NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1027記事

メルマガ登録

2016年10月31日 更新 | 6,470 views

リバウンドしない脂肪溶解注射(メソセラピー)で部分痩せしよう

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

この記事は、品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行が監修しています。

脂肪溶解注射(メソセラピー)は、痩せたい部分に脂肪細胞を壊す薬剤を注射して、脂肪細胞そのものを減らします。なのでリバウンドの心配がなく、脂肪吸引のように身体を傷つけ負担の大きい施術ではないので安心です。部分痩せは難しい、そんな常識を過去にする脂肪溶解注射で、理想の美ボディを手に入れましょう。

脂肪吸引のことを調べていると目に入ってくる脂肪溶解注射

"溶解"という言葉が入っているからか、脂肪吸引よりもなんだか危険なイメージ。

でも、脂肪溶解注射は脂肪吸引よりも安全度が高くて、ダウンタイムもほとんどなく、リバウンドの心配もほとんどない、魅力的な施術方法なんです。

そんな脂肪溶解注射について、脂肪吸引との違いや詳しい施術内容などを紹介します。脂肪吸引と脂肪溶解注射、どっちにしようか悩んでいる方に読んでほしい内容です。

脂肪溶解注射とは? - 脂肪吸引との違い

脂肪溶解注射の準備

脂肪溶解注射とは「脂肪細胞を壊す薬剤を注射して、脂肪細胞の数を減らす」施術方法です。

脂肪吸引も、脂肪溶解注射と同じく脂肪細胞の数を減らす施術方法ですが、脂肪吸引は脂肪溶解注射に比べてカニューレが太く、身体への負担が大きい施術方法です。

なぜ脂肪細胞の数を減らす方が良いのか

脂肪が増えた...」、太ったときはこう思うかもしれませんが、これは間違いです

脂肪が増えたのではなく、脂肪細胞が大きくなったんです。

脂肪細胞の数は一生をとおして、ほとんど変わりません。そのかわり大きさは常に変わります。

太るということは脂肪細胞が大きくなること、ダイエットは脂肪細胞を小さくすることなんです。

リバウンドは、ダイエットで小さくした脂肪細胞が元の大きさに戻ることです。なので、脂肪細胞の数そのものを減らす脂肪溶解注射は、リバウンドの心配がほとんどありません。

脂肪溶解注射と脂肪吸引の違い

脂肪溶解注射は"薬剤を注入し脂肪細胞を破壊して減らす痩身法です。一方で、脂肪吸引は身体にカニューレ(管)を入れて脂肪細胞を吸い出す痩身法。

どちらが身体に負担が少ないか、わかりますよね?

脂肪溶解注射で破壊された脂肪細胞は、体内の代謝の働きで時間をかけて体の外に排出されるので、身体の自然な反応の中で痩せられます。

脂肪溶解注射がオススメな人は?

脚の美しい女性

脂肪溶解注射は脂肪吸引のように、1度の施術で大きな効果を求める痩身法ではありません。

痩せたい部位の脂肪の量に合わせて、何回かに分けて注射施術を行うので、自然なダイエットのように徐々に痩身効果が現れます

そのため、仕事や生活への影響をなるべく抑えたい人、周囲に整形のことがバレたくない、自然なサイズダウンと見られたい人に最適な痩身法です。

施術部位に制限はなく、全身のどこでも、痩せたい部位に脂肪溶解注射を打つことはできます

ただし、人によっては注射する成分との相性が悪く、術後に腫れがひどくなる場合があるので、事前のカウンセリングで担当の医師に相談しましょう。

脂肪溶解注射で注入する薬剤や成分はなに?

脂肪溶解注射の薬剤の成分について調べる女性

ところで、脂肪溶解注射で注入する薬剤や成分は一体なんでしょうか。

脂肪溶解注射で使用する薬剤に入っている主な成分は、元々高脂血症の治療にも使われていたフォスファチジルコリンです。

この成分は大豆などの植物から作られ、栄養補助食品としても使われるほど安全なものです。

他には、近年注目されているデオキシコール酸(胆汁酸)という成分です。これ以外にもビタミン剤などを加えて、オリジナルの薬剤を使っている病院もあるので、詳しくはカウンセリングで聞いてみるといいでしょう。

脂肪溶解注射の具体的の流れ

脂肪溶解注射の流れを説明する医師

脂肪溶解注射は、脂肪吸引に比べると施術も簡単です。長い休みや仕事の調整はほぼ必要ないはず。

脂肪溶解注射の流れは、

  1. 病院で医師とカウンセリング。
  2. 施術部位に麻酔クリームなどで麻酔をする。
  3. 脂肪溶解注射で薬剤を注入する。
  4. おしまい

と、施術自体は約5~10分で終わってしまうそう。

麻酔クリームは塗布してから20分ほど置くので、麻酔クリームを塗る場合はトータルで30分程度と考えておけばよいでしょう。

ただ、脂肪溶解注射は1回で大きな効果は見込まれず、複数回の施術が必要です。病院ごとで異なりますが、大体2週間に1回の頻度で脂肪溶解注射を行います。

5~6回続けると、効果が目に見えてあらわれるそうですよ。

脂肪溶解注射のアフターケア

脂肪溶解注射のアフターケアをしている女性

脂肪溶解注射には、脂肪吸引のようなダウンタイムが無いので、仕事や日常生活にすぐ戻ることができます

施術直後は筋肉痛のような痛みや、腫れが出る場合がありますが、ひどいものではなく1週間前後で気にならなくなるそうです。

ただし、顔の脂肪溶解注射の場合は、他の部位に比べて腫れが出やすいので、心配な時はカウンセリングで相談しておきましょう。

施術後は運動やマッサージを適度に取り入れると、代謝が活発になって痩身効果がアップします。

脂肪溶解注射のメリット

脂肪溶解注射のメリットを聴いて喜ぶ女性

脂肪溶解注射のメリットをまとめると、このようになります。

  • 気になる部分だけを痩身できる。
  • 身体に大きな傷をつけないので、傷痕の心配がない。
  • 施術時間が短い。
  • 身体にやさしい成分を使うので安心。
  • セルライト除去にも効果がある。
  • ダウンタイムの苦しさがほとんど無い。
  • すぐに仕事や日常生活に戻れる。
  • 周囲から自然なサイズダウンしたかのように見られる。
  • 痩身効果が続くためリバウンドしにくい。

脂肪溶解注射のデメリット

脂肪溶解注射のデメリットを聴いて悩む女性

どんな施術方法にも副作用やリスク、向いてないことがあります。

  • 痛い。
  • 一度に大きな効果は期待できない。
  • 広範囲の痩身には向いていない。
  • 薬剤の成分によっては、施術後に腫れが出る場合がある。
  • 施術後に筋肉痛のような痛みが出る場合がある。

脂肪溶解注射の費用は? 脂肪吸引よりも安い?

脂肪溶解注射のためにお金を貯める女性

脂肪溶解注射の費用は、施術する部位の大きさ(範囲)によって違います

例えば、ハガキ大の範囲なら1回が3万円前後、6回1セットで15万円ほどです。

狭い範囲への施術なら費用を抑えて安くすることができますが、お腹全体など広い範囲への施術では、脂肪吸引と同じくらいの料金がかかるようです。

脂肪溶解注射の体験談や口コミ

脂肪溶解注射の体験談や口コミを読む女性

脂肪溶解注射をした人の体験談や口コミを紹介します。 脂肪溶解注射で効果がでる人、でない人はいるので、必ず医師と事前にカウンセリングしましょう。

二の腕三回 下腹三回 しました。一週間もすれば綺麗になります。 二の腕は厚み1・5cm減りました。 サイズは3cm減。 ノースリーブが着れるようになって嬉しいです。 下腹も同じくらい減りましたよ。 私には合ってます。

出典:脂肪溶解注射(メソセラピー)を受けたことある人、受けたい人 | ガールズちゃんねる - Girls Channel

二回やりました。 1度目は太ももの内側で効果がありすぎて、今ボコッと凹んでます。 2回目は太もも外側で、茶色く色素沈着してしこりがあります。変化はまったくなし。 別々のところでしたが、やるんだったらリスク背負ってやるしかない。

出典:脂肪溶解注射(メソセラピー)を受けたことある人、受けたい人 | ガールズちゃんねる - Girls Channel -

二重あごに2回やりました。すごい腫れ上がって化け物みたいな顔になりました。徐々に腫れは収まり痛みも無くなりました。問題の二重あごですが、たるんでしまいました。皮膚の下のぜい肉が無くなってシワシワ。(中略)正直やったこと後悔しています。

出典:脂肪溶解注射(メソセラピー)を受けたことある人、受けたい人 | ガールズちゃんねる - Girls Channel -

まとめ

脂肪溶解注射は、脂肪吸引に比べてまだまだ知名度は低いかもしれません。

でも、脂肪溶解注射は仕事が忙しい人や自然なスリムダウンを求める人にとっては、魅力的な痩身法なのかもしれません。

本来は食事管理と適切な運動で痩せるのが一番ですが、確実に痩せたい人は、脂肪溶解注射について、病院でカウンセリングを受けてみるのもいいと思います。

太もも脂肪溶解注射の費用目安

キャラクターの画像
クリニック 費用(目安)
東京美容外科 8,500円
湘南美容外科クリニック 8,620円
城本クリニック 20,000円
水の森美容外科 20,000円
聖心美容クリニック 26,000円

※費用は税抜表示です。注射1回分(または1本)の金額を掲載しています。

※掲載している情報は2016年10月12日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

脂肪溶解注射の体験レポート公開中!

test

-2kg?! 脂肪溶解注射「顔やせクイック」であごの脂肪をすっきりさせてみた

あごの下の脂肪が気になるというモニターのみみさんは、今回品川スキンクリニックで、脂肪溶解注射「顔やせクイック」を受けることに。顔やせクイックは注射を打って脂肪の解消をするというものなので、脂肪吸引のようにダウンタイムが短く済み、仕事で休めない人にもおすすめとされる施術です。

出典:[美容整形体験レポート]-2kg?! 脂肪溶解注射「顔やせクイック」であごの脂肪をすっきりさせてみた|品川スキンクリニック 表参道院

【体重公開】1か月弱でウエスト-17.5センチ! 腰の脂肪溶解注射で美くびれに

こんにちは、NICOLYモニター4度目のみみです。今回は品川スキンクリニック表参道院の脂肪溶解注射で気になっていた腰の脂肪を解消することに。脂肪溶解注射は脂肪吸引より安全性の高い施術と聞いていましたが、痛みに敏感な私には施術中の痛みがとても心配でした。でも、施術前に笑気麻酔をしたことで痛みを感じずに施術を終えられ、さらに2週間でウエスト-12センチの痩身に成功しました。

出典:[美容整形体験レポート]【体重公開】1か月弱でウエスト-17.5センチ! 腰の脂肪溶解注射で美くびれに|品川スキンクリニック表参道院

お腹への脂肪溶解注射の費用目安

キャラクターの画像
クリニック 費用(目安)
東京美容外科 8,500円
湘南美容外科クリニック 8,620円
城本クリニック 20,000円
水の森美容外科 20,000円
聖心美容クリニック 26,000円

※費用は税抜表示です。注射1回分(または1本)の金額を掲載しています。

※掲載している情報は2016年10月12日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

お腹への脂肪溶解注射の体験レポート公開中!

test

【体重公開】1か月弱でウエスト-17.5センチ! 腰の脂肪溶解注射で美くびれに

こんにちは、NICOLYモニター4度目のみみです。今回は品川スキンクリニック表参道院の脂肪溶解注射で気になっていた腰の脂肪を解消することに。脂肪溶解注射は脂肪吸引より安全性の高い施術と聞いていましたが、痛みに敏感な私には施術中の痛みがとても心配でした。でも、施術前に笑気麻酔をしたことで痛みを感じずに施術を終えられ、さらに2週間でウエスト-12センチの痩身に成功しました。

出典:[美容整形体験レポート]【体重公開】1か月弱でウエスト-17.5センチ! 腰の脂肪溶解注射で美くびれに|品川スキンクリニック表参道院

脂肪溶解注射の地域別人気クリニック

東京

湘南美容外科 銀座院

東京メトロ銀座一丁目駅3番口すぐ

詳しく見る

大阪

品川美容外科 心斎橋院

心斎橋駅「1番出口」徒歩すぐ

詳しく見る

福岡

品川スキンクリニック 福岡院

西鉄天神大牟田線福岡駅「南口」より徒歩約5分

詳しく見る

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

44591 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ