2018年03月19日 更新

ワシ鼻を改善して女性らしい顔に!ワシ鼻修正(ハンプ修正)術とは

鼻骨と鼻軟骨が盛りあがっている「ワシ鼻」は、盛りあがっている部分を削る「ワシ鼻修正(ハンプ修正)術」により改善が期待できます。ワシ鼻の盛りあがりが大きい場合は、「鼻骨切り幅寄せ手術」などのほかの整形手術も併用することがあります。術後には1〜2週間のあいだギプス装着が必要となり、この期間がダウンタイムとなります。

「ワシ鼻」は、「かっこ良い」「男らしい」といったイメージもありますが、顔のなかで鼻の印象が強くなってしまうことから、特に女性はコンプレックスに感じる場合があるようです。

しかし、ワシ鼻は「ワシ鼻修正(ハンプ修正)術」という整形手術により改善が期待できます。

ワシ鼻にも様々な形状が存在するため、ワシ鼻修正術にも多くの治療法があります。

この記事では、ワシ鼻修正術の内容や術式の違い、術後の生活制限などについて解説します。

目次

ワシ鼻とは

ワシ鼻とは、鼻筋のラインが真っ直ぐではなく段差があり、鼻筋が途中から前方へ飛び出している状態のことです。医学的には、「段鼻(だんばな)」と呼ばれます。

鼻筋のラインが途中から飛び出しているのは、鼻筋部分にある「鼻骨(びこつ)」「鼻軟骨(びなんこつ)」が盛りあがっているためです。

鼻骨は頭蓋骨の一部で、眉間のすぐ下方にある硬い骨。一方鼻軟骨は、鼻骨のすぐ下につながっている軟骨で、鼻骨よりもやわらかい骨です。

ワシ鼻では、鼻骨と鼻軟骨の接合部分とその付近が盛り上がっています。 

ワシ鼻が与える印象

日本人のワシ鼻は、鼻の付け根や鼻先の高さは低いのに鼻筋のラインが途中から飛び出ているパターンが多いといわれています。

この場合、鼻の高さ自体は高くないにもかかわらず、鼻筋に段差があるせいで鼻が大きく見えます。

ワシ鼻があることで、顔全体がいかつく男性的な印象になってしまうため、女性はとくにコンプレックスに感じる人が多いようです。

また、鼻先の形状は垂れていなくとも、鼻が目立つあまり、鼻先が垂れた「魔女鼻」のように見えてしまう傾向にあります。

ワシ鼻修正術とは

ワシ鼻を改善する整形手術に「ワシ鼻修正」があります。

鼻筋が突び出ている部分は「ハンプ」と呼ばれるため、「ハンプ修正術」、ともいわれています。また「ワシ鼻削り」と呼ぶケースもあります。

ワシ鼻修正では、鼻骨と鼻軟骨の盛りあがっている部分を削ります。鼻筋のラインを真っ直ぐにしたり、やや反りかえったラインに整えたりなど、患者が希望するラインの鼻筋を形成することが可能です。

鼻骨は硬い骨であるため、ノミやヤスリを使用して削ります。一方、鼻軟骨は比較的やわらかい骨であるため、メスやハサミを使用して余分な部分を切除します。 

ワシ鼻修正の術式は、切開する部位の違いにより「クローズ法」「オープン法」にわかれます。クローズ法とオープン法は、患者の鼻の状態により使い分けられます。

ワシ鼻修正の術式1:クローズ法

ワシ鼻修正のクローズ法とは、鼻の穴のなかを切開する術式です。

クローズ法では顔表面に傷あとができないため、手術を受けても他人にわからないことがメリットです。

しかし、手術中に医師が確保できる視野が狭いというデメリットのため、複雑な処置や微調整を要する手術には向かない術式です。

ワシ鼻修正の術式2:オープン法

ワシ鼻修正のオープン法とは、鼻の穴のなかに加え、鼻柱(鼻の左右の穴を分けている部分)も切開する術式です。

オープン法では、鼻柱に傷あとが残りますが、術後約3か月が経つと、ほとんどわからくなる程度にまで治癒します。

オープン法には、手術中に医師が広い視野を確保できるというメリットがあります。そのため、精密な処置を必要とする場合に採用される術式です。

ワシ鼻の程度により手術法は異なることもある

ワシ鼻は、鼻骨や鼻軟骨の盛りあがりの程度により、治療法や手術法が以下のように異なります。

軽度のワシ鼻の場合の治療法

ワシ鼻の突出が軽度である場合は、鼻骨や鼻軟骨を削ることはせず、プロテーゼ挿入やヒアルロン酸注入によりワシ鼻を改善する治療法も適用可能です。

鼻筋が突出している場合、相対的に凹んでいる部分ができます。

鼻筋の突出している部分は触らず、凹んでいる部分にプロテーゼを挿入したり、ヒアルロン酸を注入したりすることで、鼻筋の段差をなくします。

この場合は、ワシ鼻のもっとも高い位置に合わせて新しい鼻筋のラインを形成。そのため、ワシ鼻は目立たなくなる効果が期待できます。

しかし、鼻全体が大きいことは改善しない場合が多いようです。

またヒアルロン酸は、体内で徐々に吸収されていき、最終的には注入した全量がなくなります。

そのためヒアルロン酸注入によるワシ鼻の改善効果は、一時的なものです。

重度のワシ鼻の場合の治療法

ワシ鼻の突出が大きい場合は、鼻骨や鼻軟骨を削るだけでは、美しい鼻筋のラインを形成できない場合が多いとされます。

そのため、ワシ鼻修正に加え、ほかの鼻整形の手術も併用して行われるケースが一般的です。

例えば、鼻骨や鼻軟骨が大きく発達している場合、突出しているだけでなく、横方向にも広がっていることがあります。

このような鼻骨や鼻軟骨の突出部分を削って除去すると、削った部分が太く平らになるため、この結果、鼻筋が大幅に低く、かつ太くなってしまうのです。。

この場合は、「鼻骨切り幅寄せ手術」という手術を併用して細く高い鼻筋を形成することが可能です。

鼻骨切り幅寄せ手術とは、鼻骨の根もとや頂上部分など数か所に切り込みを入れ、鼻骨を中央へ移動させて、ギプスで固定する治療法です。

あるいは、「ハンプ再移植」という方法をとる医師もいます。

ハンプ再移植とは、切除した鼻骨の形を整え、鼻骨や鼻軟骨を除去して平らになった部分に移植することで、鼻筋の高さと細さを出す治療法です。

ワシ鼻修正のダウンタイム

個人差はありますが、ワシ鼻修正のダウンタイムは1〜2週間ほどのようです。

ダウンタイムには、腫れや痛みなどの症状が出ます。腫れのピークは、術後約1週間。腫れは強く出ることが多く、上まぶたまで達する場合もあります。

術後3日間ほどは、患部に痛みを感じることがありますが、処方される鎮痛薬で対処可能な程度である場合が多いようです。

内出血が起こることは少ないようですが、起こった場合は1〜2週間かけて消失していきます。

ワシ鼻修正の術後のギプス装着の有無

ワシ鼻修正の術後は、鼻にギプスやテーピングを装着して固定します。ただし、鼻骨や鼻軟骨の切除のみの場合は、テーピングのみで固定する方針の医師もいます。

一方、鼻骨切り幅寄せ手術やハンプ再移植を併用する場合は、ギプスの装着が必要です。

ギプスやテーピングの装着期間は、術式により、以下のように異なります。

  • 鼻骨や鼻軟骨の切除のみの場合:3日間~1週間
  • 鼻骨切り幅寄せ手術やハンプ再移植を併用する場合:1〜2週間

ギプスやテーピングを除去した時点では多くの場合、主な腫れや内出血も引いています。そのため、「ダウンタイム=ギプスやテーピングの装着期間」と考えることができます。

ワシ鼻修正の術後の生活制限

ワシ鼻修正の術後のダウンタイムには、以下のような生活制限を守る必要があります。これらの生活制限には、腫れや内出血の悪化をふせぎ、鼻の骨の固定をうながす目的があります。

  • シャワー浴:手術当日から可能(ギプスやテーピングが濡れないように注意)
  • 入浴:術後約1週間は控える
  • シャンプー:手術当日から可能(ギプスやテーピングが濡れないように注意)
  • 洗顔:手術当日から可能(ギプスやテーピングが濡れないように注意)
  • メイク:鼻を避け、手術当日から可能(クレンジンング時、ギプスやテーピングが濡れないように注意)
  • 鼻をかむ行為:ギプスやテーピング装着期間中は控える
  • 運動:術後1週間頃から軽い運動可
  • マッサージ:鼻の周囲は手術から約1か月間は控える
  • 飲酒:術後約1週間は控える
  • 鼻に力がかかる行為:術後1週間はとくに注意して避ける。術後6か月頃まで注意が必要

クリニックの方針によって指導は異なります。治療を受けたクリニックの指示に従いましょう。

ワシ鼻修正を受ける際の注意点

ワシ鼻修正は細かな操作が必要であり、難易度の高い手術です。そのため、ワシ鼻修正を手がけているクリニックは、あまり多くありません。]

また、ワシ鼻修正は鼻骨や鼻軟骨を削る手術であるため、仕上がりが不本意であっても、もとの状態に戻すことは不可能です。

そのためワシ鼻修正を受ける際は、高い技術をもつ医師をえらぶことが、失敗例を避けるために重要となります。

高い技術をもつ医師を探す際は、ワシ鼻修正の症例を多くこなしていることがひとつの目安となります。

ワシ鼻修正の手術の流れ

クリニックや医師により細かな違いはありますが、ワシ鼻修正の手術は以下のような流れに沿って行われます。

手順1:カウンセリング

カウンセリングでは、医師が患者の鼻を診察し、ワシ鼻修正によりワシ鼻の解消が可能であるか否かを判断します。

適用可能な場合は、コンピューターを使ったシミュレーションを参考にしながら、形成する鼻のデザインを作成します。

クリニックによっては、カウンセリング当日にワシ鼻修正の手術を受けることが可能な場合もあります。

ただし全身麻酔を使う方針のクリニックでは、前日より飲食制限などがあるため、カウンセリング当日の手術は不可となっています。

手順2:施術当日の準備(麻酔とマーキング)

手術の予約日に来院し、受付で手続きを行います。続いて、洗顔してメイクを落とします。

ワシ鼻修正では、局所麻酔を使用する場合と、眠った状態になる静脈麻酔や、全身麻酔を使用する場合があります。

局所麻酔を行う場合は、局所麻酔の注射の痛みをやわらげるために、まず患部に麻酔クリームを塗布。麻酔クリームが効果を発揮するのを待つ間に、医師が患者と一緒に治療デザインの最終確認を行います。

麻酔クリームの効果があらわれたら、局所麻酔注射を行います。

手順3:手術開始

麻酔が効いていることを確認したのち、手術が開始されます。手術の所要時間は、術式により異なりますが、約1時間〜3時間です。

手順4:手術終了

手術が終了すると、鼻にはテーピングやギプスが装着された状態になっています。

その後、術後の腫れを最小限におさえる目的で、冷却材で患部を10分間ほど冷やすアイシングを行うことがあります。

患部に異常がないことを医師が確認したのち、帰宅できます。

手順5:ギプスやテーピング抜去と抜糸

手術から約1週間後に来院し、ギプスやテーピングを抜去すると同時に、抜糸を行います。縫合に「溶ける糸」が使われた場合は、抜糸は不要です。

ワシ鼻修正の費用相場

ワシ鼻修正の手術費用の相場を知るため、関東を中心に複数院を展開している大手クリニック5軒の料金を比較してみました。

この結果、以下のような料金となっています。

術式 最低料金/最高料金/5軒の平均料金(税抜価格)
ワシ鼻修正 145,830円/538,650円/386,896円
ワシ鼻修正+鼻骨切り幅寄せ手術 500,000円/1,190,000円/795,778円

ワシ鼻修正の料金の相場は、クリニック5軒のこの平均料金をひとつの目安とすることができます。

美容クリニックの料金設定では、クリニックにより「手術料金」に含まれる処置項目の範囲が異なります。

例えば、術前の検査費用や麻酔料金、処方薬の料金なども含む場合と、含まない場合があります。

麻酔が別料金である場合、全身麻酔では、数万円〜10万円が加算されることもあります。

そのため、治療を検討する際は、クリニックに問い合わせて、治療の一連の処置にかかる費用を確認すると良いでしょう。

ワシ鼻修正まとめ

  • ワシ鼻とは鼻筋のラインが真っ直ぐではなく段差があり、鼻筋が途中から前方へ飛び出している状態のこと
  • ワシ鼻修正は鼻骨と鼻軟骨の盛りあがっている部分を削り鼻筋のラインを真っ直ぐにしたりラインを整えたりする
  • 鼻修正の術式にはクローズ法・オープン法がある
  • 軽度のワシ鼻は「プロテーゼを挿入」や「ヒアルロン酸注入」で改善が期待できる
  • 重度のワシ鼻は「鼻骨切り幅寄せ手術」や「ハンプ再移植」を行う場合がある
  • ワシ鼻修正のダウンタイムは約1〜2週間ほど、術後1週間は強い腫れが起こる
  • ワシ鼻修正は細かな操作が必要で難易度の高い手術であり、骨を削るため修正は難しい
  • ワシ鼻修正は約40万円ほどで行えるクリニックが多い

医師・薬剤師・その他医療関係者の方へ

より正確な医療情報を発信するためにも、医師の監修を経て誤りがないよう万全を期しておりますが、もし誤りとお考えになる情報があった場合には、ご指摘いただけますと幸いです。社内で確認の上、必要な対応をさせていただきます。

医療・薬剤に関する情報の指摘

その他記事へのお問い合わせ

この記事のライター

口コミ・費用明細投稿

クリニックに行こうか悩んでいる人が、
あなたの体験を必要としています。

口コミ・費用明細を投稿する

投稿でamazonギフト券プレゼント!

ピックアップクリニック

サイトメニュー