NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1032記事

メルマガ登録

2016年08月09日 更新 | 3,439 views

ニキビができたら病院へ!良い皮膚科の選び方3つのポイント

ニキビで病院に行くなんて大げさだと思っていませんか?しかし、ニキビは皮膚疾患なので、できればすぐにでも病院(皮膚科)に行ってほしいところ。でも、実際どんな病院が良いのか。皮膚科?ニキビの専門外来?また、病院では何をするのか・処方されるのか気になりませんか?そんな疑問に体験者である筆者がお答えします。

この記事に書いてあること

  • ニキビをができたら悩まず病院へ行こう
  • ニキビの病院の選び方1:口コミを確認する
  • ニキビの病院の選び方2:ニキビ専用外来以外にも注目してみる
  • ニキビの病院の選び方3:説明が上手な先生を選ぶ
  • まとめ

ニキビができたら悩まず病院へ行こう

最近はニキビが出来たときは病院に行った方がいい、と言われますよね。でも忙しくて行けない人も多いのではないでしょうか。

ニキビでの皮膚科受診率を国際的に比較すると、日本ではかなり受診率が低いのが現状です。
そのため「ニキビを治すには洗顔をたくさんすることが必要」「チョコレートを食べるとニキビができる」など、間違った認識でニキビを悪化させてしまう人も少なくありません。

出典:スキンケア大学

シオノギ製薬によると、ニキビが出来ても病院(皮膚科)に行くのは全体の1割程度と言われています。「ニキビで病院に行くなんで大げさな・・」と思ってしまう人も多いのでしょう。

ニキビはれっきとした皮膚疾患。放っておいたり自己流に治したりすると、跡になって取り返しのつかないことにもなりかねません・・・。

日本のニキビ治療は実は世界標準。薬も年々進化しており、ドラッグストアで色々試すよりも、じつは安上がりにすぐ治ってしまうことも多いのです。

迷っている方は、ぜひ皮膚科の門を叩いてほしいです。

ニキビの病院の選び方1:口コミを確認する

病院を選ぶ時、まずはネットで情報収集する方が多いのではないでしょうか。「口コミなんてあてにならないよ!」と思うかもしれませんが、侮ってはいけません。

前述のとおりニキビが出来た人の1割しか病院に行っていません。その中で口コミを書くのですから、よっぽど真剣にニキビに悩んだ人の体験談とも言えます。本気で悩んだ人であればきちんとしたレビューを書いているはずです。

ある程度は参考になると思って、病院の口コミをチェックしてみてください。

ニキビの病院の選び方2:ニキビ専用外来以外にも注目してみる

勘違いしやすいのが、ニキビ専用外来は普通の病院よりも良いのではないか?ということです。

確かに専用外来があるところは、説明も丁寧だし、ニキビに関する知識も増えます。

ただ、あなたの生活スタイルに合うかどうかは別問題。

ニキビを完治させるためには、一回の診察では済まないことが多く、通院することがほとんどです。

そうなると遠いところにある病院だと通いづらくなります。

また、ニキビを専門とする医師というのは、自分にニキビ経験があるとは限らず、ニキビが出来る仕組みなどに詳しいといった知識面で頼りになる先生が多い印象です。

私の場合は男性の先生ということもあり、結構緊張もしてストレスも感じました。

最終的に、家の近くで昔からやっているような年配の女性皮膚科医のところで治療してもらいましたが、その方が気軽に相談できたし、話も聞いてもらえたのでニキビの治りもよかったように思います。

それぞれの病院の得意分野に注目する

現在のニキビ治療は私たちの想像以上に多岐に渡っています。

「ニキビ治療」と一言いっても、さまざまな方法からアプローチすることができるのです。ざっと挙げてみましょう!

外用薬

  • 抗生物質(アクアチムクリーム・ダラシンTゲル)
  • 抗生物質以外の外用薬(ディフェリンゲル・トレチノイン)

内服薬

  • 抗生物質(ルリッド・クラリス・ミノマイシン)
  • ホルモン治療(低用量ピル・抗男性ホルモン剤)
  • ビタミン剤

クリニックでの施術

  • レーザー治療
  • ピーリング
  • 注射治療

ここに挙げたものすら一例で、まだまだいろんな方法が用意されています。

たくさんの種類があるということは、それだけ先生によっても得手不得手があるということ。

できれば口コミや下調べで、自分のしたい治療はどの先生が得意としているのかを知っておくとベストです!

ニキビの病院の選び方3:説明が上手な先生を選ぶ

そもそも病院でのニキビ治療は「カウンセリング」と「薬物療法」がメインです。

保険適用内の治療となると必然的にそうなります。

治療方法としては、ピーリング等もありますが、それは美容皮膚科の範疇ですし保険適用外になります。

そのため、カウンセリングが上手な先生かどうか、薬の説明を丁寧にしてくれる調剤薬局かどうかというのが、ニキビ治療の病院選びで重要になってくるといえます。

私の場合、塗り薬として「外用レチノイド」や「ディフェリンゲル」といった薬が処方されました。

薬局で一つ一つ説明してもらえたので、正しく自分でもつけることができたと思いますし、あれこれ思い悩まずにすみました。

副作用も気になりましたが、炎症を抑える抗生物質も処方されましたし、何事も知っていれば怖くないなと思いました。数回治療に通ったら、本当にキレイにニキビが治ったのが一番の収穫だと思います。

ちなみに、初診を済ませると処方箋だけを出してもらうこともでき、近くの薬局で薬を出してもらえるのもよかったです。

診察してもらうのは、診察料がかかる他、時間もかかったり、緊張するなどの精神的な負担もあります。一度病院で診て貰えれば同じような症状の時この薬をもらえばいいのだ、と分かるので、いろんな意味で気楽になります。

お薬手帳に記載してもらえるので、一々説明しなくていいのも面倒がなくてよかったです。とにかくストレスが少ないという意味で、ニキビができたら一度病院で診察してもらうのがおすすめです。

ニキビ治療を控えているあなたへ・・・

いかがでしたでしょうか?たかがニキビとはいえ、立派な皮膚疾患です。忙しくて時間がない人ほど、言い訳をせずに、病院に行って適切な処置をすることをオススメします。

その方が時間的にも経済的にも負担が少なくて済みます。

ポイントを押さえておけば、病院選びで迷うことなく、安心して治療に専念できるはずです。自分にとってのベストな病院を見つけて、ニキビ治療に終止符を打ちましょう!

まとめ:にきび治療の病院の選び方

賢い選び方①口コミサイトなどで評判を確認する

賢い選び方②ニキビ外来以外のクリニックにも注目する

賢い選び方③一度カウンセリングを受けて先生が本当に信頼できるのか確認する

お悩み別人気クリニック

全国

品川スキンクリニック

ニキビ・ニキビ跡

詳しく見る

全国

湘南美容外科

ニキビ・くすみ・しわ

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45084 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ