2018年03月02日 更新

ヒアルロン酸注入による隆鼻術とは?効果や失敗例、費用まとめ

ヒアルロン酸注入による隆鼻術とは、鼻にヒアルロン酸を注入することで鼻の形をととのえる治療です。鼻筋を通したり、鼻を高くしたり、わし鼻を改善する効果が期待できます。皮膚を切開しないためダウンタイムが短く、手軽な治療として人気があります。仕上がりが不本意な場合はヒアルロン酸溶解注射により、もとの状態にもどすことも可能です。

ヒアルロン酸は鼻に注入することで鼻筋を高くすることができます。

プロテーゼを入れることに抵抗のある人、気軽に変化を感じたい人は、ヒアルロン酸注入による隆鼻術がおすすめしです。

この記事では、ヒアルロン酸注入治療の特徴や効果、ヒアルロン酸注入による隆鼻術の詳細と、失敗例や注意点などについて解説します。

鼻の形がコンプレックスになっている人は、ぜひこの記事を参考にして、ヒアルロン酸注入による隆鼻術を検討してみてください。

目次

ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸は、人間の体内にもともと存在する物質です。体のさまざまな部位の細胞と細胞のあいだに存在しますが、目や関節、皮膚にとくに多く含まれます。

ヒアルロン酸の特徴は、そのすぐれた保水力。1グラムのヒアルロン酸は、約6リットルの水を保持するといわれています。

ヒアルロン酸は、人間の体内で水分を保持することで、その部位の弾力性やみずみずしさを維持したり、クッションのようなはたらきをしています。

しかし、体内のヒアルロン酸は、加齢とともに減少していきます。例えば大人の皮膚に含まれるヒアルロン酸の量は、赤ちゃんの皮膚の約20分の1であるといわれています。

このような効果から、ヒアルロン酸は美肌効果が期待できます。

化粧品に配合されていたり美容医療でも「ヒアルロン酸注入」として使用されていたりしています。

鼻のヒアルロン酸注入の効果

ヒアルロン酸注入による隆鼻術では、以下のような効果が期待できます。

  • 鼻が高くなる
  • 鼻筋が通る
  • わし鼻が目立たなくなる
  • 曲がっている鼻筋をまっすぐにする

一般にヒアルロン酸の注入が行われるのは、鼻のつけ根の部分である鼻根(びこん)部から、鼻筋にかけての部位です。

鼻先にはヒアルロン酸注入は適さない

ヒアルロン酸注入による隆鼻術では、鼻先の高さを出す施術は行わないクリニックが多いようです。

これは、鼻先には血管が多く走っているため、ヒアルロン酸注入により血流障害を起こすリスクが高いことが理由。

海外では、注入したヒアルロン酸の圧力で血流が阻害された結果、皮膚が壊死を起こした症例があります。

また、鼻先にヒアルロン酸を注入しても、きれいにとがった鼻先にはなりにくいことも理由のひとつです。ヒアルロン酸が鼻先で広がり、鼻先がふくらんだ団子鼻になることが多いためです。

これらの理由から、鼻先に高さを出したい場合は、ヒアルロン酸注入は適していないとされています。

鼻のヒアルロン酸注入の特徴

鼻の酸注入治療には、以下のような特徴があります。

即効性が期待できる

ヒアルロン酸は、注入直後から効果を発揮します。

ただし、注入直後は、注入部位に硬さなどの違和感を感じることも。注入から1週間ほどでヒアルロン酸が周囲の組織となじみ、違和感は消失します。

微調整が可能

ヒアルロン酸注入治療では、注入部位の状態を何度も確認しながら、少量ずつヒアルロン酸を注入していきます。

そのため、プロテーゼを挿入する治療とは異なり、施術部位の状態について微調整を行うことが可能です。

皮膚の切開が不要

ヒアルロン酸注入では、注射器によりヒアルロン酸を注入するため、皮膚の切開を必要としません。

そのため施術時間が短く、治療を手軽に受けることができます。

ダウンタイムが短い

ヒアルロン酸注入は、ダウンタイムがほぼないとされています。これは、皮膚の切開をともなわないためです。

ただし、注入部位に内出血が起こることがあります。この場合は、1〜2週間かけて内出血が消失していきます。

もとに戻すことができる

ヒアルロン酸注入は、治療結果が不本意である場合、もとに戻すことが可能であることです。

ヒアルロン酸の注入部位に、ヒアルロン酸分解酵素「ヒアルロニダーゼ」を注射することで、ヒアルロン酸を溶解させることができます。

鼻のヒアルロン酸注入の効果の持続期間

鼻に注入したヒアルロン酸の効果の持続期間は、一般には半年〜1年間であるとされています。

その後、ヒアルロン酸は2〜3年間かけて体内に徐々に吸収され、最終的には注入されたヒアルロン酸のほぼ全量がなくなります。

しかし、ヒアルロン酸の体内での吸収速度は、使用したヒアルロン酸の種類や、体質などによっても異なります。

長期持続型のヒアルロン酸は、通常のヒアルロン酸の2〜3倍の期間にわたり効果を発揮するとされています。

効果持続のために理想的なヒアルロン酸注入の間隔

ヒアルロン酸注入による隆鼻術の効果を持続させたい場合は、一定の期間をあけて、注入をくり返す必要があります。

ヒアルロン酸注入を行う間隔は、前回注入したヒアルロン酸の体内での吸収スピードにもよるため、個人差があります。

一般には、ヒアルロン酸注入による隆鼻術の効果は約1年間持続するとされるため、前回の注入から約1年後が、再注入の検討時期となります。

鼻のヒアルロン酸注入で起こりうる副作用と注意点

ヒアルロン酸注入による隆鼻術では、副作用が起こることはまれですが、可能性はゼロではありません。

ヒアルロン酸注入による隆鼻術で起こりうる副作用には、以下のような症状があります。

細菌感染

ヒアルロン酸を注射する際に細菌が皮膚内部に侵入し、感染症を起こしてしまうことがあります。

注射には滅菌済みの注射針がもちいられ、注入部位の十分に消毒が行われます。

しかし、皮膚表面や空気中には多くの細菌が存在するため、細菌が皮膚内部に侵入してしまうことがあります。

鼻へのヒアルロン酸注入後、腫れや炎症が数日経ってもおさまらない場合は感染をうたがい、施術を受けたクリニックを受診しましょう。

血流障害

鼻や目の周囲は、血管が多く存在する部位です。そのため、過度の量のヒアルロン酸を注入したり、血管を圧迫する位置にヒアルロン酸を注入すると、血流障害を起こすことがあります。

鼻や目の周囲で血流障害が起こると、重症の場合は視力の低下や失明、皮膚の壊死を招くことがあります。

鼻へのヒアルロン酸注入後、数時間後も痛みが治まらない場合や、皮膚の色に変化がある場合は、すぐに施術を受けたクリニックを受診しましょう。

アレルギー反応

ヒアルロン酸はもともと体内に存在する成分であるため、ヒアルロン酸注入ではアレルギー反応は起こらないとされています。

しかし、ヒアルロン酸製剤には麻酔薬などが配合されている場合があり、これらの成分がアレルギー反応を引き起こすことがあります。

ヒアルロン酸の注入後、注入部位が熱をもっていたり、痛みや腫れがなかなか引かない場合は、施術を受けたクリニックに相談してください。

アレルギー体質ではなかった人でも、ある日突然アレルギー反応が起こることがあります。

鼻のヒアルロン酸注入の失敗例

ヒアルロン酸注入による隆鼻術では、以下のような失敗例が起こる可能性があります。

しこりができる

一般には、ヒアルロン酸は注入から3〜4年で体内に完全に吸収されてなくなると考えられています。

しかし吸収速度には個人差があり、ときには完全には吸収されずしこりとなって残ってしまう場合があります。

狭い部位に大量のヒアルロン酸を注入した場合や、皮膚の浅い部位に注入した場合などに、しこりが形成されやすい傾向に。

また、低品質のヒアルロン酸製剤を使用した場合にも、しこりができてしまうことがあります。

皮膚がブヨブヨになる

ヒアルロン酸を注入した部位の皮膚が、ブヨブヨした質感になるケースがあるようです。

これは、ヒアルロン酸が体内で吸収されず、皮膚組織内に溜まったままになることが原因です。

ヒアルロン酸が体内で吸収されない現象の原因は、まだ解明されていません。

鼻筋が太くなる

鼻にヒアルロン酸を注入した結果、鼻筋が太くなってしまうことがあります。

これは、前回注入分のヒアルロン酸がまだ残っているうちに新しくヒアルロン酸注入をしてしまうと少しずつ太くなることがあります。

また、鼻へのヒアルロン酸の注入箇所が不適切だったり、過度な量を注入した場合、鼻筋が太くなることがあります。

凹凸ができる

ヒアルロン酸を注入した部位に、凹凸ができることがあります。

これは、ヒアルロン酸を狭い範囲に多量に注入した場合や、皮膚の浅い層に注入した場合などに起こります。

鼻のヒアルロン酸注入の修正治療

ヒアルロン酸注入による隆鼻術の失敗例の多くは、ヒアルロン酸溶解注射により修正が可能です。

ヒアルロン酸を分解する作用のある酵素「ヒアルロニダーゼ」を注射することで、ヒアルロン酸を溶解し、元に戻すことができます。

しかしヒアルロン酸は体内で吸収されていくため、凸凹やしこりが気になる場合でも自然と元に戻る場合もあるため、時間の経過を待って様子を見ることもあります。

ヒアルロン酸溶解注射の効果が出る時期

多くの場合、ヒアルロニダーゼの注射から1〜2日で、注入されていたヒアルロン酸のほぼ全量が溶解します。

鼻へのヒアルロン酸注入に対する修正治療の場合は、1回の注射で注入したヒアルロン酸の全量を溶解することができるケースがほとんどです。

ただし、長期持続型のヒアルロン酸を注入した場合や、注入から長期間が経っている場合には、ヒアルロン酸の溶解がむずかしい場合もあるようです。

鼻のヒアルロン酸注入施術の流れ

ヒアルロン酸注入による隆鼻術の施術は、以下のような流れに沿って行われます。

手順1:カウンセリング

カウンセリングでは、医師が患者の鼻を診察し、ヒアルロン酸注入により患者が希望する仕上がりの状態をつくり出すことが可能か否を判断します。

そしてヒアルロン酸注入施術が適応可能な場合は、治療のデザインを作成します。

手順2:施術当日の準備(麻酔とデザイン)

施術の予約日に来院し、洗顔してメイクを落とします。

ヒアルロン酸注入前に痛みを避けるために、麻酔クリーム麻酔テープを行います。麻酔が効くまで30分ほど待ちます。

治療デザインの最終確認につづいて、ヒアルロン酸の注入箇所にペンで印をつける「マーキング」が行われます。

手順3:ヒアルロン酸注入開始

麻酔が効いていることを確認したのち、患者が処置台に横になり、ヒアルロン酸注入が開始されます。

デザインに沿って、少しずつヒアルロン酸を注入していきます。

途中、患者が何度も起き上がり、鏡で鼻の状態を確認しながら、注入の微調整を行います。

注入に要する時間は、約10分間です。

ヒアルロン酸注入時の痛み

体験者の声によれば、麻酔が効いていても、ヒアルロン酸を注入する際には多少の痛みを感じることが多いようです。

あるいは、緊張のあまり、ヒアルロン酸が鼻の内部に入ってくる際の圧力を痛みと勘違いしてしまうこともあるようです。

手順4:施術終了

注入後、冷却材を注入箇所にあて、約10分間冷やす「アイシング」を行います。注入箇所を軽くマッサージするクリニックもあります。

患部にとくに異常がなければ、メイクをして帰宅できます。

納得のいく治療を受けるために大切なこと

ヒアルロン酸注入による隆鼻術は、手軽に受けることのできる治療。しかし紹介してきたように、失敗例も多く存在します。

以下に留意して治療を受けることが、治療の失敗を避けるために役立ちます。

高い技術をもった医師を選ぶ

ヒアルロン酸注入による隆鼻術の仕上がりは、医師の技術に大きく左右されます。

注入の技術だけでなく、注入部位や注入量を的確に判断できるデザイン能力も問われます。

知名度や料金の安さではなく、医師の評判を基準にして医師を選ぶと良いでしょう。

ヒアルロン酸製剤の種類を明示しているクリニックを選ぶ

ヒアルロン酸注入による隆鼻術の失敗例には、不適切な種類のヒアルロン酸の使用から起こるものがあります。

ヒアルロン酸製剤は、体のそれぞれの部位に適した種類が存在します。

しかしコストを低減する目的で、体のほかの部位に適したヒアルロン酸を鼻に使用しているクリニックもあるようです。

鼻に注入するヒアルロン酸製剤の種類を明示しているクリニックを選ぶことで、この種の失敗例を回避できます。

良心的なクリニックは、ウェブサイトにヒアルロン酸製剤の種類を明示しているか、カウンセリング時に質問すると回答してくれるでしょう。

料金が安すぎるクリニックは避ける

ヒアルロン酸注入による隆鼻術を受けるクリニックや医師を選ぶ際は、料金が安すぎるクリニックは避けたほうが良いでしょう。

安価な料金を設定しているクリニックは、正式に承認されていないヒアルロン酸を使用していることがあります。

もちろん企業努力によって安価が実現できるところもあります。どのような理由で料金が安いのかをクリニックに確認してみても良いかもしれません。

鼻のヒアルロン酸注入の費用相場

ヒアルロン酸注入治療では、クリニックにより、料金設定の方法が異なります。

ヒアルロン酸1本(1cc)の買い取り制と、1回の施術での使用量を0.1㏄単位で支払う形式の料金設定にわかれます。

1本(1cc)買い取り制の場合は、ヒアルロン酸1本の料金に施術料金が加算される場合と、ヒアルロン酸の料金に施術料金も含まれる場合にわかれます。

また、ヒアルロン酸の種類によっても価格が異なります。

複数院を展開している大手クリニック5軒の料金を調べたところ、全5軒が買い取り制を採用。

最低料金は12,000円、最高料金は80,000円、平均額は46,680円という結果に。

ヒアルロン酸注入による隆鼻術の料金は、5万円以下ほどで受けることができると考えることができます。

鼻のヒアルロン酸注入まとめ

:)まとめ

  • 鼻にヒアルロン酸注入をすることで鼻筋を高くすることができる
  • 鼻先をヒアルロン酸注入で高くすることはできない
  • ヒアルロン酸注入の効果は半年〜1年ほど継続する
  • ヒアルロン酸注入は即効性が期待できる
  • ヒアルロン酸注入は治療中でも微調整が可能
  • ヒアルロン酸注入は皮膚の切開は不要
  • ヒアルロン酸注入がダウンタイムがほとんどない
  • ヒアルロン酸注入は溶解剤を注入すれば元に戻すことができる
  • ヒアルロン酸注入には副作用が起こる可能制もある
  • ヒアルロン酸注入には失敗のリスクもある
  • 鼻へのヒアルロン酸注入は5万円以下で行えるクリニックが多い

ヒアルロン酸注射隆鼻術の施術を受けられるクリニック

  • 福岡西鉄天神大牟田線福岡駅「南口」より徒歩約5分
  • 鼻筋ヒアルロン酸初回 46,000円

品川スキンクリニック 福岡院の詳細

ヒアルロン酸注入隆鼻術の施術を受けられるクリニックを探す

医師・薬剤師・その他医療関係者の方へ

より正確な医療情報を発信するためにも、医師の監修を経て誤りがないよう万全を期しておりますが、もし誤りとお考えになる情報があった場合には、ご指摘いただけますと幸いです。社内で確認の上、必要な対応をさせていただきます。

医療・薬剤に関する情報の指摘

その他記事へのお問い合わせ

この記事のライター

口コミ・費用明細投稿

クリニックに行こうか悩んでいる人が、
あなたの体験を必要としています。

口コミ・費用明細を投稿する

投稿でamazonギフト券プレゼント!

本日のアクセスランキング

ピックアップクリニック

注目の医師

サイトメニュー