NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1032記事

メルマガ登録

2016年01月28日 更新 | 4,016 views

歯列矯正のいろいろな矯正器具。治療にかかる費用と期間

中村デンタルクリニック 院長 中村朋美

この記事は、中村デンタルクリニック 院長 中村朋美が監修しています。

歯並びのコンプレックスを解消してくれる歯列矯正。歯列矯正の種類は、「ブラケット矯正」や「舌側ブラケット矯正」、「マウスピース矯正」、「インプラント矯正」の主に4つ。矯正方法が変わると、もちろんかかる費用や抜歯の有無も変わってくるので、それぞれの矯正法のメリット、デメリットをよく理解したうえで自分に合った矯正法を選びましょう。

腕を組む女性

今日本に約10万人いる歯科医師のうち、日本矯正医科学会認定の歯科医は3%、つまりたった3000人しかいません。

つまり、それだけ歯列矯正には高度な技能と知識が必要ということ。

でも、日本では歯科医師免許を持っていれば矯正治療ができることになっています。

「矯正専門の歯科医院」と謳っていても、矯正認定を受けた医師が治療をしているとは限らないんです

だから、歯列矯正をする前に、自分でも歯列矯正についてしっかり知っておきましょう。

歯列矯正の種類

女性の横顔

歯列矯正の方法は主に4種類

  1. ブラケット矯正
  2. 舌側ブラケット矯正
  3. マウスピース矯正
  4. インプラント矯正

「ブラケット矯正」は、歯の表面に装着して歯列矯正するもの、歯の裏側に器具を装着するのが「舌側ブラケット矯正」、透明の柔らかいマウスピースのようなものを歯にかぶせる「マウスピース矯正」、「インプラント矯正」は歯茎と骨に穴をあけてインプラントを埋め込みます。

ブラケット矯正、舌側ブラケット矯正

ブラケット矯正は比較的費用が安めですが、歯の表面に装着するので目立ってしまいます。

中村デンタルクリニック 院長 中村朋美

最近では白いブラケットやワイヤーもあります。

舌側ブラケットなら歯の裏側に装着するので周りに気付かれづらいですが、ブラケット矯正より費用はかかってしまうし、口内炎ができやすかったり、話づらいこともあります。

マウスピース矯正

また、マウスピース矯正は透明なので一見歯列矯正していないように見えるし、柔らかい素材なので不快感を感じにくいけれど、装着時間を守らなければ治療の意味があまりありません。

インプラント矯正

インプラント矯正は抜歯をせずに矯正できたり、治療期間を短くできたりしますが、取り替える必要があったり、器具が折れてしまったりすることも。

それぞれメリット、デメリットがあるので、よく理解してから自分に合った矯正法を選びましょう。

歯列矯正の値段

黒い傘をさす女性

歯列矯正は半永久的にキレイな歯列を保ってくれる方法。

でも、気になるのはやっぱり値段です。

もちろんクリニックによって多少値段は変動しますが、大体の相場を知っておくといいかもしれません。

歯列矯正の相場

歯列矯正にかかる費用は60万~130万円が相場と言われています。

一見高いように思えますが、実は世界的に見れば妥当な値段なのです。

それに、一生の歯のことを考えれば適正な金額なのかもしれません。

歯列矯正の保険適用

現状の日本医療制度では、子どもの矯正治療や先天的な問題からくる矯正治療、顎の切断など外科的手術をともなう治療の場合は、医療保険、医療費控除の対象となります。

でも、歯列矯正は歯並びを直して見た目をよくする美容整形的な意味に捉えられているため、医療保険の対象外となることがほとんどです。

また、「ブラケット矯正」や「舌側ブラケット矯正」など、矯正法が違うと装置の値段も異なります。

値段が高いからいい治療法、安いから悪い治療法と捉えるのではなく、自分に適したものを選ぶことが重要です。

歯列矯正にかかる期間

花

歯列矯正にかかる期間は、一般的に1、2年と言われています。

ただ、矯正した歯並びを安定させる「保定(ほてい)」の期間を入れると3年を超える場合も

歯列矯正に長期間がかかることは大きなストレスになりますよね。

今はクイック矯正、スピード矯正などの6か月前後で完了する歯列矯正法も生み出されているので、事前にカウンセリングを受け、医師に相談してみましょう。

自分にぴったりあった歯列矯正法で、医師の指導にしたがって治療を行えば矯正期間を短くすることができるかもしれません

歯列矯正の抜歯

手を温める女性

美容目的の歯列矯正の場合、抜歯の確率はほぼ100%と言われています。

抜歯をせず治療を受けるのが1番ですが、それではかえって矯正期間が長くかかってしまったり、矯正前の状態に戻ってしまったりすることも。

だから、1度の矯正で済ませたいなら、抜歯をする矯正法の方がいい場合も

また、抜歯をすると1週間程度はじんじんとした痛みが続くので、固形物を食べるのは避けた方がいいそう。

抜歯をするかしないか、きちんとメリットとデメリットを理解し、医師の意見も聞いたうえで決断するのがおすすめです。

歯列矯正の方法はさまざま、自分に合った矯正法を選ばなきゃ

寝そべる女性

歯列矯正には「ブラケット矯正」や「舌側ブラケット矯正」、「マウスピース矯正」、「インプラント矯正」の主に4種類。

もちろん矯正法が違うと値段や抜歯の有無も変わってくるので、それぞれの矯正法のメリット、デメリットをよく理解しておくことが重要です。

また、自分の境遇に近い人のブログを参考にするのも、心構えのひとつになっていいかもしれませんね。

後悔することがないよう、クリニック選びや事前のカウンセリングを怠らないようにしましょう。

images via Shutterstock

written by みちい

お悩み別人気クリニック

東京

湘南美容歯科 新宿院

地下鉄丸の内線 西新宿駅より 徒歩2分

詳しく見る

神奈川

湘南美容歯科 横浜院

JR横浜駅西口徒歩5分

詳しく見る

大阪

湘南美容歯科 大阪心斎橋院

長堀鶴見緑地線 心斎橋駅4-B出口より徒歩4分

詳しく見る

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45083 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ