ほくろ除去するなら保険適用と自由診療どちらがおすすめ?

皮膚科でほくろ除去する場合、治療が保険適用になると費用が安くなります。悪性の疑いがある、放置すると危険なほくろなどの場合は、保険適用になる可能性が高いです。治療方法によっては自由診療のほうが安くなる場合もあるので、ほくろの状態をふくめて医師と相談しながら治療方法を決めましょう。

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

この記事は、品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行先生が監修しています。

ほくろ除去の値段を安く済ませたいなら、保険適用される病院でほくろ除去をすると良い!

実は、これは半分正解で、半分間違いです。

保険適用されると安くなりますが、保険適用される治療が必ずしも安いとは限りません。自由診療治療のほうが安いこともあります。

では、どんなほくろが保険適用されるのか、ほくろ除去の費用を安くするには保険適用と自由診療のどちらを選べば良いのでしょうか

そこで、ほくろ除去治療について保険適用の条件や自由診療について紹介します。

目次

ほくろ除去は保険が適用される?

保険適用されるほくろのことを知りたい女性

ほくろ除去は症状や、医師の判断によって保険が適用されることがあります。具体的には以下のようなケースの場合に保険が適用されるようです。

メラノーマの疑いがある

ほくろ除去治療が保険適用されるほくろとは、悪性の疑いのあるほくろ放置すると危険なほくろです。

皮膚がんの一種『メラノーマ』は、ほくろのように見えますが、放置すると全身に転移する恐ろしいがん。

普通のほくろとメラノーマを見分けるポイントはこちら。

  • 形が非対称(丸くない)
  • 色や濃さにバラつきがある
  • 肌との境界が不規則
  • 直径が6ミリ以上

もし当てはまるようなら、すぐに皮膚科での受診しましょう。組織を採取してメラノーマと診断されたら周辺部位を含めて手術で取り除きます。

医師が「除去が必要である」と判断した場合

また、メラノーマ"疑い"以外のほくろでも、保険適用される場合があります。

  • 肥大化しつつあるほくろ
  • 頻繁に出血しているほくろ
  • 大きさや形状が普通と異なるほくろ
  • 生活に支障をきたしているほくろ
  • ほくろ除去後、病理検査を希望している

これらの条件をクリアしたら保険適用が必ずされるわけではありません。保険適用するかどうかは、ほくろの状態を見た上で、医師の判断や病院の基準に沿います

また、美容目的のほくろ除去は健康保険の適用外です

4,000円台でほくろ除去が受けられるクリニックをみる

保険適用される「ほくろ除去方法」とは?

保険適用されるほくろ除去の治療方法

ほくろ除去が保険適用になる治療方法は、メス切除縫合、くりぬき、高周波メス・電気メス切除の3つです。

これらで除去したほくろは病理検査に出すことができるため、保険を適用することができます。

なお、炭酸ガスレーザーでも保険適用としている施設がありますが、保険適用の具体的な判断基準は明らかにされていません。医師の判断によって保険適用になるケースもあり得るというくらいの認識で良いでしょう。

保険適用によるほくろ除去の費用の目安

ほくろ除去のためにお金をためている女性

健康保険のうち社会保険と国民保険(かつ70歳未満)であれば、医療費の自己負担は3割です。

たとえば、5万円のほくろ除去治療を受けるなら保険適用後の費用は1.5万円です

治療以外にも初診料や術後の診察で追加費用がかかります。『ほくろ除去を皮膚科で受けた時の費用』を見てみると、初診料は千円、術後診察料は5百円ほどなので、約1.6万円でほくろ除去ができると考えることができます。

4,000円台でほくろ除去が受けられるクリニックをみる

保険が適用されない自由診療「炭酸ガスレーザー」

レーザー治療でほくろ除去治療を受けたい女性

保険適用によるほくろ除去のデメリットは、炭酸ガスレーザー治療を受けられないこと

炭酸ガスレーザー治療が保険適用外になる理由は、ほくろの皮膚細胞を破壊するので、除去したほくろを病理検査に出せないからです。

しかし、炭酸ガスレーザー治療にはさまざまなメリットがあります。

炭酸ガスレーザー治療は傷跡が目立ちにくい

炭酸ガスレーザー治療は、小さなほくろなら短時間で、傷痕も小さく済むとされ人気の高い治療方法です。

費用が全額自己負担であっても、見た目の美しさを重視するなら、自由診療による炭酸ガスレーザー治療でのほくろ除去をおすすめ。

実は費用が安い?

直径が3ミリまでの平らなほくろなら、ほくろ1つ数千円ほどで治療可能な病院もあります。悪性ではないと判断できるほくろなら、自由診療で除去したほうがお得な場合も。

レーザーで取れるほくろかどうか悩んだら、初診は保険適用も自由診療のどちらも可能な皮膚科にしましょう。医師から正しい説明を受けることで、ベストなほくろ除去方法を見つけられるでしょう。

結局、保険適用の自由診療はどっちが良い?

ほくろ除去をすすめる医師

保険適用によるほくろ除去のメリットは費用の安さ

費用全額の3割負担で済むので、大きなほくろや根が深いほくろ、悪性の疑いがあるほくろなど、除去が難しいほくろほどメリットが大きくなります。

美容外科や皮膚科の治療方法によっては、ほくろ除去は自由診療になります。自由診療になると全額自己負担です。ほくろの状態によってはかなり高額なほくろ除去治療になってしまいます。

しかし、炭酸ガスレーザー治療は費用は安いケースもあり、見た目もきれいにほくろを除去できるというメリットがあります。

保険が適用されるかどうかは条件がありますが、適用される場合でも自分がどのような目的で、ほくろを除去したいのかを考えて治療方法を選ぶと良いでしょう。

4,000円台でほくろ除去が受けられるクリニックをみる

目的によって保険内治療か自由診療かを考えよう!

顔を隠す女性の写真

ほくろ除去治療について保険適用の条件や自由診療について比較しました。

ほくろ除去は保険が適用される場合がありますが、いくつかの条件があります。そのため、適用されない場合は自由診療でのほくろ除去となります。

自由診療は全額負担となってしまいますが、よりきれいにほくろを除去することができるでしょう。

自分がどのような目的でほくろを除去したいのかを考えて治療を検討しましょう。

ほくろ除去の費用目安

キャラクターの画像
クリニック 費用(目安)
品川スキンクリニック 4,860円
聖心美容クリニック 9,800円
城本クリニック 10,000円
シロノクリニック 10,000円

※費用は税抜表示です。※主に直径1mmのほくろ除去の金額を掲載しています。

※掲載している情報は2017年10月11日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

この記事の監修医:和田哲行先生のクリニックはこちら

  • 住所東京都渋谷区道玄坂2-3-2 大外ビル4F
  • アクセスJR渋谷駅 「ハチ公改札」徒歩約1分
  • 休診日年中無休
  • 診療時間10:00〜20:00
  • 電話番号0120-175-600
  • 予約電話予約 WEB予約

※ クリニック情報や診療メニューなどは、公式ホームページから取得した内容ですので、情報の正確性は保証されません。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

品川美容外科渋谷院の詳細

医師・薬剤師・その他医療関係者の方へ

より正確な医療情報を発信するためにも、医師の監修を経て誤りがないよう万全を期しておりますが、もし誤りとお考えになる情報があった場合には、ご指摘いただけますと幸いです。社内で確認の上、必要な対応をさせていただきます。

医療・薬剤に関する情報の指摘

その他記事へのお問い合わせ

この記事の監修者

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

和田哲行

院長 / 監修記事 (48)

品川美容外科渋谷院

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー