二重まぶた・目もとの美容整形に関する新着記事一覧

二重まぶた・目もとの美容整形に関する新着記事一覧

二重まぶた・目もとの美容整形の、効果や施術の流れ・リスク(失敗例や副作用)・値段の相場を中心に、ダウンタイム(術後経過・痛み・腫れ・内出血・赤み)に関する新着の記事を紹介しています。
【医師解説】二重整形に失敗したら修正可能?再手術で目指せる目もととは

【医師解説】二重整形に失敗したら修正可能?再手術で目指せる目もととは

二重整形後、仕上がりに不満をもっている方は実は少なくありません。そのため、修正手術を検討する人もいます。修正手術では、二重の形や幅を変えたり、傷を目立たせなくさせたりすることができます。通常の美容外科手術のほか、目もとや豊胸術の修正も行っているタウン形成外科クリニック総院長、石原先生にお話を伺いました。

【医師解説】二重切開はバレる?自然な仕上がりが目指せる「つるきり法」とは

【医師解説】二重切開はバレる?自然な仕上がりが目指せる「つるきり法」とは

二重整形は人気の高い治療ですが、「整形をしたことがバレてしまう」ことがあります。それは不自然な二重幅が主な原因。ティーズクリニックでクリニックで行っている「つるきり法」による二重切開法なら、まるで最初から二重だったかのような自然な仕上がりが目指せます。しかし、施術時間が長い、二重のラインが多少ズレる場合があるといったデメリットもあります。

目頭切開をしたことは友人・彼氏にバレる?周囲に知られず整形を受ける方法

目頭切開をしたことは友人・彼氏にバレる?周囲に知られず整形を受ける方法

目頭切開が他人にバレるケースとしては、抜糸前の縫合糸がまだ目頭についている状態で人に会ったり、不自然な目もとになったり、切開の傷あとが目立つ形で残ってしまった場合などがあります。抜糸までは人に会わず、高い技術を持つ医師を選び、カウンセリング時に医師とよく相談することが、目頭切開がバレる可能性を低くすることに役立ちます。

目頭切開のダウンタイムと術後の経過は?治療はいつ完成する?

目頭切開のダウンタイムと術後の経過は?治療はいつ完成する?

目頭切開の術後のダウンタイムは、一般には1〜2週間であるとされます。術後1週間前後に行う抜糸後は、大きな腫れも引き、アイメイクも可能に。しかし主な腫れが引くには2週間〜1か月、治療が完成するまでには約半年を要します。治療完成を早めためには、術後の生活制限を正しく行うことが重要となります。

二重・目もとの整形の費用相場とは?注意すべき料金表示の秘密

二重・目もとの整形の費用相場とは?注意すべき料金表示の秘密

二重整形には健康保険が適用されませんが、美容整形の治療のなかでは比較的安価な治療です。料金設定が安価なクリニックを選んだり、割引キャンペーンを利用したりすることで、治療費を抑えられます。二重整形と目頭切開や目尻切開の手術を同時に受ける場合は、お得なセット料金が設定されているクリニックも。

目の下のクマの種類と原因、治療法とその費用目安まとめ

目の下のクマの種類と原因、治療法とその費用目安まとめ

目の下のクマには青クマ・茶クマ・黒クマの3種類があり、それぞれ原因や治療法が異なります。治療は一般皮膚科や美容皮膚科、美容外科で受けることができます。治療法には、高周波やレーザー照射、ハイドロキノンクリームやトレチノインクリームの塗布、下眼瞼脱脂術やハムラ法などの手術や、ヒアルロン酸注入などがあります。

眉下切開の手術方法や効果、失敗例や治療費用の相場まとめ

眉下切開の手術方法や効果、失敗例や治療費用の相場まとめ

眉下切開とは、上まぶたのたるみを解消するための手術です。まゆ毛の下側のラインに沿って皮膚を切開し、余っている皮膚を切除して縫合します。上まぶたのたるみが解消されるほか、まゆ毛と目の間隔がせまくなったり、頭痛や肩こりの解消などの効果も期待できます。傷あとはまゆ毛の下限のラインに沿って作られるため、目立ちにくくなります。

眼瞼下垂の症状と治療法、手術の失敗例と治療費目安まとめ

眼瞼下垂の症状と治療法、手術の失敗例と治療費目安まとめ

眼瞼下垂とは、目を開いているとき、上まぶたが正常な位置よりも垂れ下がっている状態。先天性のものと後天性のものに分けられ、後天性の眼瞼下垂の原因の多くはコンタクトレンズの長期装用、まぶたを頻繁にこする行為やアイメイクなどであるといわれています。治療法は手術が中心で、眼瞼下垂の進行度により適用可能な術式が異なります。

ヒアルロン酸注入による涙袋形成のしくみと術式、効果や注意点のまとめ

ヒアルロン酸注入による涙袋形成のしくみと術式、効果や注意点のまとめ

涙袋形成とは、注射器でヒアルロン酸を涙袋に注入し、涙袋の膨らみを形成する治療です。注入したヒアルロン酸は約1年間効果を発揮し、その後2~3年かけて体内へ吸収されていき、最終的にはなくなります。涙袋形成が適しているのは、目袋がない人。目袋があると、涙袋の膨らみが目袋と合体してしまい、涙袋が認識されにくくなります。

実は難しい…!?目頭切開メイクの方法とは?半永久的な効果が得られる方法はある?

実は難しい…!?目頭切開メイクの方法とは?半永久的な効果が得られる方法はある?

目頭切開メイクとは、目頭の部分にアイラインを長めに引いて目頭の部分を強調するアイメイク方法です。黒や茶色、白色のアイライナーで目頭から少しはみ出るようにアイライナーを引き、目頭部分を強調します。しかし目頭切開メイクには、涙がにじみやすいという欠点も。半永久的な効果や自然な仕上がりを目指すなら目頭切開の手術がおすすめです。

目尻切開の術式や効果とは?知っておきたいダウンタイム・注意点・費用のまとめ

目尻切開の術式や効果とは?知っておきたいダウンタイム・注意点・費用のまとめ

目尻切開は、目尻の皮膚と粘膜を数ミリ切開し、目尻の幅を顔の外側に向かって広くする手術。目が大きく見える効果が期待できます。また、小顔に見えたり、切開の方向によってはたれ目やつり目の改善など、目の印象を変える効果もあったりします。しかし目尻切開では、目頭切開ほど印象が大きく変わることはありません。

二重整形「埋没法」の効果や術後経過、失敗例や費用相場まとめ

二重整形「埋没法」の効果や術後経過、失敗例や費用相場まとめ

埋没法は、まぶたの裏側から糸を通して縫い留めることで二重まぶたを形成する手術です。一般に、埋没法で形成した二重まぶたの持続期間は3〜5年であるといわれます。術後の腫れが完全に引き、治療が完成するのは手術の1〜3か月後です。ただし、目に左右差できたり、まぶたにふくらみができるなどの失敗例もあることも知っておきましょう。

二重整形「切開法」とは?しくみや術後経過、失敗例や修正治療方法まとめ

二重整形「切開法」とは?しくみや術後経過、失敗例や修正治療方法まとめ

切開法は、まぶたを切開し、皮膚と挙筋腱膜や瞼板を縫合して二重まぶたを形成する手術。切開法には、部分切開と全切開の2種類があります。切開法の術後は強い腫れが1〜2週間つづき、主な腫れが引くのは約1か月です。左右差ができたり、まぶたが閉じにくくなるなどの失敗例も。修正手術も可能ですが、難しいケースもあるようです。

目頭切開に失敗した場合は修正が可能?パターン別の治療方法

目頭切開に失敗した場合は修正が可能?パターン別の治療方法

目頭切開の仕上がりが気に入らないとき、修正治療が適用できることがあります。目頭の切開幅が多すぎた場合は蒙古ひだ形成術、目頭切開の効果があまりなかった場合は再度の目頭切開手術、目頭切開の傷あとが目立つ場合はレーザー照射やステロイド注射などの治療法があります。ただし、修正がむずかしい場合も。

目頭切開と目尻切開どっちのほうが効果が大きい?料金に違いはある?

目頭切開と目尻切開どっちのほうが効果が大きい?料金に違いはある?

目頭切開と目尻切開は、どっちも目の横幅を広げる手術。目頭切開は「蒙古ひだ」を切除することにより、目の横幅を顔の中心側へ広げます。一方目尻切開は、目尻の皮膚や粘膜を顔の外側へと切開することで、目の横幅を顔の外側に広げます。一般には、目尻切開よりも目頭切開のほうが、仕上がりの目の印象が変わる度合いが大きいされています。

目頭切開で目指せる効果とは?二重にすることはできる?

目頭切開で目指せる効果とは?二重にすることはできる?

目頭にかぶさる皮膚「蒙古ひだ」を切除する目頭切開では、目を大きく見せる効果が期待できます。目の横幅が顔の中心に向かって広がって見えるため、離れ目を解消する効果も。また、末広型二重まぶたを平行型二重まぶたに変える効果も期待できます。ただし蒙古ひだの面積が小さい目を大きく見せるには、目頭切開よりも目尻切開が適しています。

眼瞼下垂とはどのような手術?保険は適用される?治療の費用相場とは

眼瞼下垂とはどのような手術?保険は適用される?治療の費用相場とは

眼瞼下垂の手術の種類には、おもに「眼瞼挙筋腱膜前転術」「眼瞼挙筋腱膜短縮術」「前頭筋吊り上げ術」「眉毛下切開法」「埋没式挙筋短縮法」の5つがあります。眼瞼下垂の手術は眼科や形成外科、美容外科で受けることが可能。保険診療を行う医療機関であり、かつ「眼瞼下垂である」と診断された場合、手術は保険適用となります。

目頭切開を検討している人へ!事前に知っておきたい効果・ダウンタイム・注意点・費用のまとめ

目頭切開を検討している人へ!事前に知っておきたい効果・ダウンタイム・注意点・費用のまとめ

目頭切開とは目頭にある蒙古ひだを取り除く手術。隠れていた白目が露出して目が大きく見えるようになります。クリニックによっても行っている術式は異なりますがZ法・W法・リドレープ法・三日月法と様々です。目頭切開を検討している人は、それぞれの術式の違いや、ダウンタイムの様子、起こり得る失敗例、費用などを事前に確認しておきましょう。

目を大きくする「二重・目もとの整形」の種類とは?どの手術がおすすめなの?

目を大きくする「二重・目もとの整形」の種類とは?どの手術がおすすめなの?

目もとを大きくする効果が期待できる手術には、おもに埋没法、切開法、目頭切開、目尻切開の4つの方法があります。埋没法、切開法は二重整形であり、目頭切開、目尻切開は目の印象を変えたい人におすすめの手術。自分に適した整形の方法を見つけるには、医師の意見をよく聞き入れたうえで、最終的には自分の意思で決めることが重要です。

二重整形「埋没法・切開法」の腫れや内出血が起こるダウンタイムの期間とは?

二重整形「埋没法・切開法」の腫れや内出血が起こるダウンタイムの期間とは?

二重整形のダウンタイムは術式によって異なります。埋没法は腫れや内出血は1週間ほどで治まり、1か月ほどかけて完成。切開法は1週間はダウンタイムの症状が目立ちます。1か月ほどかけて症状が落ち着き3〜6か月かけて完成するとされています。術後は目もとを冷やして安静に過ごすなどの工夫により、腫れをより早く引かせることができるとされます。

1~20件を表示 / 99記事中

口コミ・費用明細投稿

クリニックに行こうか悩んでいる人が、
あなたの体験を必要としています。

口コミ・費用明細を投稿する

投稿でamazonギフト券プレゼント!

本日のアクセスランキング

ピックアップクリニック

注目の医師

理事長・院長 田牧聡志

田牧聡志

理事長・院長 / 監修記事 (1)

ティーズクリニック形成外科

総院長 兼 郡山院長 石原信浩

石原信浩

総院長 兼 郡山院長 / 監修記事 (1)

タウン形成外科クリニック

サイトメニュー