その他の脂肪吸引(脂肪吸引)に関する新着記事一覧

その他の脂肪吸引(脂肪吸引)に関する新着記事一覧

その他の脂肪吸引(脂肪吸引)の効果や施術の流れ・リスク(失敗例や副作用)・値段の相場を中心に、ダウンタイム(術後経過・痛み・腫れ・内出血・赤み)に関する新着の記事を紹介しています。

記事一覧

【教えて先生!】脂肪吸引は「妊娠・出産」への影響はある?

【教えて先生!】脂肪吸引は「妊娠・出産」への影響はある?

過去に脂肪吸引を受けている場合、体が正常に回復しているかぎり、妊娠や出産に影響はないとされています。しかし妊娠に際しての検診の際は、脂肪吸引の手術歴を申告しておきましょう。妊娠中や、妊娠のうたがいがある場合、また授乳中は、麻酔薬や鎮痛消炎剤の成分の影響が懸念されるため、脂肪吸引を受けることができません。

【教えて先生!】脂肪吸引は本当に危険なの?死亡に繋がる原因とは?

【教えて先生!】脂肪吸引は本当に危険なの?死亡に繋がる原因とは?

脂肪吸引は、過去に死亡事故が起こっています。脂肪吸引で起こりうる重篤なリスクとしては、脂肪塞栓症や腹膜穿孔、麻酔中毒や感染症などがあります。しかし、脂肪吸引は危険性の高い手術という訳ではありません。クリニック、医師を慎重に選び、クリニックからの術前術後の指示をしっかりと守ることで事故は防げます。

【教えて先生!】脂肪吸引後はどのような経過をたどるの?術後3日後〜1か月の症状とは?

【教えて先生!】脂肪吸引後はどのような経過をたどるの?術後3日後〜1か月の症状とは?

脂肪吸引の術後には、痛みや腫れ、内出血やむくみなどの症状があらわれます。術後1週間後には大きな腫れや痛みも引いており、1か月が経過する頃には内出血もほぼ消失することが多いよう。脂肪吸引の効果が感じられるのは、大きな腫れやむくみが引く術後1か月頃から。以降もむくみが引いていくにつれ、さらに細くなっていきます。

脂肪吸引の前日と当日の注意点はなに?飲食の制限やNG行動はあるの?

脂肪吸引の前日と当日の注意点はなに?飲食の制限やNG行動はあるの?

脂肪吸引の術後数日間は、痛みや腫れのために体を動かしにくいため、あらかじめ数日分の食料や着脱しやすい衣類などを用意しておくと便利。手術前日や当日は絶食と水分補給の制限がありますが、クリニックにより細かな指示が異なります。術後は体を動かしにくいため、手術当日は着脱が用意で、ゆったりとした衣服でクリニックに行きましょう。

クリニックが多すぎてわからない!脂肪吸引の名医はどうやって探せば良いの?

クリニックが多すぎてわからない!脂肪吸引の名医はどうやって探せば良いの?

脂肪吸引の名医をさがすとき、インターネット上で得られる情報は参考ていどに考えた方が良いでしょう。また、大手クリニックの医師や院長であれば脂肪吸引の技術が高いとは限りません。参考となるのは、医師としてのキャリアや脂肪吸引の症例数、美容外科以外の診療科の経験の有無など。多くの場合、医師の経歴はクリニックのサイトで公開されています。

脂肪吸引をすると決めたら!クリニックの選び方・事前準備まとめ

脂肪吸引をすると決めたら!クリニックの選び方・事前準備まとめ

脂肪吸引を受けることを決めた場合、カウンセリングを受けて医師やクリニックを選び、治療費の支払い方法を決めて治療契約を締結し、手術の事前準備をおこなう必要があります。事前準備では休暇をとっておいたり、ダウンタイム期間に必要なものをそろえておきましょう。手術当日は、着脱が容易で体をゆったりと覆う服装が適しています。

脂肪吸引には健康保険が適用される?安く手術を受ける方法とは?

脂肪吸引には健康保険が適用される?安く手術を受ける方法とは?

脂肪吸引は、美容目的の治療法に分類されているため健康保険は適用されません。また、肥満症の治療として脂肪吸引は行いません。そのため、脂肪吸引は全額自己負担となります。脂肪吸引にかかる費用を抑えるためには、安価な料金設定のクリニックを選ぶ、モニター制度や割引キャンペーン、医療ローン制度を利用するといった方法があります。

脂肪吸引の治療費に医療ローンは利用できる?賢い支払い方法を知ろう!

脂肪吸引の治療費に医療ローンは利用できる?賢い支払い方法を知ろう!

脂肪吸引の治療費は、医療ローンを利用し支払うことが可能です。医療ローンはクリニックで申し込み、審査を経て契約となります。分割払いの回数が増えるほど、月々の支払額は少額となりますが、支払う金利の総額は増えます。金利を含む支払総額を明確に把握し、無理のない範囲で医療ローンを組むことが重要です。

【教えて先生!】脂肪吸引で起こり得る失敗例とは?防ぐためにできることはある?

【教えて先生!】脂肪吸引で起こり得る失敗例とは?防ぐためにできることはある?

脂肪吸引の失敗例には、皮膚のたるみや凹凸、不自然なバランスの体型になってしまうケースや、左右差ができてしまうケース、お尻の垂れや皮膚の色素沈着、傷あとが目だつケースなどがあります。皮膚の凹凸や左右差などは、脂肪注入や再度の脂肪吸引で修正可能な場合も。脂肪吸引の失敗をさけるには、医師えらびと術後ケアが重要です。

【教えて先生!】脂肪吸引ってどれくらい痛い?和らげる方法はある?

【教えて先生!】脂肪吸引ってどれくらい痛い?和らげる方法はある?

脂肪吸引では、麻酔をおこなうときや手術中、手術後や抜糸時に痛みを感じることがあります。術後3日間ほどは強い痛みが出ますが、鎮痛剤の服用によりがまんできる程度に。広範囲の部位の脂肪を吸引した場合や、脂肪を多量に吸引した場合に術後の痛みが強く出やすく、痛みの出る期間も長くなる傾向にあります。

【教えて先生!】高校生や大学生でも脂肪吸引を受けることは可能?バレずに治療がしたい!

【教えて先生!】高校生や大学生でも脂肪吸引を受けることは可能?バレずに治療がしたい!

高校生や、大学生の未成年者への脂肪吸引は、適用不可とする方針のクリニックと、保護者の同意があれば適用可能とするクリニックとに対応がわかれます。適用可能とするクリニックでは、保護者の署名のある同意書の提出が必要であり、カウンセリング時や手術時の保護者の同席も必要である場合が多いようです。

【教えて先生!】男性でも脂肪吸引手術を受けられる?あまり効果がないって本当?

【教えて先生!】男性でも脂肪吸引手術を受けられる?あまり効果がないって本当?

脂肪吸引を受ける人は女性が圧倒的に多いものの、男性も近年増える傾向にあります。男性の脂肪吸引で希望の多い部位は、お腹や顔など。男性は腕や下半身は脂肪が少ないことが多く、その場合は効果が薄いようです。費用は、男性の脂肪吸引の場合、体の大きさなどから割高にしているところもありますが、女性と同価格のクリニックもあります。

【教えて先生!】脂肪吸引で肥満は解消できる?太っていると脂肪吸引はできない?

【教えて先生!】脂肪吸引で肥満は解消できる?太っていると脂肪吸引はできない?

脂肪吸引は高度な肥満であっても治療は可能。しかし、手術の難しさや回復の遅さなどからクリニックによっては治療を断られることも。さらにBMI35以上の人は麻酔困難患者とされ手術ができないと考えられます。また、脂肪吸引は、肥満解消ではなく容姿をととのえるもので肥満治療ではありません。そのため、根本的な肥満解消にはなりません。

脂肪吸引の料金や費用の相場|手術以外にかかる値段も知りたい!

脂肪吸引の料金や費用の相場|手術以外にかかる値段も知りたい!

脂肪吸引は、幅のある料金を提示しているクリニックが多く見られます。これは、吸引する脂肪の量や術式により費用が異なるためです。また、手術料金に含まれる項目も、クリニックにより異なります。高額な手術料金が設定されているクリニックほど、脂肪吸引治療に必要な一連の処置の多くの項目が含まれているようです。

【教えて先生!】脂肪吸引で体重・体脂肪はどのくらい減る?リバウンドすることはあるの?

【教えて先生!】脂肪吸引で体重・体脂肪はどのくらい減る?リバウンドすることはあるの?

脂肪吸引後の体重は、手術前とほぼ変わらないことが多いとされます。脂肪は比重が少なく、体積の割に重さが少ないためです。脂肪吸引後はむくみが起こるため、術前よりむしろ体重が増加。脂肪吸引をおこなった部位は脂肪細胞が減り、リバウンドしにくいとされていますが、絶対に太らないわけではないため、脂肪吸引後は体型の維持につとめることが重要です。

でこぼこ肌の原因に!?ガリガリに細くする脂肪吸引を医師がおすすめしない理由

でこぼこ肌の原因に!?ガリガリに細くする脂肪吸引を医師がおすすめしない理由

脂肪吸引のカウンセリングに来られる方のなかでも、特に若い方は「とにかくできる限り細くなりたい!」「ガリガリの脚になりたい!」と希望されることが少なくありません。それは脂肪吸引で実現できるのでしょうか?今回は、脂肪吸引で実現できること、できないことについて、脂肪吸引のトラブルとして代表的な「でこぼこ肌」の原因とともに解説させていただきます。

【医師が解説】落ちづらい!3つ目の脂肪「LFD」には脂肪吸引がおすすめの理由

【医師が解説】落ちづらい!3つ目の脂肪「LFD」には脂肪吸引がおすすめの理由

キルシェクリニックのめかた啓介です。脂肪には、皮下脂肪や内臓脂肪のほかに「LFD」があります。LFDは、通常のダイエットでは落ちにくいため脂肪吸引などの美容外科での施術がおすすめ。LFDは、たくさん吸引しても凹凸になりづらく、血流が少ないために出血量も少なくて済むというメリットがあります。

【医師が解説】脂肪吸引はどの季節が適している?○○の時期に行う人が多い理由

【医師が解説】脂肪吸引はどの季節が適している?○○の時期に行う人が多い理由

脂肪吸引は、どの時期でも施術が可能ですが「秋から冬」の季節がとくに適しているとされています。その理由は、ダウンタイムが楽に過ごせしやすい、翌年の夏に間に合う、前向きに施術に臨める、など。来年の夏までにスレンダーな体を目指しましょう。

【完全版】脂肪吸引の効果や副作用、失敗例やダウンタイム中の腫れのすべて

【完全版】脂肪吸引の効果や副作用、失敗例やダウンタイム中の腫れのすべて

脂肪吸引は皮膚を5ミリほど切開しカニューレという細い管で脂肪を吸い出す方法。部分痩せに効果的です。脂肪細胞の数を減らすため、施術を受けた部位は太りにくくなります。効果を最大限にするためには、圧迫下着の連続着用が大切です。術後3か月ほどで完成します。

1~19件を表示 / 19記事中

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

id美容外科 代表院長 パク サンフン

パク サンフン

監修記事 (1)

id美容外科 代表院長

共立美容外科 銀座院 藤巻尊子

藤巻尊子

監修記事 (1)

共立美容外科 銀座院

共立美容外科新宿本院 望月香奈

望月香奈

監修記事 (1)

共立美容外科新宿本院

サイトメニュー