2016年12月19日 更新 | 37,090 views

脂肪腫はどうしてできるのか。病気? ストレス? 考えられる原因について

身体に急にできるコブ、脂肪腫。実は、脂肪腫のできる原因は、いまだはっきりしていません。急激な体重増加や、脂肪のかたまりができやすい体質であること、ストレスなどが原因ではないかと言われていますが、脂肪腫は誰にでもできる可能性があるもの。そのため、過度に心配する必要はありません。

品川スキンクリニック池袋院 院長 神林由香

この記事は、品川スキンクリニック池袋院 院長 神林由香先生が監修しています。

爪をかみながら悩んでいそうな女性

脂肪組織からなる良性腫瘍、脂肪腫。

良性とはいえ脂肪腫が急にできると、びっくりしてちょっと不安になってしまいます。

「何が原因なんだろう……」

「何かの病気なのかな……」

と、悩んでしまいがち。

でも実は、脂肪腫のできる原因ははっきりしていないんです。

だから脂肪腫は、誰にでもできる可能性があるもの。

ただし、「これが原因ではないか」といわれていることがいくつかあります。

脂肪腫はどんなことが原因できやすいのかを知っておくことで、過度な不安感を抑えることができるかも。

脂肪腫は遺伝する?

男の子と女の子が母親に抱きついている

家族に脂肪腫ができた人がいたら、自分にももしかして脂肪腫ができてしまうのでは……と不安な人もいるのではないでしょうか。

でも脂肪腫と遺伝との関係は、はっきりわかっていません。

ただ、脂肪腫の約80%には、なんらかの染色体の異常が起きていることがわかっています。

染色体の異常により、皮膚の下で脂肪を増やそうと、細胞が反応することで、脂肪腫ができてしまうそう。

つまり脂肪腫ができやすい体質が遺伝する可能性はあるということ

でも、遺伝したからといって発症するとはかぎらないので、あまり心配しないでOK。

ストレスが原因で脂肪腫はできる?

女性が頭を抱えている

また、ストレスが脂肪腫のできる原因になる場合も。

肌荒れや円形脱毛症などと同じように、ストレスに対する身体の反応として、脂肪腫ができることがあります。

脂肪腫ができるできないに関わらず、ストレスを溜めないよう心がければ心身ともに健康でいられます。

肥満は脂肪腫の原因に?

カップケーキがたくさん

体重が増加すると、脂肪腫ができてしまったり、小さかった脂肪腫が大きくなったりすることがあります。

脂肪腫は脂肪のかたまりなので、体重が増えると脂肪が蓄積されて、大きくなってしまうもの。

しかし、太っているから脂肪腫ができる、というわけでもないんです。

子どもが成長とともに大きくなったり、痩せている人が少し太ったり……。そんな自然な変化でも、脂肪腫が大きくなることがあるんだとか。

もしも小さな脂肪腫ができていたら、急激に太らないように気をつけてみて。それだけでも、脂肪腫が大きくなるのを防げるはずです。

悩みすぎは禁物!脂肪腫は誰にでもできるもの

海辺で女性が伸びをしている

「どうして脂肪腫ができてしまったんだろう」「またできるかもしれない」と悩みながら過ごすことは、とてもつらいもの。

でももしかしたら、そのストレスが新たな脂肪腫を生む原因になってしまうかもしれません。

大切なのは、深く考えすぎないこと。

脂肪腫は誰にでもできる可能性があるので、怖がる心配はありません。

むしろできてしまった原因よりも、どう対処するかが大切です。

正しい知識を得れば、脂肪腫に対する不安が少しずつ払拭されるのではないでしょうか。

関連する記事

首や肩にできるしこり「脂肪腫」の特徴と治療が必要な大きさの目安

皮膚の下にできる良性の腫瘍、脂肪腫。悪いものではないので必ずしも治療は必要ありませんが、整容目的で除去手術をする人も多いです。小さい脂肪腫は、外来手術で摘出ができます。30~50代の人にできやすい脂肪腫。いまのところその原因ははっきりしていないよう。大きなものや急激に成長するものは、悪性の腫瘍かもしれないので、自己判断せずに病院で診察してもらいましょう。

関連する記事

脂肪腫の切除手術で自信の持てる素肌に。手術方法と大きさ別の費用の相場

脂肪腫は、身体に害はないものの、見た目が気になりコンプレックスに。そんなときは、勇気を出して除去手術を受けてみるといいかも。脂肪腫の除去手術は、保険適用内なので出費を抑えられます。小さいものであれば日帰りで手術をすることも可能。傷跡が気になる方は、費用がかかりますが、美容外科での手術をおすすめします。

関連する記事

手術すべき? 痛みのある脂肪腫、多発性血管脂肪腫と神経鞘腫とは

良性の腫瘍の中でも、痛みをともなう多発性血管脂肪腫と神経鞘腫。脂肪腫は柔らかく、触っても痛みがないのに対し、多発性血管脂肪腫と神経鞘腫はコリコリと硬く、押さなくても痛みがあるもの。物に触れることの多い腕などにできると、痛む回数が増えるので、手術によって切除したほうが楽になります。

written by NICOLY編集部

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

関連する記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

記事に関するお問い合わせ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

注目の記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー