ブタ鼻の改善が目指せる!鼻先を伸ばす鼻中隔延長術とは

鼻中隔延長術とは、鼻先に軟骨を移植して、鼻先の長さを延長する整形手術です。鼻先が上を向いた、いわゆる「ブタ鼻」の解消効果が期待できます。移植に使う軟骨は、耳介軟骨や鼻中隔軟骨、肋軟骨を患者の体から採取します。鼻中隔延長術は難易度の高い手術であるため、治療を受ける医師を慎重に選ぶことが重要です。

鼻先が上方向を向いている「ブタ鼻」は、マッサージなどのセルフケアでは解消できないコンプレックスのひとつです。

この場合、鼻先を延長する整形手術である「鼻中隔延長術」により、改善が期待できます。

しかし鼻中隔延長術を受けるにあたっては、留意しておきたい注意点もあります。

そこでこの記事では、鼻中隔延長術の内容や注意点、手術の流れなどについて解説します。

ブタ鼻の解消方法を探している人は、選択肢のひとつとして、ぜひ参考にしてください。

目次

鼻中隔(びちゅうかく)延長術とは

鼻中隔(びちゅうかく)延長術とは、鼻先の長さを延長することで、いわゆる「ブタ鼻」の解消効果が期待できる整形手術です。

鼻中隔延長術では、鼻先に軟骨を移植することで鼻先の長さを延長します。

ブタ鼻になる原因

ブタ鼻とは、鼻先の長さが短く、鼻先が上方向を向いているため、顔を正面から見たときに鼻の穴が見えている状態のことです。

鼻の中央には「鼻中隔軟骨」という軟骨があり、左右の鼻の穴をへだてる壁となっています。

この鼻中隔軟骨の発達が弱く、鼻中隔軟骨の大きさが標準より小さい場合に、鼻先が上を向いた「ブタ鼻」や、鼻先の高さが低い鼻になるのです。

そのため、鼻中隔軟骨に軟骨を移植して鼻先を前方や下方向、斜め下方向へと延長することで、ブタ鼻や低い鼻の改善が期待できます。

鼻中隔延長術で改善が期待できる鼻

鼻中隔延長術で改善が期待できるのは、ブタ鼻だけではありません。以下のようなケースでも、改善効果が期待できます。

  • 鼻先が上を向いている
  • 正面から顔を見たときに鼻の穴が見えている
  • 鼻先の高さが低い
  • 鼻先の形が丸い
  • 鼻全体の大きさが小さい
  • 鼻全体の長さが短い
  • L型プロテーゼを使った隆鼻術を受けた結果、鼻先が上を向いてしまった
  • 鼻下(鼻と上唇のあいだ)の長さが長い

鼻中隔延長術の2つの手術方法

鼻中隔延長術には、以下の2つの手術方法があります。

  1. クローズ法:鼻の内部を切開
  2. オープン法:鼻の内部に加え、鼻柱(鼻の左右の穴を分けている部分)も切開

鼻中隔延長術では、オープン法を採用しているクリニックが多いようです。

移植する軟骨の大きさや方向、鼻の左右のバランスなどを微調整するためには、手術中に広い視野を確保する必要があるためです。

鼻中隔延長術で使用する軟骨の種類

鼻中隔延長術では、鼻中隔軟骨に、体のほかの部位から採取した軟骨を縫合して固定します。このとき使用する軟骨には、おもに以下の3種類があります。

  1. 耳介(じかい)軟骨
  2. 鼻中隔軟骨
  3. 肋軟骨(ろくなんこつ)

鼻中隔延長術で移植する軟骨は、延長した鼻中隔を生涯にわたり支えつづけるだけの強度が必要になります。

しかし、厚みのある軟骨を使用すると鼻先が厚くなってしまい、団子鼻になってしまうことも。

したがって、鼻中隔延長術で移植する軟骨は、うすくて硬く、鼻中隔を延長できる十分な大きさがある必要があります。

それぞれの種類の軟骨には、以下のような特色があります。

鼻中隔延長術で使用する軟骨1:耳介軟骨

鼻中隔延長術では、耳介(じかい)軟骨を使用するケースがもっとも多いとされています。

耳介軟骨とは、耳のうち、頭部より外側に出ている部分「耳介」の軟骨のことです。

耳介軟骨の採取により、耳が変形したり、耳の機能に障害が出たりすることはありません。

鼻先を延長する程度により、必要な軟骨の量が異なります。また、患者の耳の大きさにより、採取可能な軟骨の量が限定されます。

そのため、 片耳からの採取で済む場合と、両耳から採取する場合があります。

採取後は、耳の裏側にできた傷口をガーゼで約1週間ほど保護します。

メリットとデメリット

鼻中隔延長術で耳介軟骨を使用するケースが多い理由は、技術的に、耳介からの軟骨の採取が簡単であるためです。耳介の裏の皮膚を2センチほど切開して軟骨を採取するため、傷あとが目立たないメリットがあります。

しかし、耳介軟骨は弾力に富むため、鼻先が変形してしまうリスクがともないます。

鼻中隔延長術で使用する軟骨2:鼻中隔軟骨

鼻中隔延長術では、鼻中隔軟骨の奥の部分を一部分採取して使用する場合があります。

ただし、鼻中隔軟骨はある程度の量を残しておかなければ鼻を支える力が弱くなり、鼻が陥没するなどのリスクが生じます。

そのため、必要な軟骨の量が少量である場合や、耳介軟骨が採取済みで使用できない場合などに鼻中隔軟骨が選択されることがあるようです。

メリットとデメリット

鼻中隔軟骨はうすくて硬く、鼻中隔の延長にもっとも適しているとされます。

しかし鼻中隔軟骨の採取は技術的に困難であり、ある程度の量を残す必要から、十分量を採取できないことも珍しくありません。そのため、鼻中隔軟骨を採取して使用するケースは少ないようです。

鼻中隔軟骨を使用するメリットは、鼻と異なる部位に傷あとが残らない点です。

鼻中隔延長術で使用する軟骨3:肋軟骨

鼻中隔延長術では、肋軟骨(ろくなんこつ)を採取して使用することもあります。肋軟骨は、胸骨(きょうこつ)と肋骨を結合する軟骨です。

胸骨は、胸の部分を上下に走っている骨。ちょうどネクタイが垂れる位置の部位にあります。

肋軟骨のうち、上から7番目の肋骨を胸骨と結合する肋軟骨がもっとも大きいため、鼻中隔延長術では7番目の肋軟骨を採取します。

そのため肋軟骨の採取では、女性の場合は乳房のすぐ下の部位、男性は乳首より数センチ下の部位を約3センチ切開します。

メリットとデメリット

肋軟骨にはしっかりとした強度と大きさがあるため、十分な量を採取できるメリットがあります。

そのため、鼻先を大きく延長したい場合に肋軟骨が使用されます。

一方、傷あとは治癒すれば目立たなくなりますが、完全に消えることはない点がデメリット。また肋軟骨には、加齢にしたがい硬くなっていく性質があるため、患者の年齢によっては使用できないことがあります。

鼻中隔延長術で補助的に使用する軟骨の種類

耳や鼻中隔、肋軟骨から採取した軟骨では、鼻中隔を支えるための強度や量が不十分なことがあります。このような場合には、以下の種類の軟骨が補助的に使用されます。

  1. 保存軟骨
  2. PDSプレート

それぞれの種類の軟骨には、以下のような特色があります。

鼻中隔延長術で補助的に使用する軟骨1: 保存軟骨

鼻中隔延長術で補助的に使用する軟骨のひとつに「保存軟骨」があります。

保存軟骨とは、豚や人間の死体から採取した軟骨です。

軟骨中の細胞成分は除去済みであるため、感染症や拒絶反応などのリスクはないとされますが、完全には否定できないと考える医師もいます。


また移植後、長い年月が経つと体内で吸収される可能性や、長年使用することに問題があるのではないかなど指摘する声もあるようです。

鼻中隔延長術で補助的に使用する軟骨2:PDSプレート

鼻中隔延長術では、「PDSプレート」という素材が軟骨の補助として使用されることがあります。PDSとは、「ポリジオキサノン(Polidiossanone)」の略で、生分解性ポリマーの一種です。

PDSは人間の体内で徐々に吸収され、最終的にはなくなります。医療用の縫合糸のうち、いわゆる「溶ける糸」にはPDSが使われています。

このPDSでできたプレートを、患者の体から採取した軟骨に重ねて補強し、鼻先へ移植することがあります。

PDSプレートは、移植から約半年が経過すると、体内で溶けてなくなります。そのため、移植軟骨が鼻先を支える力が弱まり、時間の経過とともに鼻先の形状が変形するリスクがあるようです。

鼻中隔延長術のダウンタイム

個人差はありますが、鼻中隔延長術のダウンタイムは約1週間であるとされています。

鼻中隔延長術の術後には、腫れや内出血が起こります。腫れが出る部位は鼻先が中心で、目のまわりまでおよぶことは少ないようです。

鼻中隔延長術の術後には、3日〜1週間ほど鼻をテーピングやギプスで固定します。

術後1週間〜10日頃に抜糸が行われ、テーピングやギプスも除去されます。この時点で、大きな腫れや内出血は引いていることが多いようです。

そのため、術後1週間ほど学校や仕事を休む人が多いようです。

鼻中隔延長術の術後の生活制限

鼻中隔延長術の術後には、以下のような生活制限を守る必要があります。これらの生活制限には、術後の腫れや内出血の悪化をふせぎ、傷の早期治癒をうながす目的があります。

  • シャワー浴:首から下のみ、手術当日から可能
  • 入浴:術後約1週間は控える
  • シャンプー:ギプスやテーピングが濡れないよう注意し、手術当日から可能
  • 洗顔:ギプスやテーピングを装着期間中は水洗顔は控え、顔をふくにとどめる
  • メイク:手術当日から可能(クレンジング時にギプスやテーピングが濡れないように注意)
  • 鼻をかむ行為:ギプスやテーピング装着期間中は控え、鼻水はふき取る
  • 運動:術後1週間頃から軽い運動可
  • マッサージ:鼻の周囲は手術から約1か月間は控える
  • 鼻に力がかかる行為:術後6か月頃まではなるべく避ける、術後1週間はとくに注意

※生活制限の正確な期間は医師の方針や術式などにより異なります。クリニックの指示にしたがってください。

鼻中隔延長術の失敗例

鼻中隔延長術は難易度の高い手術であり、鼻先の微調整により、顔の印象が大きく変わる治療法です。

そのため、治療が失敗という結果になったり、不本意な仕上がりがになってしまうこともあるようです。鼻中隔延長術の代表的な失敗例には、以下のようなケースが考えられます。

失敗例1:鼻先が曲がってしまった

鼻中隔延長術を受けてしばらく経つと、鼻先が曲がってしまうことがあります。この現象には、以下のような複数の原因が考えられます。

  • 曲がった軟骨を鼻中隔に移植した
  • 耳介軟骨を移植した
  • 鼻中隔の延長幅が大きかった
  • 過去に鼻の整形手術を受けている

耳介軟骨は弾力性に富むため、より硬い鼻中隔軟骨や肋軟骨を使用する場合にくらべ、鼻先が曲がりやすい傾向にあります。

また、鼻中隔の延長幅が大きいとき、鼻先の皮膚は伸ばされ、常に力がかかっている状態になります。力がかかった皮膚は、延長された鼻中隔を反対方向へと押し戻そうとし、移植軟骨の強度が不足している場合、皮膚が押す力に負けて曲がってしまいます。

さらに、過去に受けた鼻の整形手術の影響で鼻先の軟骨が変形していたり、鼻内部の粘膜が硬化していたりすることがあります。

鼻の片側のみにこれらの変化が起こっている場合に鼻中隔延長術を行ったとき、鼻先が片側に引っぱられる結果、曲がりやすくなります。

失敗例2:鼻先の移植軟骨が透けて見える

鼻中隔延長術を受けたのち、移植した軟骨の輪郭が浮き出て見える不自然な鼻になることもあります。この現象は、鼻先の長さを過度に延長した場合に起こります。

鼻先の皮膚や粘膜が伸びる限界を超える大きさの軟骨を鼻先に移植すると、鼻先の皮膚がつねに引き伸ばされている状態に。

この結果、鼻先の皮膚が徐々にうすくなっていき、移植した軟骨が透けて見えたり、移植軟骨の形がボコッと突出して見えるようになります。

失敗例3:鼻先が過度に延長されてしまった

鼻中隔延長術を受けたのち、「鼻先が過度に延長されてしまった」と感じる人がいます。

このケースには、医師が鼻先を延長しすぎた場合と、医師は患者の希望通りに処置したものの、患者が気に入らなかった場合の2通りがあります。

また、鼻先を延長する方向が不適当であった場合にも、鼻が大きく見える仕上がりになることがあります。

たとえば、鼻先を下方向へ延長するべきところを、前方向に延長してしまうと、鼻が大きく見えることがあります。

失敗例4:鼻先の延長が足りない

鼻中隔延長術では、患者が希望していたほどには鼻先を延長できないこともあります。

この失敗例の原因として多いのは、希望する鼻先の延長幅に見合う大きさの軟骨を採取できなかったケースです。

耳介や鼻中隔など、複数の部位から軟骨を採取し、重ねあわせて使用することもありますが、それでも大きさが不十分であるケースもあります。

失敗例5:鼻の穴に左右差ができてしまった

鼻中隔延長術の結果、鼻の穴の大きさや形状に左右差ができてしまうことがあります。

これは、もともと鼻に左右差があったり、鼻中隔が左右どちらかにかたむいていたことが原因と考えられます。

また、鼻先が曲がる失敗例と同じく、過去に受けた鼻の整形手術の影響も考えられます。

失敗例6:鼻づまりが起きるようになった

鼻中隔延長術の術後1〜2週間は、ほとんどのケースで鼻づまりが起こります。これは、手術の影響で鼻内部の粘膜が腫れているためです。

しかし粘膜の腫れが引いたあとも、鼻づまりが治らないケースがあります。

鼻中隔に軟骨を移植すると、鼻中隔が以前よりも太くなるため、鼻の穴が多少せまくなります。呼吸に差し支えが出るほど、鼻の穴がせまくなることはまれです。しかし、以前との呼吸のしやすさの違いを感じる人は多いようです。

また、大きな軟骨を移植したり、移植軟骨が曲がった場合は鼻呼吸がしづらくなることがあるようです。  

鼻中隔延長術の注意点

鼻中隔延長術を受けるとき、注意しておきたい点があります。それは、治療を受けるクリニックや医師を慎重に選ぶことです。

鼻中隔延長術を手がけているクリニックは、多くありません。これは、鼻中隔延長術が難易度の高い手術であることが理由です。

「鼻中隔延長術」と称しながら、移植軟骨を鼻中隔に縫合せず、鼻中隔の先にのせるだけの手術を行っているクリニックもあるといわれています。

鼻中隔延長術で患者の希望通りの仕上がりを実現するには、医師には高い技術のほか、患者の意図を正確に理解する能力も問われます。

鼻中隔延長術の治療技術が高い医師を見分けるひとつの目安は、鼻中隔延長術を手がけた症例数の多さです。

また、カウンセリングを実際に受け、医師とのコミュニケーションがスムーズに取れることも確認しましょう。

鼻中隔延長術の手術の流れ

クリニックにより細かな点は異なりますが、鼻中隔延長術の手術は、一般に以下の手順に沿って行われます。

手順1:カウンセリング

カウンセリングでは、医師が患者の鼻を診察し、鼻中隔延長術により希望の形状の鼻を形成することが可能であることを確認します。

次に、コンピューターによるシミュレーションを行い、形成する鼻のデザインを作成します。

手順2:施術当日の準備(麻酔とマーキング)

手術の予約日に来院し、受付で手続きをすませたのち、洗顔してメイクを落とします。

続いて、局所麻酔の注射の痛みを和らげる目的で、麻酔クリームを塗布。麻酔クリームが効果を発揮するのを待つ間に、医師と患者が治療デザインの最終確認を行います。

その後、医師が鼻に切開位置などをマーカーで印をつけるマーキングを行い、麻酔クリームの効果があらわれたら、注射により局所麻酔を行います。

クリニックによっては、局所麻酔ではなく、全身麻酔をもちいる場合もあります。

手順3:手術開始

手術では、まず耳介や鼻中隔、肋軟骨などから軟骨を採取します。続いて、鼻中隔に軟骨を移植します。

手術の所要時間は、約60分間です。

手順4:手術終了

手術が終了すると、鼻にはテーピングやギプスが装着され、ガーゼなどによる鼻栓が詰められています。

リカバリールームに移動し、術後の腫れや内出血を最小限におさえる目的で冷却材で鼻の周辺を約10分間冷やすアイシングを行うことがあります。

アイシング後、患部に異常がなければ帰宅できます。

手順5:抜糸

手術から約1週間後に来院し、テーピングやギプスを除去するとともに、抜糸が行われます。縫合に「体内で溶ける糸」が使われた場合は、抜糸は必要ありません。

鼻中隔延長術の費用相場

鼻中隔延長術の手術料金の相場を知るため、複数院を展開している大手クリニック5軒の鼻中隔延長術の料金を比較してみました。

この結果、5軒の鼻中隔延長術の料金の平均は、769,500円となりました。そのため、鼻中隔延長術は80万円ほどで行えると考えることができます。

なお、5軒の料金のうち最低料金は60万円、最高料金は98万円となっています。

ただし、クリニックにより「手術料金」に含まれる処置の範囲が異なります。

麻酔料金や処方薬の料金なども含む場合と含まない場合があり、含まない場合は、麻酔料金では数万円〜10万円程度が加算されます。

そのため料金を検討する際は、各クリニックでカウンセリングを受けるか、問い合わせて治療費の見積もりを出してもらうと良いでしょう。

鼻中隔延長術まとめ

  • 鼻中隔延長術とは鼻先に軟骨を移植することで鼻先の長さを延長させる整形手術
  • 鼻中隔延長術ではブタ鼻以外の悩みの改善も期待できる
  • 鼻中隔延長術で使用するのは「耳介軟骨・鼻中隔軟骨・肋軟骨」
  • 鼻中隔延長術で補助的に使用するのは「保存軟骨・PDSプレート」
  • 鼻中隔延長術のダウンタイムは約1週間、手術後は生活制限がある
  • 鼻中隔延長術が鼻先が曲がってしまったなどの失敗例もある
  • 鼻中隔延長術が難易度の高い手術であるため医師選びに注意が必要
  • 鼻中隔延長術の費用は約80万円前後

団子鼻解消・鼻尖縮小の施術を受けられるクリニック

  • 大阪御堂筋線 心斎橋 駅より徒歩4分
  • 切らない鼻中隔延長 5本135,000円

湘南美容外科クリニックの詳細

  • 福岡西鉄福岡天神駅より徒歩5分
  • 鼻尖形成(耳介軟骨移植)300,000円

聖心美容外科 福岡院の詳細

鼻尖縮小(団子鼻解消・鼻尖形成)の施術を受けられるクリニックを探す

医師・薬剤師・その他医療関係者の方へ

より正確な医療情報を発信するためにも、医師の監修を経て誤りがないよう万全を期しておりますが、もし誤りとお考えになる情報があった場合には、ご指摘いただけますと幸いです。社内で確認の上、必要な対応をさせていただきます。

医療・薬剤に関する情報の指摘

その他記事へのお問い合わせ

この記事のライター

口コミ・費用明細投稿

クリニックに行こうか悩んでいる人が、
あなたの体験を必要としています。

口コミ・費用明細を投稿する

投稿でamazonギフト券プレゼント!

ピックアップクリニック

サイトメニュー