プチ同窓会までにきれいになる!ヒアルロン酸注入で頬のハリをアップ〈湘南美容外科〉

旧友と久しぶりに会うとなると、自分がどのように見られるか気になるもの。「なんだか老けた?」なんて思われたくない!コラムニストである北条かやも、そのように思う女性の一人。同級生の女性とのプチ同窓会を控え、エイジングケアを実際に体験!どのような変化を遂げるのか、レポートします。

湘南美容外科新宿本院 西川礼華

この記事は、湘南美容外科新宿本院 西川礼華先生が監修しています。

こんにちは、北条かやです。プチ同窓会までにきれいになる!企画「駆け込みウルトラリフト」を受け、ハリがアップした頬をさらにふっくら若返らせるため、続いて行ったのは「ヒアルロン酸注入」です。

両メニューの組み合わせをおすすめしてくださったのは、湘南美容外科クリニック新宿本院の美人女医、西川医師。

北条さんと西川先生

ご自身もナチュラルな美人で、「この先生なら、私の理想を理解してくれそうだなぁ」と期待に胸が高鳴ります。

湘南美容外科のヒアルロン酸注射について詳しくみる

ヒアルロン酸を入れる場所を相談

ヒアルロン酸注入カウンセリング

北条「目の下の脂肪がないので、落ちくぼんで老けて見えるのが気になっているんです」

今回は、ヒアルロン酸を、目のすぐ下ではなく『頬のトップ』に入れましょう。

そうすることで、自然に顔全体の印象を若返らせることができます。

頬がふっくらすれば、目元のくぼみも以前ほど気にならなくなると思いますよ

なるほど、自分では「目のすぐ下にヒアルロン酸を入れて、ふっくらさせてほしい」と思っていたのですが、先生によれば、目の下部分に入れると不自然になりやすいのだそうです。

それよりも、「頬に入れて、頬の位置を高く見せることで、全体の印象を若く見せた方がきれいになる」とか。

私はずっと、目の下のゴルゴラインが気になって仕方ありませんでした。

「ここさえなんとかすれば……」と、下瞼に脂肪やヒアルロン酸を入れることばかり考えていましたが、先生の意見を伺うことができてよかったです。自分の意見を押し通すよりも、万人から見てきれいになれる確率が上がるように思います。

今回使用するのは、「ジュビダーム ビスタ ウルトラプラスXC」というヒアルロン酸。

厚生労働省に認可を受けている薬剤で、品質と安全性が保証されています。有効な部位は「おでこ、ほうれい線、ゴルゴ線、唇」など。

目元の老化に悩む私にはぴったりのヒアルロン酸です。

マーキングして、入れる位置を決めていく

ヒアルロン酸注入マーキング

さて、だいたいの方向性が決まったら、いよいよ注入です。

歯医者さんのような診察椅子に座り、まずは先生が、蛍光ペンのようなもので軽くマーキング。頬の高い位置に、ちょんちょんとサインを入れてもらいます。実は私、この瞬間がけっこう好きだったりします。

脂肪吸引を行ったときも、「これからここに先生の技術が集結され、きれいにしてもらえるんだ!」とワクワクしていました。その後の麻酔注射などは少し緊張するので、マーキングタイムはつかの間のリラックス時間ともいえます。

笑気麻酔のレベルがどんどん上がる!?

細い針とはいえ、目元に注射するわけですから、痛みがないことはありません。

そこで湘南美容外科さんでは、希望者に「笑気麻酔」を施してくれます。ちょっと緊張していた私も、もちろんオーダーしました。

鼻から酸素と笑気ガスが入ります。

看護師さん「ゆっくり呼吸してくださいね」

北条「は、はい……そういえば私、脂肪吸引手術のときもあんまり笑気麻酔が効かなかったんです。ぜひレベル強めでお願いします」

よく「お酒に強い人は笑気ガス麻酔がききづらい」といわれるのですが、私も酔わないタイプなので、もしかしたら笑気麻酔が効きにくい体質かもと予想し、はじめから図々しく「強めで」とお願いしてみました。

だんだん、意識がふんわりしてきました。

いよいよヒアルロン酸注入!まずは左頬から

ヒアルロン酸注入

では、左の頬から入れていきますね。すこーしチクッとしますね。

笑気麻酔の効果でリラックスしているせいか、痛みはあまり感じませんでした。

もちろんチクッとして、ヒアルロン酸を入れてもらっている感覚はあるのですが、ふわふわした気分なので、緊張しないという感じです。

もちろん目の前のものはしっかり見えますし、先生としっかり会話もできるのですが、痛みへの恐怖を全く感じないというか……。

2箇所くらい注入してもらったところで、まだ体が緊張している気がしたので、もう少し笑気麻酔のレベルを上げてもらいました。

北条「すみません、麻酔の段階を上げて頂いてもよいでしょうか。最高レベルを100とすると、今どれくらいですか?」

看護師さん「今は50くらいです」

北条「ほう……では100まで上げてもらうと、どうなるのでしょうか(かなり効果がありそうだなぁ)」

笑気ガスを100にすると、酸素の割合がゼロになっちゃいますからね。最高でも70くらいですよ。

北条「(素人丸出しの質問をしてしまった……)」

では60くらいまで上げましょうか。これはかなり高い方ですよ。

北条「ありがとうございます。お酒に強いせいか、笑気麻酔がききづらくて……」

こんな会話をしながらも、西川医師は繊細な手つきで治療を続けておられます。目つきは真剣そのもの。

わずかな量のヒアルロン酸を、バランスを見て注入する細かな作業です。

3分ほどで、今度は右頬へ

看護師さんが機械のレベルを上げてくれたので、また大きく息を吸い込みました。一段と体がほぐれ、リラックスした気分になります。

では、右頬も入れていきますね。またチクッとしますが、がんばって下さいね。

チクッと針が入る感覚がありましたが、液体が注ぎ込まれる感覚はもはやまったくありません。

「こんなものかぁ」と思っているうちに終了しました。

痛みには精神的なもの(恐怖など)が大きく関わっているので、美容整形を楽しみにワクワクした気分でいる私にとっては、そこまで痛くなかったのかもしれません(もちろんそうでない方もいると思うので、あくまで私のケースですが……)。

湘南美容外科のヒアルロン酸注射について詳しくみる

左右3箇所ずつ、合計2cc入れました

ヒアルロン酸注入に驚く女性

今回は、左右3箇所ずつ、合計2cc入れていただきました。

湘南美容外科クリニックでは、ヒアルロン酸を1本(1cc)単位で提供しているので、今回はそれを2本使ったことになります。余った分は一定期間、保存もしてくれるとか。

本当にあっという間でしたが、手鏡を渡されてびっくり。貧相だった頬が、ふっくら丸みを帯びているんです!

北条「すごい!ふっくらしてる!!」

今回は右頬の方がもともと、ふくらみが少なかったので、右を多めに入れました。

もともとの顔立ちが必ず左右対称とは限らないので、微調整しながら入れていくんですよ。

驚きです。ヒアルロン酸をわずか2cc入れただけで、念願の「頬の丸み」が出現したのですから……!

針の跡も、ほとんど目立たない

ヒアルロン酸注入の針の跡

しかも極細の針を使っているので、ものすごく小さな赤い跡が点々と残っているだけで、はたから見ればほとんど分かりません。

内出血も、私の場合は現れませんでした。

ヒアルロン酸注入直後

(ヒアルロン酸注入直後の頬)

北条「ずっと、へんぺいな頬がコンプレックスだったんです。こんなに一瞬でふっくらさせてもらえるなんて、本当にうれしい……」

そう言ってもらえると、私もうれしいです。

北条「先生がヒアルロン酸注入をするとき、心がけていることは何ですか?」

私の場合は、とにかくナチュラルな仕上がりを意識しています。自然なのが1番ですからね。

やはり……!先生が「ナチュラルさ」を重視して下さった結果、「まったく『整形した』感じがないのに、どこか美人になっている」そんな仕上がりになりました。

うれしすぎて小躍りしそうです。

湘南美容外科のヒアルロン酸注射について詳しくみる

他人から見ればほぼ「バレない」!?

帰宅してから、一緒に住んでいるヒモさん(パートナーの男性です)に見てもらいました。

「どう?美容外科へ行ってきたんだけど、どこが変わったと思う?」と聞いたところ、「うーん、どこが変わったって言われてもなぁ」と、全く気づかない様子でした。

ヒアルロン酸注入ビフォーアフターヒアルロン酸注入ビフォーアフターヒアルロン酸注入ビフォーアフター

(ビフォーアフターの写真を並べると、ふっくらしているのがわかりますが……) 「頬にヒアルロン酸を入れたんだよ」と教えると、ようやく「そうなの?全然わからないけど、確かに頬のハリが増した気がする」と言われたくらいで、言わなければ気づかなかったかもしれません。

これぞプチ整形の醍醐味ではないでしょうか。

プチ同窓会までにきれいになる!企画として行った「駆け込みウルトラリフト」と「頬へのヒアルロン酸注入」ですが、どちらも効果が即日で現れ、ダウンタイムがほとんどないのが特徴です。

リフトアップ系の手術よりも、費用は控えめですし、コストパフォーマンスを重視する自分にはこのくらいのエイジングケアメニューがぴったりだと感じました。

自分にあったエイジングケアメニューを続けたい

ヒアルロン酸は体内に吸収され、半年ほどしか持ちませんが、何度か打っていると持続期間が長くなっていくそうです。

あまりに仕上がりが良かったので、効果が薄れてきたら、もう一度同じメニューをやってみたいと思います。

こうして自分に合った「エイジングケアメニュー」を定期的に受けることで、劇的に若返ることはなくても、年齢相応の美しさを維持できることでしょう。

ダウンタイムがほとんどないから気軽に受けられるし、リフトアップ手術よりもリーズブルですし、私にはちょうど良い気がします。

個人的な話になりますが、私は化粧品やエステ、洋服にあまりお金をかけないので、その分を貯めておいて美容医療にあてようかな~……などと、早速皮算用を始めてしまいました。

プチ同窓会で、まわりから「老けたな」と思われないか不安でしたが、治療後は「これだけきれいにしてもらったんだから、きっと大丈夫だろう」と、前向きな気持ちになっているのに気が付きました。

当日は自信を持って参加できそうです。

湘南美容外科のヒアルロン酸注射について詳しくみる

今回取材にご協力頂いたのは湘南美容外科新宿本院

  • 住所東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
  • アクセスJR新宿駅西口徒歩5分
  • 休診日年中無休
  • 診療時間10:00~19:00
  • 電話番号0120-5489-40
  • 予約電話予約 WEB予約

※ クリニック情報や診療メニューなどは、公式ホームページから取得した内容ですので、情報の正確性は保証されません。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

湘南美容外科クリニック新宿本院の詳細

医師・薬剤師・その他医療関係者の方へ

より正確な医療情報を発信するためにも、医師の監修を経て誤りがないよう万全を期しておりますが、もし誤りとお考えになる情報があった場合には、ご指摘いただけますと幸いです。社内で確認の上、必要な対応をさせていただきます。

医療・薬剤に関する情報の指摘

その他記事へのお問い合わせ

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー