2017年12月04日 更新

【教えて先生!】脂肪吸引後はどのような経過をたどるの?術後3日後〜1か月の症状とは?

脂肪吸引の術後には、痛みや腫れ、内出血やむくみなどの症状があらわれます。術後1週間後には大きな腫れや痛みも引いており、1か月が経過する頃には内出血もほぼ消失することが多いよう。脂肪吸引の効果が感じられるのは、大きな腫れやむくみが引く術後1か月頃から。以降もむくみが引いていくにつれ、さらに細くなっていきます。

大塚美容形成外科・歯科 大塚院院長 石井秀典

この記事は、大塚美容形成外科・歯科 大塚院院長 石井秀典先生が監修しています。

脂肪吸引は、ダイエットでやせにくい部位の部分やせが期待できるため、人気のある治療法。

しかし、脂肪吸の難点は、治療完成までの期間が長いこと。

ダウンタイムの症状や期間をよく知らないと大切なイベント日に間に合わないこともあるでしょう。そのため、脂肪吸引を検討している人は、ダウンタイムについてよく理解しておくことが大切です。

脂肪吸引後のダウンタイムにはどのような症状があらわれ、どのような経過をたどって治癒していくのでしょうか?

また、脂肪吸引の効果を実感できるようになるのは、いつ頃からなのでしょうか?

このような疑問について大塚美容形成外科・歯科の石井秀典先生にお話を聞きました。

目次

Q:脂肪吸引の術後にあらわれる症状とは?

脂肪吸引の術後は、個人差はありますが以下のような症状が起こります。

・痛み
・内出血
・腫れ・むくみ
・傷

具体的には以下のような症状になります。

痛み

脂肪吸引の術後は「筋肉痛」のような痛みが起こります。

特に術後3日間が痛むといわれていますが、クリニックで処方される鎮痛剤により対処できる程度のようです。その後、2週間程度で和らいでいきます。

内出血

術後は、ほぼ必ずと言って良いほど内出血が起こるといわれています。

内出血は、青紫色のあざのような形で、脂肪を吸引した部位に広範囲にわたり、まだらにあらわれます。

内出血の量により異なりますが、1週間〜10日ほどで内出血の色が黄色っぽくなり、3週間ほどで消失することが多いようです。

腫れ・むくみ

脂肪吸引の直後から治療部位の全体が腫れます。これは、手術により皮膚組織に炎症が起こることが原因です。

大きな腫れやむくみは1週間程で引き、その後、1~2か月程掛けて徐々に落ち着いてきます。

カニューレを挿入した切開口の傷は1~2か月の間は赤くなり、その後半年程度で白くなり目立たなくなります。

まれに傷口が盛り上がることがありますが、その際は薬の使用や注射での治療が可能です。

Q:脂肪吸引の術後はどのような経過をたどるの?

部位や脂肪を吸引する量などにより違いはありますが、一般的に脂肪吸引の術後は、時間とともに以下のような経過をたどることが多いです。

3〜5日目:痛み、内出血、腫れ・むくみが目立つ。
10日目:上記の症状が改善されていく。
1か月:さらに症状が軽減。細さも実感できるようになる。
3か月目:傷跡も目立たなくなり成果がよくわかる時期。

具体的には、以下のような症状になります。

脂肪吸引3日目の症状

術後3日目では、痛み、内出血、腫れ・むくみが目立ちます。術後の痛みは、この日あたりから徐々に減っていきます。

圧迫固定用の器具の種類がこの日から変わることもあります。太ももの脂肪吸引の場合、圧迫固定用ガードルから着圧ストッキングへと変わります。

脂肪吸引5日目の症状

術後5日目では、まだ痛み、内出血、腫れ・むくみが目立ちます。しかし、術後5日目には痛みも減り鎮痛剤が必要なくなる人が多いようです。

痛みやむくみ、腫れも引きはじめ、痛みもあいまって動きにくかった体も少しずつ動きやすくなってきます。

脂肪吸引10日目の症状

痛みや、内出血、腫れ・むくみが改善されていきます。

術後1週間から10日目頃に抜糸が行われ、抜糸後の傷跡は、テープを貼ることで摩擦や刺激から保護します。

内出血はまだ残っていますが、黄色みを帯びた色へと変化して目だたなくなっている部分が多く、青紫色の内出血の面積はだいぶ減っています。

安静時の痛みはほぼなくなっていますが、治療部位を動かすときに多少のにぶい痛みを感じることもあるようです。

脂肪吸引1か月目の症状

脂肪吸引の術後1か月が経過する頃には、内出血はほぼ消失し、傷跡の色もうすくなっています。

日常生活は問題なく過ごせますが、脂肪吸引した部位のつっぱり感はまだ残っています。

脂肪吸引3か月目の症状

脂肪吸引から3か月が経過すると、術後のほとんどの症状がほぼ消失しています。つっぱり感もなくなり、成果がよくわかる時期です。

Q:脂肪吸引の効果を実感するのはいつごろ?

個人差はありますが、脂肪吸引からおよそ1か月後以降から効果がみられます。

脂肪吸引は手術をしてすぐに細くなるわけではありません。ダウンタイムを経て徐々に細くなっていきます。

脂肪吸引の手術直後は腫れやむくみが大きく出ているため、治療部位が手術前より太くなっていることもありますが、失敗ではないのでご安心ください。

手術から1か月ほどすると、効果が見えはじめますが、この時点では、むくみなどの術後の症状がわずかながらまだ残っていることがあります。

したがって、この時点から術後3か月〜半年後の治療完成時期にかけてむくみが引くにつれ、さらに引きしまっていきます。

:)この記事の回答医師

石井先生の写真

平成12年帝京大学医学部卒業後、帝京大学医学部形成外科入局。同年、大塚美容形成外科に入局する。
帝京大学医学部 形成・口腔顎顔面外科学講座 非常勤講師を務める。
日本美容外科学会専門医(日本美容外科学会(JSAPS)認定)、日本形成外科学会専門医、医学博士。

石井先生へのご相談は「大塚美容形成外科・歯科」へ

  • 住所東京都豊島区北大塚2-30-6 石井ビル
  • アクセスJR山手線大塚駅北口徒歩3分
  • 休診日年末年始、日・祝は要問合わせ
  • 診療時間9:00~20:00(年末年始は要問合せ) 土 9:00~19:00 日・祝 9:00~17:00
  • 電話番号0120-80-1611
  • 予約電話予約 WEB予約

※ クリニック情報や診療メニューなどは、公式ホームページから取得した内容ですので、情報の正確性は保証されません。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

大塚美容形成外科・歯科 東京大塚院の詳細

「大塚美容形成外科・歯科」ボディデザイン脂肪吸引のメニュー

美容外科医に求められるのは、患者様の思い描く理想の姿を実現することです。
一人ひとりのご希望を正しく理解し、最も負担が少なく効果的な方法をご提案するために、カウンセリングでお話を伺うことを大切にしています。

部位 価格(税別)
二の腕 250,000円
腹部(上腹部・下腹部) 各380,000円
太もも(内側・外側) 各380,000円

※価格は2017年11月時点のものです。予期なく変更する場合がございます。
※他の価格はこちらからご確認いただけます。

無料カウンセリング予約はこちらから

医師・薬剤師・その他医療関係者の方へ

より正確な医療情報を発信するためにも、医師の監修を経て誤りがないよう万全を期しておりますが、もし誤りとお考えになる情報があった場合には、ご指摘いただけますと幸いです。社内で確認の上、必要な対応をさせていただきます。

医療・薬剤に関する情報の指摘

その他記事へのお問い合わせ

脂肪吸引の施術を受けられるクリニック

  • 大阪御堂筋線 心斎橋 駅より徒歩4分
  • VASER脂肪吸引お腹すっきり(腹+ウエスト+腰)780,000円

湘南美容外科クリニックの詳細

  • 福岡西鉄福岡天神駅より徒歩5分
  • お腹3部位脂肪吸引(上腹+下腹+側腹)710,000円

聖心美容外科 福岡院の詳細

その他の脂肪吸引の施術を受けられるクリニックを探す

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

id美容外科 代表院長 パク サンフン

パク サンフン

監修記事 (1)

id美容外科 代表院長

共立美容外科 銀座院 藤巻尊子

藤巻尊子

監修記事 (1)

共立美容外科 銀座院

共立美容外科新宿本院 望月香奈

望月香奈

監修記事 (1)

共立美容外科新宿本院

サイトメニュー