2016年08月09日 更新 | 30,691 views

一週間でマイナス2kg!白湯ダイエットの効果と実践方法!

白湯ダイエットというのをご存じでしょうか?○○ダイエット、という名称は数あれど「お湯でダイエット?」と疑問符を浮かべる方も多いはず。私も最初は半信半疑でしたが、やってみて「これは痩せる」と実感しました。実際1週間で2kgの減量に成功しました。今回はそんな白湯ダイエットの痩せる理由とやり方をご紹介します。

管理栄養士 若子みな美

この記事は、管理栄養士 若子みな美さんが監修しています。

この記事に書いてあること

  • 白湯ダイエットってどんなダイエット?
  • 白湯ダイエットの効果
  • 白湯ダイエットの方法
  • 白湯ダイエットの注意点

白湯ダイエットって?

白湯とは、「水を沸かし、熱湯になったものをぬるく冷ましたもの」決して熱湯ではありませんので熱々のうちに飲まないようご注意を。俗に「湯冷まし」ともいうそうです。またこの時、お湯を冷ますといっても氷をいれたり冷蔵庫で冷やすのはNGです。

白湯を飲むダイエットの効果の一つとして「内臓を冷やさない」ことが挙げられます。なぜ、内臓を冷やしてはいけないのか。

内臓を冷やすことによって新陳代謝がぐっと下がってしまいます。新陳代謝が低下すると、体内の老廃物を排出する機能や、蓄えたエネルギーを燃やす機能が低下し、身体の中に脂肪や老廃物が溜まりやすくなります。

そこで白湯の出番です。常温水でもなくお湯でもなく、なぜ白湯なのかは「飲みやすいから」というのが挙げられるでしょう。ぬるめですから、一気にぐいっと飲み干すわけではなく、熱いから冷ましながらというわけではなく手軽に飲めるのです。

白湯を飲んで新陳代謝をあげよう

「ただのお湯を飲むだけで痩せられるってどういうこと?」と私も初めは疑問でした、そんな冷ましたお湯を飲むだけで何が違うの?とハテナマークは尽きません。

白湯の効果①:空腹をごまかせる

まず白湯を飲んで何が変わるのか、私は特にこれを思ったのですが…空腹をごまかせることです。お湯がほんのり冷めた状態の白湯は、もとはただの水であるにも関わらずにどこか少し甘いようなしょっぱいような味を感じ取るのです。

これはぬるま湯だと舌が敏感になり水本来の味を感じ取るのかもしれませんね。ただのお水よりも「何か味のあるものを飲んでいる」感覚がすると甘いもの食べたい、しょっぱいもの食べたい、という感覚が薄れていくのです。

白湯の効果②:身体が温まり消化が早くなる

また先述したように、体を冷やしません。体が冷えるとマイナスなことはとても多いのです、内臓機能の低下により女性の多い悩みの一つである便秘が引き起こされ、食べたカロリーは消費されず、手足は血流が滞ってむくんだりしてしまいます。

体を温めるというのは大事なこと、内臓機能が活発になると胃や腸が動きやすくなり消化の手助けが早まり、また胃が元気に動きますので食欲不振や胃もたれでぐったり…なんてことが少なくなります。

あたたまることで血流も良くなり、手足の血行がよくなると冷えが和らぎます。

白湯の効果③:便秘の解消

白湯はほかのお茶などと比べて分解する栄養素がありませんから、胃腸も無駄な動きをすることなく、また白湯と一緒に老廃物や毒素を外に出していくので便秘の解消も見込めるようです。

肥満体型の人に多い便秘、手足の冷えは脂肪が血液の流れを滞らせているから、という説があります。白湯を飲んで余分なものは外へ、そして血流をよくして全身と内臓の動きを活発化させ、空腹感も和らげてしまいましょう。

また老廃物や毒素を出すことによってお肌がきれいになった、という声もあるようです。

白湯ダイエットの効果的なやり方は?

白湯ダイエットの大事なところは「飲む時間帯と量」です。いくら効果があるから、といってたくさん飲めばいいというものではありません。

白湯を飲むタイミングは?

私の場合は、お腹が減ったとき、また寝る前に飲むようにしていました。寝る前に飲むと体がぽかぽかして仕事などで緊張していた心と体が和らぐのです。

そして食べ物を消化するために必死に動いていた胃もぬるい温度で落ち着きます。活発になるというのはただ元気にするだけでなく、内臓の動きを一番ベストに保ってくれる、ということなのです。

また寝起きにも効果的。目覚めたての体をゆっくり柔らかく元気に温めてくれるのが白湯です、起きてから身支度を整えている間に白湯を作っておくのがよさそうですね。

白湯の温度は?

温度は熱くなくぬるくなく、人それぞれのようですが一般的には50度前後と言われています、冷まして飲んでみてほんのり熱いかな?ぐらいがベストのようですね。

白湯の量は?

量としては1日800mlを目安にし、何回かにわけて、こまめに飲みようにしましょう。 ゆっくり10分ほどかけて飲むと「胃に流し込んだ」実感が湧いて体もじっくり温まるようです。

これで3~4キロ落ちたという人も多いらしく現に私もコーヒー紅茶を白湯に変えたところ1週間で2キロは減量しました。

ポイントは「じっくりほんのり」、飲むスピード、温度、そしてダイエットも急激ではなくじっくりほんのりすすめて一番ベストな体重を目指していきましょう。

管理栄養士 若子みな美

管理栄養士 若子みな美

白湯ダイエットで一番大事なのは、朝の白湯です。朝の白湯には、寝ている間にドロドロになった血液をサラサラにしたり、胃腸の働きを活性化させる効果が期待できます。

まとめ:白湯ダイエットの効果と実践

白湯ダイエットの効果

  • 白湯とは、水を沸かし、熱湯になったものをぬるく冷ましたもの。
  • 白湯を飲むことで、空腹をごまかせる。
  • 白湯を飲むことで、身体が温まり消化が早くなる。
  • 白湯を飲むことで、便秘が解消される。

白湯ダイエットの効果的な方法

  • 白湯を飲むタイミングは、朝晩。とくに朝の白湯が効果的。
  • 白湯の温度は、40~50℃くらいが良い。
  • 白湯の量は、1日800ミリリットルが目安。

written by NICOLY編集部

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

関連する記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

記事に関するお問い合わせ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

注目の記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

59,146 views

この記事の監修者

管理栄養士 若子みな美

若子みな美

管理栄養士

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー