ほくろ除去の方法別お値段まとめ! 病院でかかる平均費用も大公開

ほくろ除去の方法は、さまざまです。自分でできる方法として、ほくろ除去クリームやジェル、もぐさ、カソーダがあります。専門機関でほくろ除去するなら、皮膚科・美容外科で取ることができます。ほくろがきれいに取れるまでにかかる時間や費用が異なるので、自分に合う方法はどれか、じっくり吟味することが大切です。

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

この記事は、品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行先生が監修しています。

気になるほくろを取りたい!

とくに顔にあるほくろは、鏡を見るたびに目に入ってくるので、取ってしまいたいと思うことも多いはず。

でも、ほくろはどうやって取ればいいの...?

ほくろ除去のために美容外科に行くのはちょっと...という人も安心。多くのほくろは自分で除去できますよ。しかも、費用もあまりかかりません。

今回は、自分でできるほくろ除去や皮膚科・美容外科での除去方法を4つ紹介します。自分のほくろの状態と、どれくらいキレイにしたいかを考えれば適切な除去方法が見つかるかも。

1. ほくろ除去クリーム・ジェル

ほくろ除去クリームを塗ろうとしている女性

ほくろを除去できるクリームやジェルがあるんです!

ほくろ除去クリームをほくろに塗布すると、クリームに含まれる成分が皮膚細胞を破壊し、やけどのような状態になります。

やけどのような状態から治っていく過程でカサブタができ、それがほくろと一緒にポロッとはがれ落ちるのです。

ほくろ除去クリームやジェルは自宅でできる方法ですが、用法用量ちゃんと守らないと失敗してクレーターができてしまうかもしれませんほくろ除去クリーム・ジェルで失敗しない方法をしっかり守ることが大切です。

また、ほくろ除去クリームやジェルは、日本製のものは発売されておらず、海外からの個人輸入品がほとんどです。そのため保証などがありません。お値段は5千~1万円ほど。

2. もぐさ

もぐさでほくろ除去をする

もぐさでほくろが取れちゃうんです!

もぐさはヨモギの葉を原料とした温熱アイテムです。お灸をイメージするとわかりやすいかも。

もぐさから発生する熱によってほくろの細胞の水分がなくなり、かさぶたのように乾いてほくろが取れるという原理です。

やり方は簡単。ほくろと同じ大きさのもぐさを、ほくろの上に乗せて火をつけ温めます。これだけです。

3~4回の着火を1日1回、これを3~4日ほど続けて「ほくろが乾いた」と感じたらおしまい。しばらくするとポロッと自然にほくろが取れます。もぐさのお値段は5千~1万円ほど。

3. カソーダ

ほくろ除去用のカソーダ

ついにほくろ除去もDIYの時代!

カソーダとは、重層とひまし油でできたアルカリ性のクリームです。

ほくろに塗ると、皮膚細胞が腐食し、かさぶたとなってはがれ落ちます。アメリカではポピュラーな美容クリームで、ほくろだけでなく、シミやいぼなどにも有効です

カソーダは買うと千円くらいですが、自作するともう少し安いかもしれません。

4. 皮膚科,美容外科

ほくろ除去を皮膚科や形成外科で受ける

皮膚科や美容外科でのほくろ除去手術方法はさまざまなんです!

皮膚科や美容外科でのほくろ除去手術方法には、メス切除縫合、くりぬき、高周波メス・電気メス、炭酸ガスレーザーがあります。ほくろの大きさや形状によって、手術方法が異なります。

大きなほくろにはメス切除縫合やくりぬき手術を行いますが、傷痕が大きくなりやすいのがデメリット。手術方法や術後の経過について、事前に医師と入念に相談した上で決めると後悔しないはずです

費用は通常約3万円、保険適用なら1万円程度に抑えられる可能性があります。クリニックによっては5千円くらいから行っているところもあるようです。

費用は手術方法よりもほくろの大きさや、根の深さで決まります。皮膚科や美容外科でほくろ除去手術をしたときの費用や注意点をしっかり理解しておきましょう。

ほくろ除去に保険が適用されて安くなるかも

ほくろ除去手術は、保険が適用される可能性があります。保険が適用される条件は次の4つです。

  1. (必須)健康保険が使える施設で施術を受けること
  2. 悪性の疑いのあるほくろ、放置しておくと肥大するなどの危険性をともなうほくろであること
  3. 悪性の疑いはないが、大きさや形状から、医師が除去したほうがいいと判断したほくろであること
  4. 悪性の疑いはないが、患者自身が除去したのち、病理検査を希望する場合

悪性でないほくろの場合、保険が適用されるかどうかは、医師の判断や病院の基準によります。

ほくろが悪性か気になる、キレイに取りたい人は病院に行こう

ほくろ除去はしっかり調べよう

自分でほくろ除去ができるほくろ除去クリームやもぐさは、手軽にできる反面、自己流は危険性がともなうことを忘れないでください。

ほくろがキレイに取れないことや、ほくろが悪化してしまった人もいます。また、ただのほくろだと思っていたら、悪性の皮膚がんだった……なんてことも。

キレイにほくろを取りたい、病気じゃないか知りたいと思ったら、皮膚科・美容外科に足を運んでみてください。治療法や治っていく過程を正しく理解することで、安心してほくろを除去することができますよ。

ほくろ除去でのトラブルを避けるために気をつけたいこと

①まず、ほくろかどうかを医師に確認してもらう
②ほくろの性質によって除去の方法を検討してもらう
③レーザー治療の経験が豊富な医師を選ぶ
④除去した後のケアにも注意をする

出典:「ほくろ取りでの危害-エステや自己処理でやけどや傷-(pdf資料)」ー独立行政法人 国民生活センターwww.kokusen.go.jp/pdf/n-20090409_1.pdf

ほくろ除去(レーザー,電気メス,切除)の費用目安

キャラクターの画像
クリニック 費用(目安)
東京美容外科 3,000円
湘南美容外科クリニック 3,749円
品川美容外科 4,860円
聖心美容クリニック 9,800円
城本クリニック 10,000円
水の森美容外科 16,000円

※費用は税抜表示です。施術方法やほくろの大きさは各クリニックによって異なります。

※掲載している情報は2016年10月12日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

顔のほくろ除去の体験レポート公開中!

test

美容クリニックで顔のほくろ除去やってきた!

顔に無数にあるほくろがずっとコンプレックスだった編集部・町田。

年々増え続けるほくろをなんとかするために、品川美容外科渋谷院でレーザーによるほくろ除去を体験してきました!

ほくろ除去の一部始終や術後経過を、動画と写真つきで余すところなくご紹介。

果たしてほくろはきれいに消えるのでしょうか。

出典:顔のほくろ除去やってきた!| 品川美容外科渋谷院nicoly.jp/article/2398

関連する記事

[美容整形体験レポート] 顔のほくろ除去やってきた!| 品川美容外科渋谷院

顔に無数にあるほくろがずっとコンプレックスでした。年々増え続けるほくろをなんとかするために、品川美容外科渋谷院でレーザーによるほくろ除去を体験!ほくろ除去の一部始終や術後経過を、動画と写真つきで余すところなくご紹介。果たしてほくろはきれいに消えるのでしょうか。

ほくろ除去(クリームやレーザー)のメリットやデメリット、副作用や口コミを知るなら『ほくろ除去を皮膚科でした人は成功した?失敗した?費用や注意点まとめ』記事がオススメ!

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

関連する記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

記事に関するお問い合わせ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

注目の記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

この記事の監修者

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

和田哲行

院長 / 監修記事 (226)

品川美容外科渋谷院

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー