NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1032記事

メルマガ登録

2016年11月09日 更新 | 80,289 views

目の下のクマは美容皮膚科に相談!治療法と気になる費用を紹介

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

この記事は、品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行が監修しています。

目の下のクマは美容皮膚科で治療することができるんです。ヒアルロン酸注射や脂肪溶解注射で目の下のクマを解消する方法や、ジェネシスやサーマクール、テノールのような専用の機器で照射して治療する方法、トレチノインやハイドロキノンなどの治療薬を使う方法があります。美容皮膚科で行われる施術の詳細や費用についても触れています。

夜早く寝てみたり、アンチエイジングクリームを買ってきて試したり、色々挑戦してるのに一向に目の下のクマが良くならない、と困っている方は一度病院に行って相談してみると良いかもしれません。

目の下のクマで病院なんて行っていいの……?と思うかもしれませんが、じつは美容を専門にした病院があるんです。それが美容皮膚科。

目の下のクマに悩んでいる女性の多くが、いま美容皮膚科に通っているんです。

目の下のクマは美容皮膚科で治せます

りんごをもつ女性

目の下のクマ自体は病気ではないため、通常の皮膚科ではなく「美容皮膚科」がおすすめ。美容皮膚科は、美容に特化しているクリニックなので、一般的な皮膚科に比べると、美容に関する実績や経験が豊富なんです。

でも何だか美容皮膚科って高いイメージ……と不安になる人も多いのではないでしょうか。美容皮膚科は自由診療のため、通常の皮膚科のように保険は効かず、確かにお財布へのダメージは否めないかも。目の周りの治療なので、施術の内容も気になりますよね。

ここでは、目の下のクマを治す治療の内容とその具体的な費用について紹介します。

目の下のクマの美容医療一覧

注射で目の下のクマを治す治療法

注射と顔

美容皮膚科では大掛かりな手術はしない代わりに、注射を用いた施術が頻繁に行われます。全身麻酔をする必要もないので、手軽に治療を行うことができます。

ヒアルロン酸注入

目の下のたるみ方がひどくない場合は、美容皮膚科に行き、たるんで影になった部分にヒアルロン酸を注入してもらうことで目の下のクマが解消することがあります。

仕上がりが気になるという人は、施術途中で鏡をみて、確認をしながら進めることも可能です。また、万が一注入後の状態に不満を持った場合に分解注射で元に戻すことができるのも安心なポイント。

ただし、ヒアルロン酸は徐々に体に吸収されていくので、長期間この効果をキープするのは困難です。一本約5万〜10万円ほどで受けられますが、一本で満足のいく効果が得られるとは限りません。どのぐらいの注入が必要か、事前に医師と相談しておきましょう。

脂肪溶解注射

脂肪溶解注射は、脂肪の代謝を促す特殊な薬剤を皮下脂肪に注入、脂肪を溶解させることで、目の下のクマを改善させる方法です。

一度に全ての脂肪を溶解させるわけではなく、注射の回数によって徐々に減少させていくので、自分の理想の状態に近づけやすいのが特徴。

美容皮膚科で1回約5万円でできますが、注射の回数は人によって異なります。一般的には、顔であれば3回ほどで効果が実感できるようです。

高濃度ビタミンC点滴

目の下のクマの原因が色素沈着の場合は、高濃度ビタミンC点滴をする治療法がおすすめ。

濃度の高いビタミンCを静脈に点滴として注入することで、血液中のビタミンCの濃度を一気に上昇させます。その結果、抗酸化作用が高まり、美白などの効果が期待できるんです。

一度に注入する量によって金額は異なります。6.25gであれば5000円程度が目安。できれば、月に2回ぐらいの割合で美容皮膚科に通い、継続的に点滴することで、常に肌の健康状態を良好にしておくと良いそうです。

PRP療法

PRPというのは、自分自身の血小板を利用した注射で、ヒアルロン酸のようにくぼみを膨らませるだけではなく、肌そのものの組織を増やして肌を若返らせ、目の下のクマを目立たせなくする方法。

どんな種類のクマでも比較的効果が期待できる万能な治療法というだけでなく、もともと自分の血液中にあった成分を使うので、血液を詰まらせてしまう塞栓症のリスクが低く、安全性の高いのも人気のポイント。

一般的な美容皮膚科で20万円~40万円と、他の施術に比べると高価ですが、約3年間は効果が持続するといわれているため、長期的にみるとヒアルロン酸などの注射よりリーズナブルになることも。

照射で目の下のクマを治す治療法

レーザー照射

注射のほかに、レーザーやラジオ波を照射することで目の下のクマを改善する治療法があります。メスや注射で直接皮膚を傷つけることなく治療を進めることができるため安全性の高い方法です。それでは、代表的な3つの照射治療をご紹介します。

ジェネシス(YAGレーザーピーリング)

こちらは、レーザーを照射する方法です。真皮層を加熱すると線維芽細胞という細胞が刺激され、コラーゲンの生成が活発化されます。血行不良によって起こる目の下のクマ(青クマ)にとくに効果的。

2万円程度から施術可能な美容皮膚科もあり、ほとんどの美容皮膚科で5万円以下で受けられます。1ヶ月に5回ぐらいの照射から始め、効果をみながら回数を調整していく治療法です。

サーマクール

こちらは、ラジオ波を照射することで皮膚の深部に熱を与え、脂肪線維に働きかけることで、たるみやハリを改善し、目の下のクマ(黒クマ)を治す治療法です。

こちらは、ショット数によって5万〜15万円くらいの美容皮膚科がほとんど。ジェネシスとは違い、1度の照射でしばらく効果が持続するといわれています。

テノール

こちらもラジオ波を照射する治療法です。高周波のラジオ波で、脂肪層の深い部分まで温めることで、血行を促進し、肌を若返らせることができます。

血行不良による青クマや目の下のたるみによる黒クマに効果的で、今では1万円かからない美容皮膚科もたくさんあります。ただし、ジェネシス同様、5回や10回の照射を1クールとしながら、目の下のクマの状態を見て複数回の照射が必要なようです。

上記以外で目の下のクマを治す治療法

注射や照射による治療法以外にも、ケミカルピーリングという治療法が目の下のクマにも効果があるといわれています。

ケミカルピーリング

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングは、特殊な薬剤を塗ることで、肌に残っている古い角質を取り除く治療法です。

肌は通常28日周期で生まれ変わるというサイクルがありますが、年齢やホルモンバランスの乱れによってサイクルが乱れると、古い角質が肌に残ってしまいます。

これを除去することで綺麗な肌になるだけでなく、肌のターンオーバーのサイクルも正常に戻してくれる働きがあるんです。

色素沈着による目の下のクマ(茶クマ)に効果的で、1回1万円ほどで受けられます。一度で完全に肌の調子が良くなる、というわけではなく、継続して受けることで肌のターンオーバーのサイクルなどを安定させます。

処方される外用薬

クリーム

美容皮膚科での施術の他に、処方された薬を用いて、自宅でケアする方法もあります。目の下のクマに処方される外用薬について調べました。

トレチノイン配合軟膏

トレチノインは肌のターンオーバーの周期を早めるための治療薬です。通常1ヶ月ほどかかる肌のターンオーバーを2週間〜4週間に短縮することができるので、色素沈着による茶クマに効果的です。

2.5gで3000円ほどする値段の高い薬ですが、多くの人がその効果を実感しています。

トレチノイン5日目ー。やっと一部皮むけしてきた。

出典:ユキさんのツイッター

いつもはトレチノインひとつだけ塗ってたんだけど、ハイドロキノン(美白効果の)も併用して使ったら、皮むけが凄い!
クレンジングしてたら皮がポロポロとれるとれる。
しかしお化粧してても皮むけてるからマスク着用必須&あんまり近くで人と話したくないw

出典:g.i.nさんのツイッター

ハイドロキノンクリーム

ハイドロキノンは肌の漂白剤ともよばれ、色素沈着の原因となるメラニン色素を生成する細胞そのものを減少させる作用があります。

ビタミンCなど他の美白成分も色素沈着の予防になるとして注目を集めていますが、ハイドロキノンは予防だけでなくすでに目の下のクマとして沈着してしまっているメラニン色素にも働きかけることができるんです。

ただし、非常に強い成分なので、人によっては副作用による炎症を起こす場合がありますので、医師の指示に従って適切に使用するようにしてください。3mlで2000円~5000円ほどです。

トレチノインは2.5gで3000円ほどかかる高価な薬ですが、その効果は多くの人が実感しています。
レーザーに反応しない薄いシミにハイドロキノンを塗って3日目(夜のみ)。赤みが少し茶色くなったような感じ。シミが濃くなると書き込みで見たけど、これのことかな?そしてお風呂に入って皮膚が柔らかくなったら、皮が剥けてきた。デルミサは痒くてたまらなかったけど、皮膚科のは全然大丈夫!!

出典:ℳさんのツイッター

そういやハイドロキノン愛用して1年経つんだけどシミめっちゃ薄くなったし小さくなった。完全消失はしてないけど、これはリピ買いだな。

出典:ブラック無糖さんのツイッター

どちらのクリームも、配合濃度によっても価格は異なります。詳しくは美容皮膚科で確認してみてください。

目の下のクマはまず美容皮膚科に相談、それでもダメなら美容外科に

目の下のクマを解消する美容医療一覧

目の下のクマに悩んでいる人向けに、美容皮膚科で行われている施術について説明しました。

目の下のクマに対して、効果的な治療法が多い一方で、たとえばたるみによるクマに悩んでいる場合、たるみの加減や脂肪の量によっては、美容皮膚科で対応できない場合もあります。

それでもどうしても目の下のクマをなんとかしたい! と思うようであれば、美容外科に相談してみると良いでしょう。美容外科では手術をすることが可能なので、脂肪の摘出手術などを行うことで改善させる場合があります。

いずれにせよ、顔に直接施す治療法なので、治療前治療後のイメージや副作用、予算なども踏まえて、細部まできちんと確認してから納得できる方法を選択してください。

目の下のクマ レーザー治療の費用目安

キャラクターの画像
クリニック 費用(目安)
品川スキンクリニック 10,000円
シロノクリニック 20,000円
美容皮膚科エルクリニック 20,000円

※費用は税抜表示です。品川スキンクリニックは「レーザー美白」、シロノクリニックと得るクリニックはYAGレーザーピーリングです。

※掲載している情報は2016年10月12日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

目の下のクマ・あざの地域別人気クリニック

東京

湘南美容外科 池袋東口院

JR池袋駅より徒歩5分

詳しく見る

大阪

シロノクリニック 大阪院

JR大阪駅より徒歩3分

詳しく見る

福岡

品川スキンクリニック 福岡院

西鉄天神大牟田線福岡駅「南口」より徒歩約5分

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

44919 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ