いま話題のゼルティックなど「切らない脂肪吸引」の種類や効果を解説!

脂肪に間接的に働きかけて脂肪細胞を減らすのが「切らない脂肪吸引」と呼ばれる方法です。「切らない脂肪吸引」はどの方法でも特殊技術で脂肪細胞を破壊して、自然に体外に排出させるため、体を傷つける不安も無くダウンタイムの苦しさもありません。脂肪吸引にどうしても踏み切れない人でも、この最新技術は試してみる価値がありそうです。

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

この記事は、品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行先生が監修しています。

キレイになりたいけど、身体を傷つけることは怖い

脂肪吸引はできれば切らずに済ませたい、でも切らないと脂肪を除去できない。このジレンマを解決するのは不可能に思えますが、最新の技術が可能にしつつあります。それが「切らない脂肪吸引」です。

切らない脂肪吸引とは?

うつ伏せになりながら本を読む少年

切らない脂肪吸引とは、注射やレーザーなどで体内の脂肪細胞を破壊して、それを代謝の働きで体外に排出する方法です。吸引と呼ばれていますが吸引はしません。

脂肪細胞は成人になると数が一定なので、これを除去できれば痩せられるわけです。

切らない脂肪吸引では他の組織にはダメージを与えずに、破壊された脂肪細胞だけが時間をかけて体の外に出ていきます。だから即効性は感じられませんが、時間と共にその効果が現れてくるのです。

ただし、切らない脂肪吸引にも色々な種類があり、脂肪溶解注射やレーザーのように、機具の一部を体内に挿入する場合もあるので注意が必要です。

切らない脂肪吸引と切る脂肪吸引との違いは?

ノートに何かを書く女性

切らない脂肪吸引と切る脂肪吸引の大きな違いは、身体への負担の大きさです

切る脂肪吸引は体の一部を切って体外に出すわけですから、負担が大きく回復にも時間がかかります。一方で、切らない脂肪吸引は体内に脂肪細胞を残した状態で、その一部をその場で破壊する技術です。

破壊された細胞は体内の新陳代謝の働きで、ゆっくりと体の外へ運び出されます。だから施術時の負担も少ないし、切る脂肪吸引のようにダウンタイムで苦しむ心配もありません

切らない脂肪吸引が効果的な理由がわかったところで、切らない脂肪吸引方法を3種類紹介します。

切らない脂肪吸引1:脂肪溶解注射

脂肪溶解注射

メソセラピーとも呼ばれる脂肪溶解注射(ホスファチジルコリン)は、溶解液によって脂肪細胞の細胞膜を破壊して減らす痩身法です

溶解液は元々高脂血症の治療にも使われていた薬剤が主成分なので、身体に悪い影響を与える心配はありません。施術は皮膚表面に簡単な麻酔を施したら、そのまま注射を打つだけですから痛みも少なく、1か所あたり5~10分と時間も短くて済みます。

ダウンタイムも短くて、当日から通常の生活に戻れますが、1週間ほどは軽い腫れが出る場合があります。破壊された脂肪細胞は1~2か月かけて体外に排出されますから、それと共に効果が感じられるようです。

切らない脂肪吸引2:痩身レーザー

痩身レーザー

リポレーザーなどと呼ばれる痩身レーザーは、脂肪細胞に直接レーザーを照射して破壊する痩身法です

施術は注射針ほどの極細の管を直接皮下脂肪に挿入して、脂肪細胞をレーザーで破壊するだけ。麻酔には局所麻酔を使用して、1か所あたりの所要時間は約10~20分程度です。

脂肪溶解注射のように1つの部位に対して数回の施術が必要なものに比べて、1回だけで同様の効果を得られるというメリットもあります

術後一時的に軽い腫れが出る場合がありますが、ダウンタイムが軽くて済むのですぐに普段の生活に戻れます。効果が見えてくるのが1~2か月後、破壊された脂肪細胞が体外に排出されると効果を感じられるようになります。

切らない脂肪吸引3:ゼルティック

ゼルディック

ゼルティックは全く新しい発想から生まれた痩身法です。その仕組みは何と、脂肪細胞を凍らせて破壊するというもの

専用の機械を使って体の外から脂肪細胞を冷却、シャーベット状に凍らせることで破壊します。しかも他の組織にダメージを与えることもありません。脂肪細胞は他の組織に比べて早く凍結を始めるため、他の組織が凍らない温度で施術できるからです

ゼルティックでは施術中の痛みはほとんど無く、麻酔さえ必要ありません。だからダウンタイムの心配も全くいらないのです。破壊された脂肪細胞は自然に排出されて、1~2か月で効果を実感できるようになります。

切らない脂肪吸引の注意点

悩む女性

切らない脂肪吸引では、切る脂肪吸引に比べて効果が出にくい場合があります

これは1度に施術できる範囲が限られるためで、その時は計画を立ててから数回に分けて施術を行います。より大きな効果を求めて複数回の施術を受けると、その分だけ費用もかかるため、切る脂肪吸引の方が費用を抑えられることもあります

また使用する薬剤との兼ね合いから、糖尿病や高血圧の人では受けられない場合もあるので、カウンセリングで確認しておきましょう。

切る?切らない?よくカウンセリングして決めましょう

切らない脂肪吸引の安心感を選ぶか、切る脂肪吸引の確かな効果を選ぶかは、カウンセリングで決めましょう

切らない脂肪吸引まで含めると選択肢が増え、それだけ迷いが増えるかもしれません。でも選択肢が増えることは可能性が広がること。様々な要素を医師と共に確認しながら、自分に最も合った脂肪吸引を見つけましょう。

written by PINNOHIDE

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

関連する記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

記事に関するお問い合わせ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

注目の記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

58,855 views

この記事の監修者

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

和田哲行

院長 / 監修記事 (214)

品川美容外科渋谷院

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー