2018年09月28日 更新

【医師解説】後悔のない治療を受けるために!医師がおすすめする「医師の選び方」

美容整形を受けると決めたとき、特に悩むことの多いのがクリニック・医師選びです。費用やクリニック名だけで選ぶのではなく「どのような医師」なのかが重要。選ぶ基準のひとつとしては「形成外科専門医」の資格がある医師がおすすめです。「医師の選び方」について有楽町高野美容クリニックの高野先生にお話を伺いました。

院長 高野邦雄

この記事は、院長 高野邦雄先生が監修しています。

「しわやたるみをなくしたい」「目を大きくしたい、鼻を高くしたい」このような悩みの改善を目指すとき、美容医療の治療を検討するでしょう。

しかし、「どこのクリニックへ行けば良いのかわからない」
私たち患者側は何を基準にクリニックを選べば良いのかわかりません。
「名の通った有名なクリニックに行けば良いのか、名門大学を出た医師がいるクリニックへ行けば良いのか……」

そこでNICOLY編集部では、クリニックの選び方について有楽町駅から徒歩3分ほど歩いたところにある有楽町高野美容クリニック 高野邦雄院長へお話を伺いました。


はじめまして。有楽町高野美容クリニックの院長を務めている高野邦雄です。

高野先生のお写真

今回は、私がおすすめするクリニック選びの基準についてお話したいと思います。

目次

「クリニック選び」よりも「医師選び」が重要

美容クリニックへ行くと決めたとき、皆さんはどのように探しているのでしょうか。

例えば、テレビのCM、電車の広告を見て、インターネットの検索上位にあるクリニック、とにかく料金を見比べて判断……色々な方法があると思います。

その中で、納得のいくクリニックに出会うことができれば良いですが、実際に治療を受けてから後悔したといった人も少なくありません。

そのクリニックにどのような設備があるのかも重要ではありますが、私は「どのクリニックを選ぶか」ではなく「どの医師を選ぶべきか」に注目していただきたいと考えています。

形成外科専門医の資格は判断基準のひとつになる

私がおすすめするのは「形成外科専門医」の資格がある医師です。

形成外科専門医になるためには、2年間の初期臨床研修終了後、形成外科領域全てに関して決まった研修カリキュラムにより4年以上の専門医研修を修め、資格試験に合格することが条件になります。

形成外科専門医は筋肉や骨の構造、生理機能について知識があり、それを生かした治療を行えます。そのため、形成外科専門医の資格があるということは、医師を選ぶうえでの判断基準のひとつになると思います。

もちろん、資格がないからといって腕が悪いとは限りません。反対に資格があれば絶対に腕が良いなんてこともありません。

ただし、美容医療は顔や体の表面を今以上にきれいにすることが目的。思っていた仕上がりと異なることや、失敗は避けたいものです。

修正手術を施すこともできる場合もありますが、難易度が高く治療費もかかります。このようなリスクを減らすためにもどのような医師を選ぶかは重要かと思います。

:)形成外科専門医とは?

形成外科専門医とは、頭の先から手足の先まで体の表面の病気や怪我を治すことを目的とした医師。
傷や怪我などをきれいに治す、顔面骨折、火傷、アザ、腫瘍、先天異常、皮膚潰瘍、がんの切除・再建、乳房再建および美容医療などについて専門的な知識と診療技術を持っています。

さらに注目したい「日本美容外科学会認定専門医」とは

日本には2つの美容外科学会があります。

  1. 日本美容外科学会(JSAPS):形成外科を研修したうえで美容外科をしている
  2. 日本美容外科学会(JSAS):形成外科以外の医師が行っている美容外科

1の美容外科学会の認定専門医になるためには、経験症例を積み上げ、功績や信頼を得て認められ、さらに形成外科専門医の認定医であることが条件です。

日本形成外科学会認定専門医と日本美容外科学会認定専門医、両方の資格を持つ医師は全国で71名。うち、開業医は全国で32名です。(都内14名)※2012年3月現在

私は、日本形成外科学会認定専門医のほか、日本美容外科学会認定専門医の両資格を有しています。

このような資格があるのかどうかは、事前にクリニックのホームページなどでプロフィールを確認することができると思います。

おすすめ治療「ミントリフト・スプリングリフト」とは

有楽町高野美容クリニックでは、さまざまな悩みを抱えた患者さまが来院されます。そのなかでもエイジングケアの治療は人気が高いです。

たるみでお悩みの方に私がおすすめしているのが、フェイスラインのたるみを改善する糸を挿入する施術です。

これらはメスを使用しない切らないフェイスリフトです。伸縮性、弾力性に優れた4方向にコグがついた糸を頬に挿入し、皮下組織が引っかけられ引き上げることで、たるみの改善が目指せます。

また、口周りは筋肉を非常に動かす部位です。糸に伸縮性、弾力性に優れていることで筋肉の動きに合わせて糸が伸び縮みするため自然な表情を保ちながらリフトアップが可能です。

ミントリフトは溶ける素材を使った糸、スプリングリフトは溶けない素材の糸です。どちらも一長一短です。

フェイスライン改善の効果

Before

スプリングリフトモニター施術前
出典:有楽町高野美容クリニックwww.takano-beauty.jp/

After

スプリングリフトモニター4年後
出典:有楽町高野美容クリニックwww.takano-beauty.jp/

症例画像の通り、頬がグッと引き上がったことがわかります。この引き上げ効果は個人差はありますが、3〜5年ほど続くとされています。

また、スプリングリフトは頬回りだけでなく、顔全体や、首にも施術が可能です。さらに、眉や目尻などのデリケートな部位にも施術できるほか、ほうれい線やゴルゴ線、マリオネットラインなど、顔の中央部分の気になるたるみの改善も目指せます。

こちらの写真の手術は糸によるリフトアップと余剰の皮膚を切除しています。治療費は約70万円です。

「ミントリフト・スプリングリフト」のダウンタイムや副作用

ミントリフト・スプリングリフトは、腫れや内出血を伴います。

また、糸によるリフトアップではえくぼような、くぼみが出現することがあります。その場合は修正を行いますが傷跡が残ってしまいます。

ほかにも、糸を挿入するフェイスリフトの治療では感染のリスクはゼロではありません。万が一、感染してしまったら糸を抜かなければなりません。

スプリングリフトはしわやたるみの改善に高い効果が期待できますが、このような万が一のリスクがあることも患者さまに事前にお伝えさせていただきます。

「すべては患者様のために…」高野先生からのメッセージ

高野先生のお写真

私は、患者様が希望することは、自分にできる範囲で全力で治療にとりかかります。

しかし、希望通りに治療を行うことで、不自然になってしまったりその方には似合わなかったりすることもあります。そのような場合は、事前にしっかりとお伝えさせていただきます。

また、治療を行う前には患者様に耳障りの良い言葉ばかりだけでなく、デメリット部分についてもちゃんと説明をさせていただきます。

美容医療は体の内側、病気を治すわけではなく、見た目を今以上に美しくすることが目的です。そのため、仕上がりの満足、不満足はすぐに目に付くため失敗や修正はできるだけ避けたいものです。

納得のいく治療を受けるためには、費用面などだけでなく医師選びにも注目してクリニックを選んでいただければと思います。

:)この記事の解説医師

有楽町高野美容クリニック高野先生

有楽町高野美容クリニック 院長 高野邦雄

1985年 昭和大学医学部卒業、同大学形成外科学教室入局
1985年 同大学および地方基幹病院にて外科、麻酔科、形成外科を研修
1991年 秋田赤十字病院形成外科部長
1996年 大田熱海病院形成外科部長
2002年 渋谷美容外科クリニック渋谷本院院長、グループ総院長
2009年12月 有楽町高野美容クリニック開業

【資格】
日本形成外科学会認定形成外科専門医
日本美容外科学会認定美容外科専門医

高野先生へのご相談は「有楽町高野美容クリニック」へ

  • 住所東京都千代田区有楽町1-6-3 日比谷頴川ビル3F
  • アクセス東京メトロ・都営線、日比谷駅A4出口目の前 JR有楽町駅・東京メトロ銀座駅から徒歩2分
  • 休診日不定休
  • 診療時間【平日】11:00〜14:30/15:30~20:00(受付 19:30まで) 【土・日・祝】10:00〜13:30/14:30~18:00(受付 17:30まで)
  • 電話番号03-6206-1548
  • 予約電話予約 WEB予約

※ クリニック情報や診療メニューなどは、公式ホームページから取得した内容ですので、情報の正確性は保証されません。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

有楽町高野美容クリニックの詳細

「有楽町高野美容クリニック」糸を使用したフェイスリフトメニュー

フェイスリフトメニュー(スレッドリフト) 価格(税別)
ゴールデンリフト(スプリングリフト) 324,000円(6本 キャンペーン価格)
ミントリフト 345,600円(6本 キャンペーン価格)
新スクリュー型ショッピングスレッド 35,000円(10本)

※価格は予期なく変更する場合がございます。
※そのほか治療メニュー料金はこちらからご確認いただけます。

「有楽町高野美容クリニック」のご予約はこちらから

医師・薬剤師・その他医療関係者の方へ

より正確な医療情報を発信するためにも、医師の監修を経て誤りがないよう万全を期しておりますが、もし誤りとお考えになる情報があった場合には、ご指摘いただけますと幸いです。社内で確認の上、必要な対応をさせていただきます。

医療・薬剤に関する情報の指摘

その他記事へのお問い合わせ

この記事の監修者

この記事のライター

口コミ・費用明細投稿

クリニックに行こうか悩んでいる人が、
あなたの体験を必要としています。

口コミ・費用明細を投稿する

投稿でamazonギフト券プレゼント!

ピックアップクリニック

サイトメニュー