NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1035記事

メルマガ登録

2015年11月14日 更新 | 2,334 views

年齢を重ねても美しい女性がやっている、アンチエイジングとは

ヴェリテクリニック 福岡 院長 室孝明

この記事は、ヴェリテクリニック 福岡 院長 室孝明が監修しています。

アンチエイジングには抗老化という意味があります。代表的な老化の原因は「紫外線による光老化」「AGEによる糖化」「活性酸素による酸化」です。アンチエイジングに効果的なのは「適度な運動」「ビタミンCの摂取」「幸せホルモンの分泌」。生活のなかに取り入れて、いつまでも若々しい美しさを保ちたい!

電話をしながら正面をみている金髪オールバックの女性

アンチエイジング。

それは、老化を防ぎ、若々しさを保つためのケアのことです。

いつまでも美しくありたいと思う女性にとっては、とくに関心の高いテーマのはず。

そもそも老化はどうして起こるのでしょうか。

人間の身体が老化する原因と仕組みを知れば、アンチエイジングに効果的な対策が見えてくると思います。

アンチエイジングの意味

机の上にタイプライター、本、ノート、松ぼっくり、メガネが並べてある出典:Unsplash

「アンチエイジング」には「抗老化」という意味があります。

人間は昔から「不老不死」を求めてきました。とはいえ、医療が高度に発達した現代でも「死」をまぬがれることはできません。

ただ、平均寿命が長くなり、いくつになっても美しく健康でいたいという「不老」の願いは強まってきたよう。

衰えることを当たり前と捉えるのではなく、老化防止に積極的に取り組んでいこうというのがアンチエイジングの考え方です。

老化が起こる原因

old tree出典:Unsplash

老化にはさまざまな原因がありますが、そのなかでもとくに代表的なものがあります。

紫外線による光老化

身体のなかで、肌の老化には2種類の原因があり、ひとつは加齢による体内からの老化、もうひとつは紫外線による光老化です。

紫外線は波長の長さによってA、B、Cの3種類に分けられます。なかでも、もっとも波長の長い「UVA」は雲やオゾン層などにさえぎられることなく地表に到達。

さらに皮膚の真皮にまで届き、たんぱく質を変性させ、肌のハリをたもつ弾性繊維を切断することで老化をまねくんです。

また「UVB」によって生成された肌のメラニンを、「UVA」が褐色に変化させることで、シミができてしまいます。

「AGE」による糖化

体内の老化の原因のひとつに「AGE」による糖化があります。

「AGE」は「Advanced Glycation End Products」の略で、終末糖化産物という意味。

たんぱく質と糖が変質して生成される物質で、強い毒性があり老化を促進する原因になるんです。

「AGE」は、体内のたんぱく質やコラーゲンを劣化させるので、肌のハリが失われたり、動脈硬化や骨粗しょう症の原因となります。

活性酸素による酸化

酸素は身体機能の維持に欠かせないものですが、細胞でエネルギーに変換される際に一部が活性酸素という有害物質に変わってしまいます。

活性酸素はまわりの物質を傷つける性質があるので、遺伝子が傷つけられた細胞が老化してしまいます。

アンチエイジングに効果的なこと

日が差す中ランニングをしている女性

アンチエイジングには、さまざまな方法がありますが、手間のかかるケアはなかなか続かないもの。

そこで、日常生活にとりいれて、手軽にアンチエイジングができる方法をご紹介します。

適度な運動

加齢とともに筋肉量は減少していくもの。筋肉量が減少すると、同時に内臓機能も低下していくんです。

毎日適度な運動をして筋肉を維持することで、内臓の機能を強く保つことができます。

とくに効果的なのは、筋トレやヨガなど、ゆっくりと筋肉に負荷をかけるような運動

ただ、過度な運動は関節や心臓に負担をかけ、アンチエイジングどころか老化を進める原因になります。

ふだんから運動をしている人は、運動のしすぎにならないように気をつけるのがよさそうです。

ではどのような運動がよいのでしょうか。一般的には中等度(最大心拍数の70-80%程度)の運動量を週に2,3回、きつくない範囲で行うのがよいとされています。

ビタミンCを摂取する

ビタミンCには肌のシミやそばかすを予防するはたらきがあることはよく知られています。

さらに最近、ビタミンCがコラーゲンの生成にも不可欠であるということがわかってきました。

コラーゲンは繊維状のたんぱく質で、肌はもちろん、関節や骨にも含まれており、人体を構成する組織の主成分。

つまり、ビタミンCが不足するとコラーゲンがうまく生成されず、骨や軟骨の修復がスムーズに行われないということ。

また、ビタミンCは、抗酸化作用が強く、免疫力アップにも効果的です。

しかしビタミンCは水溶性ビタミンであり、体内に蓄積させることができません。毎回の食事に積極的に取り入れるか、食べ物で補えない分は、サプリメントを利用してもいいでしょう。

幸せホルモンを分泌させる

恋人同士でのハグ、子どもと手をつなぐなどのスキンシップによって脳内に分泌される「オキシトシン」というホルモン。

通称「幸せホルモン」と呼ばれているこのホルモンも、アンチエイジングに効果的です。

スキンシップの対象は人間だけではなく、犬や猫などのペットをなでることでも「オキシトシン」は分泌されます。

マウスによる実験で、「オキシトシン」を投与すると筋肉の修復状態が良好になるということが実証されました。

また、若いマウスでも「オキシトシン」の効果を遮断すると、老いたマウスと同じような筋肉量になってしまうという結果も。

つまり、幸せホルモン「オキシトシン」が老化を防ぐのに重要な役割を担っているということ。

家族とハグをすると元気が出る、ペットを撫でると疲れが取れるというのは、気のせいではないんです。

「エイジングケア」と「アンチエイジング」の違い

白い花と蕾

化粧品メーカーのサイトなどに、「エイジングケア」という言葉がひんぱんに使用されていることがあります。

そんなときふと、「『アンチエイジング』とはどう違うの?」と疑問に思ってしまうもの。

実は、化粧品に対して「アンチエイジング」という表現を使うのは、薬事法で禁止されているんです。

「アンチエイジング」は「老化を食い止める」「老化を遅らせる」と効能を表現する意味合いが強いので、代わりに「年齢に応じた手入れ」という意味の「エイジングケア」という言葉が使われています

化粧品は医薬品ではないので「○○に効く」と効能を謳うことができません。ちなみに、「アンチエイジング」以外に「肌が白くなる」「シミが治る」などの表現も禁止されています。

アンチエイジングで年齢を重ねても若々しく

寝る前にぼーっと考えごとをしている女性

適度な運動と、バランスの取れた食事、ストレスの緩和がアンチエイジングに大切な要素。

ふだんの生活で取り入れられることばかりですが、裏を返せば老化も生活習慣によって加速してしまう可能性があるということ。

若いからといって油断せず、健康的な生活を送って、年齢を重ねても若々しい美しさを保ちたいものです。

images via Shutterstock

written by nodoguro

お悩み別人気クリニック

全国

湘南美容外科

アンチエイジング

詳しく見る

全国

湘南美容外科

アンチエイジング

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45928 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ