2017年08月30日 更新

【医師が解説】実は○○が重要!なぜ失敗が多い?「鼻中隔延長術」で起こるトラブルの原因

水の森美容外科、総院長の竹江です。今回紹介するのは「鼻中隔延長術」の整形手術の失敗やトラブルについて。鼻中隔延長術とは、鼻の左右を分けている鼻中隔軟骨を延長させて鼻を伸ばす手術です。延長させるためには、おもに耳の軟骨・鼻中隔軟骨・肋軟骨・保存軟骨を使用。しかし、この「軟骨」こそが術後のトラブルの原因です。正しい「軟骨選び」が重要なポイントになります。

水の森美容外科 総院長 竹江渉

この記事は、水の森美容外科 総院長 竹江渉先生が監修しています。

こんにちは。水の森美容外科の名古屋院、大阪院、北海道院、東京銀座院を束ねる総院長の竹江渉です。

水の森竹江先生のお写真

今回、私が紹介するのは鼻中隔延長術について。

鼻中隔延長術は「上を向いた鼻」や「鼻の穴が正面から見える」、「鼻全体が短い」といった方におすすめの手術です。

この鼻中隔延長術は、正しく行われれば上記のようなコンプレックスにとても効果的です。

しかし、悲しいことに術後に変形やトラブルなどの失敗が発生する例は少なくありません。また、クリニックよってはあまりおすすめできない方法で鼻中隔延長術を行っているケースもあるようです。

今回は、鼻中隔延長術を検討している方へ向けて、どういったトラブルがあるのか、なぜ起きてしまうのかを説明していきます。

目次

鼻中隔延長術による失敗例

鼻を隠す女性の写真

まず、鼻中隔延長術による失敗例とはどのようなものがあるのでしょうか。

鼻中隔延長術では、おもに以下の5つの失敗ケースが存在します。

  1. 時間経過とともに鼻の形が変わってしまった。
  2. そもそも効果がない、変化がない。
  3. 鼻先、鼻柱が分厚くなってしまった。
  4. 鼻先が曲がった。
  5. 鼻閉(鼻づまり)になった。

なぜ、このようなケースが起きてしまうのでしょうか?

失敗の原因を調べるには、まず鼻中隔延長術とはどのような手術なのかを理解しておくことが大切です。

鼻中隔延長術とは

女性の横顔の写真

鼻中隔延長術とは、鼻の左右を分けている鼻中隔軟骨を延長させて鼻を伸ばす手術です。

とはいっても鼻中隔軟骨自体を伸ばせるわけではなく何らかの軟骨を鼻中隔軟骨に移植し継ぎ足して延長することになります。

軟骨を継ぎ足すと鼻先の角度や長さを自由に調節できるので、構造自体を改善することができ、鼻の下半分を伸ばすことで大人っぽい鼻の印象になるのです。

鼻中隔延長術では、この「継ぎ足す軟骨に何を使用するのか」が重要なポイントです。

鼻中隔延長術において重要な軟骨の条件

女性の口元アップの写真

鼻中隔延長術で使用する軟骨は、以下の条件を満たしていなくてはいけません。

  • 延長に耐えうるだけの十分な強度がある。
  • 延長する十分な大きさがある。
  • 厚すぎない。

十分な強度がないと延長にたえられず術後の変形の原因に。ただし、強度があっても軟骨自体に厚みがありすぎると鼻腔が狭くなり鼻閉の原因となります。

そう考えると薄くて、硬くて、十分な大きさがあるということが理想の素材といえるでしょう。

しかし、鼻中隔延長術の手術において上記の条件を完璧に満たしている素材がないということと、素材の確保に関して非常に高度な技術を要するということが、この手術がとても難しく変形やトラブルなどの失敗につながる原因でもあります。

使用する軟骨の種類

顔を隠す女性の写真

鼻中隔延長術で使用する軟骨に扱う素材の候補は4つあります。

  1. 耳の軟骨
  2. 鼻中隔軟骨
  3. 肋軟骨
  4. 保存軟骨(豚の軟骨、または人間の死体から採取した軟骨)

1〜3に関しては自分自身の物、4に関しては自分以外の物を使用。これらの候補について上から順番に説明していきたいと思います。

1:耳の軟骨

耳の軟骨は採取が容易。使用するのであれば手術の難易度は非常に下がります。そのため、耳の軟骨を使用して鼻中隔延長術を行うクリニックが多いです。

ただし、耳の軟骨は触ってわかるようにフニャフニャなので、延長に耐えられず変形してしまうリスクが高いといえるでしょう。

そのため、少量のみの延長しかしないクリニックもありますが、それではあまり意味がありません

耳以外の軟骨採取はどれも技術的に難易度が上がるため、大多数のクリニックは耳の軟骨を用いているようですが、私はあまりおすすめできません。

2:鼻中隔軟骨

鼻中隔軟骨を用いての鼻中隔延長術になります。

鼻中隔軟骨の骨に連結する、奥の方の部分の軟骨を採取してくるので非常に難しく正確に採取できないと延長不足になってしまうのです。

また、鼻中隔軟骨はさほど大きくないので、うまく採取しないと延長するだけの十分な軟骨を採取できません。そのため、扱えるクリニックは限られてきます

しかし、鼻中隔軟骨は薄くて硬いため、延長に負けない強度があり移植軟骨としては一番適しているでしょう

3:肋軟骨

助軟骨は十分な大きさが確保できるため、延長が足りなくなることはありません。

ただし、肋骨は湾曲しているため、真っ直ぐに加工して移植しても、30%位の確率で術後に曲がってしまう可能性があります。また、胸に大きな傷ができるというのも難点です。

4:保存軟骨

最後に保存軟骨としておもに使用される豚の軟骨移植ですが、結論からいうとおすすめはできません

実際に心臓外科の心臓弁置換の際に豚の生体弁が用いられるケースもありますが、人以外の動物の素材を移植する異種移植は、倫理的にタブーな領域です。

また、豚は人間より老化も早く寿命も短く、豚の10年は人間の80年に相当します。そう考えるとわかるように、とても軟骨が持つはずがありません。

そのため、豚の生体弁を用いる条件としては高齢者に限られます。もし、若い方に使用する場合に関しては、必ず将来的な入れ替えを前提にして行っているはずです。

ほかにも、人間の死体から採取した保存軟骨を用いているケースもあるようですが、死体というのは非常に高齢の方になりますので、耐久性の問題からいうと豚の軟骨と変わらないといえます。

術後のトラブルは「軟骨選び」が原因

カウンセリング風景の写真

このように、移植する軟骨によっては術後のトラブルが考えられます。

しかし、鼻中隔延長術の手術では採取が容易な耳の軟骨を使用して行うクリニックが多いです。また、人の軟骨を採取して行う方法は難しくて手が出せなかったクリニックも、豚から採取した軟骨を使用する方法は容易になるため鼻中隔延長術の手術を行っています。

そのため、鼻中隔延長術の術後のトラブルは正しい軟骨選びができていなかったことが原因というのが結論です。

豚の軟骨を使用しているクリニックに関しては、リスクなど患者様に説明していなければ非常に問題がある行為なのではないかと思います。

水の森美容外科では「鼻中隔軟骨」をおすすめしています

医師の写真

さまざまな軟骨と比べてみても、完璧な移植軟骨は存在しないということになります。しかし、そのなかで条件を満たすのは鼻中隔軟骨で行う方法でしょう。

上述したように、鼻中隔軟骨は薄くて硬いため、延長に負けない強度があります。

そのため、水の森美容外科の鼻中隔延長術では鼻中隔軟骨をおすすめしています。

個人差により多少ですが最大延長に足りないことはありますが、正確に軟骨が確保できれば、大体のケースでは十分といえるでしょう。

10年、20年後の自分のために……クリニック選びは慎重に

花と女性の写真

鼻中隔延長術の手術に関して、変形などの再手術は容易ではありません。まして豚軟骨を使用して10年以上経過した症例など、どのように治せるのかも不明です。

豚軟骨を使用することで、鼻中隔延長術の手術は容易になり魅力的ですが、将来的な変形などのトラブルを考えると、とてもおすすめはできません。

鼻中隔延長術は、そもそも難易度が高い手術です。

安易にクリニックを決めずに手術前にシュミレーションを含めたカウンセリングをしっかり受けて納得したうえで行いましょう。

今回ご紹介した施術:鼻中隔延長術

:)この記事の執筆医師

水の森竹江先生のお写真

水の森美容外科 総院長 竹江渉

東京医科大学医学部卒業後、平成11年に麻酔科入局。その後、麻酔科標榜医免許を取得したのち、平成13年に大塚美容外科へ入局。

他院大手美容外科の院長を務めた後、平成18年に水の森美容外科を開院。現在は、名古屋院、大阪院、北海道院、東京銀座院を束ねる総院長を務める。

竹江先生へのご相談は「水の森美容外科」へ

医師・薬剤師・その他医療関係者の方へ

より正確な医療情報を発信するためにも、医師の監修を経て誤りがないよう万全を期しておりますが、もし誤りとお考えになる情報があった場合には、ご指摘いただけますと幸いです。社内で確認の上、必要な対応をさせていただきます。

医療・薬剤に関する情報の指摘

その他記事へのお問い合わせ

ブタ鼻解消・鼻中隔延長の施術を受けられるクリニック

  • 大阪御堂筋線 心斎橋 駅より徒歩4分
  • 切らない鼻中隔延長 5本135,000円

湘南美容外科クリニックの詳細

  • 福岡西鉄福岡天神駅より徒歩5分
  • ベストリノプラスティー(鼻中隔延長・鼻尖形成)8本128,000円

聖心美容外科 福岡院の詳細

鼻中隔延長(ブタ鼻解消)の施術を受けられるクリニック一覧

この記事の監修者

水の森美容外科 総院長 竹江渉

竹江渉

総院長 / 監修記事 (7)

水の森美容外科

この記事のライター

水の森美容外科 総院長 竹江渉

竹江渉

水の森美容外科 総院長

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

id美容外科 代表院長 パク サンフン

パク サンフン

監修記事 (1)

id美容外科 代表院長

サイトメニュー