NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年10月15日 更新 | 40,146 views

涙袋をつくるプチ整形、ヒアルロン酸注射の費用や痛み、術後経過

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

この記事は、品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行が監修しています。

涙袋がぷっくりしていると、それだけで一気に可愛らしい雰囲気に。そんな可愛らしい雰囲気をつくる涙袋は、ヒアルロン酸注射のプチ整形で簡単に手に入れることができます。でも、目もとに打つ注射かつ、簡単なプチ整形だからこそ、費用や施術の痛み、術後経過や副作用について、しっかり知っておくことが大切かもしれません。

ぷっくりした涙袋を持っている人は、可愛らしい雰囲気で憧れます。

涙袋は、あまり目立つパーツではないものの、顔の印象を大きく左右するもの。ぷっくりした涙袋があるだけで、いつも笑っているような、やさしく愛らしい目もとになります。

実は、そんなかわいい涙袋を、ヒアルロン酸注射で作ることができるんです。

でも、ヒアルロン酸注射で涙袋を作って後悔した人の話や失敗談も少なくありません。そこで、施術を決断するまえに知っておきたいこと、注意するべき5つの点をまとめてみました。

1. 涙袋のヒアルロン酸注射の費用

女性がタブレット端末を持って首をかしげている

ヒアルロン酸は通常1本1㏄からの販売で、値段の相場は4〜6万円

でも、涙袋は1回に注射するヒアルロン酸の量が少なく、両目で0.1~0.2㏄ほどしか使いません。

1本使い切れなかった場合はほかの場所に施術するという方法もあります。

また、0.1㏄単位で販売しているところなら、0.1ccあたり約1万円が相場です。

ただ、注射の針代や麻酔代、オプションやアフターケアによって料金が変わります。

2. 涙袋のヒアルロン酸注射の痛み

注射器で薬を刺している様子

デリケートな目もとは、痛みを感じやすい部分です。

とはいえ、痛みの感じ方には個人差があり、ちくっとする程度と感じる人もいれば、恐怖心もあいまって、強い痛みを感じてしまう人もいます。

ただ、麻酔薬や極細の注射針を使うので、痛みは最小限に抑えられるようです。

3. 涙袋のヒアルロン酸の術後経過

顔をおさえているベリーショートの女性

涙袋のヒアルロン酸注射をした直後は、目の下の細い血管が傷つき、内出血や感染症による腫れがおきてしまうことがあります。

目の周りの皮膚は薄いため、内出血や腫れがとくに目立ちやすいんです。この内出血や腫れは、消えるまでに通常1、2週間かかります。

目の下の血管を傷つけにないように、先を丸くした「鈍針」という針を使うことによって内出血のリスクが抑えられるので、クリニックで扱っているかどうか確認しておきましょう。

また、注射した当日は激しい運動をしたり、お酒を飲んだり、熱いお風呂に長時間入ったりすることは控え、安静にするのが大切です。

4. 涙袋のヒアルロン酸注射の持続期間

白い壁にあるふちが青い目覚まし時計

涙袋に使用するヒアルロン酸は比較的柔らかめ。柔らかめのヒアルロン酸は体内に吸収されやすいので、種類にもよりますが約3か月〜6か月ほどでふくらみが消えてしまうよう。

1回につき、少し多めにヒアルロン酸を注射することによって、持続期間はアップします。

5. 涙袋のヒアルロン酸注射の副作用

寂しそうな顔で窓の外をみている真っ赤な口紅の女性

副作用が比較的少ないと言われるヒアルロン酸注射。でもまれに、体内にしこりが残ってしまうことがあります。

涙袋に注射したヒアルロン酸は徐々に体内に吸収されますが、涙袋の膨らみがなだらかになったからといって、全部が吸収されるわけではありません。

実際、涙袋のヒアルロン酸は何年も体内に残っている場合が多いんです。

だから、涙袋のような狭い範囲にヒアルロン酸を何度も注入すると、吸収されずに残ったヒアルロン酸がしこりになってしまうことも。

通常、そのまま放置しても問題ない場合がほとんどです。ただ、しこりが大きくなると、縦長で不自然な涙袋になってしまうことがあります。

しこりが気になるようならヒアルロン酸溶解注射で溶かすことができます。

涙袋のヒアルロン注射はすべての人にいいわけじゃない

女性が芝生の上に寝っころがって笑っている

実は、涙袋のヒアルロン酸注射には賛否両論あります。

施術を受けた後、目が大きく見えるようになったという人もいれば、目の下のたるみが協調されて、かえって老けてしまったという失敗談もあります。

また、ヒアルロン酸注射による涙袋形成はだれにでもおすすめできるわけではなく、適している人とそうでない人がいます。

涙袋のヒアルロン酸注射を受ける前に、クリニックで十分なカウンセリングを受けましょう。

涙袋が作りにくいタイプと判断された場合には、無理に施術を希望せず、自分の身体のために諦めることも必要かも。

その場合は、メイクやマッサージなど、ほかの涙袋をつくる方法を試してみるのもありかもしれません。

涙袋の整形をするクリニックを探している人へ

自分の涙袋が整形に適しているかどうか、信頼できるクリニックを探してカウンセリングを受けることが大事です。医師の技術水準向上に力を入れている水の森美容外科をピックアップ。施術に関してお悩みの人はお気軽に無料カウンセリングで医師に相談してみてください。

水の森美容外科は開院10年を迎えるクリニックで、銀座、大阪、名古屋、北海道にクリニックを展開しています。また、注射の使い回しを防ぐため、水の森美容外科ではヒアルロン酸注射は1本買取制となっています。

参考価格  

ヒアルロン酸:テオシアル ファーストライン 1本 45,000円(税抜)

施術料金:涙袋(両目) 初回 8,600円(税抜) 残り分施術 7,700円(税抜)

※自由診療となるため保険証は使えません

水の森美容外科の詳細・無料カウンセリングはこちら

涙袋ヒアルロン酸注射の費用目安

キャラクターの画像
クリニック 費用(目安)
城本クリニック 12,000円
湘南美容外科クリニック 25,925円
東京美容外科 35,000円
水の森美容外科 54,600円
品川美容外科 58,330円
聖心美容クリニック 65,000円

※費用は税抜表示です。ヒアルロン酸の種類や注入量は各クリニックで異なります。

※掲載している情報は2016年10月12日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

涙袋形成の地域別人気クリニック

東京

水の森美容外科 東京銀座院

銀座一丁目駅 6番出口より徒歩1分

詳しく見る

大阪

湘南美容外科クリニック 大阪梅田院

JR大阪駅より徒歩3分

詳しく見る

福岡

聖心美容外科 福岡院

西鉄福岡天神駅より徒歩5分

詳しく見る

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43183 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ