NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1034記事

メルマガ登録

2016年10月31日 更新 | 35,196 views

鼻や鼻の穴が大きくなる無意識にやりがちな3つのクセ

小鼻や鼻の穴が大きい原因は、遺伝や加齢だけではありません。普段やってしまいがちな、ちょっとした動作が、だんだんと小鼻や鼻の穴を大きくしているんです。細くってスッと通った鼻筋を手に入れたいなら、普段の行動を見直す必要があるみたいです。

顔の中央にどんと陣取る大きい鼻……。

小鼻や鼻の穴が大きいと、ボテッとした印象になってなんだか嫌。

とはいえ、生まれつきのものだし、諦めるしかないと思っていました。

でも実は、小鼻や鼻の穴が大きくなる原因は、生まれつきのものだけじゃなかったんです!

もしかしたら、無意識のうちにやってしまうクセが、小鼻や鼻の穴を大きくなる。のを助長しているかも。

小鼻や鼻の穴の大きさが気になっているなら、小鼻や鼻の穴を大きくするクセがないかチェックしてみた方がよさそう。

この記事に書いてあること

  • 鼻や鼻の穴が大きくなるクセ1:鼻の穴に指を入れる
  • 鼻や鼻の穴が大きくなるクセ2:鼻の穴にティッシュを詰める
  • 鼻や鼻の穴が大きくなるクセ3:口呼吸をしている

鼻の穴はどうして広がってしまうのか

子供の頃の写真を見ると、小さな鼻をしているのに・・・どんどん鼻が大きくなっているかも!?と感じている方。それはあながち勘違いではないんです。

人間の鼻は軟骨でできています。軟骨は普通に骨と違って柔らかいため、圧力を加えるとどんどん形を変えていくという性質を持っています。

なので時間の経過とともに大きさは変わっていくのです。大きくなったり鼻の穴が広がったり、人によって変化の仕方は様々になります。

下記は鼻の穴が大きくなってしまう原因を解説したものです。心当たりのある方はいませんか?日常のちょっとした動作や仕草が、鼻の穴を拡大している恐れもあるんです・・・。

1. 鼻の穴に指を入れる

鼻の穴に指を入れたい女性

鼻の穴に思いっきりズボッと指を入れる行為。

これが、小鼻や鼻の穴が大きくしてしまうことはなんとなく想像がつきます。

また、鼻をかんだあとの違和感を拭うために、ティッシュと一緒に指先をすこし入れてしまうことも。

やり続けると鼻の穴がどんどん大きくなる

さすがに人前ではやらないとはいえ、鼻に指を入れるのは、小鼻と鼻の穴を大きくする原因となります。

無意識のうちにやり続けると、いつのまにか鼻の穴が大きくなってしまっているかも。

2. 鼻の穴にティッシュを詰める

鼻血が出たのでティッシュを詰める女性

鼻血が出たときにやってしまうのが、鼻の穴に丸めたティッシュを詰め込んでしまうこと。

ティッシュを丸めて詰めることえで、血が垂れてこないようしているんです。

もちろん、ティッシュで押し広げても、鼻の穴は大きくなります。

鼻血が出て、血が垂れることを防ぎたいなら、鼻の穴にティッシュを詰めるのではなく、あてるだけにするのがポイント。

また、鼻血を止めたいときは、少しうつむいて小鼻の上の方を指先でギュッとつまむのが効果的です。

そのまま数分安静にしていれば、たいていの鼻血はとまります。

3. 口呼吸をしている

口呼吸をしてしまっている女性

口呼吸を続けていると、だんだんとアゴの筋肉が衰えてしまうんだとか。

アゴの筋肉が衰えると、顔全体にたるみが。

小鼻の周りも筋肉の支えを失ってしまうため、小鼻がどんどん横に広がっていきます。

これを防ぐためには、口呼吸をやめて鼻呼吸をするしかありません。

片鼻呼吸でスリム小鼻

意識的に鼻呼吸をすると、小鼻が大きくなるのを防げそう。また、より小鼻を小さくする呼吸方法があるんです。

それは「片鼻呼吸」というもの。小鼻を左右交互におさえて、片方の鼻の穴だけで呼吸をしていきます。

息を吸い込むときに、小鼻をすぼませるイメージでやると、小鼻を引き締める効果があるんだとか。

また、片鼻呼吸は自律神経を落ち着かせる効果があるので、リラックス法としてもおすすめです。

ノーズクリップを使う

呼吸方法の他にも物理的に鼻の穴を狭く、小さくしていく方法があります。それはノーズクリップを使うということ。ノーズクリップとは、鼻をはさむ洗濯バサミの強力版のようなものです。

前述したように、鼻は軟骨でできていますから一定以上の力を加えると形状を変えていきます。これは大人になってもできる、鼻の穴の大きさ改善方法です。

家にいるときにノーズクリップをつけて生活するだけで、大きさは変わっていきます。毎日長時間でなくてもかまいません、数十分つけてそれを継続していきましょう。

洗濯バサミを使ってもいいですが、ノーズクリップの方がしっかり鼻にフィットして痛みも最小限に挟むことができます。通販などで買えると思いますので、ぜひ探してみてくださいね!

紹介した方法以外にも、自力で小鼻にできる方法があるので気になった方は、1日5分でできる小鼻ダイエット6選を見てみてください。

とくに女性にはつらい大きい鼻の穴

鼻の穴は隠せない

鼻の穴は他の顔のパーツと違ってごまかしが効かないところが厄介ですよね。

例えば一重まぶただったらアイプチやメザイクで、二重にすることができます。エラが張っている輪郭だったら、ボブカットにするなどして隠すことができます。

女性の持っているあらゆるコンプレックスは、ある程度隠せるものが多いです。しかし鼻の穴の大きさというのは、メイクやアイテムでごまかすということができません。

なので上記でご紹介した鼻の穴を小さくする方法を用いて、地道に大きさを改善していくしか方法はないのです。コツコツとした作業になりますが、ちょっとずつ鼻の形を変化させていきましょう。

海外ではどんな扱い?

日本では鼻の穴が大きい女性というのはコンプレックスを持ちがちです。それでは海外の価値観においてはどうなのでしょうか?

海外も日本と同じように、鼻の穴が大きい女性は「可愛くない」とされることが多いようです。小さめの低い鼻が、やはり美人の象徴というような価値観をみな持っています。

海外では鼻がはっきりしていて存在感のある人が多いですよね。ただ鼻の穴が大きいというよりは、鼻筋が通っていて高いという人が大半を占めている印象です。

そして白人の鼻の穴は縦に長いので、まん丸で大きいという女性はあまり見かけないかもしれません。

鼻の穴と言えば高橋真麻

芸能人で鼻の穴が大きい女性、といったら元フジテレビアナウンサーの高橋真麻が挙げられると思います。彼女はお父さん(高橋英樹)の大きな鼻の穴を遺伝的に受け継いだような、そんな鼻の形をしています。

テレビにで初めてすぐはこのことで散々いじられた彼女。不快感を覚えることも多かったようですが、現在ではとっくに慣れてむしろ自分から鼻の穴の話題をふるようになったんだとか。

コンプレックスを逆手にとって、自分のアピールポイントにできた高橋真麻。鼻の穴が大きいことも、もはやコンプレックスに思ってはいないようですね。

小鼻や鼻の穴が大きいのはクセのせいかも

自分の小鼻や鼻の穴が大きいのは、もしかしたら生まれつきのものだけが原因じゃないかも。

小鼻や鼻の穴を大きくするクセを直せば、これ以上大きい鼻になることもないはずです。

まとめ:鼻や鼻の穴が大きくなる無意識にやりがちな3つのクセ

  • 鼻が大きくなるクセ1. 鼻の穴に指を入れる
  • 鼻が大きくなるクセ2. 鼻の穴にティッシュを詰める
  • 鼻が大きくなるクセ3. 口呼吸をしている

小鼻縮小の費用目安

キャラクターの画像
クリニック 費用(目安)
東京美容外科 150,000円
湘南美容外科クリニック 170,250円
品川美容外科 220,370円
城本クリニック 300,000円
聖心美容クリニック 300,000円

※費用は税抜表示です。

※掲載している情報は2016年10月12日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

小鼻縮小の体験レポート公開中!

test

小鼻縮小とプロテーゼで美鼻を手にいれた!【山本クリニック】

団子鼻を解消する鼻尖縮小の費用目安

キャラクターの画像
クリニック 費用(目安)
品川美容外科 115,920円
東京美容外科 250,000円
湘南美容外科クリニック 250,121円
城本クリニック 300,000円
聖心美容クリニック 300,000円

※費用は税抜表示です。

※掲載している情報は2016年10月12日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

鼻を小さくする・小鼻縮小の地域別人気クリニック

東京

水の森美容外科 東京銀座院

銀座一丁目駅 6番出口より徒歩1分

詳しく見る

大阪

湘南美容外科クリニック

御堂筋線 心斎橋 駅より徒歩4分

詳しく見る

福岡

聖心美容外科 福岡院

西鉄福岡天神駅より徒歩5分

詳しく見る

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45548 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ