NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1027記事

メルマガ登録

2016年08月09日 更新 | 10,291 views

アトピー改善に運動は必須! おすすめの「ゆるめ運動」3つ

運動が健康にいいとわかっていても、アトピーの症状が悪化していると、つい億劫になってしまいます。汗でかゆくなるのも運動を遠ざける原因に......。しかし運動しないと血流が悪くなり、アトピーもよくならないんです。そこでアトピーに最適な「ゆるめの運動」をご紹介します。

「運動しなきゃ」と思っていても「汗をかいたら身体がかゆくなる」「アトピーの症状がひどくて人目が気になる」といった理由で億劫になっている人もいるのではないでしょうか。

また、夏場だと紫外線の影響で、ますます外に出られず引きこもってしまうことも......。私もアトピーがひどい時は、「じっとしてるだけでもかゆいのに、体を動かしたらますますかゆくなってくるかも」と思い、運動はまったくしていませんでした。

しかし実は、アトピーの人こそ運動をするべき理由があるんです。

この記事に書いてあること

  • アトピー改善につながる、運動の効果
  • アトピーの人が運動する時の注意点
  • アトピーに効果がある「ゆるめ運動」のすすめ

アトピーの人が運動をするべき理由

運動で体を動かすことは、健康な生活のためには欠かせないこと。適度な運動は、体内の血液循環を良くしてくれるし、食べ物が美味しくなったり、良く眠れるようになったりして、毎日の生活をスムーズにしてくれる効果が高いんです。

アトピーの人にも当然適度な運動が必要ですが、注目しておきたいのは、運動によって代謝が良くなることと、ストレスを発散する効果があることです。

1. 新陳代謝がよくなる

運動をしないと血行が悪くなり、必要な酸素や栄養が全身に運ばれません。すると体内に毒素が溜まって細胞の機能が低下してしまいます。これではアトピーがよくならないんです。

運動をすると新陳代謝がよくなって、体内のデトックスにつながります。また、自律神経が整えられたり、身体が適度に疲れて眠りやすくなったり、汗をかいて肌がしっとり潤ったりという効果も。

さらに、内蔵の機能が高まることで、便秘解消なども期待できます。お通じが良くなるということは、胃腸の機能改善にもつながります。

2. 胃腸の働きもアップ

アトピーと胃腸との関係は、非常に重要であることがわかっています。特に腸と免疫力には、強いつながりがあることが知られています。

アトピーの人は、胃腸の働きが弱っていることが多く、その結果免疫力のバランスが崩れて、炎症を起こしやすくなっています。 アトピーの人が適度な運動を行うことで、内臓の働きが全体に活発になるので、免疫力を高める効果が期待できるんです。

3. ストレス解消

アトピーが悪化する原因として、ストレスの存在を忘れてはいけません。ストレスをためこんだままでいると、身体のあちこちに様々なトラブルが出てきます。現代社会では、ストレスは万病のもと。

だから日常生活に、適度な運動を取り入れてみましょう。運動することで、アトピーのイライラや、ストレスそのものを解消しちゃいましょう。

外に出て体を動かすだけで気分転換になるし、道端の花や空を見て、自然と触れ合うと、気持ちに余裕が生まれます。運動は、身体だけでなく心のデトックスにも効果的なんです。

気を付けたい運動のデメリット

ここまでアトピーと運動との良い関係を見てきましたが、運動する上で注意が必要な点があります。

運動で出る汗に注意

運動を続けると汗をかきます。この汗の中にはさまざまな老廃物や、塩分も混じっています。運動を終えた後にそのまま放置しておくと、汗はアトピーに対する刺激物に変わります。

アトピーを悪化させないためには、運動中も低刺激のタオルで汗をふき、運動後にはなるべく早くシャワーなどで汗を洗い流しましょう。

運動中の体温上昇に注意

ある程度の時間運動を続けると、徐々に体温が上がってきますが、この熱はアトピーにとって要注意。身体が温まると、アトピー特有のかゆみが強まる危険性があるんです。

だからウォーキングなどでかゆみを感じたら、一度ペースを落として熱感を下げることです。自分の身体の状態に合わせて、運動のレベルを調整することが重要なんです。 必要以上に激しい運動をしなくても、軽めの運動で充分ストレスは発散できます。

外に出たら紫外線に注意

日光の中には紫外線が含まれていますが、紫外線を浴びると体内に活性酸素が生まれます。これがアトピーには良くないんです。

また強い直射日光も、アトピーの肌には刺激になってしまい、外での運動がかえってアトピーを悪化させる原因にもなりかねません。ウォーキングなどに出かける時は、なるべく肌の露出を避けた服装を心がけましょう。

紫外線は腫れの日でも曇りの日でも、地表に届く量はあまり変わらないので、特に注意が必要です。

私が実践しているおすすめの運動

ウォーキング

アトピー改善のために効果的な運動は、軽いストレッチやウォーキングなどの有酸素運動です。

一気に体力を消耗するようなハードな運動よりも、ある程度ゆっくりとした軽めの運動の方が、体内にたまった毒素を出しやすいんです。それには天気がいい日に、自然の中でウォーキングなんて最高です。

私は毎朝近所の公園で、30~40分くらいウォーキングをしています。もちろんアトピー肌を隠すための帽子とマスクは欠かせません。 花粉やPM2.5の影響からか、同じような格好の人が結構歩いているので、怪しまれることがないのが嬉しいですね。

思い切って外に出て歩いていると、かゆみが落ち着き、そのうち忘れてしまうことも。 歩いていると熱がこもってかゆくなることもありますが、気にしないで歩いていると、かゆみはおさまってくるんです。

1日10分程度でいいので、まずは歩いてみることから始めてみませんか。慣れてきたら徐々に時間を増やすのもいいと思います。モヤモヤした気分がスッキリしますよ。

ラジオ体操

それでもやっぱりアトピーの症状がひどくて外には出かけられない、という人もいるでしょう。

そんなときは無理をして外に出なくても、家の中で体を動かせばいいんです。私もアトピーの症状が悪化しているときは、出かける気力もないので家で運動するようにしています。

おすすめなのは、日本の伝統「ラジオ体操」。全身運動なので真剣にやるとうっすら汗が出てきます。 気分がのってきたら、第1だけじゃなく、第2までやってみましょうね。

なわとびと、エアなわとび

ちょっとした空間があればすぐできる、なわとびもアトピー改善にぴったりの運動です。その場で跳ぶだけと思いきや、これがなかなか侮れない運動量。ジョギングなどに匹敵する有酸素運動で、しかも上下にぴょんぴょん跳んでいると、胃腸が刺激されるようで、消化が促進されてお通じも良くなるんです。

外には出たくないという人には、「エアなわとび」がおすすめ。 なわとびを跳ぶ要領でその場でジャンプをしたり、二重跳びなんかイメージしてみたり...意外に楽しくストレス解消できますよ。

ゆるめの運動でアトピー改善

アトピー改善のためにやはり運動は欠かせないもの。

でも、わざわざ外に行かなくても家の中で運動はできます。自分で工夫して、いろいろな運動を組み合わせてやってみましょう。 「やらなきゃいけない」という思いにとらわれずに、とにかく気楽に続けることが大切です。

「今日はアトピーがひどいからやめとこうかな......」と思ったらやめてもいいんです! やりたくなければやらなくてOK。私なんかしょっちゅうサボってます。 テキトーにゆる~く楽しむことが長続きさせるコツなんです。

日常生活の中でも、エレベーターではなく階段を使う、ひと駅分歩くなど、運動につながることはたくさんあります。

少しずつでも自分のできる範囲で「ゆるめ運動」を毎日の日課に取り入れてみましょう。

written by PINNOHIDE

まとめ:アトピー改善におすすめの「ゆるめ運動」3つ

アトピーの人が運動をするべき理由

  • 血液の流れが改善されて、新陳代謝がよくなる
  • 胃腸の働きがアップして、免疫力が高まる
  • ストレス解消で心のデトックス効果もある

アトピーの人が運動する時の注意点

  • 運動で出る汗が刺激にならないように気を付ける
  • 体温上昇によるかゆみに注意
  • 肌を刺激する紫外線と、直射日光に注意

カンタンにできる「ゆるめ運動」

  • 軽いウォーキングは、継続すれば効果大
  • 室内でもできる日本の伝統、ラジオ体操を見直す
  • なわとびと、エアなわとびの運動量に注目
  • 日常生活の中に、ちょっとした運動を見つけてみる

お悩み別人気クリニック

東京

シロノクリニック銀座院

JR有楽町駅より徒歩3分

詳しく見る

大阪

シロノクリニック大阪院

JR大阪駅より徒歩3分

詳しく見る

横浜

シロノクリニック横浜院

横浜駅直結

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

44379 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ