「団子鼻」の解消に効果的な鼻尖形成「鼻尖縮小術」とは?

団子鼻の原因には、皮膚や脂肪の厚み、左右の鼻翼軟骨の発達などがあり、鼻先の大きさを縮小する手術「鼻尖縮小術」で改善が期待できます。鼻尖縮小術は脂肪や軟部組織を除去し、左右の鼻翼軟骨を中央に寄せて縫合するなどの処置が行われます。希望する鼻の形になるためには鼻尖縮小術に熟練している医師の治療を受けることが重要です。

団子鼻は、日本人に多い鼻の形であるといわれています。

愛嬌のある鼻の形ではあるものの、団子鼻をコンプレックスに思い、整形手術を考えている人も多いかもしれません。

団子鼻を解消する整形手術は「鼻尖(びせん)形成術」と呼ばれます。鼻尖とは、鼻先のことです。

なかでも、効果が高いとされているのが「鼻尖(びせん)縮小術」という手術です。

この記事では、鼻尖縮小術の術式や効果、リスクや手術の流れなどについて解説します。

団子鼻を解消したいと思っている人は、ぜひこの記事を参考にしてください。

目次

団子鼻とは

団子鼻とは、鼻先が団子のようにぽってりと丸く、横方向に広がっている形状のことをさします。

団子鼻の場合、鼻が大きく重く見え、顔全体があか抜けない印象を与える原因となってしまいます。

反対に鼻先がツンととがった鼻は、洗練された、大人っぽい印象をあたえます。

団子鼻になる3つの原因

団子鼻になる原因には、主に以下の3つの要素があるといわれています。

多くの場合、以下のうち1つだけではなく、複数の原因が関与して団子鼻になっていると考えられています。

  • 皮膚の厚み
  • 脂肪の厚み
  • 左右の鼻翼(びよく)軟骨が大きく発達している
  • 左右の鼻翼軟骨どうしが離れているため、鼻先が横方向へ広がっている

日本人の団子鼻に多く見られるのは、鼻翼軟骨の上についている脂肪が厚く、かつ皮膚も厚いケースであるといわれています。

鼻翼軟骨とは、鼻先部分の左右に1つずつある軟骨です。

鼻翼軟骨が大きく発達している場合は、その大きさにより鼻先のボリュームが大きくなるため、団子鼻になります。しかし、鼻翼軟骨が小さすぎる場合も団子鼻の原因に。

鼻翼軟骨が小さかったり、左右の鼻翼軟骨の位置が離れている場合も鼻先が横方向へ広がるため、団子鼻になります。

団子鼻の改善が期待できる鼻尖形成手術「鼻尖縮小術」とは

団子鼻は、鼻先の大きさを縮小する手術「鼻尖(びせん)縮小術」により、改善効果が期待できます。

鼻尖縮小術は、鼻先の形を細くする整形手術です。よく混同されがちですが、鼻先の高さを出す整形手術とは異なります。

鼻尖縮小術では、団子鼻の原因により、以下のように治療法が異なります。

団子鼻の原因が脂肪の厚みや左右の鼻翼軟骨の離れである

団子鼻の原因が脂肪の厚みや、左右の鼻翼軟骨が離れていることである場合は、以下の順番で処置を行います。

  1. 両側の鼻の穴の内部を切開し、鼻先の余分な脂肪や軟部組織を切除する
  2. 鼻翼軟骨の一部を切除する
  3. 左右の鼻翼軟骨を縫合して中央に寄せる
  4. 鼻先に高さも出したい場合は、1で除去した軟部組織や、耳の穴のなかや耳の後ろから採取した「耳介(じかい)軟骨」を鼻先に移植する

鼻先から除去した軟部組織を再度鼻先に移植することには、左右の鼻翼軟骨を中央に寄せて鼻先の形をととのえてから、高さを出す目的があります。

耳介軟骨は移植された鼻先で残りますが、軟部組織を移植した場合は、その一部が体内に吸収され、残りの軟部組織が生着するとされています。

:)軟部組織とは?

軟部組織とは、心臓と骨格以外の支持組織のこと。「結合組織」と「末梢神経組織」にわかれます。

結合組織とは、靭帯や腱、筋膜や皮膚、線維組織や脂肪組織などを指し、末梢神経組織とは、血管や横紋筋、平滑筋や末梢神経組織を指します。

団子鼻の原因が皮膚の厚みである場合

皮膚の厚みが原因の団子鼻の場合は、余分な皮膚と皮膚組織を除去します。皮膚組織は鼻の表面側に位置するため、オープン法にて手術が行われます。

鼻尖縮小術の切開方式の違い:オープン法とクローズ法

鼻の穴の内部を切開する術式は「クローズ法」と呼ばれます。クローズ法では、顔の表面に傷あとが残りません。

一方、鼻先の表面の皮膚を縦方向に切開する術式は「オープン法」と呼ばれます。この場合、鼻先に縦1本線の傷あとが残ります。

脂肪の厚みや、左右の鼻翼軟骨の発達や離れが原因の団子鼻の場合は、クローズ法にて手術が行われます。

ただし、複雑な処置が必要となる場合は、手術中により広い視野を確保する必要から、オープン法が採用されることもあるようです。

鼻尖縮小術のダウンタイム

鼻尖縮小術の手術後には、鼻にギプスやテーピングを装着して固定します。

ギプスやテーピングは、腫れを最小限に抑えると同時に、細く整えた鼻先の形を固定する目的があり、美しい仕上がりのために重要な処置です。

ギプスやテーピングの装着期間は医師の方針や術式などにより異なりますが、3日~7日間であることが多いようです。

手術後のダウンタイムには、腫れや痛み、むくみ、場合によっては内出血が起こることがあります。

ただし、鼻先の皮膚はほかの部位の皮膚に比べて厚く硬いため、大きな腫れやむくみが起こることは少ないようです。

内出血が起こった場合も、皮膚が黄色く変色する程度であることが多く、1〜2週間で消失していきます。

個人差はありますが、手術から約1週間が経過する頃には主な腫れやむくみ、内出血が引いていることが多いようです。

ただし、むくみが完全に引いて治療が完成するのは、手術から3~6か月後です。

鼻尖縮小術の術後の生活制限

鼻尖縮小術の術後のダウンタイムには、以下のような生活制限があります。

  • シャワー浴:手術当日から可能(ギプスやテーピングが濡れないように注意)
  • 入浴:術後約1週間は控える
  • シャンプー:手術当日から可能(ギプスやテーピングが濡れないように注意
  • 洗顔:ギプスやテーピングを装着期間中は洗顔は控え、顔をふくにとどめる
  • メイク:手術当日から可能(クレンジンング時、ギプスやテーピングが濡れないように注意)
  • 鼻をかむ行為:ギプスやテーピングを装着している間は控える
  • 運動:術後1週間頃から軽い運動可
  • マッサージ:鼻の周囲は手術から約1か月間は控える
  • 鼻に力がかかる行為:術後1週間はとくに注意して避ける。術後6か月頃まで注意が必要

鼻尖縮小術の術後、治療が完成するまでの6か月ほどの間は、鼻に強い力がかからないように注意する必要があります。

術後約1週間はとくに注意して、うつ伏せで寝たり、鼻をこすったり、鼻をかむ行為は避け、鼻水はやさしくふき取りましょう。

鼻尖縮小術にともなうリスクや注意点

鼻尖縮小術を受ける際は、「鼻尖縮小術に熟練している医師の治療を受けることが重要」です。

鼻尖縮小術には「希望していた形の鼻に仕上がらない」というリスクがともないます。鼻尖縮小術を受けた結果、不本意な形の鼻先になってしまい、修正治療を受けた人も存在するのが実情です。

これは、鼻の状態に適さない術式の鼻尖縮小術を行った場合に起こりやすいリスクです。

したがって、手術自体の技術が高いことはもちろん、適切な術式を選択する能力のある医師を選ぶことが重要です。

鼻尖縮小術で起こりうるリスクには、以下のような症状が挙げられます。

パロットノーズ変形

鼻尖縮小術の手術後、鼻先が不自然に盛りあがってしまうことがあります。

この症状は「パロットノーズ変形」または「ポリービーク変形」と呼ばれます。

パロットノーズとは英語で「オウム鼻」、ポリービークは「オウムのくちばし」という意味です。

パロットノーズ(ポリービーク)変形では、鼻を正面から見ると正常に見えますが、横からみると鼻先が不自然に盛りあがって見えます。

これは、左右の鼻翼軟骨が離れていないにもかかわらず、鼻翼軟骨を中央に寄せて縫合した際などに起こりやすい症状です。鼻先の皮膚が中央へ寄せられて、盛りあがることが原因です。

パロットノーズ変形の修正治療

パロットノーズ(ポリービーク)変形が起こった場合は、オープン法により、盛りあがっている部分の皮膚の切除を行います。

切開した部分に傷あとが残りますが、時間が経つと目立たなくなり、メイクでカバーすればわからない程度にまで治癒します。

また、鼻筋にヒアルロン酸を注入したり、プロテーゼを挿入したりすることで、盛りあがった鼻先との段差をなくす治療法もあります。

アップノーズ

鼻尖縮小術により、アップノーズになってしまうことがあります。アップノーズとは、鼻先がツンと上を向いた状態のこと。

軽度のアップノーズは愛らしい印象をあたえますが、重度の場合は正面から鼻の穴が見えてしまう「ブタ鼻」になってしまうこともあります。

アップノーズは、左右の鼻翼軟骨を中央に寄せて縫合する際、強く寄せすぎると鼻先が上方向に引っぱられることで起こります。

アップノーズの修正治療

鼻尖縮小術によりアップノーズになってしまった場合は、鼻先への耳介軟骨移植により、鼻先を下方向へ向けることで修正を行います。

ピンチノーズ

鼻尖縮小術では、「ピンチノーズ」と呼ばれる形の鼻になってしまうリスクもあります。

ピンチノーズとは、鼻先を洗濯バサミでつまんだような形状の鼻のこと。鼻筋の太さと比べてて、鼻先が不自然に細くなっている鼻を指します。

ピンチノーズも、左右の鼻翼軟骨を中央に過度に強く寄せて縫合することで起こります。

また、術後にギプスで鼻を固定する際に、過度に強く圧迫した場合にも起こります。

ピンチノーズの修正治療

鼻尖縮小術でピンチノーズが起こった場合は、中央へ過度に強く寄せた鼻翼軟骨をいちど剥離します。

その後、鼻翼軟骨を再度、こんどは適度に中央へ寄せて縫合する修正治療が行われます。

鼻尖縮小手術の流れ

クリニックや医師により細かな違いはありますが、鼻尖縮小の手術は、一般に以下のような流れに沿って行われます。

手順1:カウンセリング

カウンセリングでは、医師が患者の鼻を診察し、団子鼻の解消に鼻尖縮小術が適しているか否かを判断します。

後述するように、団子鼻の解消には、鼻尖縮小術のほかにも治療法が存在します。そのため医師は、患者の鼻の状態にとって最適な治療法を提案します。

鼻尖縮小術が適用可能な場合は、コンピューターを使って仕上がりの鼻の状態をシミュレーションし、形成する鼻のデザインを作成します。

鼻尖縮小術の治療内容の詳細が医師より患者に説明され、治療費の見積もりも提示されます。

手順2:施術当日の準備(麻酔とデザイン)

手術の予約日に来院し、受付で手続きを行い、洗顔してメイクを落とします。

メイクを落としたら最初に患部に麻酔クリームを塗布します。これは、局所麻酔の注射の痛みを和らげるための処置です。

麻酔クリームが効果を発揮するのを待つ間に、医師が患者と一緒に治療デザインの最終確認を行います。

その後、医師が鼻にマーカーで切開位置などの印をつける「マーキング」を行います。

続いて、注射により局所麻酔を行います。

局所麻酔ではなく、眠った状態になる静脈麻酔を使用するクリニックもあります。静脈麻酔では、患者は吸入開始後すぐに眠りに落ちます。

手順3:手術開始

麻酔が効いていることを確認したのち、手術が開始されます。

鼻の内部の皮膚を2センチほど切開し、脂肪や軟部組織、鼻翼軟骨の切除、鼻翼軟骨の縫合などの処置が行われます。

手術の所要時間は、約1時間ほどです。

手順4:手術終了

手術が終了すると、鼻の穴には綿で作った鼻栓が詰められ、鼻の外側にはテーピングやギプスが装着されています。

その後、術後の腫れを最小限におさえる目的で、冷却材で患部を約10分間ほど冷やすアイシングを行います。アイシング後、患部に異常がなければ帰宅できます。

帰宅時には、鼻をマスクですっぽり覆うことでギプスやテーピングを隠すことができます。

手順5:ギプスやテーピング抜去と抜糸

手術から約1週間後に来院します。

ギプスやテーピングを抜去すると同時に、抜糸を行います。縫合に体内で溶けて吸収される糸が使われた場合は、抜糸は不要です。

術後の通院は、このとき1回のみで済むケースが多いようです。

※手術の手順や麻酔、来院回数などはクリニックによって異なります。

鼻尖縮小の整形手術にかかる費用の相場

鼻尖縮小の整形手術にかかる費用の相場を知るため、複数院を展開している大手クリニック5軒の鼻尖縮小手術の料金を調べました。

この結果、5軒の鼻尖縮小術の料金の平均は327,922円という結果になりました。なお、最低料金は178,871円、最高料金は420,000円となっています。

そのため、鼻尖縮小術は約30万円ほどで行えるクリニックが多いとわかります。

ただし、クリニックにより「手術料金」に麻酔料金や処方薬の料金なども含む場合と、含まない場合があります。

団子鼻の改善が期待できる鼻尖縮小術以外の治療法

団子鼻の改善には、鼻尖縮小術以外の治療法も存在します。これらはどちらも皮膚を切開しない治療ですが、メリットとデメリットがあります。

脂肪溶解注射

団子鼻の原因が脂肪の厚みである場合は、脂肪溶解注射により脂肪を除去する治療で改善が期待できます。

顔への脂肪溶解注射では、顔専用のさまざまな種類の薬剤が使われます。なかでも、植物由来成分が主成分の「BNLS」という薬剤が使われる場合が多いようです。

メリット

脂肪溶解注射による団子鼻治療のメリットは、皮膚を切開しないため、腫れが少ないこと。ギプスやテーピングの装着も必要ありません。

また、1回あたり数千円ほどで行えるクリニックも多く、費用も安価になります。

デメリット

脂肪溶解注射による団子鼻治療のデメリットは、効果があらわれるまでに時間がかかることです。また、切開を要する手術のように劇的な変化は望めません。

脂肪溶解注射では、脂肪が分解され、代謝されて尿や汗とともに体外に排出されるため、効果が実感できるまでに2〜3か月を要します。

さらに、効果を得るためには数回の治療が必要になります。1〜2週間の間隔をあけながら、合計3〜5回の注射を受けるケースが多いようです。

切らない鼻尖縮小術

団子鼻の原因が、左右の鼻翼軟骨どうしが離れていることである場合は「切らない鼻尖縮小術」と呼ばれる治療法が適用可能です。

切らない鼻尖縮小術では、鼻の表面から左右の鼻翼軟骨それぞれに糸を通し、糸を締めることで左右の鼻翼軟骨を中央へ寄せます。糸の結び目は、皮膚内部に埋没させます。

メリット

切らない鼻尖縮小術のメリットも、皮膚を切開しないためにダウンタイムが短く、ギプスやテーピングが必要ないことです。

また、仕上がりの状態が不本意なものである場合、糸を抜去すれば元の状態に戻すことも可能です。

デメリット

切らない鼻尖縮小術では、脂肪や軟部組織の除去は行わないため、鼻尖縮小術に比べると効果は少なくなります。

また、効果は半永久ではなく数か月で元の状態に戻ってしまいます。また、糸が感染源となって感染症が起こるリスクもあるようです。

そのため、切らない鼻尖縮小術は、医師の間でも賛否がわかれているのが実情です。

鼻尖縮小術まとめ

  • 団子鼻とは鼻先が団子のようにぽってりと丸く横方向に広がっている形状
  • 団子鼻の改善には「鼻尖縮小術」がおすすめ
  • 鼻尖縮小術は団子鼻の原因によって手術方法が異なる
  • 鼻尖縮小術のダウンタイムは3〜7日ほど、内出血が起きた場合は1〜2週間で消失
  • 鼻尖縮小術では「希望していた形の鼻に仕上がらない」といったリスクもある
  • 鼻尖縮小術は約30万円ほどで行えるクリニックが多い
  • 切開を伴わない手術では「脂肪溶解注射」や「切らない鼻尖縮小術」がある

団子鼻解消・鼻尖縮小の施術を受けられるクリニック

  • 大阪御堂筋線 心斎橋 駅より徒歩4分
  • 切らない鼻中隔延長 5本135,000円

湘南美容外科クリニックの詳細

  • 福岡西鉄福岡天神駅より徒歩5分
  • 鼻尖形成(耳介軟骨移植)300,000円

聖心美容外科 福岡院の詳細

鼻尖縮小(団子鼻解消・鼻尖形成)の施術を受けられるクリニックを探す

医師・薬剤師・その他医療関係者の方へ

より正確な医療情報を発信するためにも、医師の監修を経て誤りがないよう万全を期しておりますが、もし誤りとお考えになる情報があった場合には、ご指摘いただけますと幸いです。社内で確認の上、必要な対応をさせていただきます。

医療・薬剤に関する情報の指摘

その他記事へのお問い合わせ

この記事のライター

口コミ・費用明細投稿

クリニックに行こうか悩んでいる人が、
あなたの体験を必要としています。

口コミ・費用明細を投稿する

投稿でamazonギフト券プレゼント!

ピックアップクリニック

サイトメニュー