【教えて先生!】脂肪吸引で起こり得る失敗例とは?防ぐためにできることはある?

脂肪吸引の失敗例には、皮膚のたるみや凹凸、不自然なバランスの体型になってしまうケースや、左右差ができてしまうケース、お尻の垂れや皮膚の色素沈着、傷あとが目だつケースなどがあります。皮膚の凹凸や左右差などは、脂肪注入や再度の脂肪吸引で修正可能な場合も。脂肪吸引の失敗をさけるには、医師えらびと術後ケアが重要です。

オザキクリニックLUXE新宿院 院長 中徳太郎

この記事は、オザキクリニックLUXE新宿院 院長 中徳太郎先生が監修しています。

ダイエットすることなく、気になる部位をほっそりすることのできる脂肪吸引は、人気の痩身治療法。

脂肪吸引治療を受ける人は増えている半面、期待していた効果が得られず「失敗では?」と悩む人も。

脂肪吸引では、どのような失敗例が起こり得るのでしょうか?

また、失敗してしまった場合は、修正治療により改善が可能なのでしょうか?

このような疑問についてオザキクリニック新宿院の中徳太郎先生にお話を聞きました。

関連記事:脂肪吸引をする時のクリニックの選び方と事前準備まとめ

目次

Q:脂肪吸引で起こり得る失敗例とは?

医師の原因による失敗は脂肪のとりすぎが挙げられます。皮膚近くの脂肪までとると、凹凸ができて修正ができなくなってしまいます。

また、術後のケアの圧迫不足により水、血が溜まり、脂肪をとったところにしこりやひきつれや凸凹になってしまうことがあります。

ほかにも過剰な量の脂肪を吸引した場合、皮膚が余ってしまいたるみが起こる、不自然なバランスの体型(左右差など)になってしまう、皮膚に損傷が起こり色素沈着が起こるといったことがあるようです。

お尻の脂肪吸引で「垂れ尻」になることも

お尻や、お尻と太ももの境界部分の脂肪吸引を行ったのち、お尻が垂れてしまうトラブルも多く見られます。

お尻と太ももの境界部分についている脂肪には、お尻上部の脂肪を支え、お尻全体を立体的にたもつ重要な役割があります。

この部分の脂肪を除去してしまうと、お尻上部の脂肪の支えが失われ、お尻上部の脂肪が下がってきてしまい、平らで垂れたお尻になってしまいます。

Q:脂肪吸引の失敗は修正できる?

脂肪吸引で起こった失敗は症状によっては修正が可能です。

例えば、皮膚のたるみには脂肪吸引と合わせて高周波で引き締めるを推奨しています。当院だとボディタイトがおすすめです。

吸引のムラによる失敗は再度脂肪吸引、皮膚が余ってしまった場合は切除で対応ができます。

しかし、脂肪をとりすぎてしまった失敗は基本的に修正はできません。状態によっては脂肪注入で修正ができる場合もあります。

  • たるみの修正治療

脂肪吸引後に皮膚のたるみが起こってしまった場合は、脂肪注入を行って皮膚の張りを出したり、レーザーや高周波を皮膚に照射する手術により、皮膚を引きしめる効果が期待できます。
皮膚のたるみが大きい場合は、余った皮膚を切除することもあります。

  • 皮膚の凸凹の修正治療

脂肪吸引により皮膚に凹凸ができてしまった場合は、再度脂肪吸引で修正を行います。
吸引可能な脂肪が患部に残っていない場合は、脂肪注入により凸凹を解消します。

  • 不自然な体型になった場合の修正治療

脂肪吸引で不自然なバランスの体型になった場合は、脂肪注入や、再度の脂肪吸引により、患部の脂肪量を調整してバランスをととのえます。

  • 左右差ができた場合の修正治療

脂肪吸引で左右差ができた場合も、脂肪注入や、再度の脂肪吸引が有効。患部の脂肪量を調整し、左右のバランスをととのえます。

  • 色素沈着が起こった場合の修正治療

脂肪吸引後に起こる皮膚の色素沈着は、多くの場合、手術から半年〜1年ほどで消失するようです。 手術から1年以上が経過しても解消しない色素沈着には、ハイドロキノンクリームの塗布などが行われますが、きれいに改善することはむずかしいとされています。

  • 傷あとが目だつ場合の修正治療

脂肪吸引の傷あとが目だつ場合で、傷あとが比較的小さな場合は、レーザーの照射により改善が期待できることがあります。
傷あとがケロイド状にふくらんでいる場合は、ふくらんでいる部分を切除します。ただし、縫合あとは残ります。

Q:脂肪吸引の失敗をさけるために大切なことは?

失敗を避けるためには、経験の豊富な医師のもと手術を行うことがおすすめです。

また、カウンセリングと手術が同じ医師であること、仕上がりのイメージをしっかりカウンセリングで共有してくれる医師であることが大切です。

また、術後ケア(圧迫、マッサージなど)は、しっかりとクリニックの指示を守ることもとても重要です。

脂肪吸引は手術であるため、一定のリスクはつきもの。

脂肪吸引は受ける人の数も多いため、失敗はめずらしくなく、「脂肪吸引の修正外来」をもうけているクリニックもあるほど。

脂肪吸引の失敗をさけるには、脂肪吸引の経験が豊富で、確かな技術をもつ医師の治療を受けることがとても重要になるようです。医師選びは、慎重に行いましょう。

また、術後ケアも、脂肪吸引の仕上がりを左右する重要な要素。面倒がらずにしっかりと行いましょう。

関連記事:脂肪吸引をする時のクリニックの選び方と事前準備まとめ

:)この記事の回答医師

中先生のお写真

2009年長崎大学医学部医学科卒業後、知多市民病院 入局。2011年都内美容クリニック勤務、2012年院長就任。2016年 オザキクリニック新宿院院長就任。

中先生へのご相談は「オザキクリニック新宿院」へ

  • 住所東京都新宿区歌舞伎町1-1-17 エキニア新宿7F
  • アクセス東京メトロ副都心線 新宿三丁目駅徒歩5分 JR 新宿駅東口徒歩5分
  • 休診日木曜日
  • 診療時間平日 11:00〜20:00 土日祝 10:00〜18:00
  • 電話番号0120-565-449
  • 予約電話予約 WEB予約

※ クリニック情報や診療メニューなどは、公式ホームページから取得した内容ですので、情報の正確性は保証されません。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

オザキクリニックLUXE新宿の詳細

「オザキクリニック」脂肪吸引のメニュー

美容皮膚科から美容外科まで、総合的な美容医療の知識・技術を駆使して、一人ひとりのリクエストに対して、ベストな解消法を提案しています。
どんなお悩みでも、気軽にご相談ください。

脂肪吸引 部位 価格(税別)
両二の腕 98,000円(モニター価格)
腹部 199,000円(モニター価格)
太もも外+おしり 249,000円(モニター価格)

※価格は2017年10月31日時点のものです。予期なく変更する場合がございます。
※モニターには所定の審査があり、受けることができない場合があります。
※通常価格やパーツごとのほかの価格はこちらからご確認いただけます。

無料カウンセリング予約はこちらから

医師・薬剤師・その他医療関係者の方へ

より正確な医療情報を発信するためにも、医師の監修を経て誤りがないよう万全を期しておりますが、もし誤りとお考えになる情報があった場合には、ご指摘いただけますと幸いです。社内で確認の上、必要な対応をさせていただきます。

医療・薬剤に関する情報の指摘

その他記事へのお問い合わせ

太もも脂肪吸引の施術を受けられるクリニック

  • 大阪御堂筋線 心斎橋 駅より徒歩4分
  • 美ボディ脂肪吸引 太もも全体462,910円

湘南美容外科クリニックの詳細

  • 福岡西鉄福岡天神駅より徒歩5分
  • 太もも脂肪吸引お問い合わせください

聖心美容外科 福岡院の詳細

太もも脂肪吸引の施術を受けられるクリニック一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

id美容外科 代表院長 パク サンフン

パク サンフン

監修記事 (1)

id美容外科 代表院長

共立美容外科 銀座院 藤巻尊子

藤巻尊子

監修記事 (1)

共立美容外科 銀座院

共立美容外科新宿本院 望月香奈

望月香奈

監修記事 (1)

共立美容外科新宿本院

サイトメニュー