NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1032記事

メルマガ登録

2016年10月28日 更新 | 18,251 views

大きな小鼻を小さくできる「小鼻縮小(鼻翼縮小)術」の整形方法まとめ

ヴェリテクリニック 福岡 院長 室孝明

この記事は、ヴェリテクリニック 福岡 院長 室孝明が監修しています。

正面から見た鼻の印象を変えるには、鼻を高くするよりも、小鼻を小さく引き締めた方が実は効果的。小鼻を縮小する美容整形の代表手術は、「小鼻縮小(鼻翼縮小)術」。大きすぎる小鼻を小さくする小鼻縮小術には、さまざまな小鼻のタイプに合わせた最適な施術方法があります。リスクが少なく安全で、短期間で仕上がる手軽さで、ひそかに体験者が増えているそう。しかし、先生の技術によっては「いかにも」な鼻になる可能性があるため、注意しなければなりません。

顔かたちがいろいろあるように、小鼻の形も人それぞれ。

なかでもちょこんとした小さな鼻に女性的な魅力を感じるという人は多いんだとか。

また、顔のど真ん中にあることから、第一印象に少なからず鼻は影響するよう。

美容整形のなかでも比較的簡単な「小鼻縮小(鼻翼縮小)術」は、小鼻を小さくしたいと考えている人にとって有効な整形方法のひとつです。

顔が太って見える、笑うと小鼻が広がるなどの悩みがあるなら、小鼻縮小術を考えてみてもいいかも。

ですが、実はこの手術、鼻の手術の中でもっとも医師の技術力の差がでる手術なので、どの先生に手術してもらうかをきちんと見極める必要があります。

小鼻を小さくする整形手術は6種類ある

かけているサングラスを持って正面を見ているエキゾチックな女性

大きすぎる小鼻を小さくする美容整形手術には、「小鼻縮小(鼻翼縮小)術」があります。

そのなかでも、さまざまなタイプの小鼻や悩みに合わせ、用いる施術方法は大きく分けて以下の3つです。

  1. 小鼻縮小術「内側法」
  2. 小鼻縮小術「外側法」
  3. 切らない小鼻縮小術(糸または注射)
  4. 小鼻縮小術「頭側法」
  5. 小鼻挙上術
  6. 鼻孔縁挙上術

代表的な「内側法」「外側法」の2つは、小鼻の『横軸』方向を小さくする美容整形。

一方で「頭側法(または上側)」と「小鼻挙上術」、「鼻孔縁挙上術(切除術)」は小鼻の『縦軸』方向を小さくする美容整形です。

ヴェリテクリニック 福岡 院長 室孝明

小鼻が重たいと感じている場合、そのほとんどは小鼻の面積が広いことが原因です。それはつまり小鼻の皮膚部分と鼻の穴とのバランスが悪いためそう見えてしまっているのです。これを改善するためにはそれらの利点をうまく利用する必要があります。

ちなみに手術する勇気がなかなかでない人には「切らない小鼻縮小術」という方法も。小鼻を切らずに小さくするいわゆる「プチ整形」のひとつで、これは糸で結んで小鼻を引き締めるものと、注射で小鼻を引き締めるものがありますが、永久的な効果はありません。

どの方法が適しているかは悩みや鼻の特徴によって違うので、最適な手術方法も変わるんです。

ここでは、代表的な3つの方法、切らない小鼻縮小、内側法、外側法について説明します。

1. 切らない小鼻縮小術

花束を持って振り向いている金髪で長い髪の毛の女性

鼻を切ることに抵抗がある人には、「切らない小鼻縮小術」がオススメ。この切らない小鼻縮小術にも施術方法がいくつかあります。

糸を使って小鼻を小さくする施術

切らない小鼻縮小術のなかでもっともポピュラーな方法は、特殊な糸を使って小鼻を小さくする方法。

小鼻の両端に糸を通し、左右の小鼻をギュッと中央に引き寄せることで小鼻を小さくします。

施術に使う糸は2種類から選択。ひとつはそのまま身体に残るナイロン製の糸。もうひとつは体内で自然に溶ける糸です。

溶ける方の糸は約3~6か月かけて少しずつもとに戻っていきます

施術後には5ミリくらい鼻の幅が狭くなり、横幅が詰まった分少しだけ鼻が高くなる効果も期待できるとか。

施術時間と術後経過

麻酔は局所麻酔を使用し、施術は約30~60分で終了。上記の内側法や外側法と比べて痛みや腫れは少なく、ダウンタイムも3日前後と短めです。

施術直後には鼻と口元に違和感を感じるかもしれませんが、徐々に慣れるので心配しなくていいそう。

注射を使って小鼻を小さくする施術

また、切らない小鼻縮小術には「注射」を使った方法もあります。

「BNLS注射」「ボトックス注射」の2種類があり、どちらも効果は小さいのですが、もっとも手軽な小鼻縮小術といえる方法です。

「BNLS注射」とは脂肪溶解注射のことで、小鼻に付いた脂肪を減らして目立たなくさせる効果があり、「ボトックス注射」には、小鼻を広げる筋肉の働きを抑えて小鼻を縮小させる効果があります。

2. 小鼻縮小術:内側法

指で口元をおさえて笑顔で正面を見ているセミロングでウェーブの女性

小鼻縮小術の内側法は「鼻の穴は大きいけれど、小鼻の張り出しがそれほど大きくない鼻」に適した施術。

ヴェリテクリニック 福岡 院長 室孝明

正面から見ると小鼻が横に広がっているけれど、張り出しはそれほど気にならない人がよい適応です。

反対に、張り出しが強い人はこの方法を行うと更に張り出しが目立つことになります。

施術方法と仕上がり

小鼻縮小術の内側法は、鼻の穴の内側を切って余分な部分をうまく処理して縫合することで小鼻を小さくします。メスを入れるのは鼻の内側だけなので、傷跡はまったく目立ちません。

施術後は横に張り出していた小鼻の幅が狭まり、鼻先が全体的に小さく引き締まった印象に。

また、大きな切除にはならないので、不自然な小鼻になる心配もほとんどないとか。

施術時間と術後経過

麻酔は局所麻酔を使い、施術は約30~60分ほどで終わります。

術後の腫れや痛みには個人差があるものの、ダウンタイムは約1週間と考えればOK。

当日から日常生活に戻れますが、気になる人はマスクを付けていれば腫れに気づかれることはほとんどないのだとか。

また、さらに小鼻の形をキレイにしたい人には、小鼻の縦幅を小さくする手術『小鼻挙上術』や『鼻孔縁挙上術』も行うとよいかもしれません。

3. 小鼻縮小術:外側法

笑顔で正面を見ているワンレンの女性

内側法では改善し切れない、「横に大きく張り出した小鼻」に適しているのが小鼻縮小術の外側法です。

外側法は、仕上がりが自然に見えるようバランスを考えることが重要な施術といえます。

限界を超えて小鼻を小さくしないように、医師との間で事前にしっかりとデザインを決めておく必要がありそう。

施術方法と仕上がり

小鼻縮小法の外側法は、小鼻の内側から外側までを切開して、余分な部分をうまく処理してから縫合することで小鼻を小さくします。

傷跡が残りそうな気がしますが、それほど心配はしなくてもよさそう。

というのも、小鼻の外側には頬との間に溝があり、外側法での切開、縫合はこの溝に合わせて行うため、傷跡が気になることはないのだとか。

施術時間と術後経過

外側法も内側法と同じく、局所麻酔を使った約30~60分の施術で終わります。

より広範囲を切除するので、腫れや痛みはやや強く、ダウンタイムも少し長めに1週間~10日ほど必要かも。

施術直後の傷跡は、メイクで充分カバーできますが、念のためマスクを付けていた方がよさそうです。

外側法はいったん切ってしまうと元に戻しづらいため、手術の難易度が高いそう。特に鼻の穴の形がおかしくなると『いかにも』な鼻になるため、経験豊富な先生にお願いしたいところ。

小鼻縮小にかかる平均費用

万年筆を持って手帳に書き込もうとしている様子

上の①②③に該当する「小鼻縮小(鼻翼縮小)術」にかかる費用には、病院ごとにひらきがあります。

参考となる大手美容整形の施術法ごとの料金めやすと、相場となる平均費用は以下のとおり。

  • 内側法:約18~35万円(平均は25万円前後)
  • 外側法:約25~35万円(平均は30万円前後)
  • 切らない小鼻縮小術(糸):約18~25万円(平均は20万円前後)
  • 切らない小鼻縮小術(注射):1回あたり約2~3万円

また、少しでも費用を抑えたい時は、割引制度を活用してみる手も。 割引制度には「モニター料金」「キャンペーン料金」「メンバー割引」「学生割引」などがいます。

一例としてあるクリニックの小鼻縮小術「内側法」の料金を、定価と割引価格とで比較してみました。

定価:28万円~ キャンペーン料金:21万円~ モニター料金:17万円(端数は省略)

キャンペーン割によくあるメンバー割や学割は、大体5%引きが多いよう。

それから、クリニックの症例モデルとして施術を受けるかわりに費用が安くなる「モニター治療」は、たいていのクリニックで募集しているので活用してもいいかも。

術式選びと同じくらい病院選びも大切

スイーツを並べて机に伏せながら見ている女性

「小鼻縮小(鼻翼縮小)術」で失敗しないためには、何よりも病院と医師選びが重要です。

とくに顔の印象を左右する鼻の整形では、高い技術力だけではなく、優れたデザイン能力が要求されます。

また医師の能力以外にも、施術前からアフターケアまで、コミュニケーションがスムーズに行えるということも大切。

つまり医師とスタッフを含めた病院全体のレベルが高くないと、満足できる結果が望めない可能性があるということ。

これは、施術を受ける前のカウンセリングを最大限に活用して、見極めるのがよさそうです。

カウンセリングにおいて大切なのは、「自分の希望を残さず伝えること」「カウンセリングの段階から自分の執刀担当医師に相談すること」の2つ。

そして「カウンセリング担当医師=執刀担当医師」、この体制ができている病院を選ぶよう気をつけたほうがよさそうです。

知識があれば整形は怖くない

芝生に寝そべって正面を笑顔で見ている麦わら帽子をかぶってストライプの服を着た真っ赤な口紅の女性

美しさを手に入れるためとはいえ、顔かたちを変える美容整形に不安な気持ちを抱いている人は多いはず。

その多くは施術そのものに対する不安と、結果に対する不安だと思います。とくに鼻という器官はパーツとしては大きくないとはいえ、顔の印象に重要な役割を果たしているからなおさらかもしれません。

でも恐怖や不安があるのは、事前知識がないから。

誰でも未知の体験は怖いものですが、その体験への知識を事前に手に入れれば、怖さは徐々に消えてくるもの。

「小鼻縮小(鼻翼縮小)術」の基本を知ったうえで、まだ不安が残るなら経験者の声を聞いてみたり、複数のクリニックにカウンセリングに行ってみたりするのもいいかもしれません。

しっかりした知識を身につけて望めば、美容整形への恐怖心は薄れるはず。

まとめ

道端でタブレットを持って考えごとをしている女性

肌の色も、目の大きさも顔の大部分の印象はメイクで変えることができます。

でも小鼻の場合、メイクでのカバーには限界があります。だからこそ「もうちょっとだけ鼻が高ければ......」「もうちょっとだけ小鼻が小さくなれば......」と悩む人も少なくないはず。

でもそのまま悩み続けるか、1歩踏み出して理想の小鼻を手にいれるかは自分次第。踏み出す先にはいろいろあるけれど、美容整形もそのひとつです。

毎日「小鼻を小さくしたい」と鏡の前で悩んでいるよりも、まずは思い切ってカウンセリングに出かけてみると、一歩踏み出せた気がして気持ちが前向きになれるかもしれません。

小鼻縮小の費用目安

キャラクターの画像
クリニック 費用(目安)
東京美容外科 150,000円
湘南美容外科クリニック 170,250円
品川美容外科 220,370円
城本クリニック 300,000円
聖心美容クリニック 300,000円

※費用は税抜表示です。

※掲載している情報は2016年10月12日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

小鼻縮小の体験レポート公開中!

test

小鼻縮小とプロテーゼで美鼻を手にいれた!【山本クリニック】

鼻を小さくする・小鼻縮小の地域別人気クリニック

東京

水の森美容外科 東京銀座院

銀座一丁目駅 6番出口より徒歩1分

詳しく見る

大阪

湘南美容外科クリニック

御堂筋線 心斎橋 駅より徒歩4分

詳しく見る

福岡

聖心美容外科 福岡院

西鉄福岡天神駅より徒歩5分

詳しく見る

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

44937 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ