NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年05月05日 更新 | 9,866 views

ディフェリンゲルでニキビを治すための正しい使い方と副作用の対処法

薬剤師 清水葉子

この記事は、薬剤師 清水葉子が監修しています。

ニキビは病院で治せるといわれていますが、病院で処方されるニキビの特効薬「ディフェリンゲル」は実は副作用が強く、正しく使わなければニキビへの効果を得られない可能性もあるんです。そこで、ニキビをしっかり撃退するためのディフェリンゲルの正しい使い方と副作用の対策法を薬剤師が解説します!

顔にできたニキビは、周りの人の目に付きやすくて憂鬱。

しかも治ったと思ってもすぐにまた出てくる……。

この悪循環を断ち切りたいなら、皮膚科を受診して治してしまうのがいいでしょう。

実は、ニキビは病院で保険を使って治療ができるんです。

ディフェリンゲルという病院で使われているニキビ治療の薬がある

クリームを使う女性

ニキビは医療的には「痤瘡(ざそう)」という名前のある立派な皮膚の病気です

そして、症状が痤瘡、つまりニキビだと診断されたところで、治療がはじまります。

治療はエビデンスと言われる論文や実際の研究データを検討して、専門の学会で推奨する方法(ガイドライン)で行われるのが一般的。

実はニキビの治療にも推奨されている方法があるんです。

顔にできたニキビならまずは塗り薬を塗って様子をみる、というのがその方法。推奨されている薬は「ディフェリンゲル」という塗り薬です。

なお「ディフェリンゲル」には健康保険が適用されます。

ディフェリンゲルの効果って?

バラと軟膏クリーム

ディフェリンゲルはアダパレンという成分が入った塗り薬。

顔面にできたニキビに効果が認められている医療用医薬品で、医師の処方せんが必要な薬です。

毛包(毛穴)をつまりにくくさせる作用や、面皰(めんぽう)とよばれる黒ニキビ、白ニキビの数を減らす作用があります。

ディフェリンゲルの使い方

クリームを顔に塗る女性

ディフェリンゲルは顔面のニキビに使用します。

通常、1日1回、洗顔後の就寝前に適量を塗ります。症状が良くなったら塗り薬はやめますが、3か月使用してもよくならないときは、再度受診し医師と相談しましょう。

ディフェリンゲル使用を始めてから、皮膚が乾燥、赤み、かゆみ、不快感、皮がむけるなどの副作用が起こることがあります。ただ、使い続けるうちに、だんだんとなくなっていくことがほとんどです。

ディフェリンゲルを使う際の注意点

ディフェリンゲルの使用の際には、下記の点に注意してください。

  • 傷や湿疹、眼、くちびる、小鼻の周辺、粘膜への塗布はしない
  • 日光や日焼けランプには当たらない
  • 妊娠中は使用しない

日光や日焼けランプに当たると、紫外線が刺激になって、副作用が出やすくなってしまうんです。

また、妊娠中の使用は、ディフェリンゲルがレチノイドというビタミンAの一種で、胎児の奇形が心配されるためNGです。

ディフェリンゲルの副作用

ディフェリンゲルは使い始めのころに副作用が出やすい薬です。皮膚の乾燥、不快感、赤くなる、かゆみ、皮がむけるといった副作用が報告されています。

治療開始2週間以内に発生することが多く、ほとんどの場合軽い症状で、使い続けることでなくなっていくものです。

ただ使い続けても軽くならない、消えない症状であれば適切な処置が必要になるので医師に相談しましょう。

ディフェリンゲルの薬価

豚の貯金箱

健康保険が効く薬であるディフェリンゲル。おおよその値段はどのくらいなのでしょうか。

厚生労働省が認可している医薬品であれば、薬価と言われる値段が決められています。

ディフェリンゲルの薬価だけで計算すると1グラムあたり120.90円(平成27年10月適用)で、15gのチューブに入っています。

チューブ1本で「120.90円×15グラム=1813.5円」となります。ここに保険が適用されると、3割負担の場合、「1813.5円×0.3=544円」

ただ、実際に薬局で健康保険を適用させて支払いをするときは、薬価のほかに調剤料などの保険点数が加算されます。

また健康保険の種別によって自己負担の割合が異なったり、調剤してもらう薬局によって多少算定される点数が異なったりするので、すべての人が一律の自己負担金額にはなりません。

※ 平成27年11月時点の情報です。薬価は改正されるので最新の情報をご確認ください

ニキビで悩んでいるなら、まずは病院へ

微笑む女性

ニキビは青春のシンボルとも言われ、誰にでも起こる症状です。

「ニキビくらいで病院に行くなんて……」と思われがちですが、きちんと治療方法があります。

しかもニキビ治療に効果的なのはディフェリンゲルだけではありません。洗顔や保湿などの正しいスキンケア、ケミカルピーリングなどさまざま。

ニキビで悩んでいるなら一度、病院やクリニックで相談してみてはいかがでしょうか。

お悩み別人気クリニック

全国

品川スキンクリニック

ニキビ・ニキビ跡

詳しく見る

全国

湘南美容外科

ニキビ・くすみ・しわ

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43233 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ