NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1037記事

メルマガ登録

2016年11月26日 更新 | 80,906 views

ダウンタイムは100%ある。ほくろ除去の術後経過【レーザー&切除縫合】

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

この記事は、品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行が監修しています。

目立つ部位にあったり、日焼けで数が増えたり、コンプレックスになりやすいほくろ。ほくろ除去を考えている人も多いはず。ほくろ除去手術後、傷跡の赤みやへこみが目立たなくなるまで、レーザー治療法なら3ヶ月、切除縫合法なら1ヶ月はかかります。術後は紫外線を防ぐことと、保護用テープの使用を続けることが、美肌への近道です。

振り向いている女性の写真

顔の目立つところにあるととくに、鏡を見るたび憂うつになるほくろ。

ほくろ除去手術によって取り除くことができますが、気になるのが、一体どれくらいの期間傷口を隠す必要があるのかということ。

また、どれくらいの期間でメイクができるようになるのかなど、ほくろ除去後の術後経過についてもしっかり知っておきたいところ。

術後経過について知っておけば、安心してほくろ除去に臨むことができるはず。

病院で行われるほくろの除去方法

女性医師が微笑んでいる写真

まず、病院で行われるほくろの除去方法は、大きく分けて4種類あります。

1. レーザー治療法

ほくろ除去の方法として、病院やクリニックで多く採用されているのがレーザー治療です。

また、レーザー治療にはさらに種類がありますが、代表的なのは「炭酸ガスレーザー」。

炭酸ガスレーザーは、皮膚の表面にあるほくろの色素細胞を、レーザー照射による熱で破壊するというもの。

盛り上がっているほくろでも治療可能です。

2. 切除縫合法

メスでほくろを切除して、傷を縫合するという「切除縫合法」というほくろ除去の方法も。

ほとんどの場合、ほくろの大きさよりも少し大きめの楕円型に皮膚を切開して手術を行います。

再発の可能性が低く、根の深いほくろでも除去することが可能です。

3. くりぬき法

くりぬき法は、メスやパンチを用いて皮膚をほくろよりわずかに大きくくり抜いて切除する方法。

5ミリ以下の小さなほくろや、鼻、口元の近くのほくろに施術されることが多いようです。

切除縫合法と同じく再発の可能性は低いですが、感染症や出血などの術後のトラブルに見舞われることもあるので注意が必要です。

4. 電気凝固法

電気凝固法は、電気メスを利用してほくろをかさぶたのように薄く固め、除去する方法です.

直径1cmを超えるような大きめのほくろや、盛り上がったほくろを除去するのに適しています。

除去するのと同時に傷跡も固まって止血されるので、出血はほとんどなく、縫合の必要もありません。

ほくろ除去手術の術後経過

4種類のほくろ除去の方法のなかで、とくに選択されることが多いのが「レーザー治療」と「切除縫合法」。今回は、この2つの手術の術後経過について調べてみました。

1. レーザー治療でほくろ除去した場合の術後経過

鼻に包帯をしている女性の写真

術後すぐ

患部にじんじんとした感覚があります。

鈍い痛みを感じる人もいれば、まったく痛みがないという人も。術後よりも局部麻酔の方が痛かったと感じる人が多いようです。

傷口の状態は赤くへこんでいます。

術後5〜7日

術後すぐよりも赤みが増して、傷が少し目立つように感じます。

医師に処方された軟膏を患部が埋もれるくらいたっぶりと塗布し、医療用テープで保護。

術後2週間

赤みや凹みが少しずつ目立たなくなってきます。

傷の周囲が盛り上がって中心がへこみ、クレーターのような状態になることも。

術後1か月

色素沈着が目立ち始め、「失敗したんじゃないか…」と不安になる時期。

でも焦らずに傷口の保護を続け、根気よくよくなるのを待ちましょう。

術後3〜6ヶ月

へこみや赤みはほとんどなくなり、メイクをすればなったく分からないくらいの状態になります。

このころには「ほくろがあったことすら忘れていた!」なんて人も出てくるようです。

2. 切除縫合でほくろ除去した場合の術後経過

体育座りをしたモノ憂げな女性の写真

術後すぐ

ほくろの約3倍ほどの大きさの切開傷を保護する必要があるため、顔に貼られる絆創膏などの保護テープは大きく、目立ちます。

術後当日は洗顔や入浴、シャワーは禁止で、傷口を濡らさないように気をつけなければなりません。

痛みや腫れ、出血を減らすため、絆創膏の上から保冷剤で患部を冷やすことをすすめられることもあるようです。

術後5〜7日

このころから、傷口にかゆみを感じ出します。

たいていの場合、抜糸はこれくらいの時期に行われます。そして傷口にはテープを。

テープがはがれたら新しいものを貼り直し、1〜3ヶ月ほど貼り続けます。

術後1ヶ月

赤みや盛り上がりがだいぶ目立たなくなってくる時期。

メイクをすればほとんど分かりません。

ただ、傷跡がほとんど完全に治癒するには、1年ほど時間がかかるそうです。

ほくろ除去後に気をつけたい2つのこと

カラーメイクをした驚いた表情の女性の写真

ほくろを除去したあとは、ふだんの生活のなかで、気をつけなければならないことがあります。

1. 紫外線に要注意

ほくろを除去後3〜6ヶ月は保護テープを貼ったり、日焼け止めを塗ったりして、極力紫外線を浴びないように注意しなければなりません。

それは、紫外線が原因で色素沈着が起こったり、肌がキレイに再生されなかったりすることがあるからです。

2. 保護テープをしばらく貼り続ける

傷口が目立たなくなったからといって、保護テープを貼ることをおろそかにしてしまうと、ケロイドという、傷が赤く盛り上がった状態になってしまうかもしれません。

保護テープには、傷口を紫外線から防ぐということ以外に、刺激を極力排除して、傷口がケロイド状になるのを防ぐ目的もあるんです。

ダウンタイムを視野にほくろ除去計画を

帽子を被った女性の写真

どんな方法でほくろを除去しても、赤みやへこみが目立つ時期を避けることは難しいよう。

ほくろの除去を思い立ったら、初診から施術、術後経過まで視野にいれて計画を立てるといいと思います。

ほくろを除去するなら、紫外線が比較的弱く、傷を隠すためにマスクをしていても不自然ではない、春や冬がよさそうです。

ほくろ除去によるトラブルを避けるためには

美容医療サービスでのトラブルを避けるために以下のことに気をつけましょう。
1.不適切なホームページや広告などの情報に気をつける
2.医療機関に行く前に施術やクリニックの情報をよく確認する
3.施術を決める前に、リスクや施術の効果について医師に説明を求める
4.その施術は本当に必要か考える

(政府広報オンライン)

出典:美容医療サービスの消費者トラブル サービスを受ける前に確認したい4つのポイント:政府広報オンライン

NICOLY編集員が顔のほくろ除去を体験してきました

ほくろ除去(レーザー,電気メス,切除)の費用目安

キャラクターの画像
クリニック 費用(目安)
東京美容外科 3,000円
湘南美容外科クリニック 3,749円
品川美容外科 4,860円
聖心美容クリニック 9,800円
城本クリニック 10,000円
水の森美容外科 16,000円

※費用は税抜表示です。施術方法やほくろの大きさは各クリニックによって異なります。

※掲載している情報は2016年10月12日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

顔のほくろ除去の体験レポート公開中!

test

美容クリニックで顔のほくろ除去やってきた!

顔に無数にあるほくろがずっとコンプレックスだった編集部・町田。

年々増え続けるほくろをなんとかするために、品川美容外科渋谷院でレーザーによるほくろ除去を体験してきました!

ほくろ除去の一部始終や術後経過を、動画と写真つきで余すところなくご紹介。

果たしてほくろはきれいに消えるのでしょうか。

出典:顔のほくろ除去やってきた!| 品川美容外科渋谷院

ほくろ除去(クリームやレーザー)のメリットやデメリット、副作用や口コミを知るなら『ほくろ除去を皮膚科でした人は成功した?失敗した?費用や注意点まとめ』記事がオススメ!

ほくろ除去の地域別人気クリニック

東京

池袋サンシャイン美容外科

JR池袋駅 東口 徒歩5分

詳しく見る

大阪

品川美容外科 心斎橋院

心斎橋駅「1番出口」徒歩すぐ

詳しく見る

福岡

湘南美容外科 福岡院

地下鉄七隈線天神南駅 徒歩1分

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ