可能?クリニックとの違い

医師の写真

ダーマペンによるニキビ跡治療をセルフケアで行う場合、ダーマペンは通販にて購入します。

しかし、上述したようにダーマペンは登録商標商品であり、さらに医療機関でのみ取り扱いが許可されている医療機器であるため、医師以外は購入することができません。

クリニックとセルフケアの違い1:市販されているものはダーマペンの類似品

一方、市販されているものはダーマペンの類似品であり、治療効果も厳密にはダーマペンにより期待できる効果とは異なるのです。

FDA認可の医療機器とは異なり、これらの製品では安全性も担保されていないため、リスクを承知のうえ自己責任で使用する必要があります。

クリニックとセルフケアの違い2:使用する薬剤・有効成分が異なる

ダーマペンは皮膚に穴をあける際、有効成分を含んだ薬剤を肌に塗布することで、皮膚の深部へと浸透させ、皮膚組織の再生がより効果的にうながされる効果が期待できます。

このときもちいられる薬剤に含まれる有効成分には、成長因子やヒアルロン酸、ビタミンC美容液など

クリニックで使われる薬剤や美容液は、有効成分が市販品にくらべ高濃度で配合されており、医療機関でのみ取り扱いが可能ですが、セルフケアでは、市販されている美容液を肌に塗ることになります。

したがって、セルフケアよりも、クリニックで受けるニキビ跡のダーマペン治療のほうが、高い効果が期待できるのです。

クリニックとセルフケアの違い3:治療効果の違い

クリニックでのダーマペンによるニキビ跡治療では、医師がニキビ跡の症状にあわせて、ダーマペンの針の長さを調整し、肌に導入する薬剤の種類を決定します。

しかしセルフケアでは、自分でニキビ跡の症状を見きわめ、針の長さを適切に調節しなければなりません。また、ニキビ跡の改善に有効な成分を含む美容液の選択も、自分で行う必要があります。

これらの判断は、医学知識のない者には困難です。

そのため、セルフケアの場合、美肌効果は期待できても、ニキビ跡の大きな改善は期待できない可能性があります。

クリニックとセルフケアの違い4:費用の違い

クリニックは、ダーマペンによるニキビ跡治療について、以下のような費用設定をしているところが多く見られます。

<クリニック>

全顔へ1回の施術:30,000円〜44,000円(肌に導入する薬剤の費用を含む)

<セルフケア>

  • 本体:8,000円前後
  • 麻酔クリーム:2,500円前後
  • 成長因子配合美容液:3,000円〜10,000円
  • 保湿剤(ワセリン):700円前後

合計 14,200円〜21,200円

ニキビ跡の治癒はむずかしい。だからこそ医師の治療を受けよう

笑顔の女性の写真

セルフケアはおろか、現代の医療をもってしてもすぐには改善がむずかしいニキビ跡。

ニキビ跡の治療には通常、長い時間がかかります。トータルの治療期間が1年以上にわたったり、数年を要することも。

しかし、根気よく治療をつづけた結果、ニキビ跡が目立たなくなる程度にまで改善するケースも少なくありません。

だからこそセルフケアではなく、医師による治療を受けることが、ニキビ跡改善の一歩となるかもしれません。

セルフケアでニキビ跡が改善しなかった人は、クリニックでダーマペンによるニキビ跡治療の相談をしてみましょう。

この記事の監修医:神林由香先生のクリニックはこちら

  • 住所東京都豊島区南池袋1-25-11 第15野萩ビル9F
  • アクセスJR池袋駅「東口」徒歩約3分
  • 休診日年中無休
  • 診療時間10:00~20:00
  • 電話番号0120-727-400
  • 予約電話予約 WEB予約

※ クリニック情報や診療メニューなどは、公式ホームページから取得した内容ですので、情報の正確性は保証されません。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

品川スキンクリニック池袋院の詳細

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

関連する記事

【ブログまとめ】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

記事に関するお問い合わせ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

ニキビ・ニキビ跡の美容医療の施術を受けられるクリニック

  • 東京銀座一丁目駅 6番出口より徒歩1分
  • フォトRFオーロラ1回15,000円

水の森美容外科 東京銀座院の詳細

  • 大阪谷町線東梅田駅より徒歩4分
  • フォトRFオーロラ1回15,000円

水の森美容外科 大阪院の詳細

  • 福岡天神南駅より徒歩約1分
  • フラクショナルCO2レーザー 顔初回4,500円

湘南美容外科クリニック 福岡院の詳細

注目の記事

【ブログまとめ】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【ブログまとめ】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー