2017年10月12日 更新

費用は数倍以上になることも!?眼瞼下垂の手術で保険が適用される条件とは

まぶたの筋肉がゆるむことで視界が悪くなってしまう病気、眼瞼下垂。手術でしか治療ができない眼瞼下垂ですが、実は手術に健康保険が効かずに料金が数倍になってしまうことがあるんです。一体、どんなときに眼瞼下垂は保険の適用外になってしまうのか。知ってみると、意外と、保険適用外の手術を受けるのもありかもしれません。

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

この記事は、品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行先生が監修しています。

まぶたの筋肉が緩むことで目を開けづらくなってしまう眼瞼下垂

眼瞼下垂は病気の症状のひとつで、基本的に眼瞼下垂の手術には健康保険が適用されます。

しかし、実は保険がきかずに手術費が何倍にもなってしまうケースがあるようです。

どのような場合だと眼瞼下垂の手術に保険が適用されるのか、くわしく紹介します。

200,000円台で眼瞼下垂が受けられるクリニックをみる

目次

眼瞼下垂の手術が保険適用となると費用は5万円ほど

お財布を持つ女性の写真

眼瞼下垂の手術は健康保険が適用されると、両目合わせて5万円ほどで手術を受けることができます。

しかし、保険の適用外と判断された場合には30~50万円もの手術費が必要になってしまうようです。

このようなことから、眼瞼下垂の手術はできれば保険内で済ませたいもの。保険が適用される条件とはどのようなケースなのでしょうか?

眼瞼下垂の手術に保険が適用される条件

目を隠す女性の写真

眼瞼下垂の手術が健康保険の適用を受けるためには、当然ながら医師に眼瞼下垂であると診断されなければなりません。

また、眼瞼下垂の手術に限らず、健康保険を適用するには、まず健康保険が適用される施設に行くことが大前提となります。

美容外科のなかには、健康保険を使うことができないクリニックもあるので注意してください。

眼瞼下垂かどうかを確認する方法

眼瞼下垂の手術を保険内で受けるためには、眼瞼下垂と診断される必要があります。以下では、自分が眼瞼下垂かどうかをチェックする方法を紹介します。

  1. 目を閉じる
  2. 眉の上を人差し指で押さえる
  3. 眉の上を人差し指で押したまま目をあける

このとき、目が開けにくかったり、額に力が入り指を上へ押し上げてしまったりすると、眼瞼下垂の可能性が高いようです。

日常生活に支障をきたしているかどうかも重要

クリニックによっては眼瞼下垂であるだけではなく、眼瞼下垂が原因で、日常生活に支障をきたしていることを健康保険の適用の条件としている場合があります。

日常生活に支障をきたすほどの症状は、以下のようなことになります。

  • 目が開かないことで車の運転などが難しい
  • 目が開かないことで首を上げてものを見るようになり首がこってしまう

どの程度の症状の眼瞼下垂に保険を適用するかは、医師の判断次第のところも大きいため、「自分は眼瞼下垂で困っている」ということをしっかり伝えるのが大切です。

200,000円台で眼瞼下垂が受けられるクリニックをみる

美容目的である場合は保険は適用されない

鏡を見る女性の写真

条件をクリアしていても健康保険が適用されない眼瞼下垂の手術があります。それは、美容目的による眼瞼下垂手術です。

あくまで健康保険は病気やケガで困っている人のためのもので、目を大きくすることや二重ラインをキレイにすることを求めた手術には適用されません。

つまり、健康保険の適用内の眼瞼下垂の手術は、眼瞼下垂の症状の改善を目指すもので、自分が考える美しい目もとに近づけてくれるものではないのです。

そのため、保険が適用されない美容クリニックで美容目的として手術をする人もいるようです。

保険適用で手術を受けるなら症状の具合や目的がポイント

カウンセリング風景の写真

眼瞼下垂の手術は、保険適用ができる場合とできない場合があります。保険が適用されれば、手術費用は5万円ほどとですが、されない場合は30〜30万円ほど。

保険が適用されるためには、眼瞼下垂と診断されること、クリニックによっては生活に支障がきたすと判断されることが重要なようです。

美容目的の場合は、保険は適用されませんが治療のほかに見た目をきれいにすることも目指せるでしょう。

200,000円台で眼瞼下垂が受けられるクリニックをみる

眼瞼下垂の費用目安

キャラクターの画像
クリニック 費用(目安)
聖心美容クリニック 200,000円
湘南美容外科 223,500円

品川美容外科 | 275,920円

※費用は税抜表示です。※主に片目のみの金額を掲載しています。

※掲載している情報は2017年10月11日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

この記事の監修医:和田哲行先生のクリニックはこちら

  • 住所東京都渋谷区道玄坂2-3-2 大外ビル4F
  • アクセスJR渋谷駅 「ハチ公改札」徒歩約1分
  • 休診日年中無休
  • 診療時間10:00〜20:00
  • 電話番号0120-175-600
  • 予約電話予約 WEB予約

※ クリニック情報や診療メニューなどは、公式ホームページから取得した内容ですので、情報の正確性は保証されません。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

品川美容外科渋谷院の詳細

医師・薬剤師・その他医療関係者の方へ

より正確な医療情報を発信するためにも、医師の監修を経て誤りがないよう万全を期しておりますが、もし誤りとお考えになる情報があった場合には、ご指摘いただけますと幸いです。社内で確認の上、必要な対応をさせていただきます。

医療・薬剤に関する情報の指摘

その他記事へのお問い合わせ

眼瞼下垂の施術を受けられるクリニック

  • 大阪大阪梅田院JR大阪駅より徒歩3分
  • 眼瞼下垂373,500円

湘南美容外科クリニックの詳細

  • 福岡西鉄福岡天神駅より徒歩5分
  • 眼瞼下垂(切開法)480,000円

聖心美容外科 福岡院の詳細

眼瞼下垂の施術を受けられるクリニックを探す

この記事の監修者

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

和田哲行

院長 / 監修記事 (55)

品川美容外科渋谷院

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

id美容外科 代表院長 パク サンフン

パク サンフン

監修記事 (1)

id美容外科 代表院長

共立美容外科 銀座院 藤巻尊子

藤巻尊子

監修記事 (1)

共立美容外科 銀座院

共立美容外科新宿本院 望月香奈

望月香奈

監修記事 (1)

共立美容外科新宿本院

サイトメニュー