NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1036記事

メルマガ登録

2016年10月28日 更新 | 24,536 views

整形不要!いま話題の"目頭切開メイク"のやり方とおすすめコスメ

「目が大きければもっと可愛いのにっ!」目がコンプレックスな人、結構いるのではないでしょうか。だけど整形まではちょっと・・・と、抵抗がある人も多いですよね。そんな時こそ困ったときのメイク頼み!メイクは女の子の味方です。整形までしなくても「目頭切開メイク」でおめめぱっちり、とびっきり可愛くしちゃいましょう

目頭切開メイクって知っていますか?目は大きくしたいけど、整形をする勇気はないし……という人にピッタリのメイク方法なんです。

目次

目頭切開メイクって?

メイクをしている

目頭切開メイクとは目頭切開手術をイメージしたメイクです。

目頭切開手術とは、目頭の端(蒙古ひだ)を切って広げて、目を近づける、大きく見せる、はっきりとした目鼻立ちに見せる効果がある手術。

蒙古ひだは、目頭の皮膚の部分、上まぶたの先端にある目頭の突っ張られている皮膚のこと。

蒙古ひだはある人とない人がいますが、これがしっかりあると目が離れて見えてしまうんです。

蒙古ヒダのある女性

目頭切開手術の効果をメイクで表現するには、リキッドアイライナーを使い影効果で上手に蒙古ひだに線をひき、デカ目を描きます。

みんなもやってるんです

実際に目頭切開メイクで蒙古ひだをなかったことにして、おしゃれしている女子は多いんです。

上手に出来れば手術しなくてもデカ目効果パッチリです!

目を大きくしたいけど整形はちょっと・・・

目を大きくしたいというのは、いつの時代も女子の憧れですよね。最近はカラーコンタクトが異常な程のブームを巻き起こしていますし、女子の「デカ目」に対する憧れを象徴しているとも言えます。

美容整形もここ数年でかなり普及してきました。今までは整形=悪のようなイメージもありましたが、今では気軽にできるプチ整形をはじめさまざまな形で整形の恩恵を受ける女性が増えてきました。

ただそれでも「整形はちょっと・・・」という人がいるのも確か。目の整形ではメスを入れることもありますから、やはりそのあたりに抵抗を持つ女性も多いのです。

そんな方たちにはぜひこの目頭切開メイクをおすすめしたいです!アイライナー1本あれば誰にだってできるデカ目メイク、練習すればするほどテクニックも磨くことができます。

プラス5ミリ目を大きく見せられる目頭切開メイク、ぜひ日常的に取り入れてみてください♪

目頭切開メイクのやり方

目頭切開メイクをやる前に、まずは肌のお手入れをしましょう。しっかり下地をつくることで、メイクの出来栄えも変わってきます。

目頭切開切開のアイメイクには、油分は大敵。とくにオイリー肌の方は注意が必要です、しっかりメイクの前に油分をオフするようにしましょう!

化粧下地、ファンデーション、ベビーパウダーなどを用いてしっかり肌をさらさらにしておいてください。とくに目元はベタつきがないようにしておくと、目頭切開メイクもなじんでいきますよ。

目頭切開メイクのやり方は簡単。手持ちのリキッドアイライナーで蒙古ひだにラインを少し長めにはみ出すように引くだけ。

目頭切開メイクをしているところ

目頭切開ラインを入れる前と入れた後の写真を見比べてください。目頭にアイラインが入っているのはほんのちょっとです。なのに蒙古ひだがないかのような印象に!

メイク前
メイク後

ポイントは、蒙古ひだにアイラインを引きすぎないこと。アイラインを引き過ぎると不自然になってしまうので注意しましょう。

ほんの気持ち程度のアイラインを余分に引くだけで、デカ目キュート女子に大変身します!目と目が近づくことで、鼻筋が通った美人な印象になりますね。

目頭切開メイクの注意点

目頭切開メイクはコツをつかむと仕上がりが本当に目頭切開をした人のような、パッチリとした仕上がりになります!

はじめは目元の細かいメイクなので戸惑うこともあるかもしれませんが・・・慣れれば朝の時間がないときでも、バッチリメイクすることができます。

さてそんな目頭切開メイクですが、いくつか注意点もあります。しっかり注意点を抑えて、整形メイクを極めていきましょう!

粘膜に入るか入らないかというギリギリの位置までアイラインを入れる

アイメイクは目の粘膜を傷つけないように行うのが最低限気をつけることです。目頭切開メイクは粘膜のギリギリまでしっかりラインを入れるとものすごく自然な仕上がりになります。

ただ慣れないうちは粘膜に触ってしまう可能性がありますので、ほどほどにしておくのも手です。慣れてきたら粘膜ギリギリのところまでチャレンジしてみてください。

目頭からはみ出しすぎないようにする

目頭切開メイクは目頭からアイラインを少しはみ出させるのがポイント。これによってデカ目効果を得ることができるのです。

ただはみ出し過ぎは不自然かつ仕上がりも美しくなくなるので、注意が必要です。自分では判断つきかねるということであれば、周りの友達や家族に不自然じゃないかどうか聞いてみましょう!

仕上がりは横顔も確認する

メイクしている側としては、ついつい正面からの仕上がりばかりを気にしがち。しかし目頭切開メイクは実は横からの印象というのがとっても大切なのです。

横から見ても違和感がなく、目頭としっかりつながって見えるかというのもぜひ確認してください。横から見てもきれいにラインが引けていれば、ナチュラルデカ目効果はばっちり出ていると言っていいでしょう!

パウダー系を上から

アイライナーのメイク崩れを防ぐためには、目頭切開メイクをしたあとにパウダー系でしっかり抑えるというのも大切です。ファンデーションやベビーパウダーなどがおすすめ。薄い色でしたらアイシャドウでもOKです。

目頭切開メイクはとくに崩れたときのメイク直しが大変ですから、しっかり対策をしておくに越したことはありません。とくに夏は崩れやすいので、パウダーを最後しっかりはたくようにしてくださいね。

おすすめコスメ

アイライナーはペンシルではなくて、リキッドアイライナーがオススメ。

時間の経過で薄くなることもないし、目頭に数ミリ単位の細かいラインを入れるのでリキッドのほうがペンシルより使いやすいです。

蒙古ひだの部分は目ヤニや涙で崩れやすい部分だけど、リキッドなら安心かも。

おすすめアイライナーはこれ

モテライナー リキッド TAKUMI出典:@cosme

熊野の筆職人が匠の技術を結集して開発したアイライナー。にじまない、崩れない、ペンの形が六角形で持ちやすく描きやすいと評判がよくリピ続出。

欠点はない!と評価する人もいるほど満足度が高いアイライナーです。もちろんコスパも二重丸です。

目頭切開メイクでデカ目をゲット

美しい女性

お金をかけなくても、顔にメスをいれなくても、手軽に出来ちゃう目頭切開メイク。蒙古ひだは悩みのタネだけど、ラインひとつで目力アップの素敵女子に変身できるなんて、メイクの力は侮れません。

整形業界泣かせの目頭切開メイクで、憧れのデカ目をゲットしちゃいましょう!憧れの芸能人のような素敵な瞳になれちゃうなんて毎日が楽しくなっちゃいますね。

目頭切開 両目の体験レポート公開中!

test

目頭切開してきた!傷跡は?痛みは? | 山本クリニック

目頭切開 両目の費用目安

キャラクターの画像
クリニック 費用(目安)
東京美容外科 100,000円
湘南美容外科クリニック 171,750円
聖心美容クリニック 200,000円
品川美容外科 222,220円
城本クリニック 250,000円

※費用は税抜表示です。

※掲載している情報は2016年10月12日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45984 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ