NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年08月09日 更新 | 18,127 views

足の骨を遠隔操作で伸ばし、身長を伸ばす整形手術「ISKD法」とは

身長が低いと、高いところのものが取れない、満員電車で押しつぶされる、など困ることが多々あります。でも背の高さはなかなか変えられないし……と諦めかけていたとき、「ISKD法」という身長の伸ばす整形手術を見つけました。これは比較的新しい方法で従来の身長を伸ばす手術、「イリザロフ法」と比べるとメリットが多いんです。

女性

身長が低いと高いところにあるものが取れなかったり、満員電車で周りの人に押しつぶされたりと何かと不便。

すらっとした高身長に憧れることもあります。

とはいえ、いまさら身長なんて伸ばせないし......と諦めかけていたとき、憧れの高身長を手に入れられる手術方法を知りました。

身長を伸ばす整形手術についてまとめた、「激痛!? 身長を伸ばす整形手術「イリザロフ法」と「ISKD法」の効果と実際」もオススメです。

身長を伸ばす整形手術「ISKD法」

カメラを持って悲しそうな顔をして振り返る女性

それが、ISKD法と呼ばれる手術法。

骨を切り、骨のなかに外部からの遠隔操作でのびる棒状の器具を埋め込み、磁力を使ってその器具を骨ごと伸ばすというものです。

ISKD法とイリザロフ法の違い

身長を計りながら正面を振り返る少女

実は、身長を伸ばす手術として一般的な手術法に「イリザロフ法」というものがあります。

「イリザロフ法」は骨をわざと折り、骨の「修復時に伸びる」という性質を利用して身長を伸ばしていくもの。

骨を損傷させる点では「ISKD法」も「イザロフ法」も変わりませんが、双方の違いは背を伸ばすプロセスにあります。

ISKD法のメリット

黒いドレスを着て正面を睨みつけている女性達

1. 感染症が少ない

「イリザロフ法」は「ISKD法」と異なりピンを外側から足に突き刺したまましばらく過ごさなければなりません。

そのためピンを刺してる部分の傷口が約25%の確率で感染症を引き起こしてしまうんです。

一方、「ISKD法」は器具をすべて埋め込んでしまうので感染症の心配がありません。

2. 痛みが少ない

「イリザロフ法」は足を延長する手術の際の痛みが強く続行が厳しくなってしまう人も多いのだとか。

私は病気で片足が短く10センチ延ばす予定だったのが痛みのあまり5センチで中断しました。
両足延ばすのであれば相当きついと思います。
先生に聞いた話なのですが、以前身長が低いためイリザロフ法をやった男性が泣いて1センチでやめたそうです。

出典:私は以前イリザロフ法で5センチ伸ばしました

その点「ISKD法」は器具を挿入してから、約1か月ほど痛みが続くものの、内側からじわじわ伸ばしていくため、骨を伸ばす際の痛みはそれほどひどくないようです。

3. 医師の技術に左右されない

大学病院ですら施術できる医師がほとんどいないと言われる「イリザロフ法」。 「イリザロフ法は」専門的な手技と豊富な経験が必要であるため技量のある医師でなければ行えません。

一方、「ISKD法」の手術はそれほど難しいものではなく、伸ばす際はリモコンを使って遠隔操作するだけなので、医師の技術に左右されることはありません。

4. 器具の安定性が高く骨延長期間のトラブルが少ない

「イリザロフ法」では骨延長期間に、しっかり固定されていないことなどが原因で、骨が変形してしまう恐れがありました。

しかし「ISKD法」は、器具を直接埋め込むため、骨が変形する心配がないんだとか。

ISKD法のデメリット

高いハイヒールを履いてミニスカートで遠くを指さしている女性

従来の「イリザロフ法」と比べると、メリットが多くみえる「ISKD法」。

とはいえ、「イリザロフ法」が開発されてから半世紀以上の歴史があり、症例も豊富で世界中で行われているのに対し、「ISKD法」はまだまだ歴史の浅い手術法。

また、伸ばせる骨の長さも「イリザロフ法」より約2センチ短く、5〜8センチ程度というのもデメリットのひとつかもしれません。

ISKD法のリスクや注意点

ベンチに座って遠くを見て考えごとしている女性

「ISKD法」を行うリスクは、運動能力が約80%まで落ちてしまうこと。

また、手術時の痛みも「イリザロフ法」ほどではないもののかなり痛く、リハビリも壮絶なものだとか。

また、症例が少ないため、合併症を起こしてしまった際の対処が円滑に行われない可能性もあります。

身長を伸ばすのは簡単ではないけれど......

「ISKD法」従来の「イリザロフ法」と比べれば、比較的手軽に身長を伸ばすことができますが、とはいえ激しい痛みなどリスクはまだまだあります。

もちろん、背が低いというコンプレックス解消には役立ちますが、施術に踏み切る前に、痛みや術後のリハビリに耐えられるのか、しっかり考えた方がよさそうです。

image via shatterstock

written by ポムポムゼリー

身長を伸ばす整形手術についてまとめた、「激痛!? 身長を伸ばす整形手術「イリザロフ法」と「ISKD法」の効果と実際」もオススメです。

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43840 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ