NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年05月04日 更新 | 7,851 views

二重プチ整形にまぶたの脂肪吸引は必要? クリニック別の手術プラン

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

この記事は、品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行が監修しています。

プチ整形で二重にする方法を調べてみると、埋没法や切開法など色々な方法があることがわかります。せっかく美容整形をするのなら、キレイな二重を持続させたいもの。プチ整形で二重にする際、まぶたの脂肪取りをする場合がありますが、そのほうがキレイな二重ができるのか......。実は、大手クリニックの間でも賛否が分かれています。

雨のなかはにかむ女性出典:Unsplash

ひとえまぶたを二重にする美容整形は、プチ整形で気軽に行えるようになりました。

ただ、厚みのあるひとえまぶたの場合、手術をしても、すぐに元に戻ってしまう可能性があります。

まぶたの厚みをとるために、まぶたの脂肪取りをするという手もありますが......、あまり余計な手術はしたくないもの。

長期間にわたって、自分の理想の形の二重を維持するに、まぶたの脂肪取りをするべきかどうか。実はクリニックによって意見が分かれているんです。

埋没法と脂肪取りを組み合わせてくっきり二重に

髪の毛が風になびいて手で口をおさえながら正面に微笑んでいる女性

まぶたの脂肪取りとは、まぶたを切開するわけではなく、小さな穴を開けて脂肪を抜くことでまぶたを薄くする手術法です。

まぶたの脂肪が厚すぎると、糸で二重のラインをつくる埋没法では、キレイな二重ラインができないことも。

糸がゆるみやすかったり、術後の時間の経過とともに、重力でまぶたが下がってきたりすることで元のひとえに戻ってしまうかもしれないといわれています。

また、まぶたの脂肪の厚みによっては、希望のかたちの二重にできない場合もあるようです。

そんなとき、まぶたの脂肪取りであらかじめまぶたを薄くしてから埋没法を施術することで、よりくっきりした二重を作ることが可能だという医師もいます。

しかしなかには、まぶたの脂肪取りにはあまり意味がないという医師がいるのも事実です。

これは、まぶたの脂肪取りで取り除くことのできる脂肪の量が少ないことや、そもそも脂肪取りに向いている目と向いていない目がある、ということが理由のよう。

そして実は、大手のクリニックでも意見が分かれているんです。

品川美容外科:埋没法とまぶたの脂肪取りの組み合わせ

体育座りをしながら下を向きながら寂しそうに座っている女性

美容整形のクリニックでとして有名な品川美容外科では、二重のプチ整形に「1dayナチュラルクイック法」という方法をすすめています。

「1dayナチュラルクイック法」は埋没法の一種ですが、完全埋没法といってまぶたの中に糸を完全に埋める方法。だから、まぶたの裏から糸が出てきてしまう心配が少ないんです。

ただ、まぶたの厚みによっては埋没法だけでは二重のラインがつきにくい場合があるとか。

そのため、品川美容外科では埋没法とまぶたの脂肪取りを組み合わせて施術することができます。

高須クリニック:切開しないとまぶたの脂肪はとれない

横向きでピンクのドレスを着た女の子

メディアでおなじみの高須クリニックでは、埋没法とあわせてのまぶたの脂肪取りは行っていないとのこと。

その理由は、十分な量のまぶたの脂肪を取るには、脂肪取りでは不十分だからだそう。まぶたのはれぼったさを解消するためには、脂肪取りではなく、切開法による脂肪の除去でなければ意味がないというのが高須クリニックの見解です。

そして、切開法によって脂肪を除去してから二重のラインを作る方法をとれば、そもそも埋没法を施術する必要はありません。

脂肪取りと埋没法を組み合わせても、手術費用が高くなるだけで、結局ひとえに戻ってしまう可能性は通常の埋没法とさほど変わらない。

その見解から、高須クリニックでは埋没法とまぶたの脂肪取りを同時に行うことはありません。

そのほかのクリニックのまぶたの脂肪取り

女性の後ろ姿出典:Unsplash

また、そのほかの大手クリニックでもまぶたの脂肪取りに関して意見は分かれています。

湘南美容外科クリニック

湘南美容外科クリニックでは、まぶたの脂肪除去は1~2ミリの切開によって行っています。

埋没法だけではやはり永久的に二重を保つのは難しく、かといって切開法でまぶたの脂肪を切除するだけではキレイな二重ラインの形成には不十分だそう。

まぶたの脂肪の厚さと理想の二重の形状によって、多数の手術法のなかから、安全で割安な方法を紹介してくれるようです。

なかには、どんなひとえの場合でも、ほとんどまぶたの脂肪除去は必要ないと言っている医師もいるので、同じ湘南美容外科でも自分の相談したい医師を選んでからカウンセリングを受けるのがいいかも。

カウンセリングを受けてみる(無料)

大塚美容形成外科

大塚美容形成外科でも、埋没法の施術から、マイクロ切開法というごく小さな切開により脂肪を除去する方法と埋没法との組み合わせなど、5種類ほどの方法で二重プチ整形を行っています。

料金や理想の二重の形だけでなく、術後のダウンタイムの期間の希望などもあわせて施術方法を選ぶことができます。

大塚美容形成外科・歯科 大塚院

共立美容外科

共立美容外科では、小さな穴からのまぶたの脂肪取りを行っています。

通常は独自の麻酔を使用した埋没法でふたえを形成しますが、よりスッキリした二重を希望する人は、まぶたの脂肪取りと埋没法の施術を同時に受けることができるそうです。

まぶたの脂肪取り、迷ったらまずはカウンセリングを

白いワンピース姿で赤い花を持って正面を切ない目で見ている女性

プチ整形で二重を作るにときに、埋没法とまぶたの脂肪取りを組み合わせるべきかどうかは、クリニックや医師によって見解がさまざま。

まぶたの脂肪取り自体は対応していても、必要なケースとそうでないケースがあるという医師もいます。

まぶたの脂肪取りについては「絶対にこうしなきゃ」と自分で決めてしまうのではなく、まずは理想の二重や術後のダウンタイムも含めて、細かくカウンセリングで相談してみるのがよさそうです。

image via Shutterstock

written by mariaxx

脂肪吸引の地域別人気クリニック

東京

水の森美容外科 東京銀座院

銀座一丁目駅 6番出口より徒歩1分

詳しく見る

大阪

湘南美容外科クリニック

御堂筋線 心斎橋 駅より徒歩4分

詳しく見る

福岡

聖心美容外科 福岡院

西鉄福岡天神駅より徒歩5分

詳しく見る

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43167 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ