NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1037記事

メルマガ登録

2016年07月13日 更新 | 17,837 views

たった5分でヤセ体質が手に入る、今すぐ取り入れたい5つの朝活

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

この記事は、品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行が監修しています。

朝は女子にとって1分1秒を争うもの。でもその一方で、ダイエットのゴールデンタイムとも言われています。実は朝の過ごし方に工夫をすると、ヤセ体質になれるかも。その方法はとても簡単! ストレッチや日光浴などそれぞれたった5分で終わります。ヤセ体質が手に入れば、無理な食事制限や運動なしで、スリムな身体が手に入るかも。

女子にとって1日のなかでもっとも慌ただしい時間、朝。

トイレや朝食、メイクや着替え......とにかくやることが山積み。

でも実は、朝はダイエットのゴールデンタイム。「ヤセたい」と思っているなら、なにもしないなんてもったいない!

そこで、朝の過ごしかたをすこーし工夫してダイエットに活かしましょう。

ちょっとした習慣を取り込むだけで、脂肪がどんどん燃えるヤセ体質が手に入るんです。

今回は、ダイエットを成功させるために実践したい朝の習慣を紹介します。

朝ダイエットの方法

1. 朝ストレッチで血行促進

マットの上でストレッチする女性

朝起きたとき、身体はまだ寝ている状態です。

寝ているあいだはほとんど身体を動かさないので、血行が悪くなって代謝が落ちています。

代謝が落ちている状態だと、食べたものが脂肪になりやすいという恐ろしい状態に......。

そこで、朝起きたらまず代謝を上げるためにストレッチをしましょう!

ストレッチといっても方法は自由。身体を伸ばして全身がポカポカすればOKです。

私は布団に寝転がったまま、背伸びをしたり腰をひねるストレッチをしています。

2. 朝の日光を浴びて体内時計をリセット

朝日を浴びる女性

人間は誰しも身体に体内時計を持っています。

この体内時計が1日25時間に設定されているので、毎日1時間ずつズレてしまうんです。

それをリセットして、正しい時間に合わせてくれるのが朝の日光です。

朝、太陽の光を顔に浴びることで、体内時計がリセットされ、規則正しい生活習慣を送ることができるように。

その結果、ヤセやすい体質が手に入るんです。

太陽の光を浴びると言っても、外に出る必要はありません。

部屋のカーテンを開けて、太陽の光を部屋にたくさん取り込むことができればOKです。

3. 白湯を飲んで水分補給&代謝アップ

ポットに入ったお茶

朝起きたときいつも喉がカラカラ......。

寝ているあいだ水分を摂らないので、朝の身体は水分を求めている状態です。

ここで、冷蔵庫や水道から冷たい水を出してすぐ飲んでしまうのはダメ。

空っぽの胃腸に冷たい水が入ると身体への負担が大きく、お腹が痛くなってしまうかもしれません。

そこで、朝の水分補給は白湯にするのがベスト。

水を一度沸騰させてから、体温より少し高めの温度にまで冷ましましょう。

これなら胃腸への負担が小さく、水分補給を無理なくすることができます。

また、白湯は身体を内側から温めてくれるので代謝が上がり、脂肪が燃えやすい身体にしてくれるんです。

4. 朝食をしっかり食べて活動モードに

バナナ

どうしても抜きがちになってしまう朝食。忙しいし、そもそも朝は食欲がないもの。

でも朝食は、脳にエネルギーを送る唯一の方法です。

脳が起きないと身体が完全に起きてくれません。

代謝も上がりにくいので、太りやすい体質になってしまうかも。

バナナ1本でもいいので、朝食をしっかり食べて脳も身体も活動モードをオンにしましょう。

5. 毎朝決まった時間にトイレの習慣

花畑の上で横になる女性

ダイエットに欠かせないのが便秘解消、デトックス。

でも、なかなか毎日お通じがくるのはめずらしいもの。

とはいえ、大切なのは毎朝決まった時間にトイレに行って便座に座ること。

そうすることで脳が「便意をもよおしている」と錯覚して、本当にお通じがくることが。

また、便座に座ったまま腰をひねるストレッチで腸を刺激すれば、便が出やすくなります。

朝は1日の中でも腸が活発に動く時間なので、トイレに行くクセをつけましょう。

朝活ダイエットで痩せ体質になろう

朝の過ごし方に少し気をつけるだけで、1日の代謝が大きく変わります。

代謝を上げれば脂肪の燃えやすい、ヤセやすい体質になれるんです。

たった5分でいいなら、忙しい朝でも習慣化することができるかも。

image via Shutterstock

written by ヤス

NICOLY:)編集部員がメディカルダイエットに挑戦!

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ