2017年01月08日 更新 | 2,622 views

プラセンタの意味は「胎盤」。プラセンタ注射の効果と副作用

便秘気味でつらい、肌荒れで鏡を見るのも憂鬱、生理がなかなか来なくて気分がふさぐ……。そんな悩みを解決してくれるのがプラセンタ注射。プラセンタ注射の効果や費用、副作用についてまとめました。

品川スキンクリニック池袋院 院長 神林由香

この記事は、品川スキンクリニック池袋院 院長 神林由香先生が監修しています。

最近肌の調子が悪い……。

便秘気味だったり、生理がなかなか来なかったりで肌荒れしているときは、プラセンタ注射を打つと良いかもしれません。

プラセンタ注射の効果や費用、副作用について調べました。

プラセンタ注射とは

最愛の赤ちゃんを抱きあげている母親

そもそも「プラセンタ」とは、「胎盤」という意味です。

胎盤はお腹にいる赤ちゃんのへその緒へとつながる器官。酸素や栄養を送る場所なので、赤ちゃんの成長に必要な成分がぎっしりとつまっています。

プラセンタ注射に期待できる効果

切ない目で正面を見つめている女性

プラセンタ注射は、厚生労働省が認可している医薬品。

主に慢性肝疾患治療や更年期障害などの治療に使われていますが、プラセンタが持つ自然治癒力は美容にもかなり効果が期待できるといわれています。

保険対象外にはなってしまうものの、美容目的でプラセンタ注射を使う人が増えてきているとか。

プラセンタ注射の成分

プラセンタには、コラーゲンやヒアルロン酸が含まれています。これはお肌の弾力やみずみずしさを保つ上で欠かせない成分。プラセンタ注射を打つと、肌がぷるぷるになって、潤いやハリがでるように感じるとか。

またそのほかにも、プラセンタには「グロース・ファクター」という成分が含まれています。「グロース・ファクター」は細胞の生まれ変わりを助け、肌を若々しくしてくれるといわれています。

さらに、プラセンタ注射はシミを薄くするという「美白」にも効果があるといわれているんです。これは、「グロース・シアター」という成分が新陳代謝を活性化するため。シミやそばかすの原因になる老廃物の排出を促してくれます。

プラセンタ注射の副作用

机の上にある手帳に万年筆で書こうとしている様子

プラセンタ注射はほとんど副作用がないといわれています。

ただ、まれに副作用として、悪寒や発熱、発赤、発疹などが現れる場合も。その際はすぐに投与を中止してください。

注射部位によっては疼痛がある場合もありますが、こちらは半日ほどで消えるといわれています。

とはいえ、プラセンタ注射に保険の適用が認可されてから45年が経っていますが、これまで大きな副作用は報告されていない(※)そうです。

プラセンタ注射の魅力は人間にもともと備わっている成分で、本来の自然治癒力を促進させること。だから、人工的に作られた薬と比べると、かなり安全といえます。

※2015年11月時点

プラセンタ注射の費用

赤い花びらが散らばっているベットに座っている女性の足元

プラセンタ注射は1 回1,000~1,500円程度で打つことができるようです。

ただ、一度打ったら終わりというわけではなく、大体週に1回、2本注射していく人が多いよう。

また、プラセンタ注射は女性だけでなく男性にも同じ効果があるそうです。さらに、プラセンタ注射をすると髪の毛が増えるという効果が確認されています。

さまざまな効果が期待できるのに費用も安く、副作用があまりないプラセンタ注射。あまり気負わずに、気軽に受けてみるのもありかもしれません。

images via Shutterstock

written by かよちゃん

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

関連する記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

記事に関するお問い合わせ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

注目の記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー