NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年07月01日 更新 | 8,405 views

手術の前に試したい。原因別、多汗症に効く漢方8選

脇や手のひらなどがいつも汗ばんで気になる......。そんな多汗症の症状は、もしかしたら、東洋医学でよくなるかもしれません。実は、漢方には、多汗症に効果的とされているものがたくさんあるんです。病院での治療を考える前に、まずは漢方を試すのもありかも。そこで、多汗症に有効な漢方薬をご紹介します。

朝日が差し込んで白いベットの上で裸でもたれかかっている女性

多汗症に悩んでいても、「汗が出る」というだけで手術まで考えるのは、ちょっと大げさな気がします。 実際に多汗症の手術を受けたことで、それまで汗をかかなかった場所から大量の汗をかくようになった....ということも。

多汗症には手術以外にも有効な治療法があります。そこで、病院での手術を考える前に、東洋医学を試してみるのはどうでしょうか? 東洋医学と言えばもちろん漢方、漢方薬で多汗症が改善される人も多いんです。

この記事に書いてあること

  • 多汗症の原因と治療法
  • 多汗症に効果的な漢方治療薬
  • 漢方の専門医・専門薬局の探し方

多汗症の原因はいろいろ

正面を見据えているセミヌードの金髪ロングで前髪パッツンの女性

暑いわけでも、緊張しているわけでも、運動したわけでもないのに、日常シーンで大量の汗をかくのが多汗症です。 汗をかく場所は脇の下だったり、手の平だったりと、人によってさまざま。

また原因も、ホルモンバランスの乱れやストレス、緊張などによる精神的なもの、代謝異常など、人によっていろいろです。 汗が出ることがコンプレックスになって、自分が汗くさいんじゃないかと気になったり、人と手をつなぐことに躊躇したりと、多汗症は深刻な悩みの種にもなるんです。

多汗症の手術はちょっと待って

多汗症の治療には手術という方法がありますが、ほとんどの場合に特定の副作用が現れます。それが「代償性発汗」です。 これは手術によって多汗症の症状は緩和されるものの、それまではあまり汗をかかなかった、身体の他の部分から汗が大量に出るようになる症状。 場合によっては治療前よりも、代償性発汗による悩みの方が大きくなることだってあるんです。

手術以外で多汗症を治療するには、心療内科で精神的な原因を取り除くか、薬を使う方法がありますが、その中で漢方薬による治療が、副作用もなく多汗症に効果があるといわれています。

漢方の治療は症状によって調合する薬が違います。ここからはそれぞれの症状ごとに、効果的な漢方薬をご紹介します。

精神的な問題が原因の多汗症に効果的な漢方

遠くを寂し気に見ている金髪ソバージュヘアーの女性

多汗症には、精神的な影響で汗が出てしまうというケースがあります。これは「精神性発汗」と呼ばれ、多汗症の原因で最も多いもの。 たとえば、緊張する場面でドキドキして、一瞬にして汗をかいてしまう人などがあてはまります。 精神的なことが多汗症の原因になっている場合、以下の2つの漢方薬が効果的なようです。

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)

柴胡加竜骨牡蛎湯は緊張する場面や、日々のプレッシャーなどで、張りつめた気持ちをゆるめてくれる漢方です。 使われている生薬には、神経の興奮を抑えたり、気持ちを穏やかにする働きがあります。 気持ちをリラックスさせることで、緊張状態による多汗症の症状を改善してくれますが、虚弱体質など体力に自信がない人にはおすすめできません。

柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)

柴胡桂枝乾姜湯は、ドキドキする気持ちを鎮める効果があります。 ストレスや緊張からのドキドキだけでなく、ホルモンバランスの乱れで心臓がドキドキする場合や、更年期による多汗症にも効果のある生薬です。 また、不眠症や自律神経失調症などにも処方され、体力に自信がない人でも安心して服用できる薬です。

体温が原因の多汗症に効果的な漢方

青い空とヤシの木出典:GIRLY DROP

身体がほてりやすい、体温が上がりやすいという体質も多汗症の原因になることがあります。 体温が上がった時に、必要以上に身体が温度調整をしようとするので、他の人よりも汗をかきやすくなるんです。 そんな、体温が上がりやすい体質の人にも有効な漢方薬があります。

黄連解毒湯(おうれんげどくとう) 

  高血圧や身体ののぼせに効果があるとされているのが、黄連解毒湯という漢方です。 生薬の中に熱や炎症をしずめる成分が含まれているので、体温の上昇を感じやすい人の多汗症に向いています。 この薬も比較的体力に自信がある人向きで、また服用中まれに吐き気などの副作用が出る場合もあります。副作用が少ないと言われる漢方薬でも、もしも異常を感じた時には、すぐに服用を中止して専門家に相談してください。

茵陳蒿湯(いんちんこうとう)

脂質が多い食生活をしていると、身体が余分に熱を発生してしまうことがあるといわれています。 茵陳蒿湯は本来肝炎などの治療に用いられる薬ですが、胃腸の熱を冷ます働きがあるため、食生活が乱れがちな人には効果的です。 多汗症の人は茵陳蒿湯の服用だけではなく、香辛料や油の摂取の量を見直すなど、食生活の改善も同時に行うことをおすすめします。

肥満が原因の多汗症に効果的な漢方

バーベキュー出典:GIRLY DROP

通常、人が汗をかくのは効率よく体温調節をするためです。 しかし、皮下脂肪が多いと体内の熱を放出する時に妨げとなってしまいます。そのため、肥満の人は普通の人よりも多量に汗をかく傾向があるんです。 肥満による多汗症に有効な漢方は次の2種類です。

防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)  

防已黄耆湯は水分代謝を活性化させるのに有効な漢方です。生薬に含まれる成分に、体内の水分循環を良くする効果があるので、身体のむくみや、むくみのせいで脂肪がつきやすい、いわゆる水太り体質の解消が期待できます。特に下半身のむくみに効果的なよう。 ふだんから汗かきで疲れやすい人に効果があり、肥満につながるむくみが解消されることで、多汗症の改善にも有効なようです。

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)

元々は肥満症の解消、高血圧にともなうむくみやのぼせに用いられる薬です。身体の水分循環を改善して、同時に身体の熱を冷ます効果があることから、多汗症の治療にも使われています。 利尿作用や便通をよくする働きなどがあり、排泄機能を向上させたり、代謝を良くして肥満を改善したり、高血圧の改善にも重要な役割を果たしてくれます。

ホルモンバランスの乱れが原因の多汗症に効果的な漢方

水中の中で体をそっているロングヘアーの女性出典:Unslash

ホルモンバランスが乱れると、体内の代謝機能が乱れ、暑さや寒さに関係なく汗をかいてしまう場合があります。 ホルモンバランスの乱れは更年期障害の典型的な症状のひとつ。そして他にも、ストレスや不規則な生活を送ることが、ホルモンバランスの乱れにつながります。 ホルモンバランスの乱れによって汗をかきやすくなっている人には、以下の漢方が効果的です。

加味逍遥散(かみしょうようさん)

加味逍遥散は女性ホルモンを安定させるために使われてきた漢方で、月経不順にも効果がある生薬です。 血液循環を整える働きがあると言われ、のぼせなどの上半身の熱を冷ましながら、逆に手足の冷え性は改善してくれます。 多汗症の症状だけでなく、女性特有の体調不良を一緒に感じているなら、加味逍遥散を試してみるといいかもしれません。

女神散(にょしんさん)

女神散も、のぼせやめまいなどの、女性特有の体調不良に効果を発揮することから「女神」という名前がつけられています。 この薬の生薬は、体内の血行や水分の循環を良くして神経の働きを良好にしてくれます。ホルモンバランスが整うので、結果的に多汗症も改善するはず。 また、胃腸の働きを良くしてくれる効果もあります。

信頼できる漢方治療のためには

多汗症で漢方による治療を受ける場合には、漢方の治療を扱っている医療機関を受診するか、漢方薬局で相談することになります。言ってみれば完全なオーダーメイド。

漢方の処方は専門医、もしくは漢方専門の薬局などで直接面談して行われるものです。通販などで多汗症の漢方を手に入れても、自分の体質や症状に合わなければ効果はまず期待できません。

最近ではインターネットで、近隣の漢方専門医や漢方薬局を検索できるサービスもあります。まずはそうしたサービスを使ってみて、実際に探した病院や薬局に足を運んでみましょう。

漢方の処方はかなり高度な知識と経験がないと、効果がある調合はできないと言われています。漢方による多汗症治療の効果は、薬を処方する専門家の技術で決まるんです。

まずは気軽に多汗症の相談をしてみよう

スマホとラテアート出典:GIRLY DROP

もともと中国で発達した漢方は、自然由来の生薬を利用した東洋医学。副作用や身体への悪影響を最低限に抑えながら、身体が本来持っている機能や治癒力を高める薬だと言われています。

そのため、一時的な対症療法としてだけではなく、体質そのものを改善し、身体の悩みを解決するのに役立つんです。 適切な漢方の処方をしてもらうには、漢方医の診察を受けるか、漢方専門の薬剤師に相談するのが1番。

まずは気軽に多汗症の悩みについて、漢方薬局で相談してみるのがいいかも。多汗症解決のヒントが、そこで見つかるかもしれませんよ。

まとめ:手術の前に試したい、原因別多汗症に効く漢方8選

多汗症の原因と治療法

  • 多汗症にはいろいろな原因がある
  • 手術には副作用の危険性がある

多汗症の症状に合わせて選ぶ漢方薬

  • 精神性の多汗症には柴胡加竜骨牡蛎湯・柴胡桂枝乾姜湯
  • 体温が高い人には黄連解毒湯・茵陳蒿湯
  • 肥満性の多汗症には防已黄耆湯・防風通聖散
  • ホルモンの乱れには加味逍遥散・女神散

漢方の専門医・専門薬局の探し方

  • インターネットの紹介サイトを利用する
  • 実際に相談に行くのがおすすめ

漢方以外の多汗症治療も気になる方は、多汗症の特徴と治療法、正しい知識まとめを見てみてください。

お悩み別人気クリニック

東京

水の森美容外科 東京銀座院

銀座一丁目駅 6番出口より徒歩1分

詳しく見る

大阪

湘南美容外科クリニック 大阪梅田院

JR大阪駅より徒歩3分

詳しく見る

福岡

聖心美容外科 福岡院

西鉄福岡天神駅より徒歩5分

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43332 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ